メイクアップベース(下地) | WOMANIA
2014.09.20 Saturday 09:18

手が汚れない日焼け止め IOPE「エアクッション サンブロック EX」

アイオペ「エアクッション サンブロック EX」

ブランド:IOPE
価格:30g(15g×2) ¥4,000(税抜)

クッションファンデーションは、カバー力が劣る印象。
便利だし、みずみずしくて、しっとりツヤ肌に仕上がりますが、
イマイチ、ワタシの好みのベースメイクではなかったのです。
素肌感が強いので、近所メイク&日焼け止めといった感じ。
きちんと感が足りないんだよね。。。

ところが、コレ、「ファンデーション」ではなく、日焼け止め下地として
考えたら、かなり「使える」アイテムではないかしら。
手が汚れないという理由から、スティックタイプのファンデーションを
愛用するワタシ。常々、日焼け止めや下地も手を汚さずに塗れれば良いなと
思っていました。クッションファンデーションなら、スポンジにリキッドを
染み込ませてあるものを専用スポンジで塗るため、手が汚れないわけです。

アイオペの「エアクッション サンブロック EX」は、
「メイクの上から塗り直しできる軽い感触のUVクリームが欲しい」という
女性たちのリアルな声から生まれたのだそう。
アイオペはアモーレパシフィックグループの韓国コスメブランドです。
「ファンデーション」ではなく「UVクリーム」という感覚も
「日焼け止め&下地向け?」と思って、使ってみた理由のひとつ。

驚いたのが、コレ、レフィル付きなのです。
要は、最初に手に入れた瞬間リピート決定(笑)

レフィル付き

1個で2個分のお値段なところが太っ腹です。
韓国コスメってこういうものが多いような気も。
昔、韓国で購入した、パウダータイプの固形日焼け止めもレフィル付きでした。

「エアクッション サンブロック EX」は、SPF50+・PA+++。

内フタ付き

コンパクトを開けると、中ブタの上に専用パフがあり、
その下にファンデーションが入っています。
中ブタは、ファンデーションの乾燥を防ぐため、ややかたくてしっかりめ。

クッション性のあるスポンジにファンデーションが浸み込んだ様子は
スタンプインクのようです。コレ、印鑑用の朱肉からヒントを得たのだとか。

スタンプインクのよう

独自開発されたクッションには、約80万個の気孔があるそうです。
このリキッドベースがクッション(発泡ウレタン)に染みこんだタイプの
化粧品は、韓国と日本で特許を取得しているんだって。
クッションファンデーションの元祖といえば、アイオペだった気がします。

専用パフは、つるんと滑らかなタイプ。
この極限まで滑らかさを追求したというパフ表面の素材が、クッションに
含まれる水分を瞬間的に吸収してくれるといいます。

専用パフにとってみました

パフにとってみると、これで肌につけられるのか?と、やや不安にも。
でも、ちゃんと肌につきます。

肌につけたら、ひんやり。
コレ、ぽんぽんと軽く叩くようにつけるのが良いそう。
ムラにならないかな?と心配したりしますが、意外なほどになじみます。

なじみます

仕上がりとしては、日焼け止め下地で肌を整えたのと同じ感じです。
色は、アイスベージュ1色ですが、白すぎる!とも感じませんでした。
下地で肌を整えたときもそんな風だよね。

ナチュラル感があるツヤ肌な仕上がりなので、ワタシ的にはこれだけで
行ける範囲は、電車に乗らないところまで。。。といった感じですが。
コレを下地として考え、上からファンデーションを重ねるならOK!
みずみずしさをも感じる、UV効果の高い日焼け止め下地として秀逸です。
使うファンデーションはパウダーでもリキッドでもスティックでも大丈夫でした。

ワタシの当初の目論み通り、手を汚さずして、SPF50+・PA+++の
日焼け止め下地が塗れちゃった。手を洗う時間も惜しい慌しい朝や、
旅行のときには必携です。もちろん、ワタシは普段から使っちゃうけど。
手が汚れないだけでなく、オールシーズンUV対策はしたい、でも冬は乾燥も
気になる。。。という場合にも役立つアイテムだと思います。
ワタシの中で、クッションファンデーションはファンデーションにあらず。
便利な日焼け止め下地です。

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.02.19 Wednesday 00:22

ほうれい線も崩れない ナチュラグラッセ「オイルコントロール ミルク」

ナチュラグラッセ「オイルコントロール ミルク」

ブランド:ナチュラグラッセ
価格:30mL ¥2,800(税抜)
2014年2月10日発売

ナチュラグラッセ 2014年春の新商品「オイルコントロール ミルク」は
100%自然素材でできた化粧くずれ防止下地。
混合肌のワタシは、Tゾーンのテカリが気になります。
加えて、ほうれい線のファンデーションのヨレも悩み。
「これは、良さそう!」と思って飛びつきました。
コレ、2/3からオンラインショップにて先行予約受付開始、
2/10より出荷開始だったのですが、好評につき、現在、オーダー分は
2/20発送になっているもよう。やっぱりみんな、気になるよね、化粧崩れ。

「崩れない」「テカらない」「ロングラスティング」「化粧崩れ防止」に
魅かれてしまうワタシですが、ニガテなのがシリコンにより
肌表面をつるんとさせるタイプの下地です。要はシリコンで肌表面に
薄い膜を作っているようなものですが、そのシリコン膜がヨレてしまったり、
圧迫感を感じてしまうものがあり、どうにも好きになれません。
人工的過ぎるというか、嘘っぽ過ぎるものが多いと思います。

その点、ナチュラグラッセの「オイルコントロール ミルク」は、シリコンフリー。
シルクコットンパウダーとミネラルが皮脂を吸収してくれるのだとか。
肌表面はさらっとさせながら、オーガニック植物エキスなどたっぷりの
保湿成分で肌の内側はしっとりと保つということです。
今回、ワタシが魅かれたのは、このシリコンフリーと保湿成分。
このアイテムもナチュラグラッセらしく、通常の洗顔料で落とせるそう。

シリコンフリー

コレ、乾燥肌、混合肌の場合は、特にベタつきが気になるTゾーンへの
ポイント使いがオススメとありました。全体はお手持ちのベースクリームを
使い、気になる部分はオイルコントロール ミルクを薄めに重ねて
使うと良いとのこと。ワタシも最初はそんな感じで使ってみました。

ゆるめの乳液状のテクスチャーは、のばしやすいです。
なじみがよく、すぐに表面がさらっとするからか、半顔ずつ素早くのばすのが
コツということ。全体にベースを塗った上に重ねても厚ぼったくなりませんでした。
UVケア効果がSPF23・PA++ですが、下に日焼け止めを重ねても
使いやすい使用感です。もちろん、ファンデーションのタイプも選ばず。

シリコンフリー

薄いピンク色は、肌の凹凸を自然に見せるソフトフォーカス効果狙い、
パールを配合してあるそう。パールは気にならず、ふんわり肌が
キレイに見えるかな?くらいです。気づいたら、手に移って光ってる!
ということもありませんでした。パール感というほどではありません。

ちなみに、試しに全顔、これだけをベースとしても使ってみたのですが。
ワタシ的にはこれもOKでした。
今の季節でも、乾燥して乾燥して顔がピキピキになる!ということはナシ。

これだけ使いやすいのに、化粧崩れ防止効果はしっかり実感できます。

お直しナシで1日経ったあと

これは、お直しナシで1日経過したワタシのほうれい線の部分。
(ニキビは出来ちゃってるけど、そこは無視してください。。。)

コレ、最近使った「崩れにくい」目的の下地の中でも、その効果は
ピカイチではないかと思います。何より、同じファンデーションを
使っているのに、この「オイルコントロール ミルク」を下に使うだけで
ほうれい線のヨレが気にならないのがすごい!
この部分、どうしても難しいよね。。。
そんな悩みを助けてくれる心強い下地。
これは、かなりのお気に入りのアイテムとなりました。

購入はこちら→ナチュラグラッセ公式オンラインショップ



 関 連 記 事 

・2013年2月3月発売ナチュラグラッセのリップ&アイメイクアイテム

・ナチュラグラッセ 「メイクアップ クリーム」オール in ワン ベース

・ふわさらな仕上がり ナチュラグラッセ 「マカロンパウダー」

・ナチュラグラッセ 「ファンデーション手作り教室&新色メイクショー」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.03.01 Friday 22:37

3/1発売 パワーアップしたコフレドール 「フルキープベース UV EX」

コフレドール 「フルキープベース UV EX」

ブランド:コフレドール
価格:ノープリントプライス
2013年3月1日発売

去年、パウダーファンデーションの「シルキィフィット パクトUV」と
一緒にサンプルを使ってみて、「コレがなきゃダメだ」と感じ、
現品を購入したコフレドールの「フルキープベースUV」が
フルキープベース UV EX」として生まれ変わりました。
「新しいのも気になる〜」と思っていたけれど、「まだ前のがあるし」と
迷っていたところ、カネボウ化粧品から頂いたので、早速、お試し!

「フルキープベースUV」は、化粧くずれしにくく、毛穴をつるんと
カバーしてくれるところが好き。ベースをさらさらに整えてくれ、
ファンデーションの密着度も高まります。今回、新しくなった
「フルキープベース UV EX」は、汗や皮脂への耐久性が
さらに高まったそう。皮脂ブロックポリマーが新たに配合されたんだって。

右側が「フルキープベース UV EX」

名前もパッケージも似ていますが、よく見ると違いが判ります。
右側が新しい「フルキープ UV EX」、左側がこれまでの「フルキープ UV」。
製品名に「EX」が加わったほか、キャップがピンクになりました。

SPF値もちょっとあがりました

このほか、SPF値もちょっとだけアップ。
コフレドールには、SPF50+・PA+++の「クリアカバーベースUV50」も
あるけれど、まぁ、ほんの少しでもアップしたことに嬉しさと頑張りを
感じます。「クリアカバーベースUV50」もずっと気になっているんだよねー。

ボトルの構造、使い方は以前と同じで、よく振ってから使います。

よく振って使います

ゆるいテクスチャーは、肌にのせるとみずみずしくのび、ぴったりと
フィットします。そして、ほどなく、肌表面がさらさらに。
コレ、前よりもさらさら効果、肌への密着感が高くなったんじゃないかな。

さらっとみずみずしい感触

その上から、パウダーファンデーションを重ねても油分を巻き込んで
よれたり、もたついて上手にのらないということがありませんでした。
さらーっとした肌にふわーっとファンデーションをのせられます。
もちろん、下地とファンデーションもピッタリ密着。

そして、この下地、時間が経ったときにファンデーションとなじんで
メイク直後のふんわり感が損なわれることが少ないです。
たしかに、前よりも化粧もちが長持ちしていると思う。
細かいところだけれど、ワタシのような混合肌だと、時間がたったときの
皮脂による小鼻周りのヨレや鼻のテカリ、ほうれい線のミゾ落ちが
気になっていたんだよね。それが、他のファンデーションより目立たず。
春夏やさらっと重視のひとにオススメしたいです。

ワタシの場合、皮脂バランスによっては、鼻の毛穴にファンデーションが
上手にのらず、目立つことがあります。そんなとき、他のファンデを
使った上からでも、その部分にだけ「シルキーフィット パクト UV」を
重ねればカバー出来るの。それくらい、このファンデは信用してる。
そして、そのファンデの仕上がりを支えてくれるこの下地も信用しています。

カネボウ化粧品はこちら



 関 連 記 事 

・より良い仕上がりになる化粧もち下地 コフレドール 「フルキープベースUV」

・汗、皮脂に強い コフレドール 「シルキィフィット パクトUV(ロングキープ)」




ブログパーツ 
 スポンサーリンク


| 1/11PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


















▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら


▶COWSHEDの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others