たべもの・のみもの | WOMANIA
2018.12.25 Tuesday 23:59

2018年のクリスマス忘年会

2018年のクリスマス忘年会 思い出

毎年、仲良しメンバー5人で集まってクリスマス忘年会をしています。
今年はメンバーの予定が合わず、少し早い12月のはじめの開催でした。
なのに、クリスマスが終わるギリギリに記事を書くっていうね。
去年はどうだったっけ?と確認するための忘備録になっているので残しておきます。

コストコのローストチキン

今年、テーブルの中でひときわ存在感を放ったのがコストコのローストチキン
毎年、メンバーの一人がコストコで料理を調達してきてくれるのですが、
「今年は早めだからローストチキンが買えるかも?」と買ってきてくれました。
いつもは大人気で、なかなか手に入らないんだって。

ということで、初コストコのローストチキン。
テーブルがグッとクリスマスムードになります。
そして、見ためだけでなく味も美味しかった!
こうした大型のチキンって、中は味がしなかったり、キシキシした食感だったりして
ワタシは好きじゃないものが多いのですが、これは中まで味がしっかりついていて、
しかもジューシー。残ったチキンは細かくして冷凍、翌日以降のサラダにのせて
食べました。味良し、コスパ良しで、人気の理由を実感した気がします。

他に、コストコで買ってきてくれたのは、サーモンポキ、ローストビーフサラダ、
カクテルシュリンプ
。ロースビーフサラダは、野菜もかなりたっぷり入っていました。

クリスマスパーティー メニュー

家で作ったのは、牡蠣とブロッコリーのアヒージョ、バターナッツのポタージュ、
カニサラダ、ちりめん山椒とクリームチーズのディップ

もちろん、ちりめん山椒は野村佃煮のものです。
コレ、イベントで教えてもらってから毎年作っている人気メニュー!
▶野村佃煮の当座煮でクラムチャウダーとチーズディップを作ってみた
チーズや生ハム&グリッシーニ、クラッカーなども並びました。

四ツ谷の肉バルでオーダー

今年は、ワタシが四ツ谷の肉バルにシャルキュトリーもお願いしておきました。
予算だけを伝えて用意してくださったメニューは、鶏白レバーのムース、
アベル黒豚のリエット、蝦夷鹿・ピートロ・フォアグラのテリーヌ、
豚コメカミ・舌・耳のテリーヌ、ブーダンブラン、熟成肉のソーセージ

さらにチョコテリーヌくるみパンまで付いてきました。

四ツ谷の肉バルでオーダーしたシャルキュトリー

通常こうしたテイクアウトオーダーは受け付けていないお店なのに、
無理をきいてくださっただけでなく、至れり尽くせりな内容で感動。
味も悶絶するくらい美味しくて、本当、心からお願いして良かった!と思った次第です。

ピエールエルメ イスパハン

そして、今年のケーキはピエール・エルメ・パリの「イスパハン」。
今年は時期が早かったからクリスマスケーキは、まだ売っていなくて。
ケーキ担当が、迷った結果「イスパハン」を選んでくれました。

生ケーキだけれど、上下はマカロン生地なのでかたく、ロウソクはさせません(笑)
華やかな見ためで、パーティーを盛り上げてくれた存在です。

歴代のクリスマスケーキ

2008年に3人でスタートしたクリスマス忘年会も11年目。
「クリスマスにホールケーキが食べたいよね!」という思いがきっかけだったと思います。
2009年は3人で焼肉を食べに行ったから、本格的にスタートしたのは2010年からかな。
2017年は、泊りがけで龍宮城ホテル三日月に行ったので、ケーキはありませんでした。
なので、今まで一緒に食べたケーキは9個。

メリークリスマス!

趣味で出会った仲間だったり、ブログを通じて知り合った仲間だったりで、
今は、一年に一度、この機会にしか会わないこともあるメンバーもいるけれど。
それでも、会えば、いつも一緒にいるような気持ちになる気心知れた仲間たち。
全員ノンアルだけど、やっぱり一年に一度のお楽しみです。

今年は早々に終わったから、本番であるはずのクリスマス付近が
全然、クリスマスムードじゃなかった(笑)
また来年もみんなで集まれることを願って。

メリークリスマス!


 関 連 記 事 

・2016年クリスマス忘年会はQ-pot.のクリスマスケーキとベジデコサラダ

・2014年クリスマス忘年会はDEMELの「ハーゼルショコラーデントルテ」

・2013年クリスマス忘年会

・2012年クリスマスケーキはエヴァンの「ヴィッシュ ディナミット」

・2011年クリスマスケーキ WITTAMER(ヴィタメール)「ノエル・モンブラン」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2018.08.04 Saturday 07:56

無塩・素焼きじゃないナッツ「ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ」

素焼きじゃないナッツ 美味しい サラヤ ブログ レポ

メーカー:SARAYA(サラヤ)
価格:25g×7袋 オープンプライス(SARAYA公式通販価格 税抜¥880)

サラヤの「ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ」が気になっていたので。
久しぶりにモラタメで試してみました。

最近、ヘルシーおやつとして注目のナッツ。
ダイエット的には、無塩・素焼きがメジャーです。
ワタシも取り入れているけれど、やっぱり何か物足りないんだよね。。。
元々、ジャンクで育ってきているので(笑)

ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ」は、3種のナッツをラカントと
バターなどでコーティングしてあります。25g入りのパックが7袋入り。
ほかに、70g入りの袋もあるよう。

サラヤ ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ 口コミ ブログ レポ

最近、様々な企業の製品についている「ロカボ」マーク。
一般社団法人 食・楽・健康協会が推進している取り組みです。
ゆるやかな糖質制限食のロカボでは、1食あたりの糖質を20g以上40g以下
(かつ、1日70g以上130g以下)に推奨していて、「低糖質スイートナッツ」も
その製品のひとつとして、良質な脂質と糖質を適正に摂取することに役立つ
ミックスナッツです。

サラヤ ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ カロリー 糖質量

1袋(25g)あたりのカロリーは151kcal。
炭水化物量は5.7gで、そのうち糖質は4.3g、食物繊維は1.4gだそう。
糖質の4.3g中、糖類は0.6gと低いです。
オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、亜鉛、鉄、カリウム、ビタミンE、オレイン酸なども
含んでいるので、ヘルシーなおやつと言えるはず。

サラヤ ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ 種類 味 ブログレポ

「コーティング」と聞いて外側カリカリのキャラメリゼっぽいものを
想像していたのですが、実際は白いパウダーがまぶしてある感じでした。
口に入れると、パウダーがすっと溶け、ひんやりするような不思議な感じ。

甘いけれど、ナッツの香ばしさもしっかりあって、ヤミツキになります。
最初はイメージと違い、ちょっと変わっているな。。。と思ったけれど。

3種のミックスナッツは、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツ
どれもバランス良く入っていると思います。
ワタシは、特にヘーゼルナッツが気に入りました。
アーモンドも一般的なものより少し小ぶりな印象があります。(コレがイイ)

サラヤ ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ リピートしたい

素焼きの無塩ミックスナッツに比べると、もう少し「おやつ」感もあってお気に入り。
小袋になっているので、イッキ食いも防止出来るしネ。
(小袋じゃないと、あと少し、もうちょっとと思って食べ過ぎそうな味です)

サラヤの「ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ」は、ワタシのように、
おやつにナッツが良いのは解っているけれど物足りない。。。というひとにオススメ
いろんなところでナッツをチェックするようになって、今さらながらに
「ナッツって意外と高いよね」と実感することになったので、
お値段も妥当なのでは?と思います。




 関 連 記 事 

・カロリーハーフ サラヤ「ラカント すき焼きのたれ」で鶏肉のさっぱり煮

・期間限定・表参道 SUNAOFLOWER SOFT STANDで糖質オフソフトクリーム

・成功への近道『あなたが「やってはいけない」ダイエット』で体質を知ろう

・太る理由は血糖値の急上昇「アラプラス 糖ダウン」で糖をエネルギーに変える

・糖質制限でも白飯!DIDYCOのこんにゃく米お試しを食べてみた




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2018.04.14 Saturday 12:47

レクサスのカフェLEXUS MEETS ... HIBIYA 東京ミッドタウン日比谷にて

レクサス ミーツ 日比谷ミッドタウン カフェ 口コミ

3月29日にグランドオープンした東京ミッドタウン日比谷。
27日のプレオープンに行った際、1階のLEXUS MEETS ... HIBIYAのカフェで
ランチをしてみました。イセタンミラーの隣で、目立つ場所にあります。

LEXUS MEETS ...は、カーブランドLEXUS(レクサス)のあるライフスタイルを
提案するブランド体験型施設。カフェとショップがあるほか、日比谷周辺の試乗も
体験出来るそうです。もちろん、カフェやショップだけを気軽に利用することが可能。
カフェはTHE SPINDLE(ザ・スピンドル)、
ショップはSTEER AND RING(ステア アンド リング)という名前が付いていました。

カフェは、カウンターでオーダーするキャッシュオンデリバリースタイル
席を確保するために用意されている「RESERVE」と書かれたクルマの置物が
可愛かったです。ワタシたちは、気づかなくて上着を置いちゃったけど(笑)

東京ミッドタウン日比谷 レクサスカフェ オーダーカウンター

オーダーカウンターはかなり広く、大きな印象を受けます。
目の前に立つと、その立派な雰囲気にドキマギしちゃうかも。
右端のキャッシャーでオーダーし、その後、メニューによってはデリを選びます。

ワタシは、サンドウィッチ+2種のデリ+ドリンクのセットにしてみました。
ほかに、サンドウィッチ+ドリンクや、4種のデリ+ブレッド+ドリンクのセットも
用意されています。もちろん、パフェやケーキなどのスイーツメニューもアリ。

東京ミッドタウン日比谷 レクサスカフェ ランチ デリ

デリはカウンターに並んでいるものから選ぶことが出来ました。
ワタシは、「白菜とクレソンのシトラスサラダ」「ガストリック酢豚」をチョイス。
デリは目の前で盛り付けてくれます。

商品が提供されるカウンターの左端には、セルフサービスのお水もありました。

東京ミッドタウン日比谷 レクサスカフェ 炭酸水も無料

レバーを押して、サーバーから注ぐスタイルです。
2種あるのは、ひとつが「水」もうひとつが「炭酸水」だから。
友人が「炭酸水もあるの?!」と大喜びしていました。

カウンターで商品を受け取ったら、席へ。

東京ミッドタウン日比谷 レクサスカフェ オーダーメニュー

ワタシが選んだサンドウィッチは「自家製コンビーフ トマトとチェダーチーズ」です。
プラス350円のメニューになるけれど、コンビーフ好きには見逃せない!
サンドウィッチは、5種類から選ぶことが出来ました。
ドリンクはアイスティーです。

東京ミッドタウン日比谷 レクサスカフェ パティシエ エス コヤマ 小山ぷりん

友人は食事を済ませていたので、最初「お茶だけで」と言っていたのですが、
カウンターでパティシエ エス コヤマの「小山ぷりん」を発見して、そちらに。

兵庫県三田市にあるエス コヤマは、最近人気のパティスリーです。
そのエス コヤマのスペシャリテのひとつ「小山ぷりん」をここで食べられるなんて。

パティシエ エス コヤマ 小山ぷりん 東京で食べられる

とろ〜りクリーミィーなタイプのプリン。
一口味見させてもらいましたが、ミルキッシュな味わいで美味しかったです。
底のカラメルがアクセントに。

そして、ワタシがオーダーしたサンドウィッチとデリ。

日比谷ミッドタウン レクサスミーツ デリ 味

「白菜とクレソンのシトラスサラダ」は、シトラス風味の浅漬けのようでした。
オレンジやグレープフルーツなどの果実もゴロゴロ入っています。
厚めの白菜にもしっかり味が付いていました。
ただ、イートインで食べる分には良いですが、テイクアウトだと水気が出るかも。

「ガストリック酢豚」は、味が濃いめでした。
具材は、豚肉、ニンジン、玉ねぎなど一般的な酢豚と同じです。
ガストリックとは、砂糖と酢、水で作るフランスの調味料。
この濃厚感が濃いめの味付けだと感じる理由のひとつになっているのかもしれません。
サンドウィッチのパンの余白が恋しくなったので、4種のデリ+ブレッドに合うかも。

サンドウィッチは、最近流行りの萌え断系!
パンがかなり厚切りな印象です。

日比谷ミッドタウン レクサスミーツ 自家製コンビーフ トマトとチェダーチーズのサンドウィッチ

パンはしっとりめですが、ワタシにはこの厚みがちょっとキツイ感じ。
トーストもしていないので、ちょっともそもそした感じが否めませんでした。
子供のころ、食パン(特にミミの部分)の生食が苦手だったことを思い出しちゃった。

さらに、自家製コンビーフは、コンビーフというよりコールドミートのようで、
正直、コンビーフ好きのワタシとしては、ちょっと期待はずれなところも。
もちろん、コールドミートサンドウィッチだと考えれば、遜色はないと思います。
ボリュームは充分にありました。

LEXUS MEETS ... HIBIYA THE SPINDLEは、東京ミッドタウン日比谷の中で
気軽にランチやカフェを楽しむお店として使えそう。
スタッフさんたちも丁寧で、心地よい時間を過ごせました。

▶LEXUS MEETS ... HIBIYA THE SPINDLEの詳細はこちら

LEXUS MEETS ... HIBIYA THE SPINDLE
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1階
電話番号:03-6273-3225
営業時間:[月〜土]11:00〜23:00/[日・祝]11:00〜22:00


 関 連 記 事 

・東京ミッドタウン日比谷で15分ストレッチ!NEUTRALWORKS.HIBIYA




ブログパーツ
 スポンサーリンク


| 1/70PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


















▶カウシェッド福袋ネタバレ記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others