ココロの栄養(本や映画など) | WOMANIA
2018.07.26 Thursday 14:10

六本木ヒルズでアナスイの世界を堪能「THE WORLD OF ANNA SUI」

六本木ヒルズ アナスイ展 ブログ レポート

2018年7月14日〜8月26日まで六本木のテレビ朝日本社ビル1階、
けやき坂スペースで開催されている「THE WORLD OF ANNA SUI」に行ってきました。

アナ スイ コスメティックスは、今年で20周年なのだそう。
最初にアナスイのコスメが登場したときのことは、今でも覚えています。
今みたいに、ファッションブランドが展開するデザイナーズコスメが多くなく、
その先がけみたいな存在だったよね。ネイルからローズの香りがするのが斬新で、
たまりませんでした。あれから20年、アナスイのコスメはワタシの好物です。

そのアナスイ コスメティクスの20周年を祝して開催された「THE WORLD OF ANNA SUI」
ロンドンのFashion and Textile Museumで2017年5月〜10月に開催された
“THE WORLD OF ANNA SUI”を持ってきた世界初の巡回展だそうです。
アナ・スイ、1991年のデビューから現在に至るまでのファッションコレクションと
アナ スイ コスメティックス20年の歴史を振り返る展覧会。

テレビ朝日 THE WORLD OF ANNA SUI

入場は無料写真撮影も自由でした。
混んでいるのかな〜と思いながら、会場に足を運んでみると、
平日の昼間だったからか、会場内はほぼ貸しきり状態でした。ラッキー☆

入り口を入るとサインと共にアナスイのビジュアルが出迎えてくれます。
オープニングイベントには、アナ・スイ本人も来日されていたよう。

アナスイのファッションコレクション 展覧会 レポ

展示スペースには、1991年のデビューから2017年春夏までのコレクションが並びます。
100点以上あるというコレクションは圧巻。
貸切状態のワタシは、このマネキンの数に不思議な恐怖感を覚えたという(笑)

コレクションは、テーマごとに分けられて展示されています。

ワールドオブアナスイ 展示写真

アナ・スイを魅了したロッカー、スクールガール、パンク、ゴス、ボヘミアン。。。
それらを取り入れたコレクションはワタシの好きな世界観そのものです。
ジブンの好きなものに、これだけ囲まれるとどうしていいか判らなくなっちゃう。
ひとつひとつを細部まで見ていくと、いつまでもここにいれそうでした。

また、会場奥の小部屋では、コレクションの創作過程も感じることが出来ます。
アナ・スイが各コレクションを制作する際に使用するというイメージボードを展示。
スケッチや生地見本、プリントサンプルなど、イメージが並べられていました。
コレはファン唾涎の展示だと思います。

そして、コスメ20周年の歴史も。

アナスイ コスメ 20周年の歴史

1998年から2018年までのメインビジュアルのパネル展示には、
「あー、そうそう!」「これ買ったな」「このコレクション好きだった」と
思い出がこみ上げてきます。スキンケアが出たとき、ベースメイクが出たとき、
パッケージデザインが変わったときなど、それぞれが記憶に残ってる。

よく考えたら、ここまでコレクションを追ってきたコスメブランドって無いような。。。
それだけワタシがアナスイを好きだったってことですね。
毎回毎回ノベルティにも魅かれまくっていました(笑)
ノベルティの展示があったら協力できたくらいです。

アナスイ コスメ 20周年の歴史 展示

フレグランスとパッケージのデザインをまとめたこのコーナーの雰囲気が好き。

ほかにもスキンケアやコスメティックカウンターをそのまま持ってきたような
コーナーなどがありました。当時、ピオニーの香りのスキンケアが珍しかったよね。

アナスイ コスメ 20周年の歴史 展示

ファッションコレクションの足元には、それぞれの時代に合わせた
コスメコレクションも並びます。限定品もたくさんあって持ってるものを探しちゃう。

そして、会場の程近く、テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION
会場内の六本木ヒルズアリーナには、期間限定(2018年7月14日〜8月18日)の
ANNA SUI COSMETICS SHOP」も登場していました。

六本木ヒルズ ANNA SUI COSMETICS SHOP 期間限定

こちらでは、限定コスメの先行販売、オリジナルグッズやアイスも扱われています。
20周年オリジナル限定グッズは、トートバッグ、Tシャツ、ロールクッキーなど。
購入すると20周年限定のショッパーに入れてくれます。

残念ながら、3,000円以上購入でもらえるオーブン限定「バニティボックス」は
終了していました。3,000円以上買ったのに、ざんねんー!(涙)

Tシャツは、一部サイズに売り切れが出ています。
また入荷するらしく、Twitterでお知らせが出ると聞きましたが、
残っていたブラックのSサイズを見たら、少し大きめな感じ。
これならいけるかな?と思って、Sサイズを購入しました。(通常はM〜Lです)

六本木ヒルズ アナスイ限定ショップ 限定品

あと、3デザインある「20周年限定ロールクッキー」も購入。
中は3つとも同じで、ヨックモック製の「シガール」です。
(ヨックモックのグループ会社ヨックモッククレアが製造)
マットブラックの缶は指紋がいっぱいつくけれど、それでも欲しかった。。。

アナスイコスメ 20周年キャンペーン スタンプラリー

期間中、「ANNA SUI COSMETICS SHOP」「THE WORLD OF ANNA SUI」展、
全国アナ スイ コスメティックス ショップではスタンプラリーを開催。
会場別に異なるデザインのポストカードがもらえ、カードにスタンプが
押してもらえます。3つのスタンプをコンプリートすると、
さらにミニチュアサンプルがもらえるそう。全国ショップのポストカードが欲しい!

開催期間は、7月14日〜8月26日ですが、六本木ヒルズのショップのみ
8月18日までと期間が短いので注意してくださいね。

「THE WORLD OF ANNA SUI」は、時間が経つのも忘れるくらい充実した内容でした。
空いていたから、こんなに贅沢な時間を過ごしていいの?と思ってしまうほど。
アナスイファン、コスメファンにはオススメしたいイベントです。


 関 連 記 事 

・携帯に便利!新・アナスイ パウダーブラッシュ&アイカラーブラッシュ

・ANNA SUI(アナスイ)樹脂製のローズ&バタフライリング(グリーン)

・日本未発売 アナスイ 「EYE COLOR & CHEEK COLOR PALLET」

・アナスイ スプリングスペシャルプロモーション タンブラー

・いつも傍にあった 女子のデイリーブランド メイベリンは100周年




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2018.07.16 Monday 23:42

偶然が重なり合う幸運な時間の旅へシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」レポ

2018年2月7日からスタートし、7月8日で東京公演が終了した、
シルク・ドゥ・ソレイユのツアーショー「ダイハツ キュリオス」。
2011年の「クーザ」からは、1公演につき2回以上鑑賞していたのですが、
今回は1回のみ、しかも6月に入ってからの東京最終公演での滑り込みで観ました。

ワタシにとっては、「オー」「コルテオ」「クーザ」「ゼッド」「オーヴォ」
「トーテム」に続く7作目のシルク・ドゥ・ソレイユです。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」チケット

「キュリオス」は、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品
といっても、シルク・ドゥ・ソレイユの創設は1984年、今年が30周年なのではなく、
30周年に制作された作品です。ツアーショーは、世界各国で公演されているからネ。



今回は、19世紀の産業革命の時代を彷彿させる雰囲気。
CMやプロモーション映像を観たときから「好きな世界観だ!」と期待していました。

レトロだけれどモダン、懐古的な世界が織り成す近未来。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」会場

それは、エントランスロビーの雰囲気からも感じられます。
ロビーに展示されるのが定番となったダイハツの車周辺にもこだわりがあり、
期待を高めてくれました。車のナンバーは、本作のキーとなる「11:11」。

そして、今回の「キュリオス」からは、新しい試みがスタートしています。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」カーテンコールは撮影OK

会場入り口などに出ていた案内によると、終演間際に撮影OKの時間があるという!
席を移動しない、三脚を使用しない、フラッシュを使用しない、
頭の上にカメラを上げて撮影しないなどのルールはありますが、これは嬉しい。
SNSでシェアして「キュリオス」を盛り上げようということのようです。

これまでシルク・ドゥ・ソレイユの舞台を10回以上見てきたけれど、
今は無きシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京のプレス発表会と、
「ゼッド」のバックステージツアー以外は撮影禁止だったから、夢のような話。
撮影のときになっても「え?!いいの?」ってドキドキしてしまいました。

「キュリオス」の主人公はシーカーという、おっさん(笑)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」主人公 シーカー

目に見えない世界が存在すると信じているシーカーが、あちこちから集めた
骨董品などで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まります。

といっても、シルク・ドゥ・ソレイユは、明確な台詞の元に物語が進むわけではなく
そんな設定の中で繰り広げられるパフォーマンスの世界を楽しむ感じ。
今回は、シーカーが好奇心や想像で想い願った飛躍の夢の世界に入り込んだようです。
「キュリオス」のテーマは、“創造の旅”なのだとか。

欧米では、1が並ぶ「11:11」という時間は偶然が重なり合う幸運な時間。
11時11分になると「Make a wish!」と願いごとをする人が多いのだとか。
「キュリオス」は、その11時11分からスタートし、12分になって終了しました。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」11時11分 幸運な時間

カーテンコールに撮った写真では、右上の時計が11時12分をさしています。

そう、つまりこの物語は現実世界では、たった1分の話。
その中でシーカーが体験した異世界の出来事なのです。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」演目リスト

異世界の中で繰り広げられるのは、全14演目
途中30分の休憩を挟み、7演目ずつに分かれています。

7作目となると、これまでにも似た演目があったなと感じるところもあるけれど、
そんな記憶の引き出しを探るのも楽しい。もちろん、新しい演目や試みもあります。
今回は「透明サーカス」が楽しかった!
ライブカメラを取り入れたパフォーマンスやヨーヨーなんかも登場します。

このヨーヨーを担当しているのは、日本人ヨーヨーパフォーマーの
BLACKさんという説も出ていますが、BLACKさんは2016年2月にショーを離れ、
日本公演では台湾出身のChih-Min Tuanさんが出演されているということ。
(BLACKさんのブログ▶KURIOS日本公演と、「ヨーヨー演目」より)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」日本人パフォーマー 池田一葉さん

そして、日本公演に唯一の日本人アーティストとして出演されているのが池田一葉さん
メインキャラクターの一人でもあるKLARA役を担当されています。
池田さんのことは、TVでも何度も紹介されていたので楽しみにしていました。

あと、もうひとつのワタシのお目当は音楽。
シルク・ドゥ・ソレイユは生演奏なのですが、これがもうライヴに行く感覚で
楽しめます。時には、バンドブースから出てパフォーマンスを披露してくれたり。
今回のシンガーさんも素晴らしくて、ともすればそちらばかりを目で追ってしまいました。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」CD買いました!

今回も休憩のときにCDを購入!
「シルクの音楽ってイイ!」と思った「クーザ」のときからずっと買っています。
Amazonで購入▶Kurios (Cabinets Des Curiosités)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」感想 レポート

今回、「キュリオス」を観て、漠然と思ったのは映画「グレイテスト・ショーマン」で
P・T・バーナムが目指したサーカスのようだということ。
どちらもサーカスだし、同じくらいの時代だから通じるものがあるのかもしれませんが、
それだけではなく、「人間のチカラ」で驚愕の世界に連れて行く熱量が似ている気がしました。
きっと、P・T・バーナムは、こんなサーカスを目指していたんだろうな、
それが現代のチカラで現実のものになったのが「キュリオス」なんだろうなと。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」公演

東京公演は7月8日で終わってしまいましたが、7月26日からは大阪公演がスタート。
さらに、その後は名古屋公演、福岡公演、仙台公演と続きます。
最後の仙台公演が終わるのは、2019年5月29日。
1年以上をかけて「キュリオス」は主要都市で公演を続けます。

ワタシにとって、シルク・ドゥ・ソレイユのツアーショーは2年に1度のお楽しみ。
「今回はいいかな」と思わないのは、それだけの魅力があるからだと思います。
人間が超人的なパフォーマンスや圧倒的なテクニックで魅了する、
考えつく限りのこだわりを詰め込んだエンターテイメントショー。
「一度は観てみて」とオススメしたい公演です。

チケットぴあ


 関 連 記 事 

・前から10列以内で観たシルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ トーテム」

・シルク・ドゥ・ソレイユが作ったファンタジー「OVO(オーヴォ)」

・シルク・ドゥ・ソレイユ 「KOOZA(クーザ)」 2度目で感じたこと

・夢と現実が出会う場所 シルク・ドゥ・ソレイユ 「コルテオ」

・手をのばせばそこにある夢と魔法 シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2016.10.08 Saturday 08:22

本物の歌唱力と豪華ゲストに圧倒「クミコスペシャルコンサート2016」

クミコスペシャルコンサート2016

2016年9月24日にEXシアター 六本木で開催された、
「クミコスペシャルコンサート2016」に行ってきました。

クミコさんは、シャンソンの老舗「銀巴里」で活躍、
「INORI〜祈り〜」でNHK紅白歌合戦出場、
湯川れい子さん作詞、つんく♂さん作曲の子守唄
「生まれてくれて ありがとう」を歌うアーティストです。

クミコスペシャルコンサート2016

冒頭、客席から歌いながら登場したクミコさん。
一瞬にして空気が変わり、あっという間にクミコさんの歌の世界に引き込まれます。

でも、曲が終わった途端にフレンドリーな印象のトークがはじまりました。
軽快なトークで観客を楽しませてくれます。
このトークもクミコさんのコンサートの醍醐味なんだろうなと実感。
直接的なやりとりはありませんが、ステージと客席の距離が近いと感じました。

この日は、9月7日に発売された両A面シングル
「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」の発売記念も兼ねたコンサート。
この2曲は、「木綿のハンカチーフ」や「ルビーの指輪」などで有名な
作詞家の松本隆さん作詞です。また、「恋に落ちる」は、秦基博さん作曲。

そのため、二部制で構成されたコンサートの第1部は松本さん作詞の曲が
中心でした。しかも、途中で客席から松本さんがステージに登場したという!
この流れで松本さんとクミコさんのトークが繰り広げられます。
さらに、その後、作曲を担当された秦基博さんも登場されました。
いきなりの豪華なゲストにビックリ!

この日の3人の楽しいトークと、秦基博さんがコーラスで参加された
新曲「恋に落ちる」がの様子は、公式動画としてYouTubeにアップされています。



第1部はトークも含めて大盛り上がり。
結局、1時間半ほどに及びました。

松本さんがインスタに第1部終了後に撮った記念撮影をアップされていたのを発見!



こうして拝見するとクミコさんが小柄なことが判ります。
ステージの上では、パワフルで小柄な印象なんて無かったのに。

第2部では、クミコさんの素晴らしいシャンソンを聴くことも出来ました。

この日のセットリスト

ワタシの好きな名曲「愛の賛歌」まで!

シャンソンってもちろん、「歌」なのだけれど「演技」だよね。
「演技力」と表現するのが相応しいような歌唱力には圧倒されるばかり。
時に優しく、しっとりと、時に激しく、身を切るような歌い方は、
さすがとしか言いようがありませんでした。
ワタシ、知っている歌だけでなく、知らない歌も、こんなにじっくり
身に入ってきたのはじめてかも?これが「聴かせる」ってことなんだと痛感しました。

休憩も含めトータル3時間にも及ぶ長丁場となった、この日のコンサート。
あとからクミコさんのブログを読んだら、予定よりも長かったみたいです。
「届ける」という想い、お客さんを「楽しませる」という気持ちに溢れた、
それが伝わってくるコンサートでした。歌はもちろん、クミコさんの人柄に
魅かれるファンも多いんじゃないかなー。ステージの上でも気取らない
クミコさんのスタイルにワタシもすっかり魅了されました。
ちなみに、第1部の衣装は伊勢丹で買ったそうです(笑)

新曲が発売されたこともあり、現在、クミコさんは様々な番組にも出演されているよう。
また、今後も、TSUTAYAで新曲CDを買った人の中から招待される、松本隆さんとの
「トーク&ミニライブ」や、船橋市民文化ホールでのコンサートも予定されています。
詳しくは、クミコオフィシャルサイトをチェックしてみてくださいね。

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2016.02.06 Saturday 00:22

前から10列以内で観たシルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ トーテム」

ダイハツ「TOTEM(トーテム)」

2016年2月3日から、大好きなシルク・ドゥ・ソレイユのツアーショー
ダイハツ TOTEM(トーテム)がスタートしました。
開幕前日、フジテレビにご招待いただき公開リハーサルへ。
リハーサルといっても、明らかに判る本番との違いはありません。
観客がいる状態で本番同様に演じ、最終確認をする感じ。

ダイハツ「TOTEM(トーテム)」エントランスロビー

エントランスロビーに入ると、そこは「ダイハツ トーテム」の世界!
ダイハツのトーテムカーを中心に、グッズやドリンク・フードを売るブースが
ずらりと並んでいます。各所にあるモニターにはプロモーションや演目の映像も。
一角には、トーテムカメラというプリクラのようなブースがあり、顔ハメ写真が
撮れたりもしました。撮った写真はfacebookからダウンロード出来るしくみ。

「ダイハツ トーテム」は、“不可能を可能にする人類の進化”がテーマ。
宇宙から舞い降りたきらびやかで幻想的な存在であるという
「キラキラのひと」が、地球に命を与えるところからはじまります。
(「キラキラのひと」は、ワタシが勝手に名づけた呼び名です)

「キラキラのひと」が天井から降りてくるシーンは、本当に幻想的。
これからどんなことがはじまるのだろうと期待が高まります。
ワタシはシルク・ドゥ・ソレイユの舞台のこの瞬間が大好き!

演目は、過去と現在、そして未来で繰り広げられる「自然の驚異」
「科学と情熱」「文明の進歩」「愛の起源」を表現しているそう。
太古の人間の躍動を感じさせるシーンから、未来を予感させる宇宙との
交流のシーンまでが登場します。その中で魅せる人間のスゴ技!

ダイハツ「TOTEM(トーテム)」演目

この「ユニサイクル・ウィズ・ボウル」の一輪車の高さは2m。
この上で足でボウルを投げ、頭でキャッチしていきます。

ダイハツ「TOTEM(トーテム)」演目

毎回、感じるシルク・ドゥ・ソレイユのすごさは、全てが人間のチカラであること。
“不可能を可能にする人類の進化”というのは、
シルク・ドゥ・ソレイユそのものではないかと思わせてくれます。

ダイハツ「TOTEM(トーテム)」演目

今回は、公開リハーサルなので、座席の指定などは出来ませんでしたが、
ワタシが観ることが出来た席は、なんと!9列目!!!
といっても、Gブロック7番なので端の方なのですが。。。
客席をUの字で言えばUの縦棒の上の方、ステージを横から見る感じです。

10列以内の席番!

それでも、ワタシの12年6回のシルク・ドゥ・ソレイユ鑑賞歴の中で、
前から10列目以内で観たのは、はじめての経験です。
そして、それは、想像以上の違い!

頭上を抜けてゆくパフォーマーの迫力も、肉眼で確認出来る皮膚の質感も
全てが今までとは違い新鮮で、圧倒されました。
途中、客席通路を駆け抜けてゆくパフォーマーも身近に感じるしね。
シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスは正面でなくとも楽しめるため、
正面後方なら、横前方の方が良いのかも?とすら思いました。
そして、これを正面前方で観たらどう感じちゃうのだろう?とも。

さらに、ワタシの中でのもうひとつのお楽しみが音楽です。
シルク・ドゥ・ソレイユは、毎回、音楽も生演奏、生歌で。
それが、時に演目よりも注力してしまいそうになるほど素晴らしいものなのです。
今回も、前半を聴いて休憩時間にCDを買いに行きました。

休憩時間に買いました

「ダイハツ トーテム」の中には、ヨーロッパの酒場をイメージするような
音楽も出てきます。演目には、実際にフラメンコダンサーの格好をしたひとも登場。
あのシーン、本当に好きだったな。
そんなお気に入りのシーンを後から思い出せるのが音楽です。

3枚目のCD

ワタシにとっては、3枚目のシルク・ドゥ・ソレイユのCDです。
パンフレットよりCDの方が、演目を音の記憶で反芻出来るのでは?と思い、
買いはじめました。「KOOZA」も「OVO」に続き、今回の音楽もヒット!
これで、ワタシの中で、しばらくシルク・ドゥ・ソレイユ祭がはじまります(笑)

お台場ビッグトップ

「ダイハツ トーテム」には、日本人パフォーマーも含まれています。
今回のメインビジュアル、「TOTEM」の「T」の字になっているのがそのひと。
世界に誇るシルク・ドゥ・ソレイユの中で日本人が活躍しているのは
無条件に嬉しくなるよね。舞台の中でも思わず目で探してしまいます。

「ダイハツ トーテム」東京公演は、4月10日まで。
この後、大阪、名古屋、福岡、仙台と約1年以上をかけて続きます。
最終、仙台は2017年4月からを予定しているそう。
今度は正面前方で観たい!そんな欲が芽生えた、今回の公演でした。
何度観ても楽しめる、新しい発見がある、それがシルク・ドゥ・ソレイユです。

シルク・ドゥ・ソレイユ『ダイハツ トーテム』


 関 連 記 事 

・シルク・ドゥ・ソレイユが作ったファンタジー「OVO(オーヴォ)」

・シルク・ドゥ・ソレイユ 「KOOZA(クーザ)」 2度目で感じたこと

・夢と現実が出会う場所 シルク・ドゥ・ソレイユ 「コルテオ」

・手をのばせばそこにある夢と魔法 シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」

・夢と魔法の舞台裏 シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」 バックステージツアー




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2015.12.06 Sunday 05:36

1890年からつながる日本とトルコの真心の物語 映画「海難1890」

映画「海難1890」

昨年の4月、「週刊モーニング」に掲載されていた
「Teşekkür ederim」という読み切り漫画がとても記憶に残っています。
「もやしもん」の作者 石川雅之氏による、日本とトルコのつながりの歴史が
描かれた内容は、ワタシがはじめて知った感動のストーリー。

ターキッシュエアラインズ特別協賛試写会

2016年12月5日より公開された「海難1890」は、そのエピソードを
取り上げた映画です。「コレは観たい!観なきゃ!」と思っていたところ、
ターキッシュエアラインズ特別協賛の試写会にお招きいただきました。
会場は、ユナイテッド・シネマ 豊洲。
最近、ワタシがよく訪れる映画館のひとつです。

ユナイテッド・シネマ 豊洲

ここの映画館、座席もゆったりしていて好き。
椅子が良くある劇場の折りたたみタイプではないのです。
それでも人が通れるということは、前も広いと思うんだよね。
よく行く銀座エリアから近いし、4DXもあるため行く機会が増えました。

エルトゥールル号海難事故

話は、1890年に起こったトルコの親善使節団の船、エルトゥールル号の
海難事故からはじまります。和歌山県紀伊大島沖で台風により難破した
エルトゥールル号。それを助けたのが、紀伊大島の人々でした。

ワタシ、かなり早い段階で涙腺崩壊。
エルトゥールル号海難事故のあらましを知っていたワタシでも
その細かい描写に心を打たれました。複線として、海難事故に遭った
トルコ人それぞれの家族や想いまでもが描かれていて、「数字」では
語れない被害の大きさとそのつらさが伝わってくるよう。
紀伊大島の人たちは、目の前の命だけでなく、この親善使節団にまつわる
人々の「心」を救おうとしていたのだと思うと自然と涙が出てきました。
「悲しい」とか「つらい」のではなく、「真心」が感じられたからこそ。
これが、「心」を打たれるということだと思うのです。

テヘラン邦人救出劇

そして、舞台は95年後の1985年、イラン・イラク戦争時のイラン・テヘランへ
移ります。そこで、あったのは、サダム・フセインによる無差攻撃宣言。
イランより脱出することが困難な立場に立たされた日本人を救ったのは
トルコでした。そのとき、95年前のエルトゥールル号海難事故のことが
思い出され。。。今度は、トルコ人が日本人を助けることになります。

おそらく、こういったエピソードを偽善だ、綺麗事だと言うひともいると思います。
なんかちょっと都合良くない?とか、そんなうまいこといくわけないでしょ!と
考えてしまうひともいるはず。でも、それが本当は関係の無い偶然だとしても、
「受け取り方」と「心の持ちよう」で、お互いが温かい気持ちになれたら
良いのではないのかなと思うのです。何気なく行動したことで、相手から
感謝されてイヤな気持ちになるひとっていないよね?そういうのが連鎖することが
「つながり」であり「友好」につながるんじゃないのかな。



もちろん、この映画に描かれていることが、エルトゥールル号海難事故と
テヘラン法人救出劇の全てではありません。ワタシが最初にこのエピソードを
知ったとき、いろいろ調べたところ、他にこれらの事件に尽力したひとがいました。
テヘランからの脱出の際も、決して日本全てが邦人を見捨てたわけではないもよう。
TVなどでも取り上げられていたから、知っているひともいるはず。
また、映画には描かれていませんが、これ以降も日本とトルコは、
トルコ大地震、東日本大震災とお互いを想い合う協力を続けています。

海難1890

恩は受けた人に返すものではない。
次に繋ぐものだ。

もし、貴方たちが僕のしたことが嬉しかったのならば。
貴方たちが僕の立場になったとき、
それを次の世代にしてあげなさい。
それが僕にとっては一番、嬉しいことです。


ワタシが若いころ、こう教えてくれたひとがいました。
「海難1890」という映画は、まさにそういう映画でした。

この映画の登場人物は、誰もが誰かのヒーローです。
親切が難しい時代だからこそ、純粋に「真心」が観たくなる。
太陽の国と月の国の物語は、「心」の物語でした。

オンライン予約はこちら→ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト


 関 連 記 事 

・映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」ジャパンプレミア




ブログパーツ
 スポンサーリンク


| 1/23PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others