レストラン・カフェ・食事処 | WOMANIA
2019.05.12 Sunday 11:48

念願の母の日ランチは神戸元町のフレンチ「イグレッグベガ」で

神戸 ランチ イグレッグベガ 母の日

帰省した際に、母を少し早めの母の日ランチに誘ってみました。
一休.comで探して見つけたのは、旧居留地・大丸前のフレンチレストラン
igreg VEGA(イグレッグベガ)。ユニクロが入っているビルの6階です。

ココ、偶然にも母は以前、お友達とランチに来たことがあったそう。
今回は窓側の見晴らしの良い席を用意してくれていました。
窓の向こうには、どーんと神戸大丸!
普段、こんな角度から見ることが無いので新鮮です。

この日は、前菜+牛フィレ肉のポアレ+デザートなど全5品のコースを予約。
さらに、母の日ランチとして、プティギフト特典+1ドリンク付でした。
ドリンクは二人とも飲まないので、ウーロン茶にしましたが、
グラスワインやグラススパークリングワインも選べます。

イグレッグベガ ランチコース アミューズ

アミューズブーシュは「ホタルイカのエスカベッシュ」。
敷いてある菜の花のピューレがアクセントになっています。

これが「食前のお愉しみの一品」にふさわしい一皿!
臭みを感じさせないホタルイカとエスカベッシュの酸味、菜の花のピューレが
絶妙にマッチしていました。決して量は多くないけれど、満足度の高いメニューです。

イグレッグベガ ランチコース 冷前菜

冷前菜は「魚介類のパナッシェ カリフラワーのブランマンジェ添え」。
3つ並んだドーム型は、左からサーモンのリエット、カリフラワーのブランマンジェ、
サバのリエットです。それに加えて、カリカリの衣をまとった海老。

イグレッグベガ ランチコース 口コミ

海老はぷりぷりで甘く、リエットやブランマンジェはふわっと滑らか。
それぞれに合わせる食材を変えていて、こだわりが感じられました。

イグレッグベガ ランチコース パン

パンはバゲット。
無くなるとおかわりをサーブしてくれます。
カゴの中にはいくつかの種類のパンがあったのですが、2回目も同じバゲットでした。
せめて聞いてくれればいいのにな。
ま、2回目のパンが別の種類だったら食べてしまったと思うので良しとします(笑)

あと、最初からテーブルにセッティングしてあったバターがゆるく、コクもいまいち。
これは好みの問題だとも思うのですが、ワタシ的には唯一バターが残念だった印象です。
こちらも「バター食べ過ぎ注意」に貢献してくれたということで。

イグレッグベガ ランチコース オプションのサラダ

この日は、オプションで「梶谷農園さんのサラダ」も頼んでみました。
オリジナルのフレンチドレッシングで和えたサラダは、シンプルだけれど葉物の味が
しっかりと判るメニュー。農園の名前がついているだけあって新鮮で味が濃いです。
これで、プラス194円はお値打ち!

イグレッグベガ ランチコース 温前菜 スープ

温前菜は「新ジャガイモのポタージュ」でした。
ミルクの泡がのせてあり、ポルチーニ茸の粉で香りづけがしてあります。

なめらかで、新じゃがの甘みが感じられ、舌触りの良い仕立て。
ポタージュと泡の異なる食感で、食べ応えもあります。
ボリュームもあり、スープ好きのワタシには嬉しいメニューでした。

イグレッグベガ ランチコース お肉料理

肉料理は「牛フィレ肉のポアレ マルサラ酒のソース」。
母がフォアグラ好きなので、追加トッピングでお願いしておきました。

母は以前、利用したときもフォアグラトッピングをしたそうですが、当時は500円
だったということ(今は800円)。でも「前より大きい!」と喜んでいました。
たしかに、メインの牛フィレ肉をくってしまうようなサイズです。

付け合わせは、インゲン、葉付き玉ねぎ、ネギ坊主、ハートは大根のピクルス。
フォアグラの下には、筍と人参のグリルが隠れています。
ワタシ、ネギ坊主を食べたのって、はじめて。
軽く火を通してあり、シャキシャキの中に不思議な感覚がある新食感でした。

イグレッグベガ ランチコース フォアグラトッピング

フォアグラ、牛フィレ肉共に、火入れは絶妙。
マルサラ酒のソースとのバランスも良く、余すところなく楽しめる一皿です。
母が「肉料理のお皿が一番美味しい」と喜んでいたのが印象的でした。

イグレッグベガ ランチコース 10種類のデザートプレート

デザートプレートはプラス324円の「10種類のデザートプレート」をチョイス。
毎月テーマが変わるらしく、5月は【赤果実】です。
クリームブリュレ、アイス、エクレア、ロールケーキ、マカロン、焼き菓子、
ミルフィーユ仕立て、ショートケーキ仕立てとバリエーション豊かな10種類。
甘過ぎず、ひとつひとつの量がちょうど良いから、ワタシもペロリといただきました。
母はアイス、ワタシはクリームブリュレがお気に入り。

この日は、プレートにメッセージと1輪のお花をオプションでお願いしていました。
イグレッグベガでは、1輪のお花や花束、ホールケーキなどのオプションメニューが
揃っています。コレも、今回、このお店を選んだ理由のひとつ。

花束にしても良かったのだけれど、家には父へのお供えのお花が溢れているので
形だけということで1輪にしてみました。この1輪が想像以上に立派でステキ!

イグレッグベガ ランチコース 1輪のお花 オプション

デザートプレートにものっていた焼き菓子を母の日ランチ特典のプティギフトで
一緒にいただきました。プティギフトは一人ひとつずつ用意してくれます。

「早めの母の日」だとは想像していなかったようで、涙ぐむほど喜んでくれた母。
やっぱりこうした演出って大切だよね、この店を選んで良かったです。


離れて暮らしているため、ずっと「母の日に一緒に食事をする」が念願だったワタシ。
今回、このタイミングで叶ったのは、父の法要があったおかげです。

帰宅後に母が父に手を合わせて、こんなことしてもらったよ、嬉しかったよって
報告している姿を見て、父の後を受け継いで母を幸せにしてあげようと誓いました。

一休.comでの予約はこちら→イグレッグベガ

イグレック ベガフレンチ / 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)
住所:兵庫県神戸市中央区元町通1-7-1 VEGAビル6F
TEL 078-334-1909
定休日:月曜(祝日は営業)
昼総合点★★★☆☆ 3.7



 関 連 記 事 

・2015年の母の日ギフト 京料理 岡庄 母の日御膳

・今年の母の日ギフト 母の日御膳 かなたに 「三都の小箱」

・今年の母の日ギフト 金茶寮 季節の祝い重

・今年の母の日ギフト 「料理研究家寺田真二郎監修 母の日特別御膳」

・今年の母の日ギフト 京都 美濃吉 母の日御膳「美々凛々」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2019.04.29 Monday 00:50

ストリングス表参道DUMBOで1日7組限定ギルトフリーアフタヌーンティー

表参道 アフタヌーンティー ストリングス表参道 DUMBO

発表会で訪れるたび気になっていたストリングス表参道のアフタヌーンティー。
2階にあるバー&グリル ダンボでは、1日7組限定で
ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティーを楽しむことが出来ます。

それは、ヘルシー思考のニューヨーカーにならった、
“ヘルシー・ビューティー・フレッシュ”がコンセプト。
食材に、スーパーフードや低糖質、美容効果の高いものを使用し、
罪悪感なく食べることのできる「ギルトフリー」アフタヌーンティーなのだそう。
そりゃ、気になるに決まってる!!!

ストリングス表参道 ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー 口コミ

2019年3月11日〜6月9日は春メニュー。イースターをテーマにしています。
テーブルにつくと、そこにはフォトジェニックなエッグハントのディスプレイが。
この上に、セイボリーとスイーツがのったプレートを置くのだそうです。
季節を感じるデコレーションは、いつまでも写真を撮りたくなる可愛さ!

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー ドリンク

ドリンクは、アールグレイ、ダージリン、アイスティー、コーヒー、アイスコーヒー
のほか、フレーバーティー4種、ハーブティー4種から選ぶことが出来ました。
ホットティーを選ぶとポットサービス。
ペパーミントリーフのハーブティーが美味しかったです。

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー スープ
新じゃがいもとココナッツミルクのポタージュスープ

スープは「新じゃがいもとココナッツミルクのポタージュスープ」。
ココナッツミルクが使われていて、最初から美と健康を意識したメニューなんだなと
実感します。ココナッツって、あれだけ流行ったけれど、こうしてココナッツミルクを
ポタージュスープに使うのは珍しいような。。。普通は豆乳レベルな気がするよね。
とことん「良い食材」を使おうというコンセプトへのこだわりが感じられます。

ワタシはココナッツミルクがそれほど得意ではないのですが、
こちらは、後口がほんのりココナッツで、美味しくいただくことが出来ました。

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー サラダ
発酵 春キャベツと春野菜のサラダ仕立て キヌアのドレッシング

次いで「発酵 春キャベツと春野菜のサラダ仕立て キヌアのドレッシング」の一皿。
アフタヌーンティーって、どうしても野菜が不足しがちなイメージなので
サラダを一皿にしてくれるのが嬉しいです。

酸味がある発酵春キャベツを使ったサラダは、まるでコースの一品のよう。
一般的なグリーンサラダより食べやすく、ベジファーストも出来てしまいます。
この一皿がギルトフリーにしてくれる感じ!

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー スコーン
大豆スコーン 豆乳ホイップ添え

いつもアフタヌーンティーで罪悪感を持ってしまうスコーンも
ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティーでは「大豆スコーン」になっています。
しかもひとつ。

ひとつでも、みしっと焼き固められていて食べ応えがありました。
大ぶりのクッキーのような感覚で食べられます。

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー セイボリー&スイーツ

そして、アフタヌーンプレート。
セイボリー(オードブル系)3品、スイーツ7品の計10品がのっています。

見ためも可愛くて、小さいながらもひとつひとつに手間がかけられていることが
伝わってくる内容。アフタヌーンティーには、それぞれのメニューや使用食材が
書かれているリーフレットが添えられるのですが、それを見ているだけでも
このメニューにこれだけの食材が!と実感出来て、興味深いです。

表参道 ストリングス ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティー インスタ映え

ディスプレイスタンドにセットされると、それはもう食べるのが惜しくなるほど。

<セイボリー>
・新玉葱とカカオのブランマンジェ
・うるいのファルス、チアシードのシートをのせて
・うどのピクルスとハモンセラーノのロール ピーポーレンとブロッコリースプラウト

<スイーツ>
・胡麻と抹茶のワッフルコーン
・タイガーナッツのアマンドロッシェ
・苺と薔薇のムース
・ローズマリーのクレームブリュレ
・桜チョコレート
・甘夏エクレア
・バニラマカロン


いずれも一口サイズで、ちょっと甘いものでも罪悪感なく楽しめるレベル。
全体的に甘さ控えめ、素材の味をきちんと感じられる味付けだと思いました。

表参道でアフタヌーンティー

ダンボ ニューヨーク アフタヌーンティーは、1名4,500円(税・サービス料込)。
平日は11:30〜17:00、土日祝は15:00〜17:00で2名より利用可能です。
1日7組限定のメニューなのだとか。

2019年4月20日〜5月31日の間は、「母の日プラン」として、
こちらのアフタヌーンティーに乾杯スパークリングワインと
SABONの母の日限定ギフトボックス(4,500円相当・2名に1つ)がついて
5,500円のスペシャルなプランも用意されています。コレ、絶対、オトク!
▶SABONの限定キット付「母の日プラン」の詳細はこちら

東京メトロ表参道駅B5出口より直結という抜群の立地条件ながらも
喧騒を忘れ、ゆったりとしたティータイムを過ごさせてくれる
ストリングス表参道ダンボのアフタヌーンティーは穴場と言って良いはず。

表参道を案内したいけど、ゆっくり話もしたい、待つのはイヤという
地方から友達が来たときにも「使える」と思いました。
よく行く場所なので、これからも利用したいです。

バー&グリル ダンボアメリカ料理 / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅
住所:東京都港区北青山3-6-8 ザ・ストリングス表参道 2F
電話:03-5778-4534
昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログパーツ
 スポンサーリンク


2019.04.14 Sunday 04:39

表参道ヒルズ「やさい家めい」で心と身体に嬉しいヘルシーメニューを

表参道ヒルズ 野やさい家めい メニュー リニューアル

2019年4月9日、表参道ヒルズのやさい家めいのメニューが一新されました。

やさい家めいは、オーナーシェフであり「畑の伝道師」の異名を持つ渡邉明さんが
全国各地の畑を回り、探してきた安心安全な野菜をふんだんに使った和食のお店。
ワタシも、何度かランチで表参道ヒルズ店を利用しています。
表参道で美味しい野菜を食べたいと思ったらココ。

そんな、やさい家めい表参道ヒルズ本家の新メニューを試食会で味わってきました。

表参道ヒルズ 野やさい家めい メニュー ドリンク

ドリンクは「スーパールイボス&ローズマリー」のハーブティーを。
やさい家めいには、一般的なソフトドリンクのほか、4種類のお酢ソーダ、
5種類のハーブティーと有機霧島抹茶まで用意されていました。
さらには季節のドリンクとして、高知の農家さんのレモンやポンカン、生姜を
使ったスカッシュやジンジャーエールまで。ノンアル派には嬉しいラインナップです。

アルコールには、地酒はもちろん、日本のワイン、薬膳カクテルもありました。
野菜同様、ご当地や素材にこだわっている印象です。

お料理は、まず定番の「農園バーニャカウダ」から。

表参道ヒルズ 野やさい家めい メニュー 美味しい野菜

花束のようなフォトジェニックなビジュアルに思わず声をあげてしまいます。
とにかくステキ!

「農園バーニャカウダ」の野菜は、季節や日によって変わるということ。
この日は、スナップエンドウ、アスパラ、紅菜苔、白菜の菜の花、赤大根、
紫ケール、ビーツ、あやめ雪かぶ、アイスプラントなどがぎっしり詰まっていました。

表参道ヒルズ 野やさい家めい メニュー農園バーニャカウダ

写真は4人前。「農園バーニャカウダ」は、2人前1,590円でオーダー出来ます。
4人前の場合、ソースは2台用意してくれました。

バーニャカウダといっても、アンチョビやニンニクの風味は控えめ。
クリーミーでコクのあるソースが野菜の味を活かしてくれます。

白菜の菜の花は、はじめて食べたけれど、本当に白菜の味がするのね!
一緒に行った人は、生で食べるスナップエンドウの味に感激していました。

続いては、「果菜膳」と名づけられた盛り合わせです。

表参道ヒルズ 野やさい家めい 盛り合わせ 果菜膳

内容は、山菜のお浸し、新じゃがと筍の土佐煮、フルーツトマトの塩麴和え、
キャベツとホタルイカのジュレ和え、葉山葵豆腐、岩もずく酢、
長芋と梅水晶、初鰹のたたき&筍のお刺身。
高知の皿鉢料理を彷彿させるような内容と見ためにテンションアップです!

しかもどれも美味しくて「この豆腐、すごく美味しい!」(京都の豆腐だそう)
「岩もずくは丼で食べたい」「山菜のお浸しが好き」と盛り上がりました。
全員一致で気に入ったのは、葉山葵で食べるお豆腐です。

さらに、めい炉端焼きから、1名1種ずつ好きなものをチョイス。
まずは「福岡県 藤井さんのグリーンアスパラガスの肉巻き」と
京都 小川さんの筍山椒焼き」の盛り合わせです。

表参道ヒルズ 野やさい家めい めい炉端焼き

照りが美しい肉巻きアスパラですが、味付けが素材の味を殺すことはなく。
肉の食感、風味とアスパラの旨み、タレが絶妙のバランスを保っています。

筍は、全体的にえぐみやゴリゴリとした食感がなく、やわらかい味わい。
それでいて、シャッキリとした筍の美味しさが楽しめます。
山椒が程よいアクセントで、筍だけで立派なメニューが成立しているという。

お肉は、一皿ずつ別々に出てきました。

表参道ヒルズ 野やさい家めい 青森 田子牛 リブロースの石焼き

青森 田子牛 リブロースの石焼き」は、醤油、トリュフ醤油、わさび、岩塩を添えて。
ワタシは、塩とわさびで食べたけれど、お肉の旨みが引き立って充分です。
しっとりと火入れされたリブロースは、シンプルだけれど味わい深いメニュー。

表参道ヒルズ 野やさい家めい 岩中豚 西京味噌の石焼き

岩中豚 西京味噌の石焼き」は、甘みすら感じられ、とてもジューシー。
西京味噌が程よく、豚本来の美味しさを引き出してくれています。
ちなみに、岩中(いわちゅう)とは、岩手中央の略。
脂までが甘く、豚の旨みをギュッと凝縮したような味でした。

ここでメニューの中で気になった2品も追加オーダー。

表参道ヒルズ 野やさい家めい アロエのお刺身とふわふわとろろ焼き

愛知県 生竹農園 アロエのお刺身」と「ふわふわとろろ焼き」です。
美しく透き通るアロエの葉肉はポン酢でいただきます。
アロエそのものに味はなく、食感を楽しむ感じ。
でも、ワタシのお腹にはアロエが効果てきめんなわけで(笑)
スッキリさせるためにもアロエは嬉しいメニューなのです。
お刺身で食べられるなんて、またアロエの選択肢が増えたキブン。

人気の一品だという「ふわふわとろろ焼き」は、青森十和田の長芋を
すりおろし、卵を加えて焼き、お好み焼き風に仕立ててあるものです。
これがもう長芋好きにはたまらない味!
小麦粉が気になるひとがお好み焼きを食べたくなったら、長芋で作れば良いのでは?
むしろ、お好み焼きより美味しいと思う(笑)

シメは、「福岡県産アスパラガスとしらすの土鍋ご飯」をいただきました。

表参道ヒルズ 野やさい家めい 福岡県産アスパラガスとしらすの土鍋ご飯

アスパラをたっぷり入れ、土鍋で炊き上げたご飯は、混ぜ込まずによそうのが
オススメということ。好みで、しらす、醤油漬けのお漬物、海苔をトッピングします。
この海苔も、カリカリのふりかけ風に仕立ててあって美味しい!

表参道ヒルズ 野やさい家めい 福岡県産アスパラガスとしらすの土鍋ご飯

出汁も付いているので、1杯目はそのまま、2杯目はお茶漬けがオススメです。
アスパラって、土鍋ご飯にしても美味しいんだというのが新発見でした。
青臭くならないのは、きっと素材が良いからだよね。

今回のメニューのうち、「農園バーニャカウダ」に「果菜膳」、炉端2種、
「アスパラガスとしらすの土鍋ご飯」が「ふるさと御前」という
お得なコースになっています。炉端は原木しいたけの肉詰めと筍の山椒焼き。
これで、3,900円(税抜)はお値打ちじゃない?

さらに、お肉の炉端や天ぷら、甘味まで付いた「旬菜会席」もありました。
(こちらは内容がボリューム&グレードアップして5,900円)

ランチでも「果菜膳」や「アスパラガスとしらすの土鍋ご飯」、
「田子牛リブロースの石焼き」、「岩中豚 西京味噌の石焼き」が味わえる
メニューも!これからも表参道で美味しい野菜が食べたくなったら
やさい家めいになりそうです。

やさい家めい 表参道ヒルズ本家
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館3F
電話:03-5785-0606
定休日:表参道ヒルズに準ずる


ブログパーツ
 スポンサーリンク


| 1/78PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


















▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら


▶COWSHEDの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others