フレグランス(香水) | WOMANIA
2016.10.19 Wednesday 10:27

F organics(エッフェオーガニック)「アロマオードトワレC&I」

F organics(エッフェオーガニック)「アロマオードトワレC&I」

ブランド:F organics(エッフェオーガニック)
価格:30mL ¥7,600(税抜)

ワタシ、運命の香水を見つけてしまったかもしれない。。。
世界のコスメから」のSYOさんとコスメキッチンをチェックしていたとき、
何の気なしにコスメキッチンオリジナルブランド、
F organics(エッフェオーガニック)のフレグランスを試しました。
4種類あったうち、気になったのが「アロマオードトワレC&I」。
エッフェオーガニックの「アロマオードトワレ」は、代表的なアロマ2つの
頭文字が後ろに付いているようです。Cはカシス、Iはアイリス。

つけた直後は、海外のコットンキャンディのような甘い香りに感じ、
ボディファンタジーのボディスプレー コットンキャンディを彷彿させました。
「天然由来でこの香りって珍しいよね!」「スゴイよね!」と
盛り上がったものの、ワタシには可愛すぎる香りかなと売り場を後にしたのです。

で、しばらく経ってみたら。。。
あれ?ワタシのすごく好きな香りに変化してる!!!
一瞬にしてよみがえったのは、大好きだったイプサのオードパルファム
嗚呼、コレ、アイリスだ。
製造中止になり、すっかり存在も忘れていたイプサのオードパルファムを
思い出させてくれるとは、香りの記憶って恐るべしです。

イプサのオードパルファムに似ています

試験管のようなデザインが超お気に入りで今も捨てられないボトル。
今も残り香は感じられるので、廃盤の香水の再現をしてくれるという
調香師に相談してみようかと思ったこともあります。
それに似た香水に出会えるなんて!

「ねぇ。やっぱり戻って、買っていい?」とSYOさんにお願いし、引き返しました。
普段なら「戻るの申し訳ないし、また今度でいいかなー」とか思っちゃうのだけど
これは、今すぐ欲しかった!そして、SYOさんはそういう情熱やこだわりを理解し、
付き合ってくれるひとなのです。こうして「アロマオードトワレC&I」を入手。

エッフェオーガニック「アロマオードトワレ」カシス&アイリス

もちろん、イプサのオードパルファムと全く同じ香りではありません。
最初に感じた通り、エッフェオーガニックの方がトップノートが甘め。
そこから、アイリスを中心とした、やさしいフローラルな香りに変化します。
ベルガモットも入っているよう。

アイリスは、パウダリーでもあるような、それでいてみずみずしいような香りで、
ふわっと包みこんでくれます。たおやかさと可愛らしさが両立している印象。
ワタシは、この香りが本当に好き。
イリス、オリスルートとも呼ばれるアヤメ科の植物で、スミレにも似ていると
言われています。稀少で高価な精油のはずだけれど、この値段で使っていいのかしら。
最近は合成も多いらしいですが、エッフェオーガニックだとそれも考えにくいよね。

アロマオードトワレとしては香り持ちも良く。
時間が経ってからも、ふとしたときに香りを感じることが出来ます。
きっと、イプサのオードパルファムを、今風に洗練させたらこんな感じになるはず。
そう思わせてくれる香りです。

購入はこちら→Cosme Kitchen WebStore



 関 連 記 事 

・IPSA オードパルファム(スプレイ)

・ボディファンタジー ボディスプレー コットンキャンディ

・Cosme Kitchen(コスメキッチン)9周年パーティー




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2015.10.13 Tuesday 10:23

オーガニック香水 Hiroko.K「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」

Hiroko.K「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」

ブランド:Hiroko.K(ヒロコケイ)
価格:15mL ¥5,500(税抜)
2015年10月10日発売

10月10日にHiroko.K(ヒロコケイ)から発売された香水、
「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」が、お気に入りです。
Hiroko.Kは、オーガニックにこだわったパフュームをクリエイトし、
そのオーガニックパフュームを使った斬新なスタイルのナチュラルコスメを
開発している、オーガニックパフュームコスメブランド。
そのアイテムの全てにおいて、一切の石油系合成成分を使用せず、
ピュアな植物性成分のみで作られています。

今回発売されたのは、「SUNRISE DEW MATSU -松-」と
「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」の2種類。
「SUNRISE DEW MATSU -松-」は、本物の松のエキスを1滴も使用せず、
ローズマリーを香りのベースにし、「松」の香りを表現しています。
「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」は、ジャスミンに加え、ベルガモット、
グレープフルーツ、ネロリなどをブレンドした香り。

実は、ワタシ、ジャスミンの濃厚な甘い香りが、あまり得意ではなく。
対して、ローズマリーのすっきりした香りは、好きな部類なのです。
説明を聞く限りでは、「SUNRISE DEW MATSU -松-」の方が好きなんだろうなと
想像していたのですが、実際に嗅いでみたら、全く違う印象でした。
このジャスミン、みずみずしくて爽やか!
松は、つけてしばらく経つとオリエンタルな印象の香りに変わります。

天然成分ならではの結晶が見えます

今回、「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」に採用されているのは、
ココナッツオイルにジャスミンの花を漬け込んで抽出した香料ということ。
手にしたときは透き通る液体だったのに、家の涼しい場所に置いていたら
ボトルの中に結晶が見てとれました。コレ、室温の影響で天然成分が
固まってしまったのだと思います。これこそが、天然成分である証。

その状態のボトルをしばらく、普通の室温の部屋に置いておきましたら。。。

オイル化して液体になじみました

結晶が自然に溶け、オイル化してきました。
最後には、そのオイルも液体の中に溶け込み、透き通った元の状態に。
以来、涼し過ぎる場所はダメなんだなと、常温の部屋に置いているので
あの結晶が出ることはありません。ただ、あのときの現象は、天然成分を
感じることが出来る貴重なものだったと思います。
何もしなくても室温の変化だけで、勝手に溶け込んでゆくのも不思議。
珍しいものが見れました。

「MOONLIGHT JASMINE -ジャスミン-」は、天然香料を使用しているので、
合成香料に比べると、香り持ちは良くないと思います。
その反面、カラダによくなじみ、嫌味がない香り。
Hiroko.Kの香水は、ふんだんに身体につけ、なじませることで、
素肌から香り立つように考えられています。

皮膚につけることから、香りも肌に浸透すると考え、だからこそ、
安心安全なものをと、国際オーガニック(有機)認証機関ECOCERTの
厳しい基準に準じて開発生産しているのだそう。
実際、この香水は、つけたあとの肌が驚くほどさらっとしています。
そして、合成香料に比べて、どこについてもイヤな感じがしないの。

たっぷり使える天然の香り

月の光に照らされる月下美人をイメージして作られたという香りは、
心を穏やかに導いてくれるよう。つけた瞬間に広がる、ジャスミンの
優しい甘さ、そして、時間が経つにつれ、その中からあふれ出るような
みずみずしさ。最後は、不思議なほど澄んだ清々しささえ感じます。
なんだか、心が研ぎ澄まされるような、安心する香りなんだよね。
クラシックとも違う、でも西洋のアロマとも違う印象を受けました。
これが、日本人パフューマーであるhirokoさんが目指した、
「日本人ならではの香り」なのかと。そこには、これまでにない、
ワタシたち日本人の心や風土、気候にフィットするものがありました。
西洋に比べて湿気が多い日本の気候で、これだけ澄んだ、ふわっと優しく、
湿り気を帯びていない印象の香りを作り上げるってスゴイことだと思います。

こんな風に使える新しい香りに出会えたことに感謝。
当分は、この香りのトリコになりそうです。

新商品発表会通信の記事へ

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2015.05.05 Tuesday 18:16

もうひとつの定番香水 カルトゥージア 「メディテラネオ オード トワレ」

カルトゥージア オード トワレ(メディテラネオ)

ブランド:カルトゥージア
価格:50mL ¥12,000(税抜)

サンプルを使って気に入ったので。
カルトゥージアの「メディテラネオ オード トワレ」の現品を買いました。
最初、銀座三越に買いに行ったら、売り切れだったという。
外国人観光客にも人気らしく、まとめ買いするひともいるそうです。
銀座三越の売り場は7階なので、ふらっと買うような感じではないのに。

カルトゥージアは、イタリアのカプリ島の香水製造所に由来する香水です。
カプリ島の香り高い果実ハーブをはじめとする天然原料のみを使用しているとか。
「メディテラネオ」をはじめとし、いくつかのラインがあります。
アイテムは、パルファン、オードパルファン、オードトワレのほか、
ソリッドパフュームやルームフレグランス、ソープ、キャンドルなど。。。

ワタシはカルトゥージアのデザイン性や世界観も好きです。
イタリアの名家の紋章を思わせるようなデザイン。
シンプルなボトルと相まって、「香りの薬」のような雰囲気を感じます。
伝統を感じるクラシカルさに、惚れ惚れしちゃう。

カルトゥージア オード トワレ(メディテラネオ)

ボトルキャップのトップには、紋章の透かし入り。
当たり前だけれど、現品は、サンプルより、もっとステキ。
もちろん、スプレーの出も良くて、香りが広がります。
サンプルで使ったときより、香りの良さがより引き立つなと感じました。

「メディテラネオ」は、爽やかな柑橘系で、使いやすい香り。
全体的な印象としては、レモンを中心としたシトラス系ですが、
レモンの皮の部分の苦味のような、とがったナチュラル感もあり、
それがなじむにつれ、やさしい甘さも帯びてきます。

この香り、フレッシュだけれど、押し付けがましいところがなく、
単なる柑橘系ではない複雑さも感じさせてくれるところが好き。
香りもちは、あまり良くないような気もしますが、
デイリーに使う分には、充分なようです。

サンプルももらいました

今回、現品を購入したら、ワタシがこの香りを気に入るきっかけになった
サンプルもいただきました。気に入って買った香りのサンプルって
実質増量になるわけで。しかも、携帯出来るって嬉しい!

これまでは、クロエのオードパルファムが定番でしたが、
最近は、この「メディテラネオ オードトワレ」を選ぶことが多いです。
ワタシの香りの好みもセカンドステージへ??
いつもと同じような香りではなく、まったく系統が違った香りでお気に入りが
増えたのは、嬉しい気持ち。もうひとつの定番として愛用していきます。

伊勢丹オンラインで購入→<カルトゥージア>メディテラネオ オードトワレ

カルトゥージア


 関 連 記 事 

・カプリ島門外不出の香り カルトゥージア オード トワレ(メディテラネオ)




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.11.06 Thursday 23:45

ボーテ デュ サエ「ナチュラル パフュームド オードトワレ ローズブーケ」

ボーテ デュ サエ「ナチュラル パフュームド オードトワレ ローズブーケ」

ブランド:Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ)
価格:50mL ¥7,200(税別)

もっと早く知りたかった!
そう思える、オードトワレに出会いました。それが、ボーテ デュ サエの
「ナチュラル パフュームド オードトワレ ローズブーケ」。
実はコレ、10月末で一旦販売が終了してしまったアイテムなのです。
それでも、書き記しておきたいそんな香り。
コレ、10月には、オンラインショップでのオトクなプレゼントキャンペーンにも
登場していました。なんと、7,000円以上購入すると、コレがもらえたという。

ボーテ デュ サエのローズブーケの香りは、様々なアイテムで展開されています。
先日、旅行に持って行った「バスソルト」もそのひとつ。
他にも、ボディソープやヘア&ボディバーム、バスオイル、ボディミルク、
ハンドクリームなど様々なアイテムが揃っていました。
その様々な香りアイテムの中でもオードトワレといえば、代表格のはず。

バスソルトを使ったときから、「良い香りだな」「可愛らしい香りだな」と
思っていたのですが、その香りを実際に身にまとってみたら、
バスルームやバスタブから嗅ぐのとは、別格の香りの楽しみがありました。
こんなに好みの香水、久しぶりに出会ったかも。

「ナチュラル パフュームド オードトワレ ローズブーケ」は、
いかにも「ローズ」といった感じではなく、バラの花束をイメージした
香りということ。優しく、女性らしさを感じさせてくれるフローラルノートです。
つけた最初は、香水独特のアルコールの強さがやや感じられましたが、
アルコールなのですぐにとび、次第にパウダリックさも含んだ、
やわらかな香りへとなじんでゆきます。
甘いけれど優しい、華やかだけれど清楚、そんなふわっとオンナ度を
あげてくれそうな香り。コレ、シダーウッド、ベルガモット、マンダリンなどの
エッセンシャルオイルも配合されているそう。

コレ、たぶん、「クロエ オード パルファム」が好きなひとなら好きだと思います。
似た印象は与えるけれど、ボーテ デュ サエの方が日本人が作っているからか
日本人の身体によりなじむよう。香水は、つけて、その人の持つにおいや
体温と交じり合ってこそ完成するものだと思うので、
液体での香りやムエットでは、計り知れない可能性もあるわけです。
ジブンの好みではないなと思った香りを別のひとが使っていたら
「良い香りだ」と感じることもあるもの。だから、この「なじみ」感は
さすがとしか言いようがありませんでした。外国製とは違う、
元々、香り文化が繊細な日本ならではの嗅覚が活かされていると思います。

「ナチュラル パフュームド オードトワレ ローズブーケ」は、
久しぶりに出会った、超好みの香りでした。
もっと早く出会っていたら、定番になっていたかもしれないなと思うほど。
一旦、販売終了となったけれど、また少し形を変えてでも登場するのでは?
と期待しています。同じローズブーケのシリーズには、「ルームフレグランス」も
あるようなので、こちらもディフューザー好きとしては気になるところ。

Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ)


 関 連 記 事 

・香るボディケア ボーテ デュ サエ「バスソルト パウチ ローズブーケ」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.07.06 Saturday 06:16

えんの香りを気軽にまとう LUSH 「KARMA ソリッドフレグランス」

KARMA ソリッドフレグランス

ブランド:LUSH
価格:11g ¥1,600(税込)

暑くなってくると香りの問題もよく耳にするので。
香水よりももう少し控えめで、小さく楽しめるものが良いかなと
LUSHの「KARMA ソリッドフレグランス」を買ってみました。

コレ、LUSHのロングセラーの香り「えん」の練り香水です。
現在も、「えん」はソープ、シャンプーバー、クリーム、バブルバーで
展開されています。ワタシは、シャンプーバーの「えんルンバ」が
大好きで何個もリピートしていました。使い心地はもちろん、
使うまでに置いておくだけで、ふわりと漂う「えん」の香りが好きです。

「えん」とは「縁」であり、「KARMA(運命)」ということ。
神秘的な意味も含めた「KARMA」を「えん」と、やわらかな平仮名で
名づけたことにラッシュ ジャパンのネーミングセンスを感じます。
海外のLUSHだと、「えん」とつく、ソープもシャンプーバーも
全部、KARMAなんだよね。日本でも香りアイテムの
ソリッドフレグランス、オードパルファム、パフュームは
「えん」ではなく「KARMA」を使っていますが、シリーズ共通の香りです。

「えん」は、パチョリをメインノートに、オレンジやラバンデュラ、
レモングラスがブレンドされた、やわらかな柑橘系の香り。
香りの奥には、少しだけスパイシーさが顔をのぞかせています。

えんの香り

柑橘系でもフレッシュでツンとするみずみずしい香りではなく、
甘さもある「みかん」にも似た雰囲気が漂います。
ただ、単なる柑橘系との一言では表現出来ない、不思議で魅力的な
香りのハーモニー。つけるひとの体温や、そのひとがもつ香り、
そして、嗅ぐひとの気分や体調によっても感じ方が変わるのではないかと。

「KARMA ソリッドフレグランス」は、スティックタイプです。
キャップはねじ式で外しますが、コレ、繰り出すところ(回すところ)がない!
というか、一般的な口紅みたいな回る部分がない!
どうやって出すの?としばし考えたところ、使用方法に
「キャップを取ってスティックの後ろを押し、使用分のみ短く出します」と
書いてありました。そう、コレは押し出して使うのです。ビミョーに原始的。

スティックタイプ

もちろん、出した部分を元に戻すには、逆にスティック部分を押します。
後ろから押すに比べて、スティックはやわらかくチカラに弱いから
使用分のみ短く出す必要があるんだよね。ちょっとだったら戻るけど、
基本的には戻す仕様にはなっていないのだと思います。
あまりチカラを加えると、スティックが崩れるから。

オイルが多い商品のため、基本的にはやわらかいです。
肌につける際も、体温で加減よく溶け、肌になじみます。
ベタベタせず、肌に薄く美容オイルを塗ってなじませた状態に近いかな。

香りも練り香水の中では、モチが良いと感じました。
液体の香水に比べると広がりはしないけれど、つけたところ付近が
ふわりと良い香り。手首や首元などにつけると、香害にならない範囲で
楽しめるのではないかと思います。ふとしたときに感じるちょっと良い香り的に。

同じ香りのパフュームとオードパルファムも試してみましたが、
そちらは、エタノールが入っている分、最初の香りの感じ方が違いました。
落ち着くと、同じ香りだなと思えてくるのだけれど、
最初は「うわ!」と思ってしまうひともいるのではないかと。
その点、ソリッドフレグランスは最初から香りの変化が少なく、
「えん」の香りそのものが楽しめます。

コンパクト

サイズもコンパクトで、液漏れの心配なども無く、使いやすい
「KARMA ソリッドフレグランス」。スティックの香りを嗅ぐだけでも
気分転換やリフレッシュになります。お値段もお手ごろでお気に入り!


 関 連 記 事 

・LUSH 2013年2月フォーラムパーティー限定アイテムをげっと

・LUSH 「みつばちマーチ」と「白雪姫と林檎」フレグランス

・ワタシがLUSHのシャンプーバーを好きなわけ

・LUSH えんルンバ




ブログパーツ
 スポンサーリンク


| 1/10PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


















本音で語る恋愛マガジン Lips





  • 「買う前に試して」がポリシー!キールズのカウンセリングを体験してみた
    aya_k (09/01)
  • 肉バル・ジビエ「アンタガタドコサ」池袋で手軽にソフトジビエメニューを
    まるい (08/22)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    みっきー (06/25)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    みっきー (06/25)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    aya_k (06/24)
  • ジカハイ
    みっきー (05/02)
  • 初心者専用ゴルフスクール「サンクチュアリ」でゴルフはじめました
    みっきー (05/02)
  • 入れるだけで水が変わる「翡翠マグ」
    青雲舎 (05/01)
  • ジカハイ
    forget-me-not (04/12)
  • 初心者専用ゴルフスクール「サンクチュアリ」でゴルフはじめました
    ゆきち (04/11)



もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others