ブランチにも登場「ウィルトン クラス」アイシングクッキー体験会 | WOMANIA
2009.10.14 Wednesday 23:58

ブランチにも登場「ウィルトン クラス」アイシングクッキー体験会

代官山「entre craft(アントレクラフト)」

10/10放送の「王様のブランチ」の姫様のコーナーにも登場した、
代官山 アントレ クラフトの「ウィルトン クラス」アイシングクッキー体験会に
行ってきました。参加したのは、放送前で、ぼーっとブランチを
見ていたら、見覚えのあるお店が出てきてビックリ。
教えていただいた先生を画面で見るとは思いませんでした。

「ウィルトン クラス」とは、50年以上にわたる経験と実績で世界中に多くの
ファンをもつアメリカ「ウィルトン社」のデコレーションを学べるクラス。
様々な技術や、器具を用いて、クッキーやカップケーキなどに
アイシングデコレーションが出来るようになります。
それは、見て楽しく、かわいくて、芸術的!!

ウィルトン クラスで作れるよ!

今回、ご一緒させていただいたmanamiさんが思わず、「こんなの出来たら、
人気者になれるよ!」と言うほど(笑)manamiさんの発想もかわいいい。
だがしかし、人気者になるのは意外と難しくないそう。
菓子界のマジシャンしか出来ないかと思っていた、このデコレーションは
ウィルトン クラスを受けると誰でも出来るようになるんだって。

この日は体験会ということで、簡単な説明を聞いたあとは、すぐさまレッツトライ。
通常のレッスンは、1回120分。
全4レッスンのコースがクラス別に3コースあります。
ということは、全12レッスン受講すれば、ある程度、極められるの。
他、体験レッスン(90分)も840円で受けることが出来ます。

コレ、ブランチにも出ていました

ここに写っている手前のでっかいドーム型のケーキは、ブランチにも出ていました。
ワタシたちがこの日、作るのはハロウィンクッキー。
丸型とハート型のクッキーに、ハロウィンデコレーションを施します。

ハロウィンクッキーのサンプル

こちらは、先生が作られたサンプルです。
これに使うクリームアイシングとは、ショートニング、メレンゲパウダー、
フレーバー、粉砂糖、お湯、キャノーラオイル、塩を攪拌したもの。

アイシングデコレーションのキホンアイテム

色付けはウィルトン社のアイシングカラーという濃縮ジェル状のものを
使っています。こんな色、着色料バンバンかと思ったら、
爪楊枝の先くらいしか入れてないの。
この日は、あらかじめ用意していただいたクリームアイシングを使いました。

ジャック・オ・ランタンのデコレーション

クッキーに爪楊枝で軽く削りながら、下書きをしてからデコレーション。
いきなり描くのかと思っていたので、下書きが出来ることに安心しました。
カボチャの実の部分と葉の部分は、使っている口金が違うのです。
葉の部分は捻りながら、一度の押し出しで作れちゃう口金。
あっという間に、6枚の葉が。ツルだけ細い絞り口であとから描きます。
細かい部分は、紙を折って作った簡易絞り袋の先を小さく切ったものを使うの。
搾り出しには、意外とチカラが必要。

アイシングクリームは乾いたら固くなるのですが、その前にチョコレートスプレーを
ふりかけ、余分なものをはたくと、質感で楽しむことも出来ます。

チョコレートスプレーでコワザ

猫の毛並みを表現するのに使ってみたり。
ひとつひとつは、してみれば、なるほどなと思える簡単なことばかりです。

で、コレがワタシが作ったもの。

ワタシの作品

ジャック・オ・ランタンはお手本に忠実に、もうひとつはジブンの好きな絵を
描いてみました。ハロウィンはワタシの好きなモチーフのひとつ。
イメージはQ-pot.のクロいシロシリーズなのですが。。。なんだ?この家(笑)
一歩間違えれば、サザエさんのエンディングの家みたいです。
あとから、くもの巣も描けばよかったなぁとか思ったけれど、後悔先に立たず。

クリームアイシングは1〜2時間で固まります。
固まるにつれ、色が強まり、暗い色合いになるみたい。
実際、ワタシたちが使った黒は、最初はツヤのある紺みたいだったの。
それが乾くとマットな黒に。

この日、最後に、デコレーション技術のデモンストレーションも
見せていただきました。

薔薇を作る

立体的な薔薇は、直接デコレーションするものの上で作るのではなく、専用の
土台の上で作ってから乗せるのね。コレは花びら口金というのを使っています。
葉の部分は葉口金というのがあるの。
そして、同じ花びら口金でも使い方を変えると。

リボンを作る

立体的なリボンも作れちゃう。すごいぜ、この応用技術。
口金だけでも何十種類とあるそう。

ちょちょっと、クッキーにデコレーションしただけですが、
とっても楽しかったです。コレは本格的に習ってみたいと思いました。
ワタシ、デコラティブなものが好きだからさ。
この日、お邪魔した代官山のアントレ・クラフトは9/10にオープンしたばかり。
モノづくりの楽しさ、感性を表現するクラフト専門ショップです。
こちらでは、ウィルトン クラス以外にスクラップブッキングや
ジュエリーメイキングのコースも開設されています。
1階のストアースペースは充実していて魅力的。

魅惑のストアースペース

そして、ウィルトン クラスは全国に16あるみたいです。(リストはコチラ→
アイシングデコレーションが出来たら、市販のクッキーやカップケーキも
イッキにオリジナル度アップ。最近、アイシングクッキーってよく見かけます。
デコが流行っているけれど、食べられるデコレーションもいいんじゃないかしら。

代官山「entre craft(アントレクラフト)
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13-6
TEL: 03-5428-3133 FAX: 03-5428-3134
1F SHOP OPEN /11:00〜20:00
2F・3FCLASS OPEN /10:30〜21:00


ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others