映画 「ベスト・キッド」 | WOMANIA
2010.08.18 Wednesday 01:33

映画 「ベスト・キッド」

ベスト・キッド

映画「ベスト・キッド」を公開日、初回で観てきました。
前売りも仕込んであって、何、その張り切り?!
普段のワタシの好みを知っているひとからしたら意外だと思います。
えぇ、ワタシも意外です(笑)

ワタシ、別にジャッキー・チェンが好きでもないし、カンフーも子供も好きでもない。
「何で観たの?」とたずねられれば、 「誘われたから。」としか
答えようがないのだけれど、 結果として、おもしろくて良い映画だったと思います。
思ったより、ジャッキー映画のイメージである「なんじゃそりゃー!」というのが
少なく、ほろりとするところも。すんなり観れるストーリーでした。

ワタシの中でジャッキー・チェンといえば、「元気ハツラツ!」な
ちょっとおかしい超人的なおっさんだと思っていたのだけれど。
この映画の中では、しがなくて、くたびれていて、
世捨て人のようだけれども、優しくて信念をもったひとを演じていました。
老けて見える、無精ひげのジャッキーがなんだか格好いい。
見ているだけで、こっちが疲れてしまいそうなジャッキーよりも
ワタシは好きだなと。ワタシが今までイメージしていたジャッキーの
ファンのひとから見たら、元気がなくて「つまんない」って思うのかしら。

そして、主人公の少年の「ふっ、子供だねぇ」というところが
無神経で腹立たしくもあるのだけれど、本当に「子供」だからネ。
嫌々とか、葛藤や意地の中から成長してゆくのがほほえましい。
その過程の中で、時には大人をもハッとさせるような成長の片鱗を見せる。
子供は、いろんな計算や期待をしてしまう大人よりも、すごいパワーを
発揮するんだね。「映画だから」ってバカに出来ないような気も。

キレイだなぁ

少年ドレを演じる、ジェイデン・スミスはウィル・スミスの息子なのね。
言われてみたら、お父さんに似ているなぁと思います。
ジェイデン・スミスは、子供らしい部分、大人びた部分、
小さくても男らしい部分などいろんな顔を見せてくれる、既にアクター。
喜劇も悲劇もアクションもこなせる、多面性がある子だなぁと感じました。
そして、何よりこのカラダがすごくキレイ!

カンフーを身に着ける

ストーリーは、アメリカから中国に転校した主人公の少年が
とあることをきっかけに、カンフー少年たちに目の仇にされてしまうことから
はじまります。悔しさと、怖さに立ち向かうために、カンフーの心得があった
ジャッキー演じる、しがないアパートの管理人さんから、その指南を受けるというわけ。
カンフー少年たちの師匠と、ジャッキーではカンフーに対する考え方も違い。
それらを証明するために、その弟子たちは、カンフーの大会で戦うことになります。
「そんなんで、カンフーが身につくわけ?」というような、不思議な特訓を経て
いささか、神様のご都合主義的に大会に臨んでゆくという話。

世界を揺るがすような敵に立ち向かうわけでもなく、地球を救ったりする話でもなく。
突き詰めてゆけば、ただ、自分を目の仇にする奴らをぶっとばしたいという
そんな小さな話なのだけれど。でも、嫌がらせを受ける少年にとっては、
それは自分社会の中で、絶えがたき屈辱であり、恐ろしい日々。
そういう意味で、彼は自分ワールドの中で、自らヒーローになったんだと思う。
そんな小さなプライドがすごく輝いて見えました。
最後には敵だった子たちも、「いいじゃん」って思えたしネ。
この映画はチカラでチカラをねじ伏せる映画じゃなくって、チカラを借りて、
何かに立ち向かう姿や精神を伝えた映画じゃないかな。

元々、格闘モノは好きでなし、ココ最近はアクション映画もほとんど観てませんが、
「ベスト・キッド」は純粋に良い映画だったねと思えました。
だって、ワタシ、寝不足だったはずなのに、映画館で寝なかったもの。
フツーに面白かったわけです。それって、だいじ!

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク

プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others