資生堂カウンターで肌診断&「資生堂 BOP コレクティブ セラム」 | WOMANIA
2010.10.04 Monday 04:06

資生堂カウンターで肌診断&「資生堂 BOP コレクティブ セラム」

資生堂 BOP コレクティブ セラム

10/1に発売された美容液「資生堂 BOP コレクティブ セラム」が
気になったので、資生堂のカウンターに行ってきました。
カウンターでは、頬の部分のメイクを落とし、機器を使っての
肌診断もしていただけます。今年の夏の過酷な環境がどれだけの
ダメージを受けているのか、興味があったのでお願いしました。

カウンセリング前から、時間の有無を聞いてくださったり、
最初に「何が一番、気になるか?」と肌悩みを尋ねて目的を明確にしてから
はじめてくださったりと、プロフェッショナルな部分を見た感じ。
資生堂って、デパートカウンター以外でも、比較的、様々なところで
目にするし、購入できるから、美容部員さんと接した機会も少ないのだけれど、
資生堂美容部員って世界的にも評価が高いんだよね。
以前、資生堂の中国市場に日本から美容部員さんがヘルプで行くっていう
報道特集をTVで見たとき、そのプロ意識の高さに感動したのでした。
現地でも、大歓迎を受けていたり、ぜひ、カウンセリングを受けたいという
行列が出来て、何倍も売り上げが伸びたりしていたの。

ワタシが今回、一番、気になる肌悩みとしてあげたのは「たるみ」。
最近、肌ダメージの回復、保護にポイントをおいたスキンケアに注力していたので、
なんとなく、頬の部分が下がってきたかな?というような感じがあったのです。
一口に「たるみ」と言っても、「具体的にはどんな症状が気になりますか?」
と、通り一遍ではなく、つっこんで悩みを聞いてくださるところも信頼できます。
ホウレイ線がのびたようで、それを境にして頬が落ちている気がする、と伝えました。

機器を使っての肌診断は、キメの撮影をしたり、透明なフィルムで角層をとったり、
皮脂のサンプルを摂取したりと本格的。角層、真皮、表皮、血液循環などの
状態を見ることが出来ます。ホメオスタシスレベルという、肌がみずから
美しくなろうとする力を総合的に判断した結果も出るのですが、
ワタシはそちらが低下しているとのこと。やっぱり、ダメージ大だったのネ(涙)
あとは、角層の乱れとTゾーンの過剰皮脂を指摘されました。
血液循環が悪く、それがくすみの原因にもなっているとのこと。
ええ、ワタシの顔、最近、どんよりくすんでいることが多いの!
疲れが出やすい肌なんだって。

逆に気になっていた、「たるみ」に影響する肌の老化、ハリの低下は
あまり出ていないということでした。それでも、気になるならと、
オススメしていただいたのは、気になっていた「資生堂 BOP コレクティブ セラム」。
肌診断のためにメイクオフした半顔にだけ使っていただいたのだけれど、
コレがスゴイの。塗った方だけ、明らかにフェイスラインがあがります。

その日 上向く肌

「どうでしょう?なんとなく、あがっていませんか?」と言われたけれど、
「なんとなく」なんかじゃないから!「その日、上向く肌」は嘘じゃないです。
クリームに近いような、シリコン系の下地みたいな使用感でしっとりします。
さらしとで、「コレ、下地みたいですね」って言っちゃったんだけれど、
下地効果はないそう。このまま、ファンデを塗りたくなるけれど、
「塗ったら、よれますよ!」って教えていただきました。
こうして、はっきり言ってくださるところも信頼できるね。
サンプルをいただいたので、早速、使っています。
全顔使っても、「やっぱ、すげい」と感じたので、欲しいなと思っているところ。

資生堂 BOP(SHISEIDO BIO-PERFORMANCE)って高機能単品スキンケアなのね。
ラインナップを見ても、美容液とクリームばかり。
肌悩みにあわせて、いつものスキンケアの中に取り入れることが出来そう。
使うのと使わないのじゃ、違う気がします。

折角、資生堂のカウンターに行ったので、気になっていた「IN&ON」についても
いろいろと聞いてみました。なかなか知る機会がなかったのです。

ネックスフォーミュラ

デビュー時の飲んでつけてフェイスラインを引き上げる「シャープフォーミュラ」
以外に、新しく9/21に「ネックスフォーミュラ」と「ホワイトフォーミュラ」が
発売されていました。「ネックスフォーミュラ」はゼリータブレットで巡りを良くし、
エッセンスで首周りのお手入れをするプログラム。
「ホワイトフォーミュラ」は2種のカプセルとスティック、エッセンスで集中美白する
プログラム。嗚呼、このふたつが気になってしまって仕方が無いよ。
ワタシは血液循環も良くないということだったので、そういう意味でも、
「ネックスフォーミュラ」のゼリータブレットを飲んだら良さげな感じです。

ゆっくりと、資生堂のカウンターに行ったのって、数えるほどなのですが、
久しぶりに行ってみて良かったなと思いました。
「買わないとソン!」「絶対、買うべし!」みたいな、売らんかな感じが
しなかったところも好感度大。これなら、気軽に見に行けるなって感じ。
ワタシが行ったときには、資生堂のカートリッジ式のアイブロウを握りしめたひとが
「色があっているかどうか?」という質問をしに来ていらっしゃって。
そんな気軽な質問にも親身に応えていらっしゃるのが印象的でした。
資生堂って、親世代でも知っているドメブラだものね。客層も広いと思う。
コスメ好きばかりが行くわけでなし、どんなひとの気持ちにも応えられる
接客が求められるんだろうな。行ってみたら、資生堂のカウンターが近くなったみたい。

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others