正月の有馬グランドホテルにて一族米寿の宴 | WOMANIA
2011.01.07 Friday 23:45

正月の有馬グランドホテルにて一族米寿の宴

有馬グランドホテル

今年のお正月のメインイベントは、祖母の米寿の宴。
ワタシの両親や弟家族だけでなく、叔父叔母、従兄弟まで集まります。
スケジュールの関係から、「正月に宿泊を兼ねてやろう」ということに
なりました。長距離の移動は大変&つらいので、神戸市内の有馬温泉へ。

今回の宿泊は有馬グランドホテル。正月2日から1泊です。
ワタシは大晦日に神戸入りしたのですが、大晦日の夜から1日にかけて
有馬温泉では雪が降ったもよう。行ったら、雪景色で嬉しビックリ☆
一族集合なので、家族単位でお部屋も分けます。
ワタシは両親と同じ部屋で和洋室というタイプ。

和室

こちらは和室。旅館では、お決まりのお布団を敷いて寝るお部屋。
そして、隣にはワタシが使っていた洋室があります。

洋室

洋室はこの部屋だけで、ホテルのお部屋と変わらない感じ。
TVもクローゼットもあります。無いのは、冷蔵庫かな。
机は、天板の一部が持ち上がるようになっていて鏡が立ち上がります。
洗面とバスルーム、トイレは和洋室どちらからも独立した入り口付近に
まとまっていて和室と洋室共同で使用。大人数でも宿泊できる部屋だから
洗面が広くて、2つシンクがありました。スバラスィ。
洋室には、玄関(?)の部分から直接、行くことも出来るし、
和室の中にもドアがあります。コレって、夜型のワタシにはとても
ありがたい仕組みでした。実際、ワタシが夜、エステに行って戻ったら、
既に母は寝ていたし。ワタシが遅くまでTV見て、ネットをしていても大丈夫。

残念なのは、有馬グランドホテルの客室にはネット環境が無いこと。
ロビーにはインターネットコーナーがあるほか、無線LANが飛んでいました。
でも、客室には届いてないの。有線もないので、頼るのはイーモバイルのみ。
ま、温泉に来たら、ゆっくりせい!ということでしょう(笑)

で、今回のメインである宴。
ワタシたちは一族大人数なので、どこかのお部屋で。。。というわけにもいかず、
地下にある料亭「六甲苑」の個室が用意されていました。

六甲苑の中庭

「六甲苑」はライトアップされた中庭を挟んで左右にお部屋があります。
この中庭がとても良い雰囲気。雪も残っていて、綺麗でした。

食事はお正月メニューということで、「宝船」と名づけられたおめでたい感じのもの。

先付
先付:生子 鉄皮

先付は生子と鉄皮(ふぐの皮)。
いわゆるコリコリした食感の生子じゃなくて、柔らかくてふわふわの生子。
生子が嫌いなひとでも食べられそう。生臭さなどは一切感じませんでした。
ちょっとした珍味なのだけれど、これが美味しー。

前菜
前菜:旬彩七種盛り

前菜は黒豆や子持ち昆布などめでたい食材で構成。
卯の絵馬をかたどったお麩が可愛いだけでなく、もちもち。
中は柚子味噌餡だったかな。とにかく、見て食べてめでたいメニューでした。

お造り
造り:厳選五種盛り 松皮平造り トロ 他

こちらもめでたい演出が。
個人的には、大根を梅の形に切った器に入った雲丹が美味!
雲丹がニガテなおばーちゃんの分まで食べちゃった。主役なのにごめん(笑)

焚合
焚合:信田巻 梅海老芋 他

焚き合せは、筍が亀になっていたり、海老芋が梅切りされていたりと
料理人の技がスバラスィのです。女性陣はもうその技に興味津々。
「海老芋ってぬるっとするよね?でも、焚いてからだと形が崩れるよね?」とか
「筍は逆にちょっと茹でてからじゃないと、切りにくいよね?」とか(笑)
そんな匠の技を研究せんでいい!
薄く上品に焚いた焚き合わせを食べると関西だなぁとしみじみ。

焼物
焼物:伊勢海老タルタル焼き

焼物は、ちょっと洋風な趣きの「伊勢海老タルタル焼き」。
栗にも「寿」の焼印が押してあったり、大根が羽子板の形だったりと、
もうあちこちでめでたい正月攻撃です。伊勢海老タルタル、大好き!
コレ、子供メニューにもあったんだけれど、姪っ子が要らないとか言うから
焚き合わせの海老芋と交換したのです。芋で海老を釣っちゃった(笑)

強肴
強肴:黒毛和牛ステーキ

黒毛和牛と野菜は、ひとりずつテーブルで焼いていただきます。
ステーキと言っても、一口サイズのお肉で程よいボリューム。

相鉢
相鉢:蓮根饅頭

とはいえ、なんだかもうわけが判らないほどの品数です。
「もう、お腹いっぱい」とか言いつつ、蓮根饅頭だと言われれば食べる。
あんかけ大好きだし。外はパリっと中はふっくら甘い蓮根饅頭でした。

酢物
酢物:蒸しアワビ

お料理の最後は「蒸しアワビ」です。
酢の物だけれど、酢で和えてあるものではなく、お酢のジュレが上に
かかっているという、なんとも気の利いた感じ。
もう、お腹がはちきれそうそうだったけれど、最後にこういうの
出されるとやっぱり食べてしまうという、いやしんぼ。

このあと、ご飯とお漬物5種盛り、止椀として白味噌のお味噌汁と
デザートのフルーツが出てきました。今回、米寿のお祝いということを
伝えてあったら、ホテルの配慮で、ご飯のときにお赤飯を用意してくださったの。
上品に蒸篭に入って出てきました。祖母、大感激でございます。

有馬グランドホテルは「ホテル」という名前で、たしかにホテルなのだけれど、
しっかりと旅館の佇まいも兼ね備えているという印象でした。
最近、宿泊するところといえば、西洋風のホテルばかりだったワタシには
久しく感じることが無かった気遣い。仲居さんってすごいよね。
ホテルマンとは違う寄り添い方だと思う。
もちろん、ホテルの便利なところも兼ね備えてあるので、施設的に不便は
感じませんでした。両親や親族、主役である祖母もとても喜んでいたので、
今回、決行して良かったなと。母とゆっくり温泉に入れたのも良い思い出です。

そして、タイミング良く、オープン直後のエステに行ったレポートはまた、次回。
家族で一族で楽しみ、さらにひとりでも満喫してしまったワタシなのです。

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others