東北地方太平洋沖地震と近況報告 | WOMANIA
2011.03.12 Saturday 23:51

東北地方太平洋沖地震と近況報告



3月11日14時46分ごろに発生した、東北地方太平洋沖地震。
発生から1日が経ち、様々な想いをされた方がいらっしゃると思います。
また、宮城県を中心とした被災地では、今なお不安な想いをされている方、
大切なものを失われた方もいらっしゃるでしょう。お見舞い申し上げます。

地震発生時、ワタシは自宅にいました。
ただごとではないような揺れを感じたあと、ベッドにもぐりこんだまま、
動くことが出来ませんでした。おさまらない揺れ。
次第にぼろぼろと何かが落ち、壊れてゆく音。
嗚呼、ワタシはまた失ってしまうのかなと、否が応にも阪神淡路大震災のことを
思い出さずにはいられませんでした。ベッドから出ることも出来ず、
それでも、何が起こったか知りたくて、携帯のワンセグでTVを見ました。
嫌だ嫌だ嫌だと、見えない何かに抗う気持ちだけがわいてきた。
続く余震の中、正直、パニックに近い状態だったと思います。
普通に使えていたはずの携帯は、もう誰ともつないでくれない。

ようやく体を起こして、PCを見たら、Twitterとmixiがいきていました。
これが本当に心の支えになった。たくさんの友人ともTwitterやmixiで
安否を確認しあうことが出来たし、声もかけてくれた。
地震でワタシのことを思い出し、電話したんだよと言ってくれたひと、
大丈夫だから落ち着いてと励ましてくれた、神戸の震災を一緒に
経験した幼馴染、みんなみんな本当にありがとう。
Skypeも通じていたので、ともだちの声を聞くこともできました。
この日ほど、ネットの威力とありがたみを感じたことはない!
普段、何か事件があると悪者にされてしまうネットだけれど、
上手に使えば、素晴らしいと痛感しました。使いようです。

今回の地震では、阪神淡路大震災のときとは比べ物にならないほどに
ネットが活躍し、情報を得ることが出来ます。
停電や破損などでTVが見れなくても、ワンセグがあったり、
PCが使えなくても、スマートフォンを頼りに情報を確認出来たりします。
情報はたくさんの方が提供してくれています。
まとめ、拡散し、なるべく多くのひとが共有できるようにあらゆる形や
スタイルで発信されています。そこから得るものは大きいです。

ワタシは、Twitterを中心に様々な情報が発信されてゆくのを見ました。
TVでは知りえないようなこと、ローカルでリアルな情報が流れます。
一部、嘘やデマもあったようだけれど、それを越えるたくさんの
ステキな情報共有の手段を見せてもらいました。離れた場所からも、
随時有益な情報の拡散につとめていたひとたち。本当にありがたい。
そのうち、ワタシは「震災経験者なんだから、パニックになっている場合じゃない」
という気持ちもわいてきました。こっちのともだちにとっては初めてのことでも
ワタシには知っていることかもしれない。だったら、出来る限りサポートしなきゃ。

幸いにもワタシの周囲のひとたちはみんな大事には至らなかったもよう。
相棒は帰宅難民になりましたが、都内の実家に泊まることが出来ました。
翌日、電車で家に帰宅することも出来ました。
我が家では、食器が食器棚から飛び出て割れたり、物が落ちた程度です。

今、ワタシが心配しているのは、「心のケア」と呼ばれるメンタルな部分。
それは、何も、大きな被害を受けた方だけじゃないです。
食器や家の中の物が壊れてショックだった方もいらっしゃると思うし、
1日お家に帰れないことで、大きな疲労やダメージを受けた方も
いらっしゃると思います。精神力はひとそれぞれです。
「もっと大変な人達がいるのだから」「自分は何も出来ない」と
我慢したり、責めたりしないでください。今まで当たり前にあったものを
奪われてショックだったり、悲しくて当然。食器だって割れたら悲しい。
神戸の震災を経験したワタシだって、ショックだったし、衝撃的だったよ。
事実、自分を追い込むことでPTSDになるひとも多いそうです。

誰にでも出来ることは「自分を守ること」「自分が無事でいること」だと思う。
安否だけでなく、メンタルな部分も含めて。
こんな状況になって、みんなが、自分の大切なものを守ろうとしています。
自分の安否もきっと誰かの大切なもの。
自分が無事でいることは、大切なひとの大切なものを守ることになります。
だから、何も出来てないわけじゃない。
もどかしいかもしれないけれど、まずは「無事」でいましょう。

節電をはじめ、あれをしちゃいけない、これを控えようという呼びかけも
たくさんあり、「なるほどな」と思うこともあります。
過去の経験から、専門家の意見から、よびかけをし、みんなで少しでも
被害を最小限にしよう、助け合おうとしてることは、素晴らしい。
出来ることなら協力するべきだし、協力したいと思っています。
でも、たとえば、電気を全部消して暗闇の中でひとり不安になりながらいることで
精神的ダメージが大きいならば、それは、出来る範囲を超えています。
しばりつけられないで。その心がけが大切だから。
家族や友人と集まって、ひとつの部屋だけで過ごす、そこで最小限の灯りをとり、
生活を送る、それで良いと思います。心を犠牲にしないでください。

震災は1日だけの出来事ではありません。
これから、復旧、復興を含め、何日も何ヶ月もかかります。長期戦です。
今は気が張っているから大丈夫でも、それが何日も続くと、肉体も精神も
どんどん疲労し、消耗します。だから、最初から飛ばしすぎないで欲しい。
ワタシは神戸の震災で、避難所暮らしもし、母はその中でボランティアも
していました。そこで、心が弱ってゆくひとを目の当たりにした。
心が消耗すると、些細なことで諍いも生まれます。余裕もなくなります。
神戸の震災を経験した方で、ワタシの被災経験を知ってくださっている方は
みんな、「無事なのは良かったけれど、心は大丈夫?」と聞いてくださいます。
それくらい、被災経験のあるものは、メンタルなダメージも解っています。

この状況下の中で不安になって当然。
ワタシは、ありがたいことに地震発生からたくさんのひとに支えてもらいました。
遠くからあらゆる手段を駆使して、安否を気遣う連絡をもらったときには
地震の恐怖よりも、泣けました。自分はひとりじゃないんだなって痛感できた。
感謝しても仕切れないほどです。本当にありがとうございます。
具体的な何かは判りませんが、ワタシも出来る限りのことをしたいと思っています。
近隣を含め、被災地、被災地以外でも安否の確認がとれないなどで、
不安を抱えている方、ワタシに出来ることは限られているかもしれないけれど、
困ったら、思い出して、連絡をください。ひとりで頑張り過ぎないでくださいね。
Twitterのアカウントを記しておきます。 → porquexoxo

まだまだ余震が続いています。みなさん、お気をつけてお過ごしください。



ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others