2011年夏 松島・平泉への旅 | WOMANIA
2011.08.06 Saturday 06:23

2011年夏 松島・平泉への旅

東北へ行こう

観光庁旅行キャンペーン「がんばろう!日本」として、東北へ行ってきました。
目的地は、松島と平泉。松島は昨年の8月に行ったので1年弱ぶりです。
正直、こんなに早く東北の地を訪れるとは思っていませんでした。
出発日の早朝、かなり大きな地震を感じたりして、少しの不安もあったけれど、
それでも、「行きたい」「観たい」という想いの方が強く、予定通り出発。
昨年の仙台・松島への旅は、思いつきの車旅行だったので、はじめて東北新幹線に
乗りました。ワタシ、今まで、東海道と山陽新幹線にしか乗ったことがなかったの。

まずは、東京駅から東北新幹線で仙台へ。

仙台到着

仙台駅は、七夕まつりの直前ということもあって、七夕飾りがたくさん!
いろんな企業の七夕飾りには、「がんばろう東北!」というような
震災にまつわるメッセージも書かれていました。賑やかな七夕飾りの中にも
紛れもなくこの東北の地で震災があったことを実感します。
auのメッセージに少し、じんときてしまいました。

その想い、つなげるために。
はげましも、いたわりも、思いやりも、ありがとうも。
つながれば、きっと、みんなのチカラになる。
私たちは、東北を応援します。


仙台駅で牛タンを食べて腹ごしらえをし、そこから仙石線で松島海岸へ。
仙石線は、石巻までつながっていますが、未だ全線再開にはいたっていません。
松島海岸駅の次の高城町駅から矢本駅間は復旧の目処が立っていないのだとか。
その間には、昨年、東松島の大高森に行く途中に見た野蒜駅も含まれています。
「コレ、何て読むの?」「"のびる"だって!」と言い合ったから記憶に残っていたの。
松島海岸駅前では、代替バスの案内もしていました。

松島到着

前回は、車だったので、松島海岸駅もはじめて。
松島では、円通院、五大堂を中心に観て回りました。
一緒に行ったともだちは、島巡り観光船に乗りたがっていたけれど、
まだ運行本数が少なくて、ワタシたちの時間に合うものが無く断念。

松島再び

円通院はワタシが前回、松島に来たときに一番、気に入った場所です。
昨年に引き続き、瑞巌寺は修復中だから、今回は中には入りませんでした。

円通院

円通院では、前回、心残りだった数珠作り体験を果たしました。
コレ、今回の松島でのワタシの最大の目的。
円通院には、国指定重要文化財の「三慧殿」や、石庭、バラ園などもあります。
カメラが好きなら、いろんな写真が撮れる場所だと思う。
拝観料も300円と安いわりには、長く楽しめる場所。

松島は震災の被害が少なかったと聞いていたのですが、それでも町の各所で
その爪あとを見ました。あんなに活気があったお土産物屋さんも、
まだ閉まっているところがたくさんあります。人も昨年に比べると少ない。
「被害の少なかった松島が、宮城の観光の先陣を切ろう」、そんな想いを
TVで聞いたけれど、決して何も無かったわけではなかったんだなと感じました。
昨年、島巡り観光船のチケットを買った松島レストハウスは
被害を受けていて、前にプレハブを建てての営業。

松島レストハウス

海をのぞいてみたら、心なしか水位が上がっているような気もしました。
豪雨の影響かな。

震災の爪あと

破損したり、流れ着いたものが溜まっているところもあります。
買い食いをしようと立ち寄ったお店の店頭では、震災直後の松島の様子を
写真で見ることが出来ました。たしかに、もっと大きな被害があったところに
比べれば、その影響は少なかったかもしれないけれど、これを「被害が少ない」
と言ってよいのだろうかと思う風景がそこには写っています。
ワタシが今、目の前にしているこの風景にも津波が押し寄せ、流れ、沈んだ
ものがあったんだ。ここまでだって、ひとつひとつ復興してきたんだね。

まだまだ、松島は復興の途中。
松島観光協会では、「松島観光復興情報」をサイトで発信しています。
(松島観光復興情報 Vol.5はコチラ→ ※PDFが開きます)
でも、ワタシは、全てが完璧に終わった後に行くのではなく、
復興の歩みも含めて、今の松島を観れて良かったと思います。
復興には時間もお金もかかる。観光産業を柱としてやってきた町だから、
観光客が行かないと復興への道のりも遠くなってしまう。
だから、松島を訪れるというのも、ひとつの支援のカタチ。
昨年の思いつき旅行からはじまった、ワタシと松島のお付き合いだけれど、
なんだか思い入れの強い場所になりそうです。きっと、また松島に行くよ。

松島に1泊した翌日は、一度、仙台に戻り、そこから東北新幹線でさらに北上。
一ノ関へ向かいます。ワタシ、初岩手県!
まずは、一ノ関から大船渡線に乗って、猊鼻渓(げいびけい)を訪れてみました。
猊鼻渓は日本百景のひとつであり、日本三大渓のひとつ。

猊鼻渓

ここでの目的は舟下りです。(げいび渓舟下り→
船頭さんの解説に耳をかたむけながら、ゆったりと舟下り。
猊鼻渓の舟下りは往復で、途中、舟を降りて歩いて散策する時間もあります。
峡谷にこだまするヒグラシの声がしんと心に響いて涼やかな気持ちになるの。
世の中いろいろありますけれど、今はしばし忘れてみようじゃありませんか、
みたいなね。やっぱり自然の力ってスゴイ。都会の喧騒に疲れたら猊鼻渓だ(笑)

舟下り

今回の旅のプランを立てていて、「こんなところがあるんだって」と知った猊鼻渓。
行ってみて良かったと思います。のんびり。川で心のお洗濯ですよ!

猊鼻渓でお昼を食べたあとは、猊鼻渓から直行バスで平泉へ行きます。
平泉のまちは、とにかく綺麗。整備されています。
ただし、何もありません。
駅前にドトール的なものどころか、コンビニ1軒無いから。
そして、このまちの見所は意外と広範囲なのです。
最初は巡回バスを利用しようと思っていたのだけれど、駅前でレンタサイクルを
見つけ、自転車で回ることにしました。結果、自転車利用にして良かったと思う。

平泉では、毛越寺と中尊寺を2時間半ほどで回りました。
このふたつだけでも、けっこうギリギリ、手いっぱい。

世界遺産のまち・平泉

毛越寺は平安様式の本堂と、広い浄土庭園が特徴。
毎年5月に催される曲水の宴も、この浄土庭園の遣水で行われるのだとか。
平安時代が好きなワタシは、「あー、曲水の宴っぽい!」とナットク。
その様を庭園に重ねてワクワクしちゃった。

中尊寺といえば、やはり金色堂が有名なのだけれど。
無知なワタシは、それが関山(かんざん)という山にあるとは知りませんでした。
レンタサイクルのおじさんが、「ここに自転車とめて、ここから参道ねー」と
教えてくれた参道は、山道だったという(笑)また、やまのぼり!
昨年の東松島の大高森、今年の5月の宮島の弥山と、
最近、ワタシが旅に出れば予想外の山登りが待っているわけです。
山の中には、金色堂以外にも本堂や白山神社能舞台など国宝や重要文化財が
たくさんあり、全部をゆっくり見て回るには、かなり時間が必要です。

金色堂の入れもん

金色堂は覆堂(おおいどう)という建物の中にありまして、
さらにその中でガラスに遮断されておりました。
ワタシが最初、「金色堂」だと思っていたものは、外側の建物(覆堂)だったの。
どうりで金ピカじゃないはずだ。中の金ピカの金色堂は撮影禁止です。
本当に木造漆塗りの上に金箔を貼りましたね。。。というその仕様は、
そりゃ、むき出しは無理だと思う危うい感じ。やっぱり、誰でもそう思うらしく、
建立の数十年後には既に雨風をしのぐようなものが作られ、鎌倉時代には、
初代覆堂が建設されたそうです。今の鉄筋コンクリート製の覆堂は2代目らしく、
初代の覆堂は、すぐそばに重要文化財として移築されていました。
覆堂の中では金色堂の説明が流れていて、システマティック。

平泉の中尊寺が今回の旅の最後の観光スポットでした。
ここからは、東北本線で一ノ関に戻り、東北新幹線に乗り換え。
今回の旅は個人旅行だったのだけれど、電車、バス、果ては自転車までと、
ありとあらゆる交通手段を駆使し、かなり効率的に回れたと思います。
東北って1時間に1本しか電車が無いとか普通だし、観たい観光スポットは
ほとんどが17時までに終了という具合。行く前に、ともだちとiPhone片手に
みっちり2時間以上打ち合わせをし、移動プランを考えておいて良かったです。
「行き当たりばったりにしなくて良かったね」と、道中ガッツポーズ。

ワタシは、今まで本当に東北に縁がなくて。
昨年の仙台・松島が東北デビュウでした。そして、今年、岩手県デビュウ。
今度はもっとゆっくり行きたいし、行ったことのないところにも行きたいです。
まだまだワタシの知らない日本がある。ワタシも日本再発見。

国内旅行振興キャンペーンポータルサイト「がんばろう!日本」
キャンペーンサイト「日本再発見。〜もう一度日本を見つけよう〜」


 関 連 記 事 

・2011年春 広島への旅

・2010年夏 仙台への旅

・2010年春 沖縄への旅




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others