寒い冬に芯から温まる 石澤研究所 「生・酒粕風呂」 | WOMANIA
2012.01.18 Wednesday 12:50

寒い冬に芯から温まる 石澤研究所 「生・酒粕風呂」

生・酒粕風呂

ブランド:石澤研究所
価格:1回分(120g) ¥735(税込)
2012年1月10日数量限定発売・通信販売限定商品

お酒は飲めないけれど、粕汁、魚の粕漬けなど酒粕を使ったものが大好き。
粕汁は子供の頃から大好物でした。
関東じゃあまりメジャーじゃないと知ってからは、粕汁の伝道師と化し、
友だちに普及しています。作ると、鍋持って取りに来るひとがいる(笑)
粕汁って、本当にほっこり温まるので冬の醍醐味です。
カラダがポカポカするので、冷え込みが厳しいこの時期はお役立ち。

そんな酒粕がお風呂でも楽しめるアイテムが石澤研究所から発売されました。
それが通販限定の「生・酒粕風呂」。
酒粕好きが高じて、ついに粕汁の中に身を浸そうかという勢いです(笑)

「生・酒粕風呂」は、湯船に入れる直前までアミノ酸やミネラル、ビタミン等を
生み出し続ける生きた酒粕を使用しているそう。1包120gを一度に使い切ります。

ほっこり

見ための市販の酒粕にそっくりです。
酒粕なんて、お風呂に入れてちゃんと溶けるのかな?というのが一番の心配でした。
粕汁を作るときも、出汁をすり鉢にとって酒粕を浸してやわらかくしてから、
擂り粉木で滑らかに溶かすんだよね。うまく溶かさないとダマダマになるのです。

でも、石澤研究所の「生・酒粕風呂」は、ふんわり溶け出しました。
コレ、使っている酒粕が違うもよう。
スプーンですくえるほどほんわりした酒粕を使っているそうです。
市販の酒粕って、そのままだとボロボロ崩れる感じだから、そこが違うの。

メッシュ袋に入っているので、細かい溶け残りが沈殿することもありません。
湯船の中でメッシュ袋をもんでいると、白く滑らかな酒粕が溶け出します。
最後にちょっとだけ残るんだけれど、それもどちらかといえば、おからみたいで
意外な感じでした。とてもキメが細かいようなので、ダマダマの心配はないです。

そっくり

本物の酒粕と比べてもそっくりなのに、不思議。
たぶん、市販の酒粕をそのまま入れてもこんな風にはならないと思います。

「生・酒粕風呂」を入れたお風呂は、ぷんとお酒の匂いが漂います。
日本酒の香りがニガテなひとにはオススメできないけれど、お風呂のお湯に
入れると体積のこともあるのか、香りもマイルドになるよう。
「匂いで酔っ払う!」というほどではないんじゃないかな。

コレ、じんわり芯から温まる効果は、酒粕ならではだなと実感。
カラダがほくほくしてきます。
持続性も高いみたいで、アタマやカラダを洗っている間も寒くないの。
いつもは、最初に温まる→アタマを洗う→もう一度温まる→カラダを洗う→
最後に温まるの順なのだけれど、アタマとカラダをイッキに洗っても平気でした。
コレ、ワタシが今まで使った入浴剤の中でも、かなり良い具合に温まります。
やっぱり好きだよ、酒粕。ヤミツキになりそう。



ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others