極上のリゾートホテル sankara hotel&spa 屋久島 (サンカラ) | WOMANIA
2012.05.07 Monday 11:09

極上のリゾートホテル sankara hotel&spa 屋久島 (サンカラ)

sankara hotel&spa 屋久島

屋久島2日目の宿泊はsankara hotel&spa 屋久島
このホテル、間違いなく屋久島で一番の宿泊施設ではないかと思います。
いや、ワタシが今まで宿泊したホテルの中でも1位2位を争うかも。
都会のハイクラスのホテルにも海外のホテルにも引けをとらない施設と
ホスピタリティを持っています。夢のような一夜を過ごしました。

sankara hotel&spa 屋久島は、本館と複数のヴィラで構成されたホテル。
本館にはスイート、ジュニアスイートがあるようですが、12棟24室の
ヴィラがスタンダードタイプです。少し高台にあり、ヴィラより下に位置する
駐車場からの移動も、ヴィラと本館の移動もカートで行います。

ヴィラタイプ

カートは自分で運転するのではなく、ホテルスタッフさんによる送迎。
1室1室にバトラー(執事)がつき、基本的なお世話はバトラーがしてくれるの。

ワタシたちは、ヴィラの1階に宿泊しました。ヴィラは全て2階建て。
お部屋タイプでいうと、「サンドラ ヴィラ ソーマ」です。
玄関を入ったところから、全てがワタシたちだけのもの。

サンドラ ヴィラ ソーマ

ツインタイプ、53屬里部屋は、「広い!ステキ!」という第一印象。
オリエンタルな内装で落ち着いた雰囲気です。

広くてステキ

ベッドスペース、リビングのほか、デイベッドまであるという具合。
デイベッドでは、寝転んでTVやDVDを見たりも出来ます。DVDも借りられるの。
どこに居ても、くつろいで過ごせる本当にステキなお部屋。

バスルームは、洗面を中心に左がバス、右がトイレとシャワーブース。
バスも洗い場とセパレートです。
行った日は、「トレッキングをしてから行く」と話の流れから予定を
伝えてあったのですが、「トレッキング後でお疲れでしょうから」と、
事前にバトラーがバスタブにお湯を張ってくれていたのです。
もう、その心遣いにカンゲキ。ステキなホスピタリティだよね。

バスルーム

バスとシャワーブースが別々なので、出発前には、友だちと同時にそれぞれを使い
髪と体を洗って身支度をすることも出来ました。コレ、べんりー。
アメニティは、ボディ周りはTHANN、フェイスケアはMARGARET JOSEFIN。
THANNは、バスとシャワーブースで違うラインを置いてくれているのです。
MARGARET JOSEFINは、トライアルキットがひとりひとりに用意されていました。

冷蔵庫に入っている飲み物もご自由にどうぞということ。料金はかかりません。
パッションフルーツジュース、緑茶、ビール、お水がアリ。
ホットドリンクもコーヒー、紅茶だけでなく、ハーブティーまで充実していました。

飲み物などはご自由に

本館のレストランで夕食を摂っている間に、お部屋のお休みの準備もされています。
クッションが移動され、ベッドサイドにはミネラルウォーター、ベッドの上には、
パジャマとTHANNのボディミルク、小菓子が用意されていました。

サンカラにはロビーやフロントはありません。
チェックインやチェックアウトでは、本館のライブラリーラウンジに案内されます。
ライブラリーラウンジにゆっくりと座っての手続き。
ウェルカムドリンクとしては、たんかんジュースをいただきました。

ライブラリーラウンジ

このライブラリーラウンジは24時間利用が可能ということ。
約600冊の書籍のほか、DVDもあり、お部屋に自由に持って行っても良いの。
飲みものやスイーツなどもいただけます。

ライブラリーラウンジがある本館に面した海側にはプールもありました。
本館入ってすぐから抜けて見えるプールは本当にステキです。

プール

天気が良かったので、朝食を食べたあと少しのんびりしてみることに。
プールサイドには、バナナチェアもあって、ずっとそこでくつろいでいたいほど。
プールから臨む海の景色も素晴らしいです。

サンカラは、屋久島の自然も大切にしていて。
宿泊すると、ひとりにつき、1滞在500円のサンカラ基金(屋久島自然保護基金)が
宿泊費と別にかかります。また、お部屋では、こんな携帯灰皿とビニール袋も発見。

自然を大切に

島内で出たゴミや気づいたゴミがあれば、これに入れてホテルまで持って帰って
きてくださいねというものです。こういうのって、良いなと思った次第。

サンカラは、チェックインが15時、チェックアウトが13時でした。
のんびりと過ごすことが出来る、ステキなリゾートホテルです。
ワタシたちは、大川の滝を目指したかったので、早めに経ってしまいましたが、
ずっと居たいと思えるホテルでした。1泊なんかじゃモッタイない!
長期滞在しても、ストレスなく快適に過ごせると思います。
何もかもがいたれりつくせり。
スタッフさんも、付いてくださったバトラーを含め、みなさん素晴らしいです。
そのホスピタリティには、ただただ感動するばかりでした。
最後には、玄関にスタッフさんやシェフがずらりと並んでお見送りまで
してくださったの。旅館に団体さんなどが宿泊したときに行なわれるアレ。
二人だけのために、本当、すみませんな気持ち。
また来たいと、後ろ髪を引かれる最後でした。

宿泊は1泊2食付きだったので、ホテルで食事もいただいたのですが、
それについては別途、記事にしたいと思います。
レストランでの食事も素晴らしいもの。
都会の喧騒を忘れ、本当のリゾート、極上のリゾートが感じられるホテルでした。

sankara hotel&spa 屋久島
〒891-4402 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生字萩野上553 
電話:0997-47-3488


 関 連 記 事 

・屋久島 安房の小さなカフェ 「カフェスマイリー」

・マイナスイオンチャージ 屋久島 滝めぐり

・屋久島でのお宿 「民宿 ひまわり」

・2012年春 屋久島への旅




ブログパーツ 
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

















▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others