「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」 〜因島エリア〜 | WOMANIA
2012.08.12 Sunday 04:33

「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」 〜因島エリア〜

因島エリア

広島県観光課主催の「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」。
三原を後にし、高速船で向かったのは因島(いんのしま)の重井西港。
因島は尾道市に属します。
今まで瀬戸内の島に行ったことが無かったワタシにとって、はじめての島。

船で因島へ

お天気が良かったので、空の青と海の青、島の緑が美しいということを
目の当たりにした移動でもありました。風が心地よく、船内に入らず、
ずっと外で写真を撮っていたほど。松島の観光遊覧船を思い出します。

因島に着いて最初に訪れたのは白滝山。
標高226.9m、山頂の展望台からは因島の東西南北全てが見渡せます。
山頂付近の駐車場で車を降り、そこから10分程度の軽い山登り。
ワタシが旅に出たらプチ山登りが待っているの法則継続中(笑)
おかげで高いところからの美景を望めています。ナントカと煙は高い所が好き。

因島のビュースポット

白滝山は因島のビュースポットであるとともに、、村上水軍の村上吉充が観音堂を
建立したと伝えられている場所。山頂には、大小約700体の石仏が並んでいます。
五百羅漢と呼ばれるこの石仏群は、1830年に造られたものだそう。
この日は山頂の管理人さんにご案内いただきました。

白滝山

山頂には五百羅漢のほか、「恋し岩」もあります。
「恋し岩」は、出先よりの無事帰還及び元通りの平穏な倖せを与えてくれるという岩。
重井の民話にある、力士と娘の悲恋「白滝伝説 恋し岩」がエピソードの元に
なっています。この岩は力士の恋人であった娘の化身だそう。
力士は恋人の化身である岩を、ひとりで山の頂に運び観音堂に奉り供養したとか。
今の世で図らずも分れ分れになっている人たちが同じ思いをしないようにということ。
遠距離恋愛や大切なひとの遠出の無事を祈るひとは行っておきたい場所だよね。

石仏と蝶

白滝山の山頂には蝶が舞っていました。
自然と思い出すのは震災の前の年の夏に行った、東松島の大高森です。
大高森の頂上でも蝶が舞っていました。季節も同じ8月。
頂から臨む海に島々が浮かぶ風景も重なります。
石仏と蝶に、日本の美しき風景がこれ以上失われないよう祈りをこめて。

続いて向かったのは、万田発酵。こちらで工場と農場を見学しました。
黒砂糖、果実類、根菜類、穀類、海藻類など、53種類以上の原材料を
3年3ヵ月以上長期自然発酵させた植物発酵食品が「万田酵素」。
ちょうど「 ひと粒のちから 」が気になっていたのでタイムリーです。

万田発酵見学

まずは、白衣を着て万田酵素の説明を聞きながら発酵棟を見学。
その後は、 植物用万田酵素 を与えて育てた植物が並ぶ農場を歩きました。
「万田びっくりファーム」と名づけられたその農場には、巨大な植物がいっぱい。
ひまわりもへちまもスイカも桁外れのでかさです。
植物用万田酵素を与えた植物は、活性化され、収穫量が増加され、味や栄養分、
花色の鮮やかさなどが向上するそう。この日はテレビ取材も見かけました。
万田酵素は、「ひと粒のちから」をはじめとする美容・健康食品、化粧品も
作っています。見学の記念にいただいたサンプルから使ってみようっと。

そして、因島といえば、ポルノグラフィティの出身地です。
因島には「Aokage」に登場する青影トンネルのほか、ポルノゆかりの地が
たくさんあるそう。この日は、昭仁さんのご実家である岡野写真館へ。

ポルノグラフティゆかりの地"

出迎えてくださったのは、昭仁さんの叔父さんです。
一見、普通の写真屋さんなのですが、その奥にはポルノ記念館のように
縁のアイテムが。別にコレはお商売ではないらしく、因島を訪れる
ポルノファンのために、こうして公開しているのだとか。
この岡野写真館には、全国からポルノファンが訪れているそうです。
どうやら、こうしてポルノファンは因島を観光ならぬ感行しているもよう。
お仕事の邪魔にもなりかねないのに、気さくに快く対応してくださる叔父さん。
ポルノグラフィティが、岡野家に、そして因島に愛されているのが判りました。

この日、最後に訪れたのは大正10年(1921年)から続く、和菓子・洋菓子の老舗、
御菓子司・松愛堂。近年人気の因島・はっさく大福も作っています。

松愛堂"

松愛堂のはっさく大福は、杵つき餅で白あんと生のはっさくを丸ごと一房
包み込んだもの。ふんわりやわらかな杵つき餅とはっさくの食感が
新鮮で美味しい一品です。はっさくも酸っぱすぎず、白あんとマッチ。
普段は和菓子を食べないワタシもぺろりとひとついただけました。
他にもはっさくを使った和洋菓子、島の銘菓を作っていらっしゃいます。
生ケーキもあったのですが、それがまた美味しそうなの。
全体的に「お手ごろ!」と感じる価格展開でした。
因島でお土産を買うならオススメです。

この日の宿泊は因島のオーベルージュ ナティーク城山
因島は古くから造船で栄え、このナティーク城山も日立造船因島工場の
傍に建っています。土生港も見渡せる便利な立地。
オシャレでステキなプチホテルといった印象の場所です。
初日の夜はこちらで瀬戸内海の海の幸を使った洋食をいただき休みました。

■おのなび(尾道観光協会)
■ひろしま観光ナビ
■おしい!広島県
■広島県 公式Facebookページ
■広島県観光旅行情報 Facebookページ


 関 連 記 事 

・「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」 〜三原エリア〜

・広島県観光課主催 「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」




ブログパーツ 
※本記事は広島県観光課主催"アクティブ女子旅"特派員として作成しています
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others