映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」ジャパンプレミア | WOMANIA
2013.01.19 Saturday 02:20

映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」ジャパンプレミア

映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」

1/25から公開される映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」の
ジャパンプレミアに行ってきました。会場はららぽーと豊洲。
映画の上映と舞台挨拶に先駆けて、まずは、屋外のシーサイドデッキで
アン・リー監督と日本語吹き替え版の声優を務めた本木雅弘さんによる
オープニングアクション「海上ブルーカーペット」がありました。

海を舞台にした映画ということで、海上に作られたステージ。
ブルーにライトアップされた幻想的な雰囲気は、今回の映画の1シーンに
基づき、インスパイアされたものだと思います。

海上ブルーカーペット

この海上ブルーカーペットを歩いて、監督と本木さんが登場。
今回の「ライフ・オブ・パイ」はアメリカの映画ですが、
アン・リー監督は、台湾出身の映画監督です。

アン・リー監督

リー監督は、アジア人初のアカデミー監督賞の受賞経験もある監督です。

そして、主人公パイが大人になったときの吹き替えを担当したモッくん。

もっくん!

「自分は最後にちょろっと吹き替えをさせていただいただけなのに。。。」と
今回のブルーカーペット&舞台挨拶に緊張した面持ちでした。
モッくんはリー監督のファンであり、監督は「シコふんじゃった。」のときから
モッくんの作品を観ていたのだとか。オープニングアクションが終わると、
会場をユナイテッド・シネマ豊洲に移して、舞台挨拶です。

実は、この日、はじめてユナイテッド・シネマを訪れたワタシ。
このジャパンプレミアの時間までに同じスクリーンで「レ・ミゼラブル」を
観たのです。スクリーンが大きく、シートも快適で良い映画館だなという
印象でした。さすが、映画好きの友人が「ユナイテッド、いいよ!」と
言っていただけはある。この日、ワタシはこのスクリーンを4時間以上観たからね。

舞台挨拶

折りしもこの日は、大島渚監督の訃報が流れた日。
舞台挨拶の冒頭でリー監督から故人を偲ぶメッセージがありました。

映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」は、海難事故により
トラと共に海に投げ出され、救命ボートで大海原を漂流することになった
インド人の少年のサバイバルを描いた作品です。この作品、トラを含めて
CGも多く使われているのですが、とにかく映像が美しいです。
漂流するまでの冒頭部分から、その美しい風景に圧倒されてしまう。
そして、リアルに作ろうとするだけでない、CGならではのテクニック、
構成が素晴らしいと思いました。グラフィック作品として作られています。
アニメーションとは違う、フィルムだけの実写とも違う醍醐味。

なぜ少年は、生きることができたのか。

作品自体は、やや宗教色が強い部分もあります。
ただ、主人公の少年自体が3つの宗教を同時に信仰しているので、
「何教」が強いというわけではないの。漂流を経て生死の狭間を見た人間が
たどり着くのは、「心の拠り所」であり、哲学的な部分なのかなと思います。
「生きる上で必要なこと」「生かされること」「生きていること」は
命が絡み合った上に出来ている構図だということなんだよね。
ストーリーの中には、作中でも語られる「信じられない出来事」が
いくつも出てきて、「それはないでしょ」と突っ込みたくもなるのですが、
最終的に考えると、どのエピソードが欠けても少年は生きることが
出来ないのです。それこそが、巡り巡る命の世界。

「ライフ・オブ・パイ」は、美しい映像で自然や動物の素晴らしさも
伝えてくれるし、弱肉強食や命を食べるということも判る、
トラとの対峙にドキドキもするし、サバイバル生活の中では
「生きること」や生活の大切さも教えてくれる映画です。
難しいことを考えなくても自然と感じるものがあるんじゃないかな。
主人公も少年だし、子供が観るにも良い映画だろうなと思いました。
(ちょっと、トラの迫力にびびっちゃうかもしれないけれどね)



ユナイテッド・シネマ→「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


ブログパーツ
 スポンサーリンク


コメント
きゃーー!本木雅弘さま♪
大好きです〜〜〜

いいなー、ミッキーさん、生モッくんに会えたのね!
超羨ましいです!
わあ!あこさん、モッくんのファンだったのですね♪
今回のジャパンプレミア、試写&舞台挨拶は
当選者のみだったのですけれど、ブルーカーペットは
誰でも行けたんですよ。大雪の2日後ということもあり、
比較的人は少なくて、並んだりもありませんでした。
スタートまでは待ちましたけれどね。

映画でのモッくんの吹き替えは言われないと判らないほど
上手です。本木雅弘キャラではなく、声優さんとして
吹き替えに徹しているなと思いました。
コメントする








   

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>














本音で語る恋愛マガジン Lips





  • 「買う前に試して」がポリシー!キールズのカウンセリングを体験してみた
    aya_k (09/01)
  • 肉バル・ジビエ「アンタガタドコサ」池袋で手軽にソフトジビエメニューを
    まるい (08/22)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    みっきー (06/25)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    みっきー (06/25)
  • 遊びに行けるフラットパンプス クロックス「リナ デラックス ウィメン」
    aya_k (06/24)
  • ジカハイ
    みっきー (05/02)
  • 初心者専用ゴルフスクール「サンクチュアリ」でゴルフはじめました
    みっきー (05/02)
  • 入れるだけで水が変わる「翡翠マグ」
    青雲舎 (05/01)
  • ジカハイ
    forget-me-not (04/12)
  • 初心者専用ゴルフスクール「サンクチュアリ」でゴルフはじめました
    ゆきち (04/11)



もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others