クー・ア・フルール 「ランピュール ファンデーション」 | WOMANIA
2013.02.06 Wednesday 01:18

クー・ア・フルール 「ランピュール ファンデーション」

Que la fleur 「ランピュール ファンデーション」

ブランド:Que la fleur(クー・ア・フルール)
価格:¥5,250(税込)

下地、パウダーファンデーション、ハイライターの3ステップのベースメイク、
クー・ア・フルールの「ランピュール ファンデーション」。
クー・ア・フルールは、メイクアップ・アーティスト尾花けい子さんが
開発プロデューサーを勤められているブランドです。

高いカバー力の下地「ピウリニューベース」の上に重ねるのがコレ。
ライトナチュラルとナチュラルの2色展開です。
最初、ファンデーションが2色展開なことに驚いてしまったけれど、
すでに下地がファンデーションのように肌を整えてくれているので
お粉的に使うような感じ。ワタシはナチュラルを選びました。

ナチュラル

コレ、色出しはかなり濃いめだと思います。
ワタシでもライトナチュラルで良かったかも?と感じました。
ほとんどのひとは、ライトナチュラルで良いんじゃないだろうか。
それでも、濃いと思っちゃうかも。
でも、この色がその後に使うハイライターの効果を引き立ててくれるよう。
以前、濱田マサルさんも「日本の女性は肌が汚く見えるのに、白めの
ファンデーションを好む」的なことをつぶやいていたことも思い出しました。

「ランピュール ファンデーション」は、ふわっとのせるということ。

起毛面とスポンジ面

付属のパフが起毛面とスポンジ面に分かれているので、通常は起毛面を使います。
起毛面でもしっかりのるので、いつも以上にふわっとを心がける方が良い感じ。

下地とパウダーファンデーションで作ったベースメイクは、しっかり、
きちんとメイクな印象です。たしかに、肌がキレイに見えるなと思いました。

仕上がりしっかりめ

さらに、この上からハイライターを重ねるのですが、これもとても使える
アイテムなのです。ワタシ、単品で他のファンデーションにも合わせているほど。
詳しくは別記事で紹介しますが、3ステップで計算され、完成するベースメイク。

3ステップのベースメイク

購入はこちら → 、Que la fleur(クー・ア・フルール)


 関 連 記 事 

・強力カバー力の下地 クー・ア・フルール 「ピウリニューベース」

・尾花けい子プロデュース Que la fleur(クー・ア・フルール)

・東京コスメティック・コレクション(TCC) X'mas Party 2012 Tokyo




ブログパーツ 
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others