美味しさシーリング ジョンカナヤ 「ボンボンショコラ スタンダード」 | WOMANIA
2013.02.11 Monday 22:06

美味しさシーリング ジョンカナヤ 「ボンボンショコラ スタンダード」

JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)「ボンボンショコラ」

ブランド:JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)
価格:5種入 ¥1,800(税込)

先日、ジョンカナヤ恵比寿に一緒に行った友人が、「一緒に食べよう〜」と
ボンボンショコラ スタンダード」を買ってくれました。
早速、帰りにウチに寄って、お味見会。

「ボンボンショコラ」は、スタンダード、和、果実、酒の4ラインがあります。
各ラインごとにひとつひとつ違う風味のショコラが5つセット。

5種類の味

ジョンカナヤ・アメール
エクアドル産ナショナル種のカカオ豆が持つ、花のような芳醇な香りとコクに、
ショコラティエが惚れ込んでつくりあげた、オリジナルビター・ショコラです。

ジョンカナヤ・ノアール
ジャワ島チャンジュール地区のシングルエステート(単一農園)で収穫された
稀少な豆のみを使用。ジャワ島産カカオ特有のわずかな苦みと甘みを含んだ、
繊細な酸味が特徴です。

ジョンカナヤ・ミルク 
甘さの中に、はちみつのような穏やかな酸味のアクセントが効いた
“大人のためのミルクチョコ”。濃厚かつ繊細な味わいの変化を
お楽しみいただけます。

アールグレー
低温でじっくり煮出したアールグレー茶葉が醸し出す、深みの中に繊細さを秘めた
華やかな香り。ミルクチョコレートとのマリアージュによるエレガントな味わい。

キャラメル
丁寧に炊き上げたキャラメルの風味が生きた、ノアールとミルクチョコの
ガナッシュを、スイートチョコレートで包みました。3種類のカカオが
お口の中で織りなす奥深さは、JOHN KANAYAらしい大人な味わい。

「ボンボンショコラ」は、よく見るとひとつひとつのデザインも違います。
左から、斜めラインが入っていないジョンカナヤ・アメールからはじまり、
ラインの色が白のキャラメルまで。スタンダードはワタシの好きな味ばかり。

ショコラにはチョコレートで出来たシーリングワックス(封蝋)のデザイン。
子供のころから、シーリングワックスに憧れていたワタシのツボです。

シーリングワックス

コレ、美味しさを詰め込み閉じ込めた証という意味。
こうして見ると、チョコレートのラインも手紙の角のように見えてきちゃう。

おいしい!

実際に食べてみると、とても繊細な味わいです。
どちらかといえば、ビターよりもミルクチョコレート派のワタシ。
ワタシの中で、ミルクが少なくカカオが多いチョコレートになればなるほど、
味わいが平坦になるような気がするのです。(乳脂肪分が少ないからだと思う)
でも、ジョンカナヤのノワールやアメールは食べやすくて美味しい。
ミルク、キャラメル、アールグレーは鉄板でした。
ミルクやキャラメルも甘すぎず、オトナのチョコレートといった風。

こんなBOXに入っています

「ボンボンショコラ」の箱を開けると、上蓋の内側には
「HOW DO YOU DO.NICE TO MEETS YOU.」と書かれています。
これは、ジョン金谷鮮治氏が孫との初面会時にかけた言葉なのだそう。
昭和の粋人としてのジョン金谷鮮治氏のエピソードであると共に
大切な出会いの機会に愛情をもってかけられる言葉として、
箱の内側に書かれているのかなと思います。

HOW DO YOU DO

そんなエピソードも踏まえて。
この「ボンボンショコラ」、バレンタインなどで大切なひとに贈るアイテムに
ぴったりじゃない?シーリングワックスのデザインされたショコラには
ジブンの想いも封印して。さらに、こんなメッセージも添えられちゃう。
「I love you」よりも、粋でさりげないフレーズだと思う。

想いも封印して

銀座三越の期間限定ショップでは、この「ボンボンショコラ」の
三越限定アソートもあるということ。限定アソートは4ラインからそれぞれ
ひとつずつ楽しめる他、限定のフレーバーも入っているそうです。
(シャンパンだったかな?)

個人的には、海外のショコラティエにも引けをとらないと思うジョンカナヤ。
味も、そのつくりも、オススメです。

JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)
・恵比寿 東京都渋谷区恵比寿南1-18-3
・スカイツリータウンソラマチ店 東京スカイツリータウン・ソラマチ2F
・鬼怒川金谷ホテル ギフトショップ 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394
<期間限定ショップ>
・銀座三越 B2スウィーツパーク(1/23〜2/14)
・東武百貨店池袋店 丸の内コンコース特設売場(2/1〜2/14)
・渋谷ヒカリエ B2フードステージ特設売場(1/24〜2/14)


 関 連 記 事 

・伝統が甦る オトナのチョコレート JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

















▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others