「SOS!500人を救え!-3・11石巻市立病院の5日間-」 | WOMANIA
2013.02.22 Friday 23:31

「SOS!500人を救え!-3・11石巻市立病院の5日間-」

「SOS!500人を救え!-3・11石巻市立病院の5日間-」

発行:三一書房
価格:¥1,575(税込)

2011年3月11日、患者、非難してきた人、スタッフを抱え
孤立してしまった石巻市立病院が、救出されるまでの5日間を
どう乗り切ったか、そして、どう救出されたかを描いた本、
SOS!500人を救え!-3・11石巻市立病院の5日間-」を読みました。
著者は元石巻市立病院の内科部長・病院長補佐の森安章人さんですが、
フラガール 3.11 -つながる絆-」を書いた清水一利さんが編集されています。

屋上に「SOS」の文字を作り、救助を呼びかけていた建物。
報道で目にしたその風景が石巻市立病院であったか定かではありません。
石巻市の学校でもそういった発信があったといいますから、
あのとき、いたるところでこういった救助が求められていたのだと思います。
本書に描かれている石巻市立病院もそのひとつ。
平常時でも「命」を扱い、通常以上に電源や水が必要とされている場所です。

助けるため、助かるために

本書は、良い意味で、淡々と出来事が記されています。
「フラガール 3.11」で受けた印象と同様に、事実のみが時系列で書かれてあり、
無駄にドラマティックな感動仕立ての演出はされていませんでした。
当初、「ちょっと読んでみようかな」と深夜にページをめくってみたが最後、
映像に見入るように、ワタシは2時間弱で読破しました。

読みやすい

病院が舞台ですが、理解しやすく読みやすいです。

ワタシは「孤立」と聞いて、周囲がすべて阻まれてしまい、
建物から外に出ることが出来ないような状態を想像していました。
でも、この石巻市立病院では、途中、職員が胸まで水につかりながら
市役所に行ったり、市役所職員が持てるだけの水や炊き出しのご飯を持って
病院を訪れているのです。何度も救助要請のために外部に足も運んでいました。
日が経ち、水がひくと、元気なひとは、外に出ることも出来ます。
実際、震災の日の午前中に入院した少女とその付き添いの家族は
5日のうちに回復し、病院を家族で去ってゆきました。

では、なぜ、みんなが病院を去らなかったのか。
それは、おそらく自力で「去ることが出来ない」患者さんがいたからです。
自らの命や体力の限界との狭間にいてなお、自分だけが助かろうとしなかった、
病院を患者を捨てなかった、その気持ちってすごいと思う。
誰でも、自分に余裕があれば、人に優しく出来るもの。
同じ行為でも、自分に余裕がないときのそれは全く違うと思うのです。
そして、その想いや信念があったからこそ、多くの命が助かったのだなと。

多くのエピソードの中に出てくるように、本書にも様々な「仕組み」や
「決まりごと」によって、救助の道が阻まれようとします。
本件の救助に大きく貢献した専門的な医療チームDMATの活動も
一筋縄ではいきませんでした。その中にも同じように強い想いを
持ったひとがいたこと。災害救助の課題を提起すると共に、
どんなところでも、結局、人を救うのは人であると痛感します。

ワタシはずっと、ワタシが経験した阪神・淡路大震災と向き合ってきました。
震災の日やそれにまつわる事実を知ることは大切だと思い、
このような本を読んだり、ドキュメンタリー番組を見たりしています。
震災の話というと、哀しいエピソードがクローズアップされることが
多いように感じるのですが、その中には、それと同じかそれ以上に
こうして生き抜いた人たち、命を守るパワーや想いがあるのだと
この本を通じて、改めて感じました。本書は感動的な物語仕立てでは
ありませんが、「事実を知る」ことが出来る大切な本です。

3.11を目前にし、3/10深夜日本テレビ系の「NNNドキュメント13」でも
同話題を取り上げられた番組「命の砦・・・震災医療 -石巻市立病院の教訓-」
が放送されるということ。こちらも合わせて見てみようと思います。

楽天ブックスで購入→【送料無料】SOS!500人を救え! [ 森安章人 ]
Amazonで購入→「SOS!500人を救え!-3・11石巻市立病院の5日間-」


 関 連 記 事 

・スパリゾートハワイアンズで起こったこと「フラガール 3.11 -つながる絆-」

・「PRAY FOR JAPAN - 3.11 世界中が祈りはじめた日」

・物語が地方を元気にする 有川浩 「県庁おもてなし課」




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others