2013年春 広島への旅 〜町並み保存地区・見たらいい町、御手洗〜 | WOMANIA
2013.03.27 Wednesday 07:30

2013年春 広島への旅 〜町並み保存地区・見たらいい町、御手洗〜

重要伝統的建造物群保存地区・御手洗

広島空港に到着後、最初に向かったのは、呉市豊町の御手洗(みたらい)
豊町って「とよちょう」だと思っていたら「ゆたかまち」でした。
御手洗は大崎下島という島の北側に位置します。
ワタシたちは、橋を渡り陸路で移動しましたが、高速船やフェリーでも
行くことが可能。実際、同行者のはなちゃんは竹原港から高速船で来て、
合流しました。(はなちゃんの合流経緯記事はコチラ→

国の「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けている町並み保存地区、
御手洗。「重要伝統ナントカ〜」は長くて覚えられないので、
「重伝建(じゅうでんけん)」と略すもよう(笑)

町並み保存地区

「重伝建」に選定されてから、少しずつ整備されてきたという御手洗には
古くは江戸時代からの町並みが存在します。ただ、今では無人家屋も多く、
それらを修復保存し、散策出来るようにしようとしているみたいです。

御手洗は江戸時代より風待ち、潮待ちの港とされていた場所。
映画「ももへの手紙」の舞台にもなったところです。

おだやかな海

海沿いにあり、対岸へは泳いでも行けそう。おだやかな海は今でも健在です。
北前船の発達と共に、花街としても栄えたという御手洗。
この日は、かつては遊郭として御手洗の町を盛り上げた船宿を利用した
なごみ亭で昼食にあなごめしを食べました。

なごみ亭

1階には生け簀とテーブル席、座敷席、2階には海の見える部屋(座敷)と
遊郭の部屋(座敷)がありました。ワタシたちは遊郭の部屋で。
ここ、なごみ亭はお食事処だけでなく、1日1組様限定の貸切宿としても
利用出来るということ。夜のお食事にもかなりこだわっているようです。

あなごめし

なごみ亭のあなごめしは、ごはんにも薄く味付けがされています。
いわゆる「たれごはん」というよりはしつこくなく、食べやすい感じ。
あなごはふんわりというより、少しパリッと香ばしく焼き上げてありました。
元々、うなぎよりあっさりしているあなご。
ワタシは、明石のあなごで育ってきたので、断然、あなご派なのです。
美味しいあなごを食べると、瀬戸内海に帰ってきたぜ!という気持ちに。

昼食後は、観光ガイドさんと合流し、御手洗を案内してもらいました。

観光ガイドさんと供に

昨年から何度か、こういった観光ガイドさんに案内してもらう機会があるのですが、
地元の観光ガイドさんとまわる町並みは、また違っていて勉強になります。
その町の由来や歴史も知れるし、語り口調や方言、コミュニケーションも新鮮。
ジブンの目だけで見る以上の観光が出来ると思います。
何よりその方々は、その土地が好きだから、ガイドをしているわけだしね。
より深くその町を知りたいなら、オススメです。
御手洗では、約2時間2,500円で観光ガイドをお願いすることも出来るの。
(要予約:潮待ち館(電話:0823-67-2278)※1週間前まで)

御手洗の顔のひとつである、若胡子屋跡(わかえびすやあと)は、
99人の遊女をかかえていたという、御手洗最大の御茶屋跡。
坂本竜馬や中岡慎太郎なども何度か訪れ遊んだとか。

若胡子屋跡

手入れされていて、中も無料で見ることが出来ます。
ワタシたちは、中を少しのぞいただけにとどまりましたが、
屋久杉など上質な建材で作られた、趣きのある建物でした。
「ももへの手紙」の記念撮影台も設置されています。(他の場所にもアリ)

そして、ここが御手洗の代表的な道、常盤町とおり。

常盤町とおり

歴史的な町並みが臨めるということで、この眺めには電柱が無いのです。
もちろん、他のエリアにはあるのですが、言われてみたら「本当だ!」と発見。
この角にある郵便局のポストは昔ながらの懐かしい丸型赤ポストです。

御手洗には、レトロモダンな洋館もありました。
昭和初期のモダン劇場を復元したという乙女座は、実際に大衆演劇、能、漫才、
映画などで使われている畳敷きの劇場。中には、花道、奈落、桟敷席もあるそう。

乙女座や洋館

レトロな看板が印象的な洋館、越智病院は、「ももへの手紙」の中で、
ももの母親が入院した病院として登場した建物。
現在の越智病院は別の場所に移動しているということです。
瀬戸内観光情報サービス「もも旅」のロケ地巡りのページを見ると、そのまま!

他にも御手洗の地名の由来にもなったという、菅原道真公ゆかりの天満宮や
坂本竜馬ゆかりの金子邸、明治から続くという新光時計店なども
見てまわりましたが。名だたる史跡でないところにも魅力が溢れている御手洗。

細かいところもステキな町

瓦やちょっとした門構えもステキです。
同じようなすだれの一輪挿しが飾られている家屋が目につくのですが、
これは主に「重伝建を考える会」の女性会員「さくら部」の方々が、
季節ごとの花を組み合わせて飾っているのだそう。その数は60軒近くに及ぶとか。
こんなところからも、町並みを保存してゆこうという想いが見えます。

で!
面白いピクトを見かけたら、写真を撮らずにはいられないピクト好きの
ワタシの心を掴んだのがコレ。満舟寺の石垣のところにありました。

めっちゃ気になる

足が長くて、ものすごくアクティブな感じの小学生(笑)
あとからガイドマップを見たら、コレ、戦後すぐのものだとか。
思わず、ツボったオモシロピクトさんでした。

御手洗がある豊町には、大長(おおちょう)というところがあります。
そこは、大長みかんと大長レモンの名産地。
ちょうど時期だったこともあり、町のレモン畑にはたくさんの実が
生っていました。ワタシ、あんなにいっぱいレモンを見たのははじめて。
また、町のいたるところでは、レモンやみかんの無人販売もされています。

大町レモンと船宿カフェ若長

レモン7、8個で100円って!!!(空港では1個100円で売ってた)
もちろん、買ってきました。ひろしまレモンってやさしい酸味で美味しいよね。

店先でレモンの無人販売もあった、船宿カフェ若長は、
かつての船宿を活かした建物。地元産レモンを使ったぜんざいなどが
楽しめるということで、散策の休憩のときに寄れたら寄りたいよね。。。と
言っていたのですが、そんな時間はなく、レモンを買うのみ。
店頭では、御手洗最後の船大工さんがミニチュアの木造船を造る
デモンストレーションも見れるそうですが、この日はいらっしゃいませんでした。

御手洗は、まだまだ観光地としては発展途上の部分もあるけれど、
反面、「ザ・観光地」はニガテというようなひとにオススメ。今が狙いめです。
実際に、町中ではご婦人のグループや自転車で瀬戸内の島々を
巡っているんだろうなという方、バイカーのグループにも出会いました。
ゆっくりのんびり歴史ある町を散策する。。。そんな町でした。

■広島の観光情報はこちら→広島観光ナビ
■おしい!広島県
■JTB中国四国広島支店 せとうち島旅女子旅


 関 連 記 事 

・2013年春 広島への旅 〜町並み保存地区・神楽・宮島登山・牡蠣満喫〜

・広島県観光課主催 「広島の瀬戸内海を巡る アクティブ女子旅」

・2011年春 広島への旅




※大きな写真、記事で使用した以外の写真はfacebookページのアルバム
2013年春広島旅行(御手洗地区)」で紹介しています。

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others