気軽に楽しめる マミフラワーデザインスクール「はな倶楽部」 | WOMANIA
2013.04.25 Thursday 06:13

気軽に楽しめる マミフラワーデザインスクール「はな倶楽部」

マミフラワーデザインスクール 恵比寿教室

マミフラワーデザインスクールの「はな倶楽部」に行ってきました。
「はな倶楽部」は、入会金などは不要、1回3,800円で参加出来る
1時間半の簡単なフラワーアレンジメントクラス。
必要な道具や花材は全て用意されていて、手ぶらで行くことが出来ます。
クラスは毎月5回程度用意されているそう。
季節に合わせた、花材やデザインのフラワーアレンジメントが楽しめます。
教室は恵比寿と大森山王にあり、ワタシは恵比寿教室に行きました。

4月のテーマは「THANKS MAMA!!あふれる“大好き”をあなたへ」。
カーネーションを中心とした母の日アレンジメントです。

THANKS MAMA!!あふれる“大好き”をあなたへ

こちらは先生が作ったモデル作品。
この器もお花も道具も全てが料金に含まれているの。
今回の花材は、カーネーション(ゲンジ、クリムゾンテンポ)、
スプレーカーネーション(ミルクティー)、ドラセナの葉、パセリーフ、
ローズゼラニウム、ユーカリでした。母の日ということで、カーネーションが
主役になっていますが、緑としてパセリを使ったりとお料理風の演出も。

教室は少人数で、しっかり教えていただけそうな感じです。
この日の参加人数は7名でした。

まずは基本的な説明を聞きます

まずは、先生から花材やおおまかな作品の作り方の説明を受けます。
花材それぞれの特徴や注意点なども教えていただけるので、
この日のアレンジメントだけではなく、今後の知識としても役立ちそう。
カーネーションは少なめの水の方が長持ちするそうです。

長々と説明を聞くのではなく、お話は短め。
早速、先ほどの説明をもとに作ってみます。
「まず花に触れてみる」「アレンジメントを楽しむ」という雰囲気が
難しくなく、楽しく参加出来る教室だなという印象を受けました。

早速、作ってみます

判らないところや迷ったところも、気軽に先生に聞ける距離感です。
今回は花を重ねて奥行き感を出し、高低をつけるのがポイントということ。
仕上げには、自由にカットした木板にマジックでメッセージを書き、
木の枝などを使って飾りました。コレ、ナイスアイディアです。

出来ました!

そんなこんなで、あっという間に出来たワタシのアレンジメントがコレ。
ドラセナの葉は、先生のアドバイスでリボン風にしてみました。

同じ材料を使ったのに、仕上がりはそれぞれで。
なぜだかワタシのは、かさ高くダイナミックです(笑)

みんな、それぞれに違います

この「はな倶楽部」のクラスは、「こうしなきゃいけない!」というのがなく、
比較的自由に楽しめるなと思いました。こういうの楽しくていいよね。
アレンジメントに使わず、余った花材などは、持ち帰ることも出来ます。
ワタシは、少し余ったローズゼラニウムを持って帰ってきました。
コレ、簡単に挿し木が出来るそう。
ローズゼラニウムの香りが好きなので、庭で増やしてやろうとの目論みです。

もちろん、作った作品は持ち帰るのですが、その際の紙袋も用意されていて。
さらに、薄紙を使った簡単なラッピングもありました。
コレ、母の日のギフトにそのまま渡せる勢い。

母の日にオススメ

このクラスを受けたあと友人に会ったので、「今日、こんなの行ってきたんだ」と
話をしていたら、「母の日にいいじゃん!私も行こうかな?」と言っていました。
この母の日アレンジのクラスは母の日間際まで開催されています。

まだ間に合います

母の日にジブンで作ったフラワーアレンジメントを贈るってステキじゃない?
予算的にも時間的にもお手軽な感じで、コレ、本当にオススメです。

ワタシは母の日には少し早いので、家の廊下の飾り棚に飾りました。

ウチの飾り棚にピッタリ

正面から見たところを意識して作る一方見のデザインはこの場所にピッタリ。
幅的にも「こういうのが欲しかったんだ!」と思えるものです。
まるでこの場所にあつらえたかのよう。
「はな倶楽部」では、クリスマスやお正月のアレンジもあるそうなので、
今後も参加しようと思いました。ちょうど良いこれくらいのサイズ感の
フラワーアレンジメントってなかなか見つからないんだよね。
花瓶不要、持ち帰ってすぐに飾れるところも気に入ったポイントです。

楽しかった

ワタシは小学生のとき、少しだけお花を習っていました。
それは、水盤や剱山を使う、どちらかといえば「華道」的なもの。
そのときはちっとも楽しいと感じられなくて、花を楽しむという感覚では
なかったように思います。以降も、今の家に引っ越すまでは「生ものNG」な
暮らしをしてきました。でも、数年前から「暮らしに花を取り入れる」って
良いなと思えるようになった。季節感も楽しめ、心や生活に文字通り
華を添えてくれます。この「はな倶楽部」を上手に利用すれば、
もっともっと気軽に花が楽しめそうです。「習い事」というよりも、
予定が合う好きなときにちょっと参加出来るのがワタシに合っていると思う。

マミフラワーデザインスクールは、日本初のフラワーデザイン学校なのだそう。
設立は1962年と、歴史あるスクールです。
今回、5月23日(木)〜28日(火)まで、松屋銀座店8階イベントスクエアにて
スクール講師によるマミフラワーデザイン展2013 「花、ディスカヴァリー」
開催されるということ。各2日間、3期に分かれて約300点の作品が展示されます。

マミフラワーデザイン展2013

会場でも、初夏のアレンジメントや親子で楽しむフラワーデザインなど
花のワークショップが開催されるみたい。こちらの参加費は1,500円です。
人気作品投票イベントに参加すると、「はな倶楽部」のレッスンが
10%OFFになるなどの投票者特典もあります。ワタシもワークショップに
参加したいので、友人を誘って行ってみる予定。

マミフラワーデザインスクール


ブログパーツ [PR by ブログタイムズ]
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

















▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others