韓国でレジデンスに泊まる バビエン スイーツ II(ソウル・西大門) | WOMANIA
2013.05.10 Friday 20:16

韓国でレジデンスに泊まる バビエン スイーツ II(ソウル・西大門)

バビエン スイーツ II サービスド レジデンス

これまでの韓国旅行では、明洞のソウルロイヤルホテルをはじめとし、
ロッテホテル、グランドアンバサダーホテルなどに宿泊してきました。
今回は少し違う楽しみ方もあるかなと思ってレジデンスに宿泊。
西大門近くのバビエン スイーツ II サービスド レジデンスを選んでみました。
検討した結果、最安値だったエクスペディアで予約。

レジデンスは、日本で言うならウィークリーマンションみたいなものかな。
ただ、週単位ではなく日単位で泊まれるし、フロントも在り、
お部屋のお掃除もありました(日曜日は来なかったけれど)。

ワタシたちが宿泊したバビエンはIIですが、IもIIIもあるみたいです。
IIが西大門の駅に一番近いようでした。
1階にはセブンイレブンとレストラン、2階にはOUTBACKがあります。

フロントが不思議で、1階にあるフロントらしきものは実はクローク。
3階にフロントがあります。

3階

とはいえ、3階に行っても、フロントらしきものは見当たらず、
一見、オフィスビルのような雰囲気。かなり判りづらいです。

そして、エレベーターを下りて左側に回りこむと。

ここがフロント

ココがフロント!!!どう見ても、オフィスか旅行代理店のようです。
ちなみに中に入ってもカウンターはあるものの、フロントという
雰囲気ではなく、旅行代理店みたいでした。でも、フロントです(笑)
あまりにも早朝にチェックアウトをするので、この事務所営業的な感じに
「早朝アウトだって伝えるべきだったか?」「しまっていたらどうしよう」と
若干、ドキドキしながら行きましたが、普通にひとがいました。
最後には「タクシー呼ぶ?」って聞いてくれました。親切!

ルームキーなどのシステムは、ホテルと同じような感じ。
客室階に行くにはエレベーターの中で、ルームキーである
カードをかざさないとボタンがおせません。

お部屋はホテルとワンルームマンションの中間のような雰囲気。
靴を脱いで過ごします。このあたりも嬉しいポイント。

お部屋広々

照明は、ホテルのように薄暗いタイプではなく、マンション的で明るいです。
そして、最大の特徴はキッチンと洗濯乾燥機、大型冷蔵庫。

キッチンつき

もちろん、見慣れた日本のメーカーのものとは違うので、少し戸惑いますが、
これまでの旅行では触ることが無かったもの。新鮮で楽しいです。
ちなみにワタシは家電を直感的に操作するのが得意。

初日の夜は、NANTAを観に行っていたので、夕食が遅くなってしまいました。
劇場からバビエンまでの道のりでお店を探したけれど、閉まっているところが
多くて、結局、1階のセブンイレブンで食料を調達。明洞に比べると夜が早いです。

キッチンつき

ここで、早速、活躍したキッチン。
火は使わなかったけれど、冷凍食品をレンジ調理してみたり、カップ麺や
おにぎりを食べたりしました。お皿もお部屋にあります。
友人が食べていた日本風の生麺うどんが想像以上に良く出来ていてビックリ。

お部屋には韓国ならではのオンドルもありました。
エアコンや給湯の操作パネルとインターフォン的なものが壁にあります。

インターフォンとエアコン

だがしかし、エアコンは使い方はあっているだろうところまでいったものの、
最後まで作動せず。コレは、まぁまぁ操作が難しい部類だと思う(笑)
ま、オンドルが動いていたのか、なんとなく床が暖かい部分がありました。

バスルームはシャワーブースのみ。バスタブはありません。
ここがこのお部屋の最大の難点かな。

バスルーム

それでも、今回は滞在中にスパ&エステに行き、バスタブにもつかったし、
毎日疲れ果てて、シャワーだけで精一杯という感じでもあったので
想像よりはストレスを感じませんでした。

客室階は4階〜18階、19階建ての建物なので、お部屋からの眺めはこんな感じ。

お部屋からの眺め

西大門駅の入り口がある交差点も上から見渡せます。
道路を挟んで向かい側には、西大門警察署もあるので、決して治安は悪くないよう。

知らなかったのだけれど、目の前が空港バス乗り場だったため、
早朝のフライトで、朝早く出てもスムーズに空港まで行けました。
コレ、本当にラッキーだった。

便利

ワタシたちが乗ったのは、5時3分発の始発。
参考までにバビエン スイーツからの空港バスの時刻表を載せておきます。
(2013年4月9日の情報です)

バビエン スイーツからの空港バス

予約などは不要、時間になるとバスが来て、乗るときに料金を払うシステムでした。
いくつかの停留場に停まり、空港まで連れて行ってくれます。
早朝のフライトで自力で空港まで行かなければならないというひとの
強いミカタになってくれる立地条件だと思いました。

なんとなく、興味がわいて泊まってみた韓国のレジデンス。
ホテルと比べても問題はなく、なかなか快適だったと思います。
自由にお湯を沸かしたり、調理が出来るので、韓国は食べ物が辛くて、
不安という子供連れの旅にも良いんじゃないかな。実際、今回の話をしたら、
小さな子供がいる友人が「それは使えますね!韓国は子供が食べるものが
不安だったんです」って言っていました。ロッテマートに行けば、日本のものも
売ってるしね。もちろん、街中でも辛くないもの、食べられます。

今度、訪韓するときも、レジデンスでも良いかなと思ったお宿。
ホテルとは少しだけ違う雰囲気も体験してみたいなというなら、オススメです。

エクスペディアで予約→バビエン スイーツ II サービスド レジデンス



 関 連 記 事 

・2013年4月 韓国への旅 (今回は、なんとなく体験型)

・韓国旅行でのネット環境 (ポケットWi-Fiとモバイル無線LANルータ)

・初LCCで韓国へ イースター航空(EARSTER JET)

・今回のホテルはグランドアンバサダーソウル




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others