簡単にマグカップなどに絵付けが出来る手作りホビー ポーセラーツ | WOMANIA
2013.11.10 Sunday 04:39

簡単にマグカップなどに絵付けが出来る手作りホビー ポーセラーツ

ポーセラーツを体験してきました

先日、日本ヴォーグ社のポーセラーツを体験してきました。
「Porcelarts(ポーセラーツ)」は、「Porcelain(磁器)」と、
「Art(芸術)」を組みせた造語で、日本ヴォーグ社による手作りホビー。
真っ白な磁器に絵付けをします。
絵付けは基本的なテクニックである転写紙のほか、ステンシル、手描きなどが
出来るそう。今回は、シール感覚で使える転写紙でデザインしました。
デザイン後は専用の電気炉で焼き上げてもらい、完成です。

体験は、小物入れとマグカップから選ぶことが出来ました。

小物入れ

小物入れも可愛かったけれど、実用性を考えてマグカップをチョイス。
デザインに使う転写紙の系統はお花とスイーツの2タイプがありました。

マグカップ

ワタシは、お花を。
金のデザインも転写紙にあります。
ポーセラーツで作った磁器は食洗機もOKということですが、
金を使った場合、電子レンジが使えないことは、他の一般的な食器と同じ。

使うものは、磁器(今回はマグカップ)、転写紙、はさみ、ピンセット、
スキージー(転写紙をこするもの)、水を入れるボウル、ティッシュ。

転写紙を使ってデザインします

転写紙をカットし、水に濡らして、台紙とはがしながら磁器にのせます。
この時点では、密着していないので、移動も可能。
ワタシがちょこっとやっていたUVクラフトレジンの中に入れるフィルムは
デザイン画ギリギリでカットした方が仕上がりが美しいと言われていますが。
ポーセラーツはそこまでシビアなカットは必要ないそう。
透明の余白があっても焼きあがると目立ちません。

簡単に絵付けができてゆく!

位置を決めたら、ティッシュで水分をおさえ、スキージーでこすって
磁器と転写紙の間の水を抜きながら安定させてゆきます。
基本的な作業はコレの繰り返し。
白い磁器にパッと絵が付く様子は、軽く感動しちゃいます。

ワタシは、与えられた転写紙の中からピンク系の花だけを使いました。
ポーセラーツで作る食器はエレガントなイメージもあったので、
あえてそうじゃないものも作れるんだというのに挑戦したく、
金のラインなどは使わず。転写紙の量に限りがあったため、
ピンク系のお花だけを集めるのが大変でした。

あっという間に出来ました

こうしてデザインしたマグカップ。取っ手や底にも柄を入れています。
好きなところに自由に絵柄が入れられるのも魅力のひとつだよね。
参加者3名それぞれが作ったマグカップを並べての記念撮影もしてみました。

ちなみに、今回は作りませんでしたが、同じ転写紙を使えば、
オソロイのお皿なども作ることが出来ます。

オソロイのお皿なども作れます

同じようなものを量産出来るのもポーセラーツの魅力だと思いました。
手作りといえど、安定した質のものをいくつか作って実用したいことって
あるよね。教えていただいた先生も「ポーセラーツは手作りなのに、
完成度が高いものが出来るのが魅力のひとつ」とおっしゃっていたのも納得。

この日の所要時間は説明なども含めて2時間でした。
デザインを楽しんでいるとあっという間の時間です。
しんどいなー、もうイヤ!と感じることもなく、夢中になれる作業。
マグカップは電気炉で焼き、後日、送っていただきました。

マイポーセラーツマグカップ

これがワタシのファーストポーセラーツ作品!
濃いピンクの部分は焼くことで鮮やかな色に変わっています。
水抜きが足りなかったのか、少し転写紙にシワが入っている部分があったりと、
反省するところもあったのですが、まずまずの出来ではないかと。

細かいところもこだわりました

取っ手の部分にちょこっとだけ入れた金のリボンもキレイ。
ジブンでこだわってデザインしたマグカップは、より愛着のあるものになります。

ワタシの友人には、ハンドメイドが大好きなひと、テーブルコーディネイトを
趣味にしているひともいるのですが、偶然にもそのひとたちも
ポーセラーツに注目していて。FBに投稿したら、「私も今月やるよ!」とか
「ライセンスコースに通おうか考えている」なんて盛り上がりました。
オシャレものづくりが好きなひとも注目のポーセラーツ。

手作りホビーって、大変過ぎると趣味で楽しいはずなのにやめたくなるけれど。
ポーセラーツはそんな加減が程よく、イヤにならないながらも
作った満足感が得られると思います。ワタシも本格的にやってみたくなりました。

ポーセラーツについてはこちら→


ブログパーツ ブログで口コミプロモーションならレビューブログ※レビューブログのモニターに参加しています。
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others