靴下屋「ひとつ上の透明感ストッキング」 | WOMANIA
2014.06.27 Friday 09:14

靴下屋「ひとつ上の透明感ストッキング」

靴下屋でいろいろ

ブランド:靴下屋
価格:¥600(税抜)

プレーンストッキングはワタシの必需品であり、一番の消耗品です。
実は、ワタシ、夏でもストッキングを履いています。
「暑くないの?」ってビックリされるけれど、言うほどじゃないと思う。
真夏は、履く前に「シャツクール」みたいな涼感スプレーをしてみたり。

ワタシが夏でもストッキングを履く理由は、ヘタレの日焼け対策、
生足に自信が無いから、そして、靴を脱ぐことになったとき素足だと
失礼だけれどサンダルは履きたい、という3点が大きいです。

なので、ワタシのプレーンストッキングへのこだわりはひとしお。
出来れば、素足よりも美しく見せてくれ、かつ履いている感が無いものが理想です。
先日、とある昼下がりののんびりした電車内で、隣り合わせたご婦人と
ネイルをきっかけにお話をさせていただく機会があったのですが、
そのとき、「貴方、脚も綺麗ねぇ。」「あ、コレ、ストッキング履いていますよ」
「え?!履いてないように見えるわ!コレ、すごくいいわね!」と
褒めていただけて、心の中でガッツポーズ(笑)
単純に上品な年上の女性に褒められると、すごく嬉しいね。

そんなワタシの心をくすぐったのが靴下屋の「ひとつ上の透明感ストッキング」。
「ひとつ上の透明感」だなんて、気になるじゃありませんか。
コレ、高い透明性と素肌感、しかも伝線しにくいストッキングだそう。

ひとつ上の透明感ストッキング

色は6色展開のうち、ライトベージュです。
別にこの色でもおかしくないけれど、履いたら若干、白っぽい印象だったので
もうワントーン濃いナチュラルベージュの方が良かったかもしれません。
基本的にプレーンストッキングは肌色より少し濃いめの色を選ぶ方が
脚がキレイに見えるといわれています。あと、同じ色でも脚の太さ、
形などによって伸び方が変わるため、人によって色が違って見えるんだよね。

ひとつ上の透明感でしょうか?

実際に履いてみるとこんな感じ。
光沢感が少なく、透明感があるため、自然です。
つま先スルータイプなので、サンダルやオープントゥでも大丈夫。
透明感、自然、脚がキレイに見えるという点では、充分に合格じゃないでしょうか。

ただ、コレ、ゾッキタイプということだけれど、その割に若干、伸縮性というか
サポート力が低いように感じました。良い意味では苦しくない、悪い意味では、
ゆるいため、時間が経つと足首あたりがもたつくようです。
もちろん、コレも脚の太さや形によって変わると思うので、
全てのひとがワタシと同じように、足首がもたつくわけではないはず。
素材がさらっとした印象なので、夏でも履きやすいと思うけれどね。

最初にも書いたようにワタシの中でのプレーンストッキングは消耗品なので。
品質は劣るけれどお手頃価格のものから、勝負ストッキングまで
いろいろと取り揃えて、使いわけています。
靴下屋の「ひとつ上の透明感ストッキング」は、ちょっとだけ良い仕様な
位置づけかな。オシャレやドレスアップまではいかないけれど、
仕事できちんと感を出したいときや、お気に入りの洋服だから
足元も気にせずキレイめに見せたい。。。そんなときに履く感じです。

購入はこちら→ひとつ上の透明感ストッキング



 関 連 記 事 

・タビオ レッグラボ 「あったか裏起毛アンゴラ混タイツ」グレー

・夏のルームソックスにも 靴下屋 「クールイン無地カバーソックス」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


コメント
今回も興味深く読ませて頂きました〜!

私は普段専業主婦のようなものですし、たまのお仕事の時もストッキングが必要な職種じゃないので、肌色のプレーンストッキングは本当にごくたまにしか履く機会がありません。冬場のタイツ(柄物やカラータイツ含め)は好きでよく履くんですが。

北米では、職種によっては仕事のときや冠婚葬祭などで必要な場面はもちろんありますが、私用のときは年齢問わずプレーンストッキングを履いてる人は日本より少なく思います。
結婚式もよっぽどフォーマルな形式でない限り、暖かい季節は生脚で参列してる方が断然多いです!気になって参列の機会があるたびにこっそり観察してるんですが、カトリックの教会式でもそうでした。(もちろん地域や宗派などによって異なるとは思います。)

私も自分の脚には自信がありませんが暑がりな事と、こちらのそういう傾向もあり、サンダルの季節は素足で過ごす事がほとんど(^_^;) 素足でミニは体系的にも年齢的にもちょっと、、なのでマキシ丈や膝丈(か膝より少し上くらい)のワンピやハーフパンツなどにしていますが。誰かのお宅にお邪魔する際にはカバーソックスを持って行くようにしています。

でも、冬物のタイツではおかしいけど、素足じゃまだ寒い…という季節にはプレーンストッキングを取り入れてみようかな〜と思っているところなんです。ですのでほかにもみっきーさんご愛用のものがありましたらぜひ紹介してください!(^-^)

あ、そうそう、プレーンストッキングはあまり履く機会がありませんが、靴下タイプの短いストッキングっていうんでしょうか?あれは割と良く履きます。パンツスタイルの時にパンプスやバレエシューズと合わせるのにとても便利ですよね!
  • aya_K
  • 2014/06/28 11:26 AM
ayaさんこそ、興味深い内容のコメントありがとうございます。
前々からお伝えしていますが、ayaさんのコメントで
普通はわからない海外事情を教えていただくのが楽しみで参考になります。

元々、ストッキングは発売当初、世界では爆発的に普及したらしいんですが、
日本では人気が出なかったらしいんですよね。。。
理由は「何も履いてないように見えるから」だとか。
今ではそれが良いところなのに!と思ってしまいますよね。

近年は外国の方は生足が多いなとワタシも感じます。
靴文化の外国、生足だと靴が傷まないのかしら?と
思いますが、そこはフットカバーなどを活用しているのかなと想像。

日本では、2年ほど前にタトゥータイツが流行ったことから
以前より、プレーンストッキングも受け入れられてきたよう。
何より、何年も前にワタシが書いたプレーンストッキングの記事のアクセスが
今年に入ってからすごく多いんです。みんな、興味が出たのかな?

プレーンストッキングも最近は進化していて、
アツギのアスティーグシリーズはすごく使えます。
滑り止めが付いた「止」がサンダルにオススメ。
あと、オープントゥ用に指先が無い「開」や
サンダルでもより履いていないように見せるため
5本指ストッキングにした「指」もすごいですよ。

靴下タイプの短いストッキングは、写真で真ん中に写っている
「伝線しにくいタイプ」と書いてあるものですね。
ハイソックスとなっていますが、要はふくらはぎ丈のもの。
ワタシもたまに同様の使い方をするので、買ってみました。
ただ、スーツのパンツの場合は、生地の傷みを考えれば
肌に生地が直接触れるより、ストッキングを履いた方がいいなとも思うんですよねぇ。
裏地のつるつるが直接触れると、なんか居心地悪いし(笑)
ストッキング発売当初は日本では人気がなかったとは!面白いですね〜。

日本ではOLさんの必需品でかなり普及してるイメージでしたが、夏場の私服時の着用率はそれほどでもなかったんでしょうか。
たしかに、タトゥータイツの人気で学生さんなど、「職場で必須」以外の人にも馴染み易くなったかもしれませんね!

カナダは日本と同じように玄関で靴を脱ぎ、室内では靴は履きません。お隣なのにアメリカとは結構文化が違いますよね〜!
でも素足でパンプスを履いてる人など、結構見ます。私はサンダルは素足派ですが、それ以外の靴(スニーカーやパンプス、バレエシューズ、ローファー、などなど)は必ず靴下を履くので、素足でパンプスって蒸れないのかなぁ気持ち悪くないのかなぁと勝手に気になってしまいます。笑

フットカバーなども売っていますが、種類が少ないイメージ。同じくストッキングやタイツも売っていますが、それなりの値段を出さないと全く使い物にならない事が多いです。日本とカナダ、両方でオフィス勤め経験がある友人もそういっていました〜。なので靴下やタイツ類は日本でまとめ買いする事が多いです(^-^)

アツギ、聞いた事があります。5本指ストッキングの着用写真をどなたかのブログで拝見した事があるのですが、あれすごいですよね!本当に自然でビックリしました。
  • aya_k
  • 2014/06/29 9:20 AM
日本に上陸したのは1952年(昭和27年)ということですから
まだまだ和装の方もいて、OLさんというよりは職業婦人な感じの時代ですね。
当時は価格も高かったしでしょうし、その割には「履いていないみたい」は
人気がなかっただろうなぁとも想像します。

そうそう!ストッキングって「OKさん必須」なイメージが
好まれない原因になっているようにも思うんです。
「仕事以外も履くなんて」みたいな?
本当はすごくオシャレで美しいアイテムだと思うんですけどねぇ。

そして!カナダは室内で靴を履かないってはじめて知りました!
今、友人がカナダに住んでいて、ヨガの先生をしているのに、
聞いたことも気づいたこともありませんでした。かなーり、ビックリです。
教えてくださって、ありがとうございます〜〜〜。

やっぱり、ayaさんのコメントはタメになります^^
コメントする








   

スポンサーリンク

プロフィール

MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  


にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>





















  • ウテナのヘアオイル「ゆず油」の故郷 高知・北川村で柚子の収穫体験
    みっきー (11/27)
  • ウテナのヘアオイル「ゆず油」の故郷 高知・北川村で柚子の収穫体験
    lalah (11/27)
  • メイクアップフォーエバーのあの4K対応ファンデがスティックタイプでも!
    みっきー (11/01)
  • メイクアップフォーエバーのあの4K対応ファンデがスティックタイプでも!
    aya_k (11/01)
  • 5年ぶりにブログをリニューアルしました
    みっきー (10/06)
  • 5年ぶりにブログをリニューアルしました
    ばたこ (10/05)
  • ボディショップ HEMP ハンドプロテクター
    リリカ (07/27)
  • 薄さ約1mmのパッケージ 1dayコンタクトレンズ メニコン「Magic」
    みっきー (06/14)
  • 薄さ約1mmのパッケージ 1dayコンタクトレンズ メニコン「Magic」
    Hiroko (06/14)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    aya (05/23)




もっと見たいひとはコチラ

▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE




あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others