東京を駆け抜けろ!ボードゲーム「スコットランドヤード東京版」 | WOMANIA
2014.07.07 Monday 21:02

東京を駆け抜けろ!ボードゲーム「スコットランドヤード東京版」

スコットランドヤード 東京版

大学時代、授業後にゼミの研究室で日々、教授、助手、学生で、
ボードゲーム「スコットランドヤード」に興じておりました。
最近も何気なく思い出し、「久々にスコットランドヤードがしたいなー」と
思っていたところ、6月28日に「スコットランドヤード東京版」が
発売されるという。発売前体験イベントが発売元である株式会社カワダ主催で
開催されたので、「これは!」と参加してきました。

「スコットランドヤード」は、ドイツ生まれのボードゲームです。
1983年の発売以来、全世界で400万個以上販売されているそう。
「スコットランドヤード」と呼ばれるロンドンの刑事たちが、
ロンドン市内に潜伏し逃走する怪盗Mr.Xを追い詰めるというゲームです。

「スコットランドヤード」を作ったのは、ドイツのラベンスバーガー社。
株式会社カワダは、この「スコットランドヤード」を日本で販売しています。

本家「スコットランドヤード」

こちらが、本家「スコットランドヤード」(ロンドン版)。
コレ、単にドイツのラベンスバーガー社が作ったものを輸入販売しているのでは
なく、パッケージや入っているアイテム(カードやコマ)を変えてあるとのこと。
パッケージに描かれているタイトルもカタカナだしね。
外国で「スコットランドヤード」を見た方は、ロンドン版でも違うかも。

今回の東京版は舞台が東京になっています。
こちらは、株式会社カワダが「スコットランドヤード」のゲーム性は
そのままに、イチから制作。開発担当者はお子様がいらっしゃる
女性社員だったのだとか。「スコットランドヤード」のご当地版は
東京だけでなく、スイス版、ニューヨーク版なども存在するそうです。

「スコットランドヤード」には、Mr.Xだけが利用できる水路(川+海)が必要。
その立地を踏まえ、さらに、名所として東京タワー、スカイツリー、皇居を
マストとしたフィールドが作られました。
だいたいエリアとしては、西は新宿、東は荒川あたりまでです。
ゲームをはじめる前にまず、ボードから見知った場所を探しちゃう。

東京

東京タワー、スカイツリー、ハチ公(やたら巨大)。。。
東京ドームや、東京大学ももちろん。目黒川は桜が満開です。
ちなみに、カワダの本社もしっかり掲載(笑)
大久保あたりにあるので、探してみてね。
コレ、東京に慣れ親しんだひとはもちろん、いまいち都内の位置関係が
判らないんだよねというひとにも良いと思う。これでざっくり把握できちゃいます。
ワタシも東京に出てきたばかりのころなら、これでいろいろ知れただろうなと。
今でも「ココとココって歩ける距離なんだ!」と知ることが多い東京です。

さて、肝心のゲームですが。
この日は、初対面の男性4人と一緒に「スコットランドヤード 東京版」で
遊んでみることになりました。「スコットランドヤード」に詳しいひと1名、
過去に遊んだことがあるひと1名、まったくはじめてのひと1名、
そして、カワダの社員さん1名です。一応、ワタシも経験者ですが、
何せ大学時代のことなので忘れていることの方が多かったという。
ワタシに残っていたのは「楽しかった記憶」だけでした(笑)

まずは、プレイヤーの中からひとり、Mr.Xを決定します。
これは、いわば鬼ごっこでいう「鬼」みたいなもの。

ミスターエックス役

Mr.Xは、目線を隠すためのサンバイザーをし、自分の行動や心理が
見抜かれないようにします。このMr.Xの場所を、その他の刑事役が想定し、
追い詰めてゆくという。Mr.Xのコマの場所は、常時は判りません。
3、8、13、18、24ターン目にだけ、「ここですよ」と明かされます。
いつもはMr.X用のボードに書き留めてあり、Mr.Xだけが見ることが出来るの。
Mr.Xの場所に自分のコマを重ねることが出来たら、その刑事の勝ち。
Mr.Xが24ターン以内に逃げ切ってた場合はMr.Xの勝ちです。

移動手段

移動手段は限られていて、刑事の場合は電車チケット1枚、バスチケット8枚、
タクシーチケット11枚が配られます。チケットはそれぞれに行けるところが違うの。
計画的に使わないと、後半は思うように動けないことになります。

対して、Mr.Xの移動チケットは無制限。
ただし、Mr.Xもコマを進めるとき、何の交通手段を使ったかだけは
明かさなければなりません。このほか、Mr.Xだけの特別移動手段として、
ダブルムーブ2枚(1ターンで2回コマを動かすことが可能)、
ブラックチケット5枚(交通手段を明かさないで移動が可能)、
フェリーに乗る(ブラックチケットを使用)権利も持っています。

Mr.Xの移動

Mr.Xは白い部分に移動した先の番号を記入、その上から交通チケットで隠します。
刑事たちはその位置を想定し、プレイヤー同士で相談したりしてコマを進める。
移動手段によっては、「ココに居られたらイヤだろう」と思う箇所があるわけです。

刑事たち

Mr.Xはその裏をかいて、逃げる。
このゲームは、個人戦というよりは「Mr.X vs 刑事」のゲームです。
刑事側のプレイヤーは、自然と「じゃあ、ワタシはここに居た方がいい?」
「じゃあ、オレはこっちをおさえますね」と、連携してゆきます。
「Mr.Xを捕まえる」というひとつの目的のために、連帯感が生まれ、
おのずと、仲良くなってくるという。実際、ワタシたちは、カワダの社員さんの
ノリが良かったこともあり、「太陽にほえろ!」的なニックネームで呼び合い、
軽口をたたき合うような雰囲気でゲームを進めていました(笑)
後からブログを教えていただいたら、「あんなニックネームで呼んですみません」
みたいな「スゴイひと」だったりして。
いやぁ、身分を知らずにゲームをするのって面白いですね!(笑)

逃げるMr.X

Mir.Xに向けては、「さぐり」を入れたりします。
追いつめられてくると、Mr.Xの動きが鈍くなってきたりして。
その微妙な雰囲気を察知したり、妙な質問を投げかけてみたりします。
Mr.Xは「役者」じゃないと、務まりません。まさに、心理戦。

ワタシたちは、時間内にMr.Xを変えて2ゲームしました。
1ゲーム目はMr.Xを捕まえることが出来ませんでした。
後から、聞いたら1コマ隣までは迫っていたんだって。
こうした答え合わせも、「スコットランドヤード」の楽しいところです。
2ゲーム目は途中でタイムオーバーでした。

東京版で一緒に遊びませんか?

久しぶりに「スコットランドヤード」で遊んでみたら。
やっぱり「楽しかった!」「面白かった!」という感想でした。
そして、「またやりたい!」と思ってしまうのが「スコットランドヤード」。
だからこそ、あのゼミの研究室では、毎日、「スコットランドヤード」大会が
繰り広げられていたんだよね。さすがに、外で駆け回って鬼ごっこをすることは
無くなった大人たちにとって、これは「机の上の鬼ごっこ」「大人の鬼ごっこ」
なわけです。「スコットランドヤード」は、8歳から楽しめるということですが、
本当にハマるのは、大人たちじゃないかな。

ワタシも友人たちと「スコットランドヤード」がしたくなりました。
「スコットランドヤード東京版」は、2〜6名でプレイできます。
(ロンドン版のプレイヤー人数は3〜6名)
この夏は、みんなで集まって「スコットランドヤード」なんていうのも楽しいかも!

Amazonでの購入はこちら→スコットランドヤード東京版


Fans:Fans

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others