最強楽チン6.5cmヒール!ロックポート SEVEN TO 7 ブーティー | WOMANIA
















ぽけかる倶楽部
Selected Entry
Recent Comment
  • ボディショップ HEMP ハンドプロテクター
    リリカ (07/27)
  • 薄さ約1mmのパッケージ 1dayコンタクトレンズ メニコン「Magic」
    みっきー (06/14)
  • 薄さ約1mmのパッケージ 1dayコンタクトレンズ メニコン「Magic」
    Hiroko (06/14)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    aya (05/23)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    みっきー (05/22)
  • 大好きなMme.CIRQUE(マダム・シルキュ)2012年3月31日閉店
    みっきー (05/22)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    aya (05/22)
  • 大好きなMme.CIRQUE(マダム・シルキュ)2012年3月31日閉店
    たなか (04/23)
  • 手軽に美味しく本格派!ストックしておきたい日本恒順「サムゲタン風粥」
    みっきー (04/07)
  • 手軽に美味しく本格派!ストックしておきたい日本恒順「サムゲタン風粥」
    ☆Megumi☆ (04/07)
Categories
Archives
Links





もっと見たいひとはコチラ




あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!





ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ










qrcode
↑ケータイで読む↑

<< 紅茶のようなお花の香り キールズ「ハーバル トナー CL アルコールフリー」 | main | 手放せないマスカラ専用クレンジング「プライバシー マスカラリムーバー」 >>
2014.10.03 Fri 11:50
最強楽チン6.5cmヒール!ロックポート SEVEN TO 7 ブーティー
ロックポート「SEVEN TO 7 2ストラップ ブーティー」

ブランド:ROCKPORT(ロックポート)
価格:¥26,500(税抜)

そろそろ、ROCKPORT(ロックポート)の2014年 秋冬コレクションが
店頭に入荷しはじめたという話を聞いたので。表参道のAoビル1階に
9月3日にオープンしたばかりのロックポート 青山Aoへ行ってきました。

ロックポート 青山Ao

気になっていたのは、「朝7時から夜7時まで活動的に」がネーミングの
由来となっているシリーズ、“SEVEN TO 7(セブン トゥ セブン)”。
95mm、75mm、65mm、35mmとヒールの高さも太さも様々ということで、
楽チンでキレイめのパンプスが欲しいなと思っていたのです。

ところが、いざ、チェックしてみたら、パンプスよりもブーティーの方が
気になってしまったという。最近は、冬でもロングよりショート丈の
ブーツを合わせることが多いしネ。履きやすいブーティーは活用度が高そう。

セブン トゥ セブンのブーティーは、9.5cmと6.5cmヒールで素材、
デザイン違いがありました。ほかに、さらに履きやすさを極めたという
“TOTAL MOTION(トータル モーション)”シリーズでもブーティーがアリ。
本当は、トータルモーションの45mmミッドヒールがワタシの好きな
タイプだったのですが、これはレオパードプリントのみの展開だったので
諦めました。ヒールのデザイン的にもややカジュアルな印象になるもよう。

いっぱい出してもらっちゃった

いろいろ出していただき、履き比べて、セブン トゥ セブンの6.5cmヒールに決定。
サイズは、いつも履いている24.5cmで大丈夫でした。
ワタシが選んだデザインは22m〜25cmまで展開しているということ。

今シーズンのセブン トゥ セブンは、カラーは赤や黒など、
デザインはメタルのキーロックなどをデザインしたものが特徴です。
SEVEN TO 7 65mm 2ストラップ ブーティー」も、メタルがあしらわれた
2ストラップがアクセント。素材はもちろん、レザーです。

SEVEN TO 7 65mm 2ストラップブーティー

かかと側のクロコプリントレザーもポイント。

内側ファスナー

内側ファスナーで履きやすいタイプです。

さらに、靴底には「ADIPRENE by adidas」のマークが。
ロックポートのシューズは、アディダスの革新的なクッション素材、
「アディプリーン」をインソールに採用しています。

ADIPRENE

「アディプリーン」はフットベッドの踵部分の下にあり、衝撃に対して
クッションの働きをし、衝撃を最大限に吸収してくれるのだとか。

ラバーソール

ラバーソールも滑りにくそう、歩きやすそうです。
コレ、さまざまな路面でもすぐれたグリップ性を提供してくれるんだって。

とはいえ、普段、4.5cmくらいの高さで、かつ安定感がある太めのヒールが
多いワタシにとっては、やや不安なデザインであることは否めません。
本当はこういったデザインの方がキレイに見えることは、重々承知なのだけれど、
やっぱり、靴はほぼ1日履いて歩くわけだから、機能性、快適性も必要よね。

でも、このシューズは、デザイン性と機能性&快適性を両立していたのです!

楽チン!

実際に履いてみると、「え?嘘??」と思わず声をあげてしまうほどに楽チン。
6.5cmヒールを感じさせませんでした。
実はコレ、1.1cmのプラットホームがあるそう。
要は、靴底全体の厚みが1.1cmあるため、体感的なヒール高は5.4cmなのです。
見ためには全然、判らないのに!
「厚底シューズ」ではなく、このデザインでそれが実現するのは嬉しいことです。

ワタシの足の形ともあっていたのか、ホールド感もしっかり。
「アディプリーン」のクッション性も実感できました。
この靴をはじめて履いた日、予定よりも歩くことになってしまったのですが、
このデザインの6.5cmヒールで歩きまわったとは思えないほど、疲れませんでした。
いつもなら、ふくらはぎの筋肉がだるくなり、パンパンに張るのだけれど。

パンツスタイルもOK

6.5cmのヒールは、パンツスタイルにも重宝します。
短足のワタシは、少しでも脚を長く見せたいところ(笑)
スーツスタイルでも使える、ブーティーだと思います。

ロックポート 2014年 秋冬コレクションのコンセプトは、
“昼も夜も週末も。スタイルと履きやすさは妥協しない”
実際に履いてみて、その言葉は本当だ!と実感しました。
この秋冬の心強いミカタを手に入れた気分。
すっかりトリコになり、ほかのデザインも欲しいなと思ってしまっています。


 関 連 記 事 

・スタイリッシュで快適を追求 ROCKPORT 2014 秋冬コレクション




ブログパーツ

みっきー | 靴・シューズ・履物 | comments(0) | - | TOPへ

Comment
It comments.