栗の渋皮煮 黒糖紅茶味を作ってみました | WOMANIA
2014.10.07 Tuesday 16:10

栗の渋皮煮 黒糖紅茶味を作ってみました

栗の渋皮煮

田舎から送られてきたという生栗のおすそわけをいただいたので。
一念発起して、栗の渋皮煮を作ってみました。

手間がかかるという印象の生栗。
そんなに手間をかけても、正直、栗ごはんは好きではありません。
でも、茹でるだけの茹で栗もあまり好きではありません。

生栗いただいちゃいました

ワタシが好きなのは、栗の渋皮煮、甘露煮、モンブラン、マロングラッセと
さらに手間がかかるものばかり(笑)好きでもないものに手間をかけるなら、
せっかく、いただいたのものを美味しく食べようと渋皮煮を作ることにしました。
作ったことが無いので、作り方はネットで検索。

調べている段階で「これは無理だろう。。。」と挫折しそうになったワタシ。
子供のころ、母が栗ごはんのために、必死で栗をむいていたのを覚えていたし。
諦めかけたところ、「栗を圧力鍋で加熱した」という記事を読みました。
「栗を圧力鍋にかけるなんて、爆発したりしないの?」と不安になりますが、
その方も同じように思いつつ、試したところ、驚くほど簡単に
鬼皮がむけたという。先駆者がいるならば!とチャレンジしてみました。

生栗と水を圧力鍋に入れ、圧力強で約10分。

圧力鍋に入れちゃいました

爆発することも大惨事になることもなく、茹で上がりました。
この栗をぬるま湯でなんとなく触れる状態にし、鬼皮をむきます。
コレ、本当にむきやすい!
ともすれば、包丁を使わず、指でもむけちゃうほどになっています。
ややかたいところで苦戦するので、包丁を使いましたけれど。

鬼皮がむけました!

ネットでは「渋皮が多少破れても味がしみて美味しくなるから気にしない」
という都合の良い記述も見つけ、気にしないでむきました(笑)
これも本当で、結果的には、味がよりしみしみしたと思います。

栗の渋皮煮には重曹を使うようだけれど、ワタシは重曹を使用せず。
他のことをやりながら1日で完結したかったので、圧力もかけたことだし、
下茹で30分強を2回(茹でたら茹で汁をお湯に入れ替える)した後、
煮込みにとりかかりました。ワタシの栗の渋皮煮は黒糖紅茶味。

最初に紅茶を濃いめに煮出して、そこに栗を入れます。
ある程度煮たら、黒糖を2回に分けて入れました。
お砂糖は黒糖でも白糖でも、最初からいきなり大量に入れると、
味がしみないので、2回に分けた方が良いようです。
途中、アルミホイルで落としぶた的なものもしたりして。
最後に火をとめてからラム酒をちょろりと入れました。

栗の渋皮煮 黒糖紅茶味

「このレシピで作りました!」というものはなく、ネットで読んだものの
都合が良いところだけを合体し、さらに味付けは、ほぼオリジナルで
作ってみたのにこれが大成功。黒糖と紅茶で味付けをしたら美味しいに
違いないと勝手に想像したんだよね。なので、目分量のところも多く、
正確なレシピは公開できません。というか、覚えていないのです。

ガトーショコラと一緒に

でも、黒糖紅茶味は、渋めの紅茶と黒糖のコクがあるからか、
栗の渋も感じられず比較的簡単に美味しく出来る味ではないかと思います。
ラム酒も効かせてあるので大人味。
黒糖はテリも出やすいもよう。
白糖よりも体に良いし、少なめでもしっかり味が付きます。

作った渋皮煮は、栗を刻み、シロップと一緒にバニラアイスにかけてみたりも
しました。このシロップがまたバニラアイスによく合うわけです。

アイスにかけてみたりも

栗の食感もアクセントになり、すごく美味しかった!
栗の渋皮煮をアイスと一緒に食べるのオススメです。

思いがけず、いただきものきっかけで作ってみた栗の渋皮煮。
おかげさまで、秋の味覚を楽しませてもらいました。
おすそわけした人たちにも、「美味しかった」って言ってもらえたしネ。
ごちそうさまです。

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others