お手軽グアム観光は水陸両用観光ツアー「ライド・ザ・ダック グアム」 | WOMANIA














ぽけかる倶楽部
Selected Entry
Recent Comment
  • オイルでもグロスでもない クラランス「コンフォート リップオイル」
    みっきー (05/24)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    aya (05/23)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    みっきー (05/22)
  • 大好きなMme.CIRQUE(マダム・シルキュ)2012年3月31日閉店
    みっきー (05/22)
  • 6月1日オープン!メガロス ルフレ 恵比寿でアンティグラビティ体験
    aya (05/22)
  • 大好きなMme.CIRQUE(マダム・シルキュ)2012年3月31日閉店
    たなか (04/23)
  • 手軽に美味しく本格派!ストックしておきたい日本恒順「サムゲタン風粥」
    みっきー (04/07)
  • 手軽に美味しく本格派!ストックしておきたい日本恒順「サムゲタン風粥」
    ☆Megumi☆ (04/07)
  • フォーマルに使える!近沢レースタオルハンカチブラック
    aya_k (01/29)
  • コラーゲン豚しゃぶしゃぶ食べ放題!春夏秋豚 コリドー数寄屋通り店
    aya_k (01/20)
Categories
Archives
Links





もっと見たいひとはコチラ




あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!





ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ










qrcode
↑ケータイで読む↑

<< 数量限定発売!DHCマルチメークパレット[ふしぎの国のアリス] | main | 雨や砂埃の時に ミラーレス用 レインカバー「カメラのレインコートミニ」 >>
2014.12.03 Wed 18:09
お手軽グアム観光は水陸両用観光ツアー「ライド・ザ・ダック グアム」
ライド・ザ・ダック グアム

せっかくグアムに行くのだから、少しは観光もしたい!
ビーチやマリンアクティビティ、ショッピングは飽きちゃった。。。
そんなひとにオススメなのが、「ライド・ザ・ダック グアム」です。
サンドキャッスル・グアムと同じバルディガ・グループ(BGツアーズ)の企画。

ライド・ザ・ダック グアム」は、水陸両用の乗り物での観光ツアーです。
1日3便、09:30、11:30、13:30の回があり、所要時間は約90分。
乗降は、グアムの中心地であるタモン地区のサンドキャッスル・グアム前なので
ショッピングのついでにも盛り込める手軽さ。一人でも参加できます。
社員旅行でみんなゴルフ行っちゃって、取り残されたときとかね、いいと思う。
ワタシはムカシ、サイパンでそんな状況になりました(笑)

水陸両用

特徴的な黄色い水陸両用車は、後ろから乗り降りします。
この車のボディーは第二次世界大戦で使われた水陸両用車を再現しているそう。

ツアーに参加すると、受付時にもれなく渡されるのがダックホイッスルです。

ダックホイッスル

ブーブーうるさいわけですが、これでみんなダックになれるという代物。
ツアーの最中には、「みんなで鳴らして!」とか言われるシーンもあり、
なかなか楽しいです。意外と気に入ってしまい、けっこう鳴らしたという。
「ブブセラ鳴らしてたひとってこんな気持ちだったんじゃない?」なんてね。

ツアーは、サンドキャッスル前を出発し、まずは港までドライブ。
車内には、日本語での楽しいダックガイドのアナウンスが流れます。
観光ポイントをストーリー仕立てで案内してくれるの。

ガイドスタッフさん

さらに、ドライバーさんとアシスタントさんもガイドスタッフとして
簡単な日本語と英語で盛り上げてくれました。

道中は、車窓からになりますが、観光が楽しめます。
この車には窓ガラスが無いので、開放感溢れる雰囲気。
フローレス大司教像や、セントアンソニー教会を経て、
グアム・プレミア・アウトレットの前を通過、
そこからチャモロ・ヴィレッジなどがあるハガニア地区も通りました。
帰りは、このあたりの聖母マリア大聖堂やラッテストーン公園も見れます。

車窓から観光

太平洋戦争国立歴史公園を通過すると、オススメだというビューポイント。
ここでは、少し車を止めて撮影させてくれました。

海の色がキレイ

海の色がキレイです!!!

火力発電所を通ると、大きなクレーンが並び、コンテナやタンクが置かれた
光景が広がってきます。普通、あまり観光では見れない景色も見れました。
ここで、港に到着。
地図や景色から推測するに、たぶん、ここはアプラ港。

飛行機から見たところ

そして、偶然にも行きの飛行機から撮影した場所だったと思われます。

ここで一旦エンジンを切り、緊急時のライフジャケットのことなど、
海での説明がありました。ドライバーさんも船長に交代します。
船長はどこからともなく現れて、クルージングが終わると去ってゆくひと(笑)

車は本当に「そのまま」の状態で海にダイブしました。
窓が無いので、窓側だと入った瞬間に少し水しぶきがかかるかも。
でも、これこそが水陸両用の醍醐味だよね。

海へダイブ

このまま湾内を少しクルージングします。
その最中には、運転席に座らせてもらい、軽く操縦の真似事をしたり。
この乗り物だと、海面との距離が近く、一般的な船とはまた違う感じでした。
クルージングが終わると、入った場所に戻ります。

帰りもまだまだ観光は続き、最終的にはザ・ビーチの前も通りました。
ザ・ビーチは2年前にグアムに行ったときに訪れたけれど、サンセットが
キレイなところ。希望すれば、ザ・ビーチで降りたりしても良かったのかな?

タモン地区に戻ってくるころには、パラパラと雨が降ってきたのですが。

雨が降ってきた

そうすると、窓ガラスの代わりに透明シートのブラインドみたいなものを
降ろします。電車の日よけの透明シートバージョンみたいなやつ(笑)
晴天に越したことはないけれど、これなら雨でも大丈夫です。

再びサンドキャッスルに戻ってきたときは、楽しかったの一言。
90分とは思えないほど、充実した内容でした。
乗り物に乗っていただけで、これだけの観光が出来るとは。
普通、観光で「車窓から」と書いてあると残念な気持ちになったりしますが
このツアーでは、むしろ、この車窓からが良いのだと思います。

楽しかった〜

黄色い不思議な乗り物は、グアム島内でも目立つようで。
見るひと見るひとの注目を集めていたよう。
手を振り合ったりといったコミュニケーションも楽しめます。
グアムに行ったら、こんな感じでも観光しておくのがオススメ。

ライド・ザ・ダック グアム


 関 連 記 事 

・グアムの夜のエンターテイメントディナーショー「サンドキャッスル」

・海も!プールも!まるごと楽しめるPICグアム ウォーターパーク

・楽しいリゾートステイ!PICグアム ロイヤルクラブ プレミアムに泊まる

・ユナイテッド航空 エコノミープラスシートで行くグアム旅

・2014年10月グアムへの旅




ブログパーツ
※本記事はバルディガ・グループ(BGツアーズ)からご招待いただき作成しています

みっきー | 旅の思い出 | comments(0) | - | TOPへ

Comment
It comments.