フランス語でオーダー出来る焼き鳥屋さんBrochette(ブロシェット) | WOMANIA
2015.02.08 Sunday 02:15

フランス語でオーダー出来る焼き鳥屋さんBrochette(ブロシェット)

Brochette(ブロシェット)

関西時代の元同僚が、テーブルウェア・フェスティバルの
特別審査部門に入選し、作品を展示するために上京していました。
実は、彼女の入選は一昨年に続いて2回目。
とてもセンスあふれるオシャレなテーブルコーディネートや
ライフスタイルをブログでも披露しています。(今回の作品も載っていました)
リアル知り合いがこんな生活を送っているのか!と驚くばかりのハイセンス。

同じくその会社に勤めていた先輩が、現在は東京支社で活躍されているので、
3人で食事をしてきました。思えば、関西でもこのメンバーで、こんな風に
夕食を食べたことが無かったような。。。先輩とは、13年ぶりの再会です!

東京ドームがテーブルウェア・フェスティバルの会場だということで、
お店は、飯田橋の焼き鳥屋さんBrochette(ブロシェット)
ココ、フランス語でオーダー出来る焼き鳥屋という、ちょっと面白いコンセプト。

店内は、一般的な焼き鳥屋さんに比べると、オシャレな雰囲気です。
焼き鳥を焼くにおいや煙が充満していることもなく、トラットリア風。

オシャレな雰囲気の店内

カウンターの向こうの黒板には、フランス語が描かれていたりして
雰囲気が出ています。ワインメニューも豊富なようでした。
カウンターの他、テーブル席もありますが、基本、こぢんまりしたお店。
ワタシたちは、ハイテーブルとハイチェアのテーブル席でした。

メニュー

メニューにはフランス語と日本語&ローマ字。
このお店にはフランス人スタッフさんが何名か働いています。
だから、フランス語でオーダーも可能だし、日本語の読み方が判るように
ローマ字が横に書いているのかと。メニューには、一般的な焼き鳥以外に
フォアグラやジビエも並んでいました。やっぱり、ちょっと違う焼き鳥屋さん。

ワタシたちは、コース料理に加え、アラカルトをオーダーしました。
コースは、おつまみ、焼き鳥6本、おすすめ野菜、特製ドライカレー、
スープで2,800円とリーズナブルです。これだけでも満腹になれる気が(笑)

おつまみ

おつまみは、こんにゃくときくらげの明太和えと、穂先メンマに大根おろし。
居酒屋風メニューですが、コレ、箸休めとして美味しかったです。
ちなみに、余談ですが、焼き鳥屋で大根おろしって定番になりつつあるの?
実は、先日、両親と行った焼き鳥屋でもお通しが大根おろしでした(笑)

焼き鳥

焼き鳥6本は、手羽先、せせり、つくね、レバー、皮焼き、合鴨。
タレか塩かは選べず、つくねとレバー以外は塩でした。
ちなみに、焼き鳥は身と身の間に肉汁があるので、最初に串から外さず、
手で串を持って食べる方が美味しいとのこと。お料理を運んでくれる
フランス人のスタッフさんが、一所懸命日本語で説明してくれますが、
なかなか、言いたいことが上手く言えないもよう。
その後を日本人のスタッフさんが、丁寧にフォローしています。

オススメ野菜

オススメ野菜は、ホワイトアスパラでした。
コレ、アスパラの甘みと塩加減が絶妙で本当に美味しかったです。
缶詰以外のホワイトアスパラを食べる機会は、なかなか無いけれど、
大好きな食材。缶詰以外を食べたときから、イメージが変わりました。
野菜も美味しい焼き鳥屋さん。

アラカルトでオーダーしたのは、4品です。

豆腐と春雨のサラダ

豆腐と春雨のサラダ。

軟骨から揚げ

なんこつから揚げ。
こちらの軟骨から揚げは、片栗粉多めでサクサク、シンプルな味付けでした。
よくある居酒屋さんの軟骨から揚げに比べると味が薄め。
軟骨も大きめで、「から揚げ粉を食べている」ような感じが無かったです。

フォアグラ

さらに、贅沢にフォアグラ。フォアグラは串ではありません。
こちらもシンプルな味付けで、誤魔化しが無い印象を受けました。

ぼんぼち

そして、ワタシが焼き鳥の中で一番好きな「ぼんぼち」もオーダーしてもらいました。
「ぼんぼち」は「ぼんじり」とか「ヒップ」とかとも呼ばれる、お尻の部分。
ジューシーでプリプリ、脂がのった部位です。
コレもタレか塩かは選べず、塩で出てきました。実は、ワタシ的にはタレが好み。
でも、余分な油が落ちている感じで、他で食べたものに比べて、
あっさりした感じになっているような気がします。

もう、この辺でかなりお腹がいっぱいだったのですが、
コースにはシメの食事もセットされています。ドライカレーにスープ付き。

シメのごはん

ドライカレーも、このお店の濃すぎない味付けの焼き鳥とのバランスが良く、
美味しかったです。優しいカレー味が沁みる。結局、全部食べてしまいました。
さらに、一緒に出てきたスープが絶品。スープの単品もあるようです。

前夜、急にお店探しの任務を仰せつかり、急遽探したお店でしたが、
結果的にココにして良かった!と思えるお店でした。
一般的な焼き鳥屋さんとは少し違う雰囲気が楽しめるお店。
お久しぶりのメンバーでの楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ブロシェット焼き鳥 / 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅
住所:東京都千代田区富士見2-2-10
電話:03-3263-5989
夜総合点★★★☆☆ 3.5



ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others