中目黒の隠れ家的イタリアン ラ クチーナ ブッファ 桜の季節限定メニュー | WOMANIA
2015.03.15 Sunday 23:31

中目黒の隠れ家的イタリアン ラ クチーナ ブッファ 桜の季節限定メニュー

ラ クチーナ ブッファ

友人お気に入りの中目黒のイタリアンレストラン、ラ クチーナ ブッファ
目黒川からも程近い、このレストランで桜の季節限定のメニューが
登場しています。目黒川の桜の季節にはまだ少し早いけれど、
「ぜひに!」ということで、今回、初日に行ってきました。

桜ネイルと共に

ラ クチーナ ブッファには、アラカルトメニューも用意されているのですが、
コースでのオーダーがオススメということ。ワタシたちもコースでお願いしました。
コースは4,000円と5,000円の2種があり、品数だけが決まっています。

5,000円:Anti 2皿、Primo 1皿、Scondo 1皿、Dolce 1皿
4,000円:Anit 2皿、Primo 1皿、Dolce 1皿(Anti 1皿、Dolce 2皿に変更可)

内容は、いずれもその日の仕入れなどに合わせて、シェフが組み立ててくれます。
リクエストにも出来る限り応えてくださるということ。

まず出てきたのは、前菜の前の一皿であるストゥッツィキーノ。
フレンチで言う、アミューズに位置するものです。
日本では、ストゥッツィキーノが出てこないこと、出てきてもグリッシーニや
ブルスケッタであることが多いのですが、こちらは前菜(アンティパスト)と
見まごう一皿。でも、コースの品数にはカウントされていないという嬉しさです。

ストゥッツィキーノ

ストゥッツィキーノは、ゴールデンパインと生ハム、モッツァレラチーズ。
生ハムはパルマ産で24ヶ月熟成のものを使っているそう。
塩分が控えめで、パインやモッツァレラチーズとの優しいハーモニーでした。

パインと生ハム、モッツァレラ

逆に、ゴールデンパインは時期ではないため、パインピューレを
プラスしてあるそうです。コレ、言われないと判らないほど、自然な甘さと味わい。
ラ クチーナ ブッファの佐藤大介シェフは、お料理の中にフルーツを
取り入れるのが得意ということ。普段、「料理にフルーツはちょっと。。。」と
思ってしまうワタシですが、一皿目から「アリかも?」と思う仕立てでした。

そして、1皿目は、アンティパスト・フレッド(冷たい前菜)。

アンティパスト1皿目

クレソンやタルティーボなど苦味がある野菜を使ったメニューです。
上の葉物をのけると、中も緑色!

水タコをバジリコのペーストで

水タコをバジリコのペーストで和えたものが出てきました。
フレッシュな苦味のある野菜、みずみずしい新玉ねぎと水タコの食感が
絶妙な美味しさでした。春のイメージで作られたメニューだそうです。

2皿目は、アンティパスト・カルド(温かい前菜)。

アンティパスト2皿目

フレッシュなオレンジの下に隠れているのは、鶏の様々な部位を使った
テリーヌです。マルサラワインでマリネして、焼いているのだとか。
コレ、テリーヌ好きのワタシにとっては、たまらない一品!!!

鶏のテリーヌ

つなぎとして卵も使っているらしくなめらか、そしてジューシー。
ほんのり温かいところも、美味しさをアップさせてくれています。
愛媛の清美オレンジと粒マスタードのソースでさっぱり。
ワタシの中ではコレがメインと言っても良いくらいのお気に入りメニューです。

プリモ・ピアットは、ヤリイカとグリンピースのタリアテッレ。
グリンピースも春を感じさせる食材だよね。
この日のグリンピースは鹿児島産ということでした。

プリモ・ピアット

ヤリイカは、小さくてスミが少ないため、イカスミパスタには出来ないらしく。
イカスミだけ、コウイカのものを使っています。
説明を聞くたび、こうした「出来ない」をアレンジしてしまうシェフの工夫や
テクニックには感心してしまう。「美味しい」のための心遣いが感じられます。

セコンド・ピアットは、鴨のロースト。
鴨は、フォアグラを取った後の鴨の胸肉であるマグレカナールです。

セコンド・ピアット

黒ゴマとキイチゴのソースに、アカシアハチミツがけ。
ハッセルバックポテトの付け合せと共に、美味しくいただきました。
臭みは少なく、噛めば味わい深いマグレカナールを堪能。

最後は、桜メニューのメインとも言えるドルチェです。
イタリアンのデザートは、フレンチに比べると、色見が控えめな印象ですが、
今回は、桜メニューらしく、見ためも華やかな姿。

ドルチェ

メニューは、トルタマルゲリータとカンノーリ。
イタリアの伝統的なケーキ、トルタマルゲリータには桜の花びらの塩漬けを
混ぜ込んだ生クリームが添えられています。このクリームが絶品。
トルタマルゲリータのシンプルな味とさっくりと軽い食感に良く合います。
薄く筒状に焼き上げられたカンノーリの中には、リコッタチーズが。
さらに、全体には、桜の花びらをイメージしたメレンゲが散りばめられています。
全体を司るのは、イチゴのソース。
ワタシ、これでドルチェのイメージが変わったかも?と思うほどに
ひとつひとつに手間をかけ、全体のハーモニーが考えられた一品でした。
ドルチェといえば、ティラミスどーん!だったひとに食べて欲しいです。

ごちそうさまでした

ラ クチーナ ブッファは、さすが、グルメな友人お気に入りのお店。
伝統と新しさを教えてくれるイタリアンだと思います。
個室もあるので、目黒川の桜を見たあとに、ゆっくりディナーも良さそう。
桜メニューは、桜の季節が終わるまでを予定しているということ。
ぜひ、予約時に問い合わせてみてください!

ラ クチーナ ブッファ
住所:東京都目黒区上目黒1-11-4 
TEL:03-3461-0699
営業時間:
Lunch time 12:00 - 15:00 (L.O.14:00)
Dinner time 18:00 - 24:00 (L.O.23:00)

クチーナ ブッファ
イタリアン / 中目黒駅代官山駅恵比寿駅
夜総合点★★★★ 4.0

ラ クチーナ ブッファfacebookページ


ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

















▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others