ホテルディナーをシェアスタイルで楽しむ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 | WOMANIA
2015.09.24 Thursday 10:16

ホテルディナーをシェアスタイルで楽しむ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

アンダーズ東京 メインダイニング

虎ノ門ヒルズにあるホテル、アンダーズ 東京のメインダイニング
アンダーズ タヴァンでのディナー。アンダーズ タヴァンは51階に位置し、
東京の夜景と共に食事が楽しめます。店内は、まるで外国のレストランのよう。
外国人のセンスでとらえる「和」がモダンな雰囲気を演出しています。

通常、ホテルディナーと聞くと、コース料理をイメージしますが、
この日は、女性6人でひとつのテーブルを囲み、シェアスタイルで
アラカルトメニューをいただきました。アンダーズ タヴァンは、
ゲストのニーズに応え、様々なスタイルでの食事を提供しています。

アンダーズ タヴァン

アンダーズ タヴァンの、そのホスピタリティはまさしく。
他のメンバーがワインを楽しむ中、ひとり「お酒はちょっと。。。」という
ワタシには、たくさんのノンアルコールドリンクをすすめてくださいました。
野菜ジュースまでラインナップされているのは、ビックリ☆
ワタシが飲んだ、ライムソーダも甘くなく美味しかったです。好み!
ラウンジでは、「何かノンアルコールカクテルでも」と聞いていただき、
シャーリーテンプルをお願いすると、当たり前のように出てきたし。
お酒を飲む、飲まないというニーズにも応えてくれることを確信しました。

アンダーズ タヴァンのパンは、メゾンカイザーだそうです。

アペタイザー

アペタイザーは、贅沢な4品。

ロブスターとポテトサラダ マーシュレタス サマートリュフ
車海老 カクテルソース
毛蟹 カクテルソース
牛タン トマト クリスピーガーリック 柚子胡椒ドレッシング


ロブスター!

いきなり嬉しいエビカニ祭りが出来るのは、シェアスタイルならでは。
一皿一皿のボリュームもしっかりあります。
足りなくなることもなく、6人でも充分に分けることが出来ました。

楽しい食卓に

アペタイザー4品とワイングラスが並ぶと、それだけで楽しい雰囲気。
一人一皿ずつ出てくるコース料理より、フランクで会話も弾むよう。

スープは、ロブスタービスク カプチーノ仕立て パースニップピューレ 雲丹
こちらは、アンダーズ タヴァンオープン以来の人気メニューなのだそうです。

テーブルでスープを注いでくれます

まず、お皿に根菜のピューレと雲丹がのったものが配られ。。。
そのあと、テーブルでスープを注いでくれるスタイル。

スープは一人一皿ずつです。

ロブスタービスク カプチーノ仕立て パースニップピューレ 雲丹

これが、ビスク好きにはたまらない味!
濃厚でしっかり、とろりとしたビスクと雲丹が絶妙のハーモニーです。
これは、アンダーズ タヴァンを訪れたら、オーダーしたい一品。
人気なのも頷けました。

続いての魚料理も一人一皿ずつのメニューです。

鱸の包み焼き 仔牛のジュ フルーツトマト ペコロス

鱸の包み焼き 仔牛のジュ フルーツトマト ペコロス

包んだままでサーブされ、テーブルでカットし、包みを開いてくれました。
アンダーズ タヴァンはテーブルでの「仕上げ」の演出でワクワク感を
高めてくれるメニューが多い印象。手間がかかるけれど、ゲストは楽しいよね。

鱸の包み焼きの中には、牛蒡や人参などの根菜もたっぷり入っていました。
アンダーズ タヴァンでは、日本の食材をも取り入れたヨーロッパの地方料理を
提供しています。食器も、繊細な洋食器というよりは和をも感じる骨太の
焼き物が多い印象でした。だからなのか、どこかほっとする雰囲気。

メインのお肉料理は、シェアスタイルで。
チキンとビーフの2種類のメニューを豪快にいただきます。

山梨県産ハーブチキンのクレイポット

チキンは、山梨県産ハーブチキンのクレイポット
なんと、丸まま鳥一羽を使ったお料理です!
一旦、見せていただいたチキンは、取りやすいようカットしてもらえました。
シェアスタイルといっても、このあたりはホテルのホスピタリティで安心です。

付け合せのポテトニョッキ トリュフは、テーブルでニョッキが見えないほどの
トリュフをスライスしてくださる仕上げ付き。贅沢でシアワセですー。

ビーフは、牛頬肉の煮込み。

牛頬肉の煮込み 粒マスタードグレイズ トマト ディル コールラビのブレゼ

牛頬肉の煮込み 粒マスタードグレイズ トマト ディル コールラビのブレゼ

この牛頬肉の煮込みが、粗めのコンビーフのようで、超美味しい!
ホロホロのお肉とソースが絶妙に合います。
ものすごく気に入って、小食の友人の分までお腹に納めてしまいました。
ワタシ的には、これもアンダーズ タヴァンのお気に入りメニューです。

この日は、総料理長のゲハード・パスルガー氏自ら、テーブルに足を運び、
お料理の説明やサーブしてくださるときもありました。

デザートも一風変わった2〜4名分のメニュー。
これも人数が多くないとオーダー出来ないものです。

ビターチョコレートムース キャラメライズしたアボカド オリーブオイル シーソルト

ビターチョコレートムース
キャラメライズしたアボカド オリーブオイル シーソルト


ジャーポットには、ビターチョコレートムースとキャラメライズした
アボカドが入り、オリーブオイルがかかっています。
これをラスクと一緒に食べるというスタイル。
添えられている塩を少し付けると、甘みの中での塩気が引き立ちます。
コレ、甘いものは少しだけ欲しいワタシには、嬉しいメニュー。
最後の最後まで、楽しくて美味しい食事でした。

この日の食事は、ホテルのメインダイニングでのディナーのイメージを
変えてくれるもの。こんなスタイルもアリなんだ!という嬉しい発見がありました。
それは、まるで海外旅行に行ったときのディナーを彷彿させるよう。
美味しそうなメニューを欲張りにチョイスし、少しずつわいわいと楽しむ。
かしこまったコース料理も良いけれど、美味しいものを少しずつたくさん食べたい
オトナの女性の新しいディナースタイルだと思いました。

アンダーズ タヴァン
住所:東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ
TEL:03-6830-7739
朝食6:30 〜 10:30
ランチ11:30 〜 15:00
ディナー18:00 〜 22:00
アンダーズ 東京 Instagram


ブログパーツ ※アンダーズ 東京よりご招待いただきました
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others