1890年からつながる日本とトルコの真心の物語 映画「海難1890」 | WOMANIA
2015.12.06 Sunday 05:36

1890年からつながる日本とトルコの真心の物語 映画「海難1890」

映画「海難1890」

昨年の4月、「週刊モーニング」に掲載されていた
「Teşekkür ederim」という読み切り漫画がとても記憶に残っています。
「もやしもん」の作者 石川雅之氏による、日本とトルコのつながりの歴史が
描かれた内容は、ワタシがはじめて知った感動のストーリー。

ターキッシュエアラインズ特別協賛試写会

2016年12月5日より公開された「海難1890」は、そのエピソードを
取り上げた映画です。「コレは観たい!観なきゃ!」と思っていたところ、
ターキッシュエアラインズ特別協賛の試写会にお招きいただきました。
会場は、ユナイテッド・シネマ 豊洲。
最近、ワタシがよく訪れる映画館のひとつです。

ユナイテッド・シネマ 豊洲

ここの映画館、座席もゆったりしていて好き。
椅子が良くある劇場の折りたたみタイプではないのです。
それでも人が通れるということは、前も広いと思うんだよね。
よく行く銀座エリアから近いし、4DXもあるため行く機会が増えました。

エルトゥールル号海難事故

話は、1890年に起こったトルコの親善使節団の船、エルトゥールル号の
海難事故からはじまります。和歌山県紀伊大島沖で台風により難破した
エルトゥールル号。それを助けたのが、紀伊大島の人々でした。

ワタシ、かなり早い段階で涙腺崩壊。
エルトゥールル号海難事故のあらましを知っていたワタシでも
その細かい描写に心を打たれました。複線として、海難事故に遭った
トルコ人それぞれの家族や想いまでもが描かれていて、「数字」では
語れない被害の大きさとそのつらさが伝わってくるよう。
紀伊大島の人たちは、目の前の命だけでなく、この親善使節団にまつわる
人々の「心」を救おうとしていたのだと思うと自然と涙が出てきました。
「悲しい」とか「つらい」のではなく、「真心」が感じられたからこそ。
これが、「心」を打たれるということだと思うのです。

テヘラン邦人救出劇

そして、舞台は95年後の1985年、イラン・イラク戦争時のイラン・テヘランへ
移ります。そこで、あったのは、サダム・フセインによる無差攻撃宣言。
イランより脱出することが困難な立場に立たされた日本人を救ったのは
トルコでした。そのとき、95年前のエルトゥールル号海難事故のことが
思い出され。。。今度は、トルコ人が日本人を助けることになります。

おそらく、こういったエピソードを偽善だ、綺麗事だと言うひともいると思います。
なんかちょっと都合良くない?とか、そんなうまいこといくわけないでしょ!と
考えてしまうひともいるはず。でも、それが本当は関係の無い偶然だとしても、
「受け取り方」と「心の持ちよう」で、お互いが温かい気持ちになれたら
良いのではないのかなと思うのです。何気なく行動したことで、相手から
感謝されてイヤな気持ちになるひとっていないよね?そういうのが連鎖することが
「つながり」であり「友好」につながるんじゃないのかな。



もちろん、この映画に描かれていることが、エルトゥールル号海難事故と
テヘラン法人救出劇の全てではありません。ワタシが最初にこのエピソードを
知ったとき、いろいろ調べたところ、他にこれらの事件に尽力したひとがいました。
テヘランからの脱出の際も、決して日本全てが邦人を見捨てたわけではないもよう。
TVなどでも取り上げられていたから、知っているひともいるはず。
また、映画には描かれていませんが、これ以降も日本とトルコは、
トルコ大地震、東日本大震災とお互いを想い合う協力を続けています。

海難1890

恩は受けた人に返すものではない。
次に繋ぐものだ。

もし、貴方たちが僕のしたことが嬉しかったのならば。
貴方たちが僕の立場になったとき、
それを次の世代にしてあげなさい。
それが僕にとっては一番、嬉しいことです。


ワタシが若いころ、こう教えてくれたひとがいました。
「海難1890」という映画は、まさにそういう映画でした。

この映画の登場人物は、誰もが誰かのヒーローです。
親切が難しい時代だからこそ、純粋に「真心」が観たくなる。
太陽の国と月の国の物語は、「心」の物語でした。

オンライン予約はこちら→ユナイテッド・シネマ

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト


 関 連 記 事 

・映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」ジャパンプレミア




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others