2016年クリスマスディナーは千葉の一軒家フレンチ ル・クールで | WOMANIA
2016.12.25 Sunday 15:45

2016年クリスマスディナーは千葉の一軒家フレンチ ル・クールで

千葉 一軒家フレンチ ル・ルクール

今年のクリスマスディナーは、千葉の一軒家フレンチル・クールで。
友人のfacebookの投稿を見て「行きたい!」と思い、予約を入れました。
ル・クールはシャルキュトリが得意なようで、テイクアウトも展開しているようです。
そりゃ、食肉加工品好きとしては見逃せない!ということで。

2016年のル・クールのクリスマスメニューは12月21日〜25日の提供。
ディナーのほか、ランチのクリスマスコースもあったようでした。

クリスマスディナーコースは、アミューズ・ブーシュから。

ル・クール アミューズ・ブーシュ

この日のアミューズ・ブーシュは「豚レバーのペースト」。
カリッと焼き上げたラスクが添えてあります。
最初から、そのシャルキュトリの実力を感じられる一品。
濃厚だけれど、臭みのないレバーの滑らかな旨味が広がります。

ル・クール 自家製パンとリエット

パンには、バターと共にリエットも登場しました。
ル・クールのリエットはレバーなどは加えず豚肉だけで作られているということ。
これがまた、シャルキュトリ好きを満たしてくれます。

最初のパンは、くるみのパンと蕎麦粉のパン。
どちらも自家製らしく、ほかほかの状態でサーブされました。
甘めのくるみのパンが好みだけれど、リエットには蕎麦粉のパンの方が合います。

ル・クール 海の幸と野菜のガランティーヌ

冷前菜は、「海の幸と野菜のガランティーヌ」。
ホタテ、サーモン、足赤エビ、根菜などをちりめんキャベツで巻いてあります。
添えてあるのは、キュウリのマヨネーズ和え。
下の敷かれているのは、塩気が効いたパプリカのソースでした。

ガランティーヌそのものは、素材の味を活かしたシンプルな味付け。
誤魔化しがなく、シーフードもお野菜も美味しくないと出来ないのでは?と
思わせてくれます。ナイフを入れると、バラバラと崩れてしまうのですが
ひとつひとつの味を楽しみながら味わえるお料理でした。

ル・クール フォアグラのフラン トリュフソース

温前菜は、「フォアグラのフラン トリュフソース」。
フランの上には、とろみのついたトリュフソースがかかっています。
さらに、仕上げには、刻んだトリュフまで。

器のフタを開けた瞬間から、トリュフの香りがふんわりと広がりました。
最近、「ワタシ、あまりトリュフって好きじゃないかも?」と感じていたけれど
それは加減の問題だったのかも?このお料理は、何でも強ければ良いってものではない、
本当の良い香りには、ベストバランスがあるのだと考え直すほど心地よい香りでした。
ま、よく考えたら、香水だって同じだよね。。。

ル・クール フォアグラのフランがめっちゃ美味しい

フォアグラのフランは、もう何とも言えない美味しさ!
たしかにフランなのだけれど、でもフォアグラなわけです。
濃厚なフォアグラの旨味はそのままに、脂っぽさを除いた、良いところ取り。
さすが、シャルキュトリや内蔵系が得意なシェフなだけはあると実感しました。

パンに合うだろうなと思っていたら、「パン、お持ちしましょうか?」と
気遣っていただき、フランに合うようなライ麦のパンが登場。

ル・クール 本日の鮮魚をシェフのお任せで

魚料理は「本日の鮮魚をシェフのお任せで」。この日は、ヒラスズキのポワレです。
カリッと香ばしく焼き目をつけたヒラスズキにアルベールソース。
添えてあるレンコンレンコンチップスと里芋のギャレットも美味しかったです。

ル・クール 牛フィレ肉のロースト

肉料理は「牛フィレ肉のロースト 赤ワインソース 赤ワインバター添え」。
しっとりと焼き上げた牛フィレ肉もさることながら、つけ合せの野菜からも
こだわりが感じられます。ル・クールは、千葉市若葉区のしげファームで作られた
無農薬野菜を使っているそう。葉やひげまで調理して提供できちゃう美味しさ。
甘みがぐっと引き出ていたので、遠赤外線調理ではないかと思います。
カボチャとジャガイモの2色のマッシュポテトもお肉に合いました。

ル・クール 牛フィレ肉のロースト

もちろん、ジューシィでしっとりとしたお肉からも旨味が溢れ出ます。

どれも何を食べたか判らないようなポーションではなく、程よいボリューム。
野菜やつけ合わせも含めて、バランスが考えられていると思います。

ル・クール デザート

デザートは「とろけるフォンダンショコラ バニラアイス添え」。
フォンダンショコラは絶妙の温度で、濃厚なチョコレートが溢れ出てきます。
外側のサクふわ具合も好みでした。

ル・クール プティフールと紅茶

最後は、コーヒーか紅茶とプティフールで。
プチサイズのカヌレが美味しくて、最後まで美味しくいただきました。

この日は、予約で満席だったもよう。
にも関わらず、サーブのテンポも良くて、2時間と少しでキレイに食事が出来ました。
クリスマスディナーって、どこかで間延びすることが多いから、この鮮やかなサーブは
素晴らしいと思います。一組一組のペースに合わせてくださっていると感じました。
ただ出して下げてだけではなく、程よい距離感で一言二言交わす気遣いもアリ。

翌日のクリスマス忘年会でみんなと食べたい!と思って、帰りがけに
シャルキュトリのテイクアウトをお願いしたら、快く対応してくださったし。
パテとリエット、和牛ハツのスモークを買ってきました。どれも美味しかったです。

ランチも好評みたいなので、次はお昼にも訪れてみたい!

フランス料理 ル・クールフレンチ / 市役所前駅新千葉駅京成千葉駅
住所:千葉県千葉市中央区新田町23-17
電話:043-246-2387
営業時間:11:30〜15:00 (14:00 L.O)/18:00〜22:00 (20:30 L.O)
定休日:水曜日 第三火曜日
夜総合点★★★☆☆ 3.8



 関 連 記 事 

・新宿・GARLOCHI(ガルロチ)でフラメンコに酔いしれるクリスマスディナー

・ホテルニューオータニ幕張 鉄板焼き 「欅(けやき)」でディナー

・2012年クリスマスディナーは和食 赤坂 井ざわにて

・2012年クリスマスイブディナー ホテル西洋銀座 ATTORE(アトーレ)

・2011年 「聖夜のディナー・コース」 春秋 ツギハギ 日比谷




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others