ダイエッターのための体重計「ダイエットプラス体重体組成計」スマホ連動 | WOMANIA
2017.07.26 Wednesday 23:50

ダイエッターのための体重計「ダイエットプラス体重体組成計」スマホ連動

Bluetooth連動 体組成計 体重計 安い ダイエットプラスラボ

販売:ダイエットプラス
価格:¥8,200(税抜)
2017年7月10日発売

ダイエットの第一歩は、毎日体重計に乗ることだと実感しているワタシ。
4月から旅行などのとき以外、ほぼ計測しアプリで記録しています。
記録し続けると、ジブンの痩せ期なども判ってくるようになるので、
ファスティングのタイミングをソコに合わせたりもしていました。
毎日計っていると、気づいたら○kg太っていた!みたいな事態にもならないよネ。

ワタシの使っているタニタの体組成計は少し古くて。
体組成計から赤外線通信でリレーキーというUSBメモリみたいなものにデータを移す、
さらにそれをUSBでPCに吸い上げるという、便利なのか何なのか判らない機能付き。
それだったらと、スマホのアプリに手動入力していました。

タニタヘルスプラネットに体重を手動で入力

今は、Bluetoothでスマホのアプリと連動出来る体組成計もあるそう。
欲しいなと思っていたところ、ダイエットプラスからもBluetooth連動の
Diet Plus 体重体組成計」が発売されました。しかも、お値段、お手ごろ!!!
(欲しいと思って調べていたけれど、まぁまぁなお値段のものが多かったです)

Diet Plus 体重体組成計 Bluetooth連動 アプリで体重管理

ダイエットプラスの体重体組成計は、体重のほか、体脂肪率、体水分率、筋肉率、
推定骨量、基礎代謝量、内臓脂肪レベル
を計測することが出来ます。
今までの体組成計は、筋肉量だったので、そこが変わるのが残念だけれど、
気になっていた体水分率の項目が増えて嬉しい!

Diet Plus 体重体組成計 Bluetooth連動 薄型 軽量

何より驚いたのが、ダイエットプラスの体重体組成計は、かなりコンパクトです。
機能はほとんど変わらないのに、こんなにコンパクトでいいの?と思うほど。
厚みや重量はもちろん、デザインもかなりスタイリッシュになっていました。

そして、ボタンもフラット
今までみたいに、登録した個人データ(身長、体重など)を選ぶボタンもありません。
むしろ、電源ボタンも無いという。(のるだけで電源が入ります
タニタの体組成計は厚みにボタンがあるのですが、ランドリーボックスの下の
隙間に入れておくと、うっかり足やルンバが当たってしまうことがありました。
これが地味にストレスだったので、この辺も嬉しいです。

Diet Plus 体重体組成計 アプリ連動 体重計

この体組成計は、単四乾電池4本で作動
最初はセットされているので、絶縁体を抜くだけで使えます。

アプリをダウンロードし、会員登録(無料)で年齢や身長などを設定。
Bluetoothをオンにして、ペアリングをします。
スマホとの連動は、Bluetooth対応のイヤフォンやキーボードよりも
スムーズに出来ました。一度ペアリングをすると、2回目からはBluetoothをオン、
アプリを開いたスマホを近くに置くだけで、自動で計測データが登録されます。

ちなみに、2017年7月現在はiOSのみ対応。(iOS版アプリのダウンロードはこちら→
Android版アプリは2017年9月にリリース予定だそうです。

Diet Plus 体重体組成計 サイズ コンパクト

体重体組成計にのると、自動で電源が入り計測されました。
計測データはアプリに記録されているほか、液晶でも確認出来ます。
体重、体脂肪率、体水分率、筋肉率、推定骨量、基礎代謝量、BMIの順で
2回繰り返し表示したあと、自動的に電源はオフになりました。

Diet Plus 体重体組成計 サイズ コンパクト

計測後には液晶に転送マークがつき、スマホにデータが登録されます。
コレ、何もすることがなくて便利!
手動で入力していたときは、もたもたしているうちに液晶が消えてしまったり、
寝坊して、朝、計測データを入力する時間も惜しい!というときがあったんだよね。
そんなストレスから開放されるなんて、ステキです。

Diet Plus 体重体組成計 アプリで管理

アプリに登録されたデータはこんな感じで確認出来ます。
本体液晶では表示されなかった内臓脂肪レベルもアプリには出ていました。

また、iPhoneではデフォルトのヘルスケアアプリで、勝手に歩数が
計測されているのですが、Diet Plusアプリのデータ連携で設定すれば
その歩数も取り込んでくれるよう。iPhoneを持ち歩いているときに限られるけれど、
ワタシは、これまでもヘルスケアアプリの歩数や移動距離などの
アクティビティデータを参考にしてきたから、これも便利な機能です。

Diet Plus 体重体組成計 食事指導 特典

「Diet Plus 体重体組成計」には、ワタシが受けているダイエットプラスラボ
メソッドを活かした基本のダイエット知識やレシピが書かれた冊子が入っていました。
コレ、有料サービスのダイエットプラスラボでもらえるメンバーシップブックの
簡易版といったところです。この冊子には「正しく食べる」知識が詰まっているはず。

さらに、3日間無料で「食トレ」が利用出来るコードも付いています。
「食トレ」とは、ワタシが今、ダイエットプラスラボで受けている
管理栄養士による食事指導サービスのこと。アプリで食事を送れば、
毎食の食事バランスや次の食事についてのアドバイスが届きます。
アプリを新規インストールすると、特典で1日分のチケットがついてくるので、
計4日間の利用が可能!ダイエットプラスラボが気になる、自分の食事を評価して
欲しい、出来るかどうか不安というひとのトライアルにも向いていると思います。

「Diet Plus 体重体組成計」は、4名までのデータ登録が可能
それぞれのアプリで連携すれば、本体は共有、データ管理は別々です。
また、専用アプリを使わずに体重体組成計としても使ってもOK。
ワタシは、Bluetooth連動、アプリで自動管理の機能に魅かれましたが、
このデザイン性やサイズ感、価格は体重体組成計としても充分に魅力的だと思います。
「食トレ」チケットも付いているし、単純に体組成計の買い替えでも選んだはず。

Amazonでの購入はこちら→Diet Plus 体重体組成計


 関 連 記 事 

・ダイエットプラスラボ1ヶ月経過 正しい食事は想像以上の結果に!

・ダイエットは痩せてからが本番!ダイエットプラスラボでリバウンド防止

・短期集中ダイエットから2ヶ月…あれから何をしていたのか、リバウンドは?

・2ヶ月のダイエット中に参考にした本「オトナ女子のための食べ方図鑑」

・タニタ インナースキャン50V 体験会で虜になりました




ブログパーツ ※ダイエットプラスラボのモニターに参加しています #2017DIET
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others