表参道で懐石料理を 青山 星のなる木で春を存分に感じてみた | WOMANIA
2018.04.02 Monday 23:41

表参道で懐石料理を 青山 星のなる木で春を存分に感じてみた

表参道 和食 懐石 接待 青山 星のなる木

仕事仲間と青山 星のなる木で会食。
ちょっとハードな仕事が続いていたので、「それが終わったらどうですか?」と
ゆっくり落ち着いていただける懐石料理を個室で予約してくれていました。

青山 星のなる木は、1階にピエール・エルメとエルカフェがあるラ・ポルト青山の
4階にあります。青山通りに面し、表参道の中でも判りやすい立地のはず。

この日は、「伝統懐石/温故知新コース」をいただきました。
青山星のなる木の伝統懐石コースは、和の伝統技法を守りながらも現代風に
アレンジを加えてあるのだそう。内容は、3/23から4/27までの春メニューです。

青山 星のなる木 温故知新コース 先附
先附 蛍烏賊と春野菜 芥子酢味噌

まず、先附の「蛍烏賊と春野菜 芥子酢味噌」から。
春野菜は、新じゃが芋、うるい、筍、こごみが使われていました。

うるいやこごみなど春の山菜が出てくると、丁寧に季節を感じる気持ちになれます。
ワタシは、ホタルイカの水揚げ日本一を誇る兵庫県出身でもあるので、
蛍烏賊も春を感じる食材のひとつ。蛍烏賊が並ぶと春が来たなと思います。

少しずつ春の食材を集めた器は、ある種質素な印象すらも感じる内容。
でも、都会に暮らすと、こういった野山の春こそが貴重で大切なものだと痛感します。
筍の皮を使った盛り付けも春の気配を演出してくれていました。

青山 星のなる木 温故知新コース 前菜
前菜 〜春八寸〜

続いては、「春八寸」と名づけられた前菜。
春の里山の庭がミニチュアになったような盛り付けです。

・えんどう豆寄せ豆腐 旨出汁餡 スナップエンドウ 百合根
・里芋フォアグラ味噌田楽 シブレット
・蛸の柔らか煮 花弁大根
・鴨ロース煮 有馬山椒おろし 焼き葱 木の芽
・芹の浸し プロシュート 生姜 糸賀喜
・たらの芽桜海老香煎揚げ
・桜鯛手毬寿司

庭に仕立てたお皿の中から、これらのお料理を探し、味わうのも楽しい演出。
特に、芹のお浸しが美味しかったです。

さらに、垣根の向こうには、氷餅の粉で立派なしだれ桜が描かれていました。

青山 星のなる木 温故知新コース 春八寸 里山の庭園のよう

もし、お料理についてしまっても、風味を損なわないよう氷餅の粉を
使っているそうです。この絵柄は、季節によって変わるのだとか。
四季折々の八寸も、青山 星のなる木の楽しみになりそうです。

青山 星のなる木 温故知新コース 椀物
椀物 潮仕立て

椀物は、地蛤を使った「潮仕立て」で。
金箔が華やかで、菜の花と木の芽がアクセントになっています。
シンプルだけれど、滋味深く、カラダに染み入るようなお椀でした。

青山 星のなる木 温故知新コース 御造里
御造里 生本鮪と旬魚介の御造り

お造りは、鹿児島のカンパチ、岩手のヒラメ、奄美大島の本鮪。
土佐醤油でいただきます。
ベーシックだからこそ判る、素材の違い。旨みが味わえるお造りでした。

青山 星のなる木 温故知新コース 焼物
焼物 金目鯛とアスパラの木の芽焼き

焼物は「金目鯛とアスパラの木の芽焼き」です。
はじかみ生姜の代わりに添えてあるのは、酢取り茗荷。

ぷりっとした程よい焼き加減で、しっとりした金目鯛の食感が堪能出来ました。
濃くもなく、淡白でもない、木の芽焼きの風味がたまりません。

青山 星のなる木 温故知新コース 蒸物
蒸物 オマール海老の茶碗蒸し

そして、蒸物の「オマール海老の茶碗蒸し」。
こちらは、このコースだけの特別料理なのだそう。
蒸し椀と共に、トリュフオイルが入った散蓮華が出てきました。
目の前にサーブされるだけで、トリュフの芳醇な香りが鼻をくすぐります。

青山 星のなる木 温故知新コース オマール海老の茶碗蒸し

ふたを開けると、茶碗蒸しの上にオマール海老のソース、そしてトリュフ。
滑らかな口当たり、オマール海老の濃厚な旨み、トリュフの香りが相まって、
最近、茶碗蒸しばかり食べているワタシに新しい美味しさを教えてくれました。

青山 星のなる木 温故知新コース 箸休め
箸休め 獺祭大吟醸のソルベ

ここで箸休め。「獺祭大吟醸のソルベ」です。
こちらには、匙の中に入っている黒塩をかけていただきます。
獺祭のキリッとした辛さ、ソルベの甘みに、炭塩の塩分がちょうど良い感じ。
お酒がニガテなワタシも酔わない程度で、さっぱりいただきました。

青山 星のなる木 温故知新コース 強肴
強肴 霜降り黒毛和牛サーロインの網焼き

いよいよコースも終盤。
強肴は「霜降り黒毛和牛サーロインの網焼き」です。本日の和牛は宮崎県産とのこと。

しっかりと脂ののったサーロインも3切れ程度なら、美味しくいただいちゃう。
柚子胡椒と一ノ関味噌が添えてあり、お好みで。。。ということでしたが、
ワタシは断然、一ノ関味噌派!千草にまでつけて、いただきました。

青山 星のなる木 温故知新コース 南部鉄釜ご飯
御食事

御食事は、南部鉄釜で炊いた「岩手県産純情プレミアム ひとめぼれ」
鉄釜のまま運ばれ、テーブルでお茶碗によそってくださいます。
鉄釜で炊いたご飯は、それだけで嬉しくなる付加価値と期待付き。
絶対、美味しいに決まってる!(笑)

青山 星のなる木 温故知新コース 御食事

白米に合わせるのは、明太子、縮緬山椒、香の物と、京桜味噌仕立ての赤出汁。
もうこれだけで立派なご馳走です。

鉄釜で炊かれた「ひとめぼれ」は、お米一粒一粒がしっかりしていて甘みがあり。
程よい漬かり加減の明太子の旨みとマッチします。(この明太子、超好みな味!)
最近、お米を食べることが少なくなったので、殊更美味しく感じました。

青山 星のなる木 温故知新コース 甘味
甘味

デザートは、湘南ゴールドの寒天に苺とキウイ、檸檬シャーベットと
エルダーフラワーの泡が添えてあります。ワタシの好きなエルダーフラワーが泡に。
泡はふわっと食感が良く、マスカットのような風味が寄り添います。
さっぱりしたデザートで、後口良く、コースが終わりました。

表参道 和食 接待 ディナー

青山 星のなる木は、お料理が丁寧なことはもちろん、サーブも丁寧な印象。
話が盛り上がっているときの、料理のサーブや説明の距離の取り方から
気遣いが感じられました。仕事仲間や親戚、家族との会食もお任せできそう。
ニガテな食材やアレルギーへの配慮もきちんとしています。

実は、何度かクリスマスディナーの候補にもあげていた青山 星のなる木。
イタリアンやフレンチなど洋食が多い表参道の中で気になる存在だったんだよね。
立地的に表参道、でも少しきちんとした和食、という条件のときに選びたいお店です。

青山 星のなる木懐石・会席料理 / 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山4F
電話:03-5485-1234
夜総合点★★★☆☆ 3.9



ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others