偶然が重なり合う幸運な時間の旅へシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」 | WOMANIA
2018.07.16 Monday 23:42

偶然が重なり合う幸運な時間の旅へシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」レポ

2018年2月7日からスタートし、7月8日で東京公演が終了した、
シルク・ドゥ・ソレイユのツアーショー「ダイハツ キュリオス」。
2011年の「クーザ」からは、1公演につき2回以上鑑賞していたのですが、
今回は1回のみ、しかも6月に入ってからの東京最終公演での滑り込みで観ました。

ワタシにとっては、「オー」「コルテオ」「クーザ」「ゼッド」「オーヴォ」
「トーテム」に続く7作目のシルク・ドゥ・ソレイユです。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」チケット

「キュリオス」は、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品
といっても、シルク・ドゥ・ソレイユの創設は1984年、今年が30周年なのではなく、
30周年に制作された作品です。ツアーショーは、世界各国で公演されているからネ。



今回は、19世紀の産業革命の時代を彷彿させる雰囲気。
CMやプロモーション映像を観たときから「好きな世界観だ!」と期待していました。

レトロだけれどモダン、懐古的な世界が織り成す近未来。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」会場

それは、エントランスロビーの雰囲気からも感じられます。
ロビーに展示されるのが定番となったダイハツの車周辺にもこだわりがあり、
期待を高めてくれました。車のナンバーは、本作のキーとなる「11:11」。

そして、今回の「キュリオス」からは、新しい試みがスタートしています。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」カーテンコールは撮影OK

会場入り口などに出ていた案内によると、終演間際に撮影OKの時間があるという!
席を移動しない、三脚を使用しない、フラッシュを使用しない、
頭の上にカメラを上げて撮影しないなどのルールはありますが、これは嬉しい。
SNSでシェアして「キュリオス」を盛り上げようということのようです。

これまでシルク・ドゥ・ソレイユの舞台を10回以上見てきたけれど、
今は無きシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京のプレス発表会と、
「ゼッド」のバックステージツアー以外は撮影禁止だったから、夢のような話。
撮影のときになっても「え?!いいの?」ってドキドキしてしまいました。

「キュリオス」の主人公はシーカーという、おっさん(笑)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」主人公 シーカー

目に見えない世界が存在すると信じているシーカーが、あちこちから集めた
骨董品などで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まります。

といっても、シルク・ドゥ・ソレイユは、明確な台詞の元に物語が進むわけではなく
そんな設定の中で繰り広げられるパフォーマンスの世界を楽しむ感じ。
今回は、シーカーが好奇心や想像で想い願った飛躍の夢の世界に入り込んだようです。
「キュリオス」のテーマは、“創造の旅”なのだとか。

欧米では、1が並ぶ「11:11」という時間は偶然が重なり合う幸運な時間。
11時11分になると「Make a wish!」と願いごとをする人が多いのだとか。
「キュリオス」は、その11時11分からスタートし、12分になって終了しました。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」11時11分 幸運な時間

カーテンコールに撮った写真では、右上の時計が11時12分をさしています。

そう、つまりこの物語は現実世界では、たった1分の話。
その中でシーカーが体験した異世界の出来事なのです。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」演目リスト

異世界の中で繰り広げられるのは、全14演目
途中30分の休憩を挟み、7演目ずつに分かれています。

7作目となると、これまでにも似た演目があったなと感じるところもあるけれど、
そんな記憶の引き出しを探るのも楽しい。もちろん、新しい演目や試みもあります。
今回は「透明サーカス」が楽しかった!
ライブカメラを取り入れたパフォーマンスやヨーヨーなんかも登場します。

このヨーヨーを担当しているのは、日本人ヨーヨーパフォーマーの
BLACKさんという説も出ていますが、BLACKさんは2016年2月にショーを離れ、
日本公演では台湾出身のChih-Min Tuanさんが出演されているということ。
(BLACKさんのブログ▶KURIOS日本公演と、「ヨーヨー演目」より)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」日本人パフォーマー 池田一葉さん

そして、日本公演に唯一の日本人アーティストとして出演されているのが池田一葉さん
メインキャラクターの一人でもあるKLARA役を担当されています。
池田さんのことは、TVでも何度も紹介されていたので楽しみにしていました。

あと、もうひとつのワタシのお目当は音楽。
シルク・ドゥ・ソレイユは生演奏なのですが、これがもうライヴに行く感覚で
楽しめます。時には、バンドブースから出てパフォーマンスを披露してくれたり。
今回のシンガーさんも素晴らしくて、ともすればそちらばかりを目で追ってしまいました。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」CD買いました!

今回も休憩のときにCDを購入!
「シルクの音楽ってイイ!」と思った「クーザ」のときからずっと買っています。
Amazonで購入▶Kurios (Cabinets Des Curiosités)

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」感想 レポート

今回、「キュリオス」を観て、漠然と思ったのは映画「グレイテスト・ショーマン」で
P・T・バーナムが目指したサーカスのようだということ。
どちらもサーカスだし、同じくらいの時代だから通じるものがあるのかもしれませんが、
それだけではなく、「人間のチカラ」で驚愕の世界に連れて行く熱量が似ている気がしました。
きっと、P・T・バーナムは、こんなサーカスを目指していたんだろうな、
それが現代のチカラで現実のものになったのが「キュリオス」なんだろうなと。

シルク・ドゥ・ソレイユ「KURIOS(キュリオス)」公演

東京公演は7月8日で終わってしまいましたが、7月26日からは大阪公演がスタート。
さらに、その後は名古屋公演、福岡公演、仙台公演と続きます。
最後の仙台公演が終わるのは、2019年5月29日。
1年以上をかけて「キュリオス」は主要都市で公演を続けます。

ワタシにとって、シルク・ドゥ・ソレイユのツアーショーは2年に1度のお楽しみ。
「今回はいいかな」と思わないのは、それだけの魅力があるからだと思います。
人間が超人的なパフォーマンスや圧倒的なテクニックで魅了する、
考えつく限りのこだわりを詰め込んだエンターテイメントショー。
「一度は観てみて」とオススメしたい公演です。

チケットぴあ


 関 連 記 事 

・前から10列以内で観たシルク・ドゥ・ソレイユ「ダイハツ トーテム」

・シルク・ドゥ・ソレイユが作ったファンタジー「OVO(オーヴォ)」

・シルク・ドゥ・ソレイユ 「KOOZA(クーザ)」 2度目で感じたこと

・夢と現実が出会う場所 シルク・ドゥ・ソレイユ 「コルテオ」

・手をのばせばそこにある夢と魔法 シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED」




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others