コスパ良しランチ神戸オリエンタルホテル「ステーキハウス ミディアムレア」 | WOMANIA
2018.07.23 Monday 22:43

コスパ良しランチ神戸オリエンタルホテル「ステーキハウス ミディアムレア」

神戸オリエンタルホテル「ステーキハウス ミディアムレア」

神戸に帰ったとき、母と叔母とランチに行ってきました。
母のお気に入りである、旧居留地のオリエンタルホテルの
メインダイニング バイ・ザ・ハウス・オブ・パシフィックに行ったものの
急に決めて予約もしていなかったので入れず。。。
同じフロアのステーキハウス ミディアムレアなら空いているということだったので
お願いしました。母もステーキハウスは、はじめてだったみたいです。

ステーキハウス ミディアムレアは、目の前で焼いてくれる鉄板焼きスタイル。
ワタシたちは3人だったのでL字型の席で、内側にシェフが入ってくれました。
3人横並びよりL字型の方が話しやすいよネ。

ワタシは「ハンバーグ(150g)&ステーキランチ」、
叔母は「ハンバーグ(75g)&ステーキランチ」、
母は「フォアグラ&ハンバーグランチ」をそれぞれ選んでみました。
ワタシと叔母は、ハンバーグのグラム数が違うだけです。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ コース 前菜

お料理は前菜からスタートしました。
両メニュー共通の前菜は、冬瓜の煮びたしと角煮です。
コレ、小鉢サイズなのがニクイほどにどちらも美味しい!
「焼き」メニュー以外にも余念がないことを感じさせてくれました。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ コース サラダ

続いても両メニュー共通の「ミディアムレア サラダ」。
お店の名前がついた、いわゆるハウスサラダです。
器に回しつけたドレッシングが美しく。
ボリュームにも満足出来ました。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ コース ハンバーグ

前菜やサラダをいただいている間にも目の前でハンバーグや野菜が焼かれています。
大きい150gのハンバーグが母とワタシの、小さい75gが叔母のです。

よく考えたら、ワタシ、鉄板焼きでハンバーグを焼いてもらったのってはじめてかも?
肉はもちろん、魚や野菜、パンもあるけどね。
本当は肉よりハンバーグが好きなワタシにとって、たまらないメニューです。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ コース フォアグラ&ハンバーグ

母のハンバーグの上にはフォアグラがどーんと乗せられました。
この厚みには、オーダーした母ならずとも嬉しくなっちゃう。

ステーキハウス ミディアムレアのランチは、焼けたものから出すのではなく、
ワンプレートを完成させてから提供するスタイルのようです。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ

共通の季節の野菜は、玉ねぎ、ニンジン、茄子、パプリカ、小松菜。
焼けたものからお皿に盛っていきます。
さらに、ハンバーグ&ステーキにはもやしもプラス。
ハンバーグの後には、50gのミニ牛ステーキも焼かれました。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ ハンバーグ&ステーキランチ

こうして提供された「ハンバーグ&ステーキランチ」。
お皿にからしと岩塩が添えられているほか、醤油の小皿、
玉ねぎをたっぷり使ったソースも別添えで出てきました。

このソースがめちゃめちゃ美味しくて!!!

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ ハンバーグ美味しい

外はカリッと中はジューシーに焼き上げられたハンバーグに良く合います。
肉肉しくて、お肉の旨みがしっかり判るタイプ。
玉ねぎがバランスの良いアクセントになっていました。
ハンバーグ、ステーキ、焼き野菜、どれも大満足!

母の「フォアグラ&ハンバーグランチ」は鉄のステーキ皿で提供されました。
黒いお皿だと思っていたものは鉄板で、木台にはめられたという。
だから鉄板の上にのせていたのね。
ソースパンに入れて同じく鉄板で温めていたものがデミグラスソースでした。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ フォアグラ&ハンバーグランチ

ハンバーグの上にのせたフォアグラを目玉焼きが覆っています。
フォアグラもハンバーグも(焼き野菜の玉ねぎにも)大絶賛の母でしたが、
目玉焼きも美味しい美味しいとコーフン。「ちょっと食べてみ?」と
叔母とワタシに味見させてくれました。これが本気で美味しかった!!!
まさか目玉焼きひとつでここまで盛り上がるとは。

すると目の前で焼いてくださっていたシェフから「追加で焼きましょうか?」と
叔母とワタシの分も焼いてくださる提案をいただきました。もちろんお願いします。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ 目玉焼きの追加

黄身色は鶏に与えるエサである程度コントロール出来るらしいけれど。
見ためのインパクトだけでない、卵そのものの濃厚な旨みがあります。

シェフの気遣いで、思いがけず一人ひとつずつ目玉焼きを堪能出来ました。
後からレシートに記載された金額を見たら、3人共「安い」「追加すべき!」と
口々に言ってしまうお手ごろ価格。「次回も頼むよね」と意見が一致するほどです。

食事は、ごはんかガーリックライスのいずれか。
ワタシたちは3人共ガーリックライスを選びました。
こちらのガーリックライスも目の前の鉄板で焼いてくれます。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ 目玉焼きの追加

ガーリックライスと赤だしと香の物。
脂っぽさがなく、程よく醤油を効かせたガーリックライスに箸が進みます。
最近、炭水化物の量を減らしているワタシも、コレはペロリといただきました。

デザートは、ティラミス、バスク風チーズケーキ、白桃のヴェリーヌ、
パイナップルとココナッツのセミフレッド、アイスクリーム&シャーベットの盛り合わせ
から選べます。デザートメニューはメインダイニングと共通のよう。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ バスク風チーズケーキ

ワタシは「バスク風チーズケーキ」をチョイス。
ベイクドチーズケーキの濃厚なコクと、レアチーズケーキのクリーミーさを兼ね備えた
バスク風チーズケーキには重さがなく滑らかで、チーズの風味が広がります。
今の季節だと凍らせて食べても美味しいだろうなと想像が広がる一品。

神戸オリエンタルホテル 鉄板焼きランチ アイスクリームとシャーベットの盛り合わせ

母と叔母は「アイスクリーム&シャーベットの盛り合わせ」にしていました。
「またそんなド定番を」と思ったけれど、母も叔母も大喜び。
最後まで美味しくて嬉しいランチが出来ました。

これまでメインダイニングばかりを利用していた母。
「これからはステーキハウスにも来よう」というほど気に入ったみたいです。
この内容で、3,500円〜4,000円はかなりコスパが良いと言えるはず。
本当は3人で「久しぶりだし超豪華なランチをしよう!」と鼻息荒くしていたのに(笑)
結果、このお値段で満たされてしまいました。

神戸オリエンタルホテルのレストランは、雰囲気も良くホスピタリティも高く。
17階にあるので、神戸らしい海や山の景色も楽しめます。
神戸観光の際に「ちょっといいランチを」と思うときにもオススメしたいお店。

ステーキハウス ミディアムレアステーキ / 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)三宮・花時計前駅
住所:兵庫県神戸市中央区京町25 ORIENTAL HOTEL 17F
電話:078-326-1577(10:30〜21:00)
定休日:不定休
昼総合点★★★☆☆ 3.9



ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others