中目黒の隠れ家的鍋専門店「吉次蟹蔵」で毛ガニ一杯丸ごと投入鍋を堪能 | WOMANIA
2019.11.05 Tuesday 04:01

中目黒の隠れ家的鍋専門店「吉次蟹蔵」で毛ガニ一杯丸ごと投入鍋を堪能

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 口コミ

月に1回、定期的に中目黒のエステに通っています。
その帰りに友人と待ち合わせをして「吉次蟹蔵」へ毛ガニ鍋を食べに。
こちらは、「毛ガニ大根鍋」か「きんきとキノコのしゃぶしゃぶ」を
メインにしたコースのみのメニュー展開のお店です。
吉次はキンキのことだから、まさに「キンキとカニ」というそのままの店名です。

キンキにも魅かれましたが、この日は毛ガニ鍋のコ―スで。
毛ガニ鍋の場合は1台(2〜4名)14,000円のお鍋に、
プラス一人2,500円のコース(鍋以外のメニュー6品)料金という価格設定です。
つまり人数が多ければリーズナブルに利用できるというわけ。
(お鍋の量は増えないので、一人あたりの量は少なくなります。)

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース バーニャカウダ

コースはまず、「バーニャカウダ」と「きんきの昆布〆」からスタートしました。
バーニャカウダソースには、蟹味噌を隠し味で使っているそう。
一人1台ずつ固形燃料で火をつけたバーニャカウダソースが用意されます。
この日のお野菜は、白チコリ、黄人参、もろきゅう、紅大根、プチトマト。
蟹味噌の風味を活かし、そのままでも食べられるようなソースとマッチする
食材が選ばれています。最後に白チコリをスプーンかわりにして残さず食べちゃった。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース きんきの昆布シメ

「きんきの昆布〆」は、すだちを絞り、わさびをつけていただきます。
脂がのっていてとろとろのきんきの旨みを最大限に味わえるような仕立て。
もうひとつの看板メニューである「きんき」をこんな形で味わえるなんて!

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース ほっき貝のアオサ焼き

続いては「北寄貝のあおさ焼き」です。
メニューでは「沖あさりのあおさ焼き」になっていましたが、
但し書き通り、仕入れ状況により変更があったみたい。
ワタシは、個人的に北寄貝の方が好きなので嬉しい変更でした。

磯の甘みをふんだんに感じさせる薄めの味付け。
北寄貝は柔らかく、いつまでも口に残るような感じが一切ありません。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋

ここで、お鍋に火を入れます。
毛ガニ鍋は、昆布出汁ベースにちくまの白味噌にバターを入れた「白」と
昆布出汁ベースに3種の唐辛子を加え、ニンニクと生姜で香りを引きたてた「赤」から
選べます。ワタシたちは、はじめてなのでベーシックな「白」に。
土鍋の中で蟹が抱えている四角いものがバターです。

お鍋を煮ている間に出てくるのは「酒彩盛合せ5種類」。
これがもうどれも「もっと食べたい」と思うくらいだったのに、
なんと!写真を撮り忘れました。。。
しかも、一緒に行った友人も、この写真だけ無いという。
それくらい箸をつけるのが待てなかったのだと思います(笑)

この日の内容は、もずく酢、鮎の甘露煮、筋子の味噌漬け、湯葉の生ハム巻き、
クリームチーズ 刻みわさびのせ。中でも筋子の味噌漬けが絶品で、
「コレ、売って欲しい」「持って帰りたい」と言うほどでした。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース コロッケ

そして、季節の揚げ物として「松茸のコロッケ」。
小さめサイズながらも、ほくほくとした食感で満足感が高いです。
松茸の風味もしっかり。
上品に「揚げ物を食べたい」欲を満たしてくれる一品でした。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋

酒彩やコロッケを楽しんでいる間に、カニ鍋が良い感じになり。。。
カニ身や大根、スープをいただきます。

毛ガニは切れ目を入れて下処理をしっかりしてくれているので食べやすく。
するりと身が取れます。
蟹味噌は、そのまま食べてもお出汁に溶かしても良いそう。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋

最初は、バターをたっぷり入れたにも関わらず、どちらかと言えばあっさりめ。
それが、煮詰まり、カニの出汁が出るにつれ、コクのある味に変化していきます。

お腹が満たされてもスープだけは、やめられないとまらない(笑)
そして、最初は「こんなに食べきれないだろう」と思っていた大根ですら
よく煮えて、味がしみしみになると、ついうっかりつまんでしまいます。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋 雑炊

お鍋のシメは雑炊で。
メニューを見ると、「白」の場合は雑炊、「赤」の場合はラーメンでした。
程よく濃くなったスープに、溶き卵を入れた雑炊なんて美味しいに決まってる!
お店の方が丁寧に作ってくださいました。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋 雑炊

雑炊にはいくらをのせていただきます。
もうお腹いっぱい!だと思っていたのに、雑炊は別腹だったもよう。
1台の毛ガニ鍋は、女性2名だと充分過ぎるほど、4名だとやや少なめな感じかな。
3名くらいが、ちょうど満足出来るくらいかもしれません。

中目黒 カニ鍋 吉次蟹蔵 コース 毛ガニ鍋 デザート ラフランスのシャーベット

デザートは「ラフランスのシャーベット」が最中仕立てで出てきました。
驚くほど芳醇なラフランスの香りが鼻に抜け、香ばしい最中の皮とマッチします。
最後まで、素材の味を大切にしたお料理を出してくれるなと実感。
吉次蟹蔵のメニューは、どれも素材勝負なような気がしました。
毛ガニも北海道・紋別から生きたまま直送しているそうです。

中目黒の駅前に位置する古いマンションのようなビルに入っている吉次蟹蔵。
先に着いた友人から「お店、ここであっているかわからない」と連絡がくるほど
店構えはマンションのようでした。中がこんな風になっているなんて!と驚きます。
隠れ家という言葉がピッタリなお店だと思う。
丁寧に食材や料理、そして利用客と向き合っている印象です。

吉次蟹蔵居酒屋 / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9



吉次 蟹蔵
吉次 蟹蔵
ジャンル:キンキ/蟹 鍋専門店
アクセス:東急東横線中目黒駅 徒歩2分
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-9-5 プラージュ目黒3F(地図
姉妹店:なかめのてっぺん 本店 | なかめのてっぺん 渋谷宇田川町店(旧:むげん 渋谷店)
ネット予約:吉次 蟹蔵のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 中目黒×鍋料理
情報掲載日:2019年11月5日

ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others