25年目の神戸ルミナリエ | WOMANIA
2019.12.15 Sunday 16:08

25年目の神戸ルミナリエ

神戸 ルミナリエ 2019年 行ってきた ブログ レポート

5年ぶりに神戸ルミナリエに行ってきました。
2019年の開催は12月6日〜12月15日の10日間。
阪神・淡路大震災が起こった2015年12月からスタートし、今年で25年目となります。
当初は、震災の犠牲者への鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望を託した行事として
開催されていましたが、回を重ねるうちに神戸の冬の風物詩として定着するように。
震災から復興した神戸の誇りを感じさせる行事になっています。

ルミナリエの会場は、元町・旧居留地から三ノ宮・東遊園地。
旧居留地にある三井住友銀行あたりから仲町通りを進む一方通行です。
スタート地点の最寄駅は、JR元町駅もしくは神戸市営地下鉄海岸線旧居留地・大丸前駅。
だいたい1時間くらい前から、会場を含む周辺道路の交通規制がはじまります。
時間になると、かなりの数の警備員さんが立っているので、迷うことは無いはず。

神戸 ルミナリエ 昼間 会場 ブログ レポート

ちなみに、点灯はされていませんが、昼間もルミナリエの装飾は観ることが出来ます。
ワタシはこの昼のルミナリエも好きで、勝手に「白いルミナリエ」と呼んでいたり。
今年もタイミングよく晴れて、青空に映える白いルミナリエも観れました。
昼間は全く混んでいないので、ふらりと観ることが出来ます。

ルミナリエといえば、点灯の瞬間も醍醐味のひとつ。
今年も点灯が観たくて、30分くらい前から並びましたが、
通りから曲がったところでのスタンバイになってしまい、叶いませんでした。
ワタシが行った日は、17時45分くらいの点灯。
見えていなくても鐘が鳴るので判ります。

神戸 ルミナリエ イルミネーション ブログ レポート

今年のテーマは「希望の光に導かれて、25年」。
ルミナリエのデザインは毎年変わっています。

玄関作品の「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な3連の門状。
正面だけでなく、サイドや柱をつなぐ上部にも装飾があり、
ワタシが観た5年前よりパワーアップした印象です。

神戸 ルミナリエ イルミネーション ブログ レポート

豪奢な「フロントーネ」に続くのは光の回廊「ガレリア」。
この日は、月もキレイに見えていました。

ルミナリエは混雑していても、ぎゅうぎゅう押し合う感じではありません。
程よい距離感で、自由にぞろぞろ歩いているよう。
初ルミナリエだった友人が「混んでいるのに、何で?」と不思議がっていました。
もっと密着していてスリに注意!みたいな雰囲気だと思っていたんだって。
言われてみたら、確かにそうだよね。
募金やお店に立ち止まっても自然と流れに戻れるくらいです。

神戸 ルミナリエ 第一回目の作品 ブログ レポート

さらに、今年は第25回の特別な演出として「メモリアルソーン」の展開が。
ここでは、第1回目に使用していた白熱電球による作品が続いています。

25年前にワタシたちを照らしてくれたのは、こんな光だったのね。。。
作品の詳細は覚えていないけれど、はじめてルミナリエを観たときの
あの気持ちは今でも忘れられません。

神戸 ルミナリエ 東遊園地 ブログ レポート

東遊園地に広がるのは、ひときわ大きなドーム状の作品です。
四方に配置した塔が光の壁掛けでドームと結ばれ、宮殿のような雰囲気です。

これまでは、中央の光の聖堂「カッサアルモニカ」を
光の壁掛け「スッパリエーラ」が取り囲んでいたのですが、
今年はこれまでにない取り組みとして、高さ21mのドームで包んでみたのだとか。

神戸 ルミナリエ 東遊園地 ドーム ブログ レポート

ドームの中で見上げてみると、光の模様に圧倒されます。
今年はこのドームを含め、東遊園地の見応えがあった印象。

東遊園地に移動したこうべ花時計がある広場にも大きな作品がありました。
花時計もルミナリエ25周年デザインです。
子どものころは、この花時計のデザインが変わるのが楽しみでした。

神戸 ルミナリエ 東遊園地 花時計広場の作品 ブログ レポート

ワタシたちはタイミングが合わなかったのですが、この花時計の後ろにある作品では
音楽に合わせて光が点滅する「音楽と光のショータイム」が実施されています。
最後の方だけちらっと見たけれど、かなり魅力的でした。
作品の下にはステージもあり、ミニコンサートも開催されていたよう。

現在、ルミナリエは、その多くを募金で運営されています。
会場ではボランティアによる募金の呼びかけもたくさん。

5年前に感動した神戸大学の学生さんによる「センサー募金箱」も続いていました。
きっと研究室の恒例行事として続いているんだろうなと想像します。

神戸 ルミナリエ 募金 ブログ レポート

仕掛けが見たくて、全ての募金箱に募金してきたワタシたち(笑)
財布の中の小銭を全て使い切ってしまったもんね!
わいわい盛り上がっていたら、どんどんひとが集まってきて、
彼らが考案した募金箱の価値を思い知りました。本当にスゴイと思う!

神戸 ルミナリエ 募金 ブログ レポート

さらに、「時代」ならではだなと思ったのが電子決済を使った募金。
ワタシはPayPay愛用者なので、PayPayで募金してきました。

他にも、神戸の老舗洋菓子メーカーによるルミナリエ限定パッケージのお菓子や
JR西日本とのコラボグッズ、ルミナリエ切手、ルミナリエ宝くじなど
「ルミナリエ破産する!(笑)」というくらいお金を使ってしまったワタシ。

神戸 ルミナリエ 東遊園地 ルミナリエ宝くじ ブログ レポート

ルミナリエ宝くじは10枚買ったら、1,200円当たりました。

最後に、東遊園地の山側に建つ神戸市役所本庁舎1号館24階展望ロビーへ。
東遊園地の作品を上から観ることが出来ます。

神戸 ルミナリエ 神戸市役所 ブログ レポート

上からみたドームもすごくステキ。
夜の闇に浮いているようです。

市役所はエントランスロビーにエレベーター待ちの列が出来ていますが、
1台に乗れる人数が多いので、けっこう早く進むはず。
トイレもあるので、オススメの鑑賞スポットです。

神戸 ルミナリエルミナリエのデザイン 歴史 ブログ レポート

ワタシが今のように写真を撮るようになってから3回目のルミナリエ。
2001年までは神戸に住んでいたから、毎年観に行っていました。
あの頃は、スマホも無かったので、誰も彼もが写真を撮る感じじゃなかったけどね。

今、ミナリエは震災の鎮魂と復興への願いを込めた行事だって
知らないひとも多いと思います。最初は寂しい気持ちもあったけれど、
今回のルミナリエを観て「それだけ神戸の街が復興したんだな」と思いました。
多くのひとが何もなかったように、当たり前のように遊びに来てくれる、
そんな観光地に戻れて良かった。震災から復興したこの街を誇りに思います。

来年の1月17日で阪神・淡路大震災から25年。
25年間の間には、たくさんの「被災地」となった場所があります。
どうか、この神戸を「励み」にして欲しい、そう願わずにはいられません。

 関 連 記 事 

・20年目のありがとう 神戸ルミナリエ 2014

・神戸ルミナリエ




ブログパーツ
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

















じぶんdeエステ
▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others