クラランス 「ダブル フィックスマスカラ」と「フィックス メイクアップ」 | WOMANIA
2008.04.24 Thursday 08:13

クラランス 「ダブル フィックスマスカラ」と「フィックス メイクアップ」

クラランス ダブル フィックス マスカラ

ブランド:クラランス
価格:9g ¥3,570(税込)
※2008年4月11日発売

ワタシの元同僚でもあるともだちが溺愛していたクラランスのフィックスマスカラが
「ダブル フィックスマスカラ」にリニューアルしました。
ワタシのともだちはコレをものすごい勢いで買いだめし、3月に職場を去るとき
ストックから1本、ワタシに恵んでいってくれました。
でも、ソレを使う間もなくリニューアル。ごめん、新しい方、先に使っちゃった。

フィックスマスカラは簡単に言ってしまえば、マスカラトップコート。
「パンダに絶対ならないから!」と元同僚は強くプッシュしてました。
今回は名前に「ダブル」がついて「ダブル フィックス マスカラ」。
どうやらアイブロウにも使えるヨ♪ってトコがダブルのよう。

ワタシは眉毛はアイブロウマスカラ&眉尻のみペンシル。
でも、ナゼだかあまり消え去ったこともないので、必要ない感じ。
ただ、プールとか激しく汗をかく日に持ってると安心だろうな。

睫毛に関しては、ウォータープルーフの半分くらいは嘘だ!と思う
くらいパンダになりやすい睫毛構造をしているみたいです。
パンダになると目の下のクマも相乗効果でどんより度200%(涙)
みっともないったら、ありゃしない。
数々の修羅場を共に働いてきた元同僚はワタシのどんよりパンダが
哀れで仕方がなかったに違いない。だから、置き土産。

ワタシ、最初、「ダブル フィックスマスカラ」を過信し過ぎて、
あまりにも適当に使ってしまった。そうしたら、若干パンダに。
どうやら、コレはマスカラを塗ったあと、マスカラが乾くまで時間をおき、
そのあと、丁寧にコレでもかっ!というくらい塗るのがよいみたいです。

ガツンガツンに青いマスカラ

コチラ、青い発色がお気に入りのディオールショウのアズールブルー
ウォータープルーフなんですが、かすかにパンダ注意報が発令されます。
なので、下睫毛にはほとんど使ったことがなかったのー。
でも、「ダブル フィックスマスカラ」に期待して、下睫毛にも使ってみたヨ。

結果はスバラスィ♪♪クレンジングに苦労するほど、完璧だった。
今まで、仕上がりはキレイなんだけれど、パンダになるんだよねーという
マスカラが活用されそう。上は大丈夫だけど、下は心配というマスカラにも
重宝すると思います。ワタシは今まで、下はフィルムオンリーだったけれど、
コレでメイクの幅が広がるってものだわ。元同僚の溺愛ぶりは嘘じゃなかった。

ちなみに、コレ、ガンガン塗ってもひじきになりません。
丁寧に梳かすように塗るのがコツだと思うけれど、トップコートの中には
塗ったら糊みたいに固まってバリバリになるのとかあるでしょ?
コレはそういうのが無かった。クレンジングはアイメイクリムーバー必須です。
ワタシはアナスイのアイメイクアップリムーバーWPで落としました。

一緒に同時発売されたフィックス メイクアップも。

クラランス フィックス メイクアップ

コレはアフターメイクアップローション。
メイクの最後にシュッとひとふきでメイクをキープしてくれるもの。

メイクの最後に顔から20cm〜30cm離して、顔全体に2〜3プッシュ。
粒子が細かいミストなので、顔がびちょびちょになったりしない。
ローズの香りにはリラックスやリフレッシュ効果もあって、
オフィスで水分補給も兼ねてシュッとひとふきもいいよネ。

コレさ、勘違いするひとも多いと思うのだけれど、メイクを落ちなくするアイテム
じゃないから。メイクコートミストじゃないです。
あくまでも、メイクしたままの状態をキープしてくれるアイテム。
メイク直後はキレイな仕上がりなのに、時間が経つと、皮脂などでメイクが
くすんで見えることってあるでしょ。まぁ、ソレがウマくいくとなじんでるとも言うんですが。
そのつけたてのメイクの発色と輝きを保ってくれるのです。
グリコフィルムが目に見えないヴェールで肌を包んでくれるとか。
ワタシ、実は手にアイシャドウを塗って、実験してみました。
フィックス メイクアップを塗るのと塗らないのとどう違うのか。
KATEのラメが入った濃い色のアイシャドウを使ったのだけれど、
フィックス メイクアップを塗らない状態でこすると、キラキラが散乱して、
みっともない状態になります。
それがフィックス メイクアップをスプレーして、しばらくおいてから、こすると、
するりとする。落ちるには落ちるんだけれど、落ち方がキレイ。

どうやら、メイクアイテムの粒子を安定させる働きがあるようです。
一番、顕著にその効力を発揮してくれるのはチークじゃないかなと思います。
チークってふんわりのせたいものじゃない?
でも、朝の仕上がりのままの状態で1日過ごせるかと言われればビミョー。
パール感だけ残って、テカテカのほっぺになったり、色味がまだらになったり。
コレを使うと、そういう汚いメイク崩れがないと思います。

クラランスのアイテムって科学的な感じがするよね。
電磁波から守る機能がある「e3P スクリーンミスト」のときも思ったけれど、
きっちり現代女性の生活を考えたアイテムを提案している気が。
上手にそういうものを取り入れた暮らしをしたいなって思うの。 

にほんブログ村 美容ブログへ 人気blogランキングへ ビジネスブログ100選へ ブログランキング「くつろぐ」へ
ブログパーツ クチコミblogランキング TREview
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others