意外と近い自然 ぶらり春の高尾山散策 | WOMANIA
2009.04.20 Monday 16:52

意外と近い自然 ぶらり春の高尾山散策

高尾山におでかけ

TRY TRENDのモニターとして、はじめて高尾山に行ってきました。
山歩きなんて、久しぶり!
ウチの家から乗り換え1回、1時間半足らずで行けちゃう、山。意外と近い自然。

高尾山は標高599mの山。東京都八王子市に位置します。
「高尾山って何県?」と聞いて、「東京都だよ!!」と言われてしまったワタシ。
関西の子は高尾山のことなんて、小学校で習わないんだよぅ。
でも、高尾山は、国定公園で、平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に
指定された山なのです。山中でも三ツ星記念碑を発見しました。

いろんなルートで楽しめます

1号路から6号路までと、 稲荷山コース、高尾山・陣馬山コースと、全8コースで
登ることができ、それぞれに、キツさや見れる動物、植物、昆虫、野鳥が違うらしい。
ケーブルカー、リフトで中腹の海抜472m付近まで登ることができます。
歩いて登っても、1時間半ほどなんだって。平日の昼間に行ったら、小学校の遠足と
外国人の方がたくさん。登山から山歩きまで楽しめる感じです。

今の時期、スタンプハイクなんて、スタンプラリーも実施されていて。
京王線 高尾山口駅の駅付近でラリーシートが配布されています。

高尾山におでかけ

山中の12箇所のポイントにスタンプが設置されているもよう。
スタンプに書かれているキーワード5文字を並べ替えてスタンプクイズに応募。
抽選で日帰りバス旅行や京王プラザホテルの宿泊券、ニュージーランドワインなどが
当たります。もしくは、京王百貨店新宿店か聖蹟桜ヶ丘店に持って行くと、その場で
スクラッチカード抽選も出来るみたい。ワタシは3個しか集められなかったので、リタイア。
ラリーシートと一緒に「高尾山トクトクブック」というのも配られているので
そちらも手に入れた方がいいかな。12ヶ月の主な植物の写真やイベント情報が載っていたり、お店や施設で割引や特典が受けられたりするハンドブックです。

4/1〜5/31までは、ケーブルカーの高尾山駅改札横の売店で「高尾山deラブレター展」
が開催中。高尾山って縁結びの山なんだって。
高尾山薬王院には縁結びのお堂があるそう。

高尾山deラブレター展

ワタシ、行きはケーブルカーで登りました。

ケーブルカーですいすい

自動改札が主流になった昨今で懐かしの、切符切り!
パチンと切符にハサミを入れてもらうだけで、なんだか嬉しいキブン。
ムカシは当たり前だったのにね。

恐ろしいほど急な斜面

こんなオソロスィほど急な斜面をケーブルカーでガタンゴトン。ザ・文明。
6分ほどで、海抜472m付近まで登れちゃうって、やっぱりスゴイ。
歩くと、1時間半ほどの距離を金で買ったキブン(笑)でも、楽しい乗り物。

で、高尾山驛に到着。この「驛」の文字に魅かれるワタシ。いいなぁ。

高尾山驛

降りたすぐ横の売店でラブレター展は開催されていました。
こじんまりした感じの展示なので、ふらっと見るのに良いと思います。

高尾山deラブレター展

コレ、住友信託銀行が主催する「60歳のラブレター」の入賞作のパネル展示です。
「60歳のラブレター」は2000年11月22日からはじまった夫婦愛を綴るラブレター
応募企画。9年間の間に約9万通の応募があったそう。
10年目の今年、「60歳のラブレター」というタイトルで映画化されます。
5/16より全国ロードショー。
「ラブレター」って聞くとドキドキするけれど、受賞作は心温まるものが多くて。
感謝の気持ち、優しい気持ちを文字に綴るってステキなことだなって思った。

ラブレター祈祷箱

会場の隅には、「ラブレター祈祷箱」も設置されています。
コレは「60歳のラブレター」とは関係なく、渡せなかったラブレターを投函すると
高尾山薬王院で祈祷されるというもの。誰でも入れていいのです。
いろんな事情で届けることが出来なかった想いの行き場。
伝えられなかった想いを諦めるのではなく、そっと押し出してあげられる、
優しい企画だね。世の中には、見えない枷が確かに存在するもの。

ここからは、山歩きとなるわけですが、道路も舗装されていてつらいことも
ありませんでした。動きやすい服装なら充分だと思います。

森林浴的な

オンナふたりで、日々の喧騒から離れた山歩き。
今の時期、暑すぎず、寒すぎず、いい季節だなぁと実感しました。
108の石の階段も登ったよ。
煩悩の数と同じ階段は、かかる苦しみや悩みを踏み越えるべく、登るわけです。

やっほー!

この日は、生憎の曇り空で、靄がかかっていたから、絶景の景色ではなかったけれど。
それでも、山々の景色はいいもの。自然だなぁ、山だなぁと実感するの。

帰りはリフト利用です。行きも帰りも文明のお世話になるへたれ者なワタシ。
でも、このリフトが乗ってヨカッタ!と思えるほど、面白く。

お帰りはリフト

一緒に乗ったともだちも「こえぇぇ!」と大騒ぎするスリル。
シートベルトとか安全バーとか何もなくてね。横の手すりのみのベンチシート。
そりゃ、落ちても、下に網があるから、死にはしないんだろうけれど、スリリング。

ワタシ、一眼レフを手に入れてから、こういう場所に行くのが楽しくなりました。
元々、出不精なワタシだけれど、「いい写真、撮れるかな」と思うと、
ちょっと、行ってみたくなるわけです。人参、ぶら下げられないとダメな性質。

高尾山で見れる植物たち

この日、高尾山で見つけた植物たちはやっぱり、ステキだった。
こんなちいさなところにも目が向けられるようになったのも、一眼のおかげ。
そういう意味では、とっても感謝してる。まさに、ワタシの第三の目。

高尾山ってね、一度じゃ、ゆっくり楽しめません。
ケーブルカーやリフトの最終時刻もあるので、時間がたりないー。
ワタシたちは、昼過ぎに待ち合わせしたわけですが、朝から行く方がいいね。
何度か訪れても、四季折々の楽しさ、新しい発見があると思う。
ワタシの職場にも、高尾山に頻繁に行っている女性が居るのだけれど、
きっと、何度行っても、楽しめるんだろうね。その方、植物が好きなんだ。

神戸に居るときは海も山も近くて、街から少し外れたら、六甲山の麓でした。
でも、神戸を離れてしまってからは、海や山からも離れてしまって。
最近、ちっとも海にも山にも行っていなかった。
電車で1時間半ほど乗れば、そこは、自然とのふれあいの場。
たまには、こういうのもいいなぁと思いました。楽しかったよ。



ブログパーツ ※TRY TRENDモニター記事
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




















もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others