1.17&3.11 | WOMANIA
2012.01.17 Tuesday 18:11

joujou 東日本大震災復興支援 CHARITY BRACELET ver.2

東日本大震災復興支援 CHARITY BRACELET ver.2

ブランド:joujou(ジュジュ)
価格:¥2,500(税込)
2012年1月10日発売

東日本大震災からちょうど10ヶ月目の1/11、友だちからjoujouの
東日本大震災復興支援 CHARITY BRACELET ver.2」のことを
教えてもらいました。昨年3月の震災後に企画されたチャリティーブレスレット
第二弾。継続すること、初心を忘れないことが大切として企画されたもの。

CHARITY BRACELET ver.2はREDとBLUEの2種類。
BLUEには、サイズが違うレディースとメンズがあります。
ワタシは、REDを購入しました。

コレ、ミサンガとパワーストーンブレスを合体させたようなデザインです。
金具で留めて着脱するもの。
ストーン部分にシリコンゴムは入っていないので、伸びません。

使われているストーンは4種類。

【愛】という意味のあるローズクオーツ(天然石)
【癒し】という意味のあるピンクロードナイト(天然石)
【勇気】という意味のあるレッドメノウ(天然石)
【幸運】をもたらす水晶

それぞれに、チャリティーの趣旨に適う想いが込められているよう。

また、細部にもこだわっていて、途中のハートのパーツには日本地図が
デザインされています。日本地図の左にはストーンが一粒。

ハートの中には日本地図

留め具の部分に付いているjoujou logoのプレートの裏面には、for allという刻印も。

for all

結ぶタイプのミサンガって一度着けると外しちゃいけないような気がするし、
着け外しするにしても面倒。着けっぱなしにすると、ミサンガが切れる
タイミングより先に、パーツのメッキがはがれたりして、ダメージも気になるしね。
でも、コレはミサンガとパワーストーンの双方を兼ね備えたバランスの良い
デザインだと思いました。これなら、いつでも身に着けられる。

大切にしよう

実際に着けてみるとこんな感じです。
チャリティーの趣旨にも賛同したいと思ったけれど、デザインも好き。

いつまでも想いは共に

このチャリティーブレスレットの収益金は日本赤十字社へ全額寄付されるそうです。
また、メール便での送料も、多くの協力を得たいということでかかりませんでした。
震災直後、たくさんの企業がチャリティー企画をしていたけれど、
最近は、その数も減ったなと感じます。継続した支援をという気持ちはあっても、
いつまで、どのような形で行ってゆけばよいのか判らないとも思うよね。
そんな中、「いつまでも忘れない...」という気持ちを込め、企画された
このチャリティーブレスレットは、とても有り難く、嬉しい存在に思えました。
これからも、想いは共に。


 関 連 記 事 

・Helping Japan marimekko(マリメッコ) チャリティーバッグ

・Michal Negrin(ミハエル・ネグリン)Pray for Japan ネックレス

・エル・オリジナル震災復興支援チャリティTシャツ ジャンポール・ゴルチエ

・Q-pot. チャリティーリストバンド 「Peace Chocolate Band」

・東日本大震災チャリティーグッズ mimo.チャリティーチャーム 第二弾




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.01.17 Tuesday 11:14

1.17によせて (北淡震災記念公園と共に)

1995年1月17日発生

本日、1月17日。
阪神・淡路大震災から17年です。

昨年3月11日に起こった東日本大震災をきっかけに、阪神のことも
クローズアップされることが多くなりましたが、あれから17年間、
神戸を中心としたひとたちは、毎年1.17が近づくたびに、
この震災のことを振り返り、伝えてきました。
おそらく、月日が経つにつれ、毎年毎年こんなに騒がなくてもと
思っていらっしゃる方もいるだろうなと思います。
震災経験者の中にも「思い出したくない」というひともいます。
「風化させないため」と言われますが、何故に月日と共に薄れていっては
いけないことなのかと、そこに疑問を感じるひともいるでしょう。

1995年1月17日の神戸新聞

ワタシは、神戸を離れてから、特にこの日を振り返るようになりました。
毎年、1.17に震災についての何かを記してきました。
それは、震災経験そのものを伝えるというよりも、あんなに大きな地震を
経験したワタシも今は、元気で普通に暮らしていますということを
伝えたかったのかもしれません。神戸以降に起こった震災の経験者の方が、
あのとき神戸のひとたちが感じた「もう終わりだ」という気持ちの代わりに
「あの神戸でも復興したのだから」と励みにしてもらえたら、
「これからどうなるのだろう」と未来に不安を覚えている方が、
「17年後には、被災者の中にもこんな風に毎日を送っているひとがいる」と
月日の流れを信じてもらえたらと思うのです。人間は比べることでラクに
なることがあります。事実、ワタシも17年間の中で、苦しいとき、つらいとき、
「地震のときに比べたら」と思って、生きてきました。
ある意味、振り返りはワタシの中での確認です。

震災により大きな被害を受けた地域

ワタシは、神戸市兵庫区という場所で生まれ育ち、そこで被災しました。
被害が大きかったといわれた、長田区、兵庫区の一端にあります。
幸いにして、ワタシの地元は火災が発生しなかったため、地震の被害のみでした。
地震直後、倒壊した自宅の部屋に閉じ込められ、夜が明けるのを待った時間。
避難所となった小学校の講堂から見た、真っ赤に燃える遠くの景色。
祖父母の家の横の路地一面に流れ落ちていた、屋根瓦の海。
幼馴染と共に何キロも歩いて食料を買い求めに行った道のり。
避難所の講堂の緞帳の影で流した涙。
電気が通った後、オーブントースターとホットプレートで作った温かい食事。
被災後、はじめて訪れた大阪の変わらない風景。
たくさんの忘れられない出来事があります。毎日が必死でした。

昨年11月、ワタシは、阪神・淡路大震災の原因となった兵庫県南部地震で出現した
野島断層を見に行きました。それは淡路島の北淡震災記念公園の中にあります。

野島断層

手前の隆起が、道路に現れた断層です。
淡路島・北淡町にあらわれた野島断層は延長10kmにも及ぶとか。
野島断層は、ここで、アスファルト舗装の真下を横切り、上下に約50cm、
向かって右方向に最大1.3mずらしたそうです。

右側が兵庫県南部地震で動いた主断層

断面的に見れば、これが兵庫県南部地震で動いた主断層です。
大地がこれだけ動いたということが、ワタシたちの生活に及ぼした影響。
それを考えると、人間ってもろいものだなと思わずにはいられませんでした。
この隆起が出現したと共に、計り知れないほどのものが奪われたのです。

阪神・淡路大震災では、火災による被害も多くみられました。
ワタシの知り合いの方も、地震で倒壊した家に閉じ込められた後、
迫り来る火の手を免れることが出来なくて、亡くなりました。
震災記念公園には、「神戸の壁」と呼ばれる延焼防火壁も移設、保存されています。

神戸の壁

「神戸の壁」は、昭和2年頃、神戸市長田区若松町の公設市場の延焼防火壁として
建てられたもの。神戸大空襲に耐え残り、阪神・淡路大震災でも周囲の建物が
倒壊全焼する中、この壁だけは倒れず、焼けず、その姿をとどめたということで
震災から得た教訓と防災に対する意識を発信する象徴とされています。

あの日の朝、ワタシの家でもたくさんのものが倒れ、壊れました。
ワタシの部屋の中の状況で忘れられないのは、電気の傘から蛍光灯が外れ、
床に破片が散らばっていたことです。また、揺れにも方向があったらしく、
たんすは揺れで移動し、上に置いていたコンポも落ちていたのに、
本箱は倒れず、中の本は1冊も飛び出ることが無かったのも不思議です。

メモリアルハウス

これは、北淡震災記念公園の中にあるメモリアルハウスの風景。
メモリアルハウスは活断層の真横でもほとんど壊れなかった家で
「地震に強い家」として公開されています。倒壊はしなかったけれど、
家は元の位置から約20cm持ち上がり、横に約120cm動いたそう。
当時の状況を再現したという様子は、すさまじいものがあります。
あの日、多くの家庭のキッチンがこうであり、これ以上だったと思います。

メモリアルハウスの中には、当時の子供たちの声も紹介されていました。

子供たちの声

忘れられない出来事

当時、小学生だった子供たちも、今では大人になっています。
東日本大震災のときも、神戸の震災を経験した若者がボランティアに行っていると
聞きました。あのときの恩返し、震災の痛みを知るものとして、震災の経験をいかして、
そんな想いから神戸からたくさんの支援が東北に届けられています。
そう思うと、あの地震で経験したこと、感じ、考えたことは無駄じゃなかったと
思うのです。ワタシも、いつの頃からか、小学6年の子が書いているように
「地震があったから」と考えられるようになりました。
震災はあって嬉しいものではないし、出来れば体験したくなかったことだけれど、
神戸に生まれたことを一度も後悔したことはありません。

モニュメント鎮魂の碑

今年も神戸では、追悼の儀式がありました。
ワタシもこの時刻、小さな祈りをささげました。
今年は、東日本大震災が発生した14時46分にも黙祷が予定されています。
逆に東日本大震災の被災地である陸前高田でも本日、追悼行事が行われたそうです。
陸前高田には、神戸から「1.17希望の灯り」が分灯されています。

震災は多くのものを奪い、変えていったけれど。
妙な表現ですが、1月17日はワタシにとって誕生日のような存在です。
17年前、ワタシが命を落とさなかった保障はどこにもなくて。
それでも生きていて、その後のジブンがある。
毎年、1月17日5時46分には、ワタシが「今、ここに在ること」に感謝を重ねます。

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.08.31 Wednesday 02:44

Helping Japan marimekko(マリメッコ) チャリティーバッグ

marimekko チャリティーバッグ

ブランド:marimekko(マリメッコ)
価格:いただきもの
2011年5月20日発売

神戸の幼馴染がバースデーギフトにマリメッコのチャリティーバッグを
贈ってくれました。ワタシ、マリメッコがチャリティーバッグを
発売したなんて、その瞬間まで知りませんでした。
どうやら、5/20に発売したらしいです。
日本での発売に先駆け、バッグはベルリン、ロンドン、ストックホルム、
マルム、フィンランドのマリメッコの店舗で4月下旬より販売したもよう。
(マリメッコHP Helping Japanのページはコチラ→

このチャリティーバッグのテキスタイルは、フィンランドの青と
日本の赤を基調としてデザインされています。
デザイナーのクリスティーナ・イソラのメッセージタグ付き。

marimekko チャリティーバッグ

「心を一つに」という日本語の一文が嬉しいです。

贈ってくれた幼馴染とワタシは一緒に神戸の震災を乗り越えた仲。
震災直後の交通機関が麻痺した中、何キロも歩いて食料を買出しに
行ったことは忘れられません。楽しいことだけじゃなくて、
苦しいことも一緒に体験した友。3月の地震のときも支えてくれた
ありがたく、大切な存在です。彼女が神戸から今年の誕生日に
このチャリティーバッグを贈ってくれたのには、意味がある。
ひととの関わりも心の持ちようも、神戸の地震も東北の地震も
みんなみんな忘れちゃいけない大切なことなんだよね。

彼女からはチャリティーバッグ以外にもプレゼントがありました。

ありがとう

ワタシが好きなシンディ・ローパーのCDとエプロン。
どれも、ワタシが言っていたこと、書いたことを覚えていてくれて
選んでくれたものです。長い付き合いだから、彼女からは
本当にたくさんの贈りものをもらったよ。本当にいつもありがとう。


 関 連 記 事 

・Michal Negrin(ミハエル・ネグリン)Pray for Japan ネックレス

・エル・オリジナル震災復興支援チャリティTシャツ ジャンポール・ゴルチエ

・Q-pot. チャリティーリストバンド 「Peace Chocolate Band」

・東日本大震災チャリティーグッズ mimo.チャリティーチャーム 第二弾

・フェリーチェ・トワコ チャリティー販売 「FTCオリジナル タオルハンカチ」

・undulate フレグランスキャンドル募金




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.07.15 Friday 14:40

Michal Negrin(ミハエル・ネグリン)Pray for Japan ネックレス

Pray for Japanネックレス

ブランド:Michal Negrin(ミハエル・ネグリン)
価格:¥6,300(税込)
2011年6月28日発売

ずっと気になっていたイスラエルのアクセサリーブランド、
Michal Negrin(ミハエル・ネグリン)ではじめてのお買いもの。
ロマンティックでヴィンテージ色をも強く感じさせてくれる
ミハエル・ネグリンの世界は、ワタシの好きな雰囲気のひとつ。
そのアクセサリーのひとつひとつは今でもイスラエルで作られているそう。
ネックレス、ピアス、イヤリング、リング、ブレスレットのほか、
ブローチやヘアアクセサリーまで、同じテイストで展開しています。

ワタシがマイ ファースト ミハエル・ネグリンとして購入したのは、
東日本大震災を受け、日本への祈りを込めて企画された
Pray for Japan」アイテムです。コレ、日本限定販売商品。
同じモチーフでネックレスとブローチが展開されていますが、
ワタシはネックレスを選びました。
6,300円の売り上げのうち3,000円が東日本大震災の被災地へ寄付されます。

日本への祈り

ハートのモチーフには、桜とPray for Japanの文字のデザイン。
この桜も日本をイメージしているそう。
さらに、このハートはロケットになっているのです。

ロケットになっているのです

中には薔薇を抱えた天使と桜のピクチャー。
ミハエル・ネグリンの世界観の中に、日本への想いや優しさが溢れている
と感じられるデザイン。BOXもチャリティーアイテムオリジナルのもの。
デザイナーであるミハエルの想いは、WEBでも公開されています。
(メッセージ「日本の親愛なる皆様へ」)

このネックレス、とても軽いのも特徴。
アジャスターは3段階あり、短くするとチョーカー程度、
長いところだとハイネックなどでも充分に使える長さです。
汎用性が高いので、いつも身に着けていられるね。

三段階で調整が可能

コレ、事前に情報を知っていたわけではなく、何気なくお店を見に行って
見つけることが出来ました。それも、嬉しい偶然。
ずっと、「何か欲しいな」と思っていたミハエル・ネグリンから
こんなアイテムが発売されているなんて。チャリティーアイテムとしても
マイ ファースト ミハエル・ネグリンとしても忘れられないアイテムになりそうです。

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.07.05 Tuesday 07:16

ランコム 東日本大震災支援プロジェクト Eyes for Future

Eyes for Future

先日、ランコムの新製品発表会に行ってきました。
新製品の内容は、また別記事でご紹介しますが、まずは、ランコムの
「東日本大震災支援プロジェクト Eyes for Future」をお知らせします。

ランコムでは2011年6月1日〜2012年5月31日までの1年間、
東日本大震災の被災地を支援するチャリティープロジェクトを開始しました。
これは、ランコムのマスカラ、マスカラベースを購入すると、
1本につき100円が被災地に寄付されるというもの。
対象はランコムのマスカラ、マスカラベース全品です。

数多くの製品の中から、マスカラが選ばれた理由は、マスカラは
普段から愛用者が多い、ランコムを代表する製品であること。
そして、マスカラが女性のより強く印象的なまなざしを演出すること。

日本中で一人でも多くの女性の目元に希望の輝きをもらたすことで、
厳しい現実に目を伏せるのではなく、力強いまなざしで未来を見据え、
明るいヴィジョンを持って笑顔で上を向いて歩んでゆけるようにとの
想いがこめられています。被災地の女性も、被災地に想いを馳せる女性も
みんなのまなざしが、未来が上向くことを願ってスタートしたプロジェクト。

マスカラ、マスカラベース全品対象

現在(7/5時点)、発売されているマスカラ、マスカラベースは10種類。

・シィル ブースター トリプル ケア ※マスカラ ベース ¥3,990(税込)
・オシィラシオン パワーブースター ※マスカラ ベース ¥4,725(税込)
・オシィラシオン ¥5,250(税込)
・ヴィルトゥーズ ¥3,990(税込)
・ヴィルトゥーズ プレシャスセル ¥3,990(税込)
・アンプリシル ウォータープルーフ ¥3,990(税込)
・イプノーズ ウォータープルーフ ¥3,990(税込)
・レクストレーム ウォータープルーフ ¥4,200(税込)
・デフィニシル ¥5,040(税込)
・レクストレーム ¥4,200(税込)

また、今年9/23には新マスカラ「ヴィルトゥーズ ドラマ」も誕生します。

上まつ毛につけるマスカラは上向きにつける。
マスカラをつけるとき、まつ毛が上がるようにと思う。
そんなとき、もうひとつ未来も上向くことを願おう。
プロジェクトに参加して購入したマスカラを使うときは、
きっとそこのことも忘れないと思います。

東日本大震災支援プロジェクト Eyes for Futureは、来年の5月末までの
1年間と長いスパンを設けています。今すぐじゃなくても、次にマスカラを
買うときに思い出して、選ぶことが出来るそんな期間。
そして、長期的な支援を見据えて、細くても良いから長く続けようという想い。
3/11以降、多くのコスメブランドの支援を目にしてきましたが、
ランコムの支援もひとつのカタチとして参加してゆきたいと思います。



 関 連 記 事 

・ランコム 「ヴィルトゥーズ プレシャスセル」 限定色 プレシャス アメジスト

・ランコム 「ヴィルトゥーズ プレシャスセル」 限定色 ウルトララベンダー

・オシィラシオン下地とヴィルトゥーズ プレシャスセルを愛用

・時短メイクの強い味方 ランコム 「オシィラシオン」の威力




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/6PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others