コンシーラー・ハイライター | WOMANIA
2012.01.24 Tuesday 22:53

3/1発売 アスタリフト 「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」

2012年3月1日発売

ブランド:アスタリフト
価格:3g ¥3,570(税込)
2012年3月1日発売

第5回 東京コスメティック・コレクション(2011A/W)のお土産として
アスタリフトの「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」をいただきました。
会場内で行われたセミナーの中でも期待の新商品として紹介されたコレ。
ブースでは展示のみでテスターが無かったので、実際に使えるのが嬉しい。
3/1に発売の商品をひとあしお先に使ってみました。

「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」は、シミを隠すコンシーラー。
「メラノ」とはシミの元となる「メラミン」のこと、
「レタッチ」とは「修正する・加工する」という意味があります。
シミの部分は、正常な肌の部分に対し、明度は低く、彩度は黄色寄り、
光反射は黄色光を強く反射するのだとか。だから、シミの無い部分の肌が
キレイに仕上がっていたとしても、光や角度でシミだけが目立ってしまうそうです。
ただ上から塗り重ねるだけでは、隠せないシミ。
富士フイルムは写真技術で培った独自の「画像解析技術」「光制御技術」
「肌色再現技術」を活かし、どんな光環境でもシミを隠すコンシーラーとして
この「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」を開発しました。

アスタリフト 「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」

コレ、口紅のような繰り出し式スティックタイプです。
使い方は、気になるシミの部分に直接つけ、指で軽くなじませるだけ。
1色展開だけれど、様々な肌色でも自然になじむといいます。
肌色解析データをもとに、シミと正常な肌のバランスをとり、
色調差をなくす最適なづなぎ色を導き出したカラーだそう。
さらに、いかなる光源下でもシミを浮かせないとか。

実際に、ワタシの頬の部分のシミに使ってみました。

使用前使用後

左のBEFOREが素肌、右のAFTERがコンシーラーをつけ、指でなじませた状態です。
テクスチャーは、少しかためでマットより。
コンシーラーだけを肌にのせた状態だと、明らかにコンシーラーが目立つのですが、
それが指でなじませた瞬間、肌に溶け込みます。コレ、色でシミを隠すのではなく、
光でシミをとばしてしまうよう。はっきりと光の効果が実感できるものです。
なんだか、今まで使っていたコンシーラーとはちょっと違う感じ。
ハイライト効果にも似ているかな。
光でカバーしたシミは、たしかに角度によって目立つことがありません。
仕上がった肌は、特に光っているとか、その部分だけが白いということはなく、
マットめなのに不思議です。シミ専用だという3つの特徴も実感。

・付けるときはスーッと伸びやすく、塗った後はサラッと乾いて密着。
・薄付き。シミと正常な肌の境界を自然にぼかして隠せる。
・ファンデーションを重ねてもヨレたり崩れたりせずムラなく仕上がる。

仕上がり

コレが、コンシーラーの上にファンデーションを重ね、フェイスパウダーと
チークで仕上げた肌の同じ部分です。すっかりシミは判らなくなりました。
ファンデーションの前に軽くつけてなじませるだけなので手間も時間も
ほとんどかかっていないのに、しっかりカバー出来ているのが嬉しい。

ついでに、このコンシーラー、SPF30 PA++という紫外線防止効果もあります。
シミの部分って特にUVケアするべき場所。でないと、シミが濃くなることも。
そのあたりのケアもちゃんと出来るコンシーラーです。

今まで、コンシーラーを使ったせいでその部分だけが悪目立ちしたり、
重ねたファンデーションがヨレたり、ムラになったりしたことも。
これだと、使わない方が良いのでは?と思うものもありました。
でも、「ライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラー」は、
本当に、「誰でも」「簡単に」「しっかり」「きれいに」シミが隠せます。
今まで、コンシーラーって面倒そう、厚ぼったくなりそうと思っていたひとでも
手軽に使えるアイテムじゃないかな。薄めのメイクでも浮いたりせず、
むしろ逆に効果を発揮してくれるアイテムだと思いました。
実際に使ってみて、「魔法のスティック」というキャッチコピーも
あながち間違いではないと実感した次第です。


 関 連 記 事 

・TCC(2011A/W) アスタリフトセミナー 「フォトジェニックな美しい肌」

・第5回 東京コスメティック・コレクション(2011A/W)




ブログパーツ 
 スポンサーリンク


2011.10.15 Saturday 04:40

目元に見たまま塗るだけ オーブ クチュール 「デザイニングハイライト」

デザイニングハイライト

ブランド:AUBE couture(オーブ クチュール)
価格:¥3,885(税込)

オーブ クチュールの見たまま塗るだけハイライト「デザイニングハイライト」。
見たまま塗るだけなのは、アイシャドウだけじゃなかったのです。
コレは、パウダーの形状どおりに塗るだけで、目もとを自然に
明るく見せるように設計された、ブラシとパウダーがセットされたもの。
ぶっちゃけ、アイシャドウよりもシンプルなアイテムです。

これを見たまま塗るだけ

重ねられた保護フィルムには、パウダーのとり方まで書いてある親切ぶり。
横方向にブラシをスライドさせて含ませてねというだけのことなのだけれど。

ブラシはそのまま目の下に並行に入れると、目の下〜鼻の下までの1/2くらいに
なるような幅に設計されています。毛先は、斜めにカットされていて、
横スライドさせれば、はじまりと終わりが不自然にならないような形。
これで、簡単にコンパクトの形そのままを目元につけることが出来ます。

目の下に入れるのが基本のテクニックですが、顔全体に使うことも出来る
このパウダー。フェイスパウダーとしても使えます。
その場合は、なんと、顔全体に入れるとき用にブラシが開くというしくみ。

ブラシ、開く!

当然のことながら、厚さ1/2、幅2倍の薄いブラシになります。
顔全体に使う場合は、目もととは違い、縦方向にパウダーをとるそう。
これをふんわりと頬や顔全体に入れれば、自然に明るい印象になります。

パウダーも考えられた設計で。
自然に明るくみせてくれるように、白からピンクのグラデーションになっています。
上部は白浮きすることなく明るく見せる白色に、チークと重なる下部は、
自然になじむようにピンク色にと考えられているの。
だから、「白いハイライトを入れました!」という不自然さが無し。

グラデパウダー

この「デザイニングハイライト」にも、オーブ クチュールお得意の色と質感を
日本人の肌色に調和させるハーモナイズパール(ゴールド)配合です。

ワタシの目もとは、お血によってどんよりくすみがち。
そんな目もとに入れると、たしかにふんわりとやわらかく緩和されます。
そして、チークとの境目も、コレを使う方が自然になじんで良い感じ。
クマやくすみを完璧に隠せるわけでもないし、根本的解決にもならないけれど、
こういうアイテムで「とばす」「ごまかす」のは、メイクの視覚効果だと実感。
それが、簡単に出来ちゃうのは、さすが、キレイを引き出す具体策、
オーブ クチュールだなと思います。別に、この専用アイテムじゃなくても
他のフェイスパウダーでも同じことが出来るのだと思うのだけれどね。
でも、「そうか、こういうテクがあったのか」と気づかせてくれます。
そして、失敗せず、どうして良いかわからないをガイドしてくれると思う。

同じ花王であるエストの「グラデーション パフ チークス」もそうだけれど、
ワタシは、随分、花王のアイテムによって、メイクの失敗がなくなりました。
使い勝手を考えた、一歩先の工夫。それが最近の花王のメイクアイテムの印象です。

  


 関 連 記 事 

・秋の限定 オーブ クチュール 「デザイニングジュエルコンパクト」

・大人きれいを実感 オーブ クチュール 「デザイニングプレミアムルージュ」

・新しいベージュ オーブ クチュール 「デザイニングインプレッションアイズ」

・2011年6月14日発売 オーブ クチュールの新しいキレイを引き出す具体策




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.07.03 Sunday 22:49

しっかりクマをカバーしてくれる ボビイ ブラウン アイテムが手放せない

ボビイ ブラウン「キャリア アップ セット」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:
コレクター 1.4g ¥3,675(税込)
クリーミーコンシーラー キット 1.4g/1.7g ¥4,725(税込)

ボビイ ブラウンが提案する「キャリア メイク」。
「明るい目もと」と「くっきりした目」が「出来るオンナ」のポイントだと考え、
それらを作り出すアイテムが提案されています。
Blingのモニターとしてワタシもその「キャリア メイク」アイテムを使いましたが、
この「明るい目もと」を作ってくれる、「コレクター」と
「クリーミーコンシーラー キット」が手放せない状態になりつつあります。
万年、目の下に残念なクマがある状態のワタシにとって、
とてもありがたいクマ隠しアイテム。今まで、コンシーラーで隠し、
上からファンデーションを使用していましたが、それよりもしっかり隠れ、
さらに、時間が経ってもよれないところが気に入っています。

化粧下時で整えたあと、まずは「コレクター」を使い、
その上から「クリーミーコンシーラーキット」のコンシーラーと
プレストパウダーを重ねるという手順。この3ステップを使用した場所には
上からファンデーションを使用する必要はありません。
ま、目元だけ補正効果もあるコンシーラー+リキッドファンデーション+
プレストパウダーで仕上げたと考えれば、
普段のメイクとあまり変わりないわけです。
「クマ隠し」というと面倒な気もするけれど、実際は、とても簡単。
普通にファンデーションでメイクするより、目元はこちらの方がよれにくい
とも感じるので、時間が経ってから登場した目元のシワとそこに入り込んだ
ファンデーションをお直しするくらいなら、トータルでみれば手間要らずカモ?

先日も仕事の打ち合わせの際に、ワタシがいつ寝ているのか?という
話題になってしまいました。「寝てないのに、肌、キレイですね」と
言われたりもしましたが、いや、隠してるんだってば。
目もとにクマがあったり、くすんでいたりすると、くたびれて見えるので
「仕事をこなす」という印象は与えられないと思います。
ビジネスの面では「頑張っている」ことよりも結果が重要視されることもあるので、
「安定感」「信頼感」という意味でマイナスだなと感じたことも。
「疲れていますね」「大丈夫ですか?」というコトバは労わりだけでなく、
「このひとに任せても良いんだろうか?」という不安の裏返しだったり
するのではないかと考えたりします。実際、モデルさんや女優さんって
一般人よりもハードな生活をおくっているはずなのに、目元にクマやくすみ、
影が目立つひとって少ないよね?あれは、隠しているのだと思うのです。
だって、そんなモデルや女優に仕事を任せられないってワタシなら思う。

素人のワタシが、簡単に目元のクマやくすみ、影を隠すことが出来る
このアイテムはプロのメイクが身近になったものだと感じます。
こういうところがメイクアップアーティスト発のブランドならではだなと。
メイクアップアーティストは、カンペキな肌のひとにだけメイクを
するわけじゃないものね。肌質や肌色、そのひとの生活習慣をカバーできる
アイテムが必要とされ、生まれたんだろうなと思うのです。

クマ隠しステップ

大袈裟ではなく、ジブンでこれからのアイテムを重ねてゆくにつれ、
目元のクマがカバーされていく様子には、最初、感動しました。
「すごい!本当に消えていってる!」って。(本当はカバーしているだけ)

ワタシがこれほどまでにボビイ ブラウンのこのアイテムを気に入ったのは、
やはり「色」がポイントだと思います。7色展開の「コレクター」、
10色展開の「クリーミーコンシーラーキット」だからこそ、
ワタシにも合う色がベストマッチしたのではないかと。
さすが、「ぴったりのファンデーション」が美しい肌を手に入れるための
アイテムだと考えているボビイ ブラウンだなと実感しました。
コンシーラーも「部分用ファンデーション」だものね。
ファンデーションはある程度カラー展開されているのに、コンシーラーは
多くて3色程度なんて展開だと、そこに微細な不自然さが生まれるのだと思う。

「コレクター」と「クリーミーコンシーラーキット」は、
3/1にリニューアルされたもの。リニューアル前から良いと評判を
聞いていたけれど、その実力は想像以上でした。
ボビイ ブラウンのアイテムってそういうものが多いと思います。
アーティスト発だから、ジブンにも使いこなせるのかな?と思ったり、
普段はどうしても、変化を楽しむポイントメイクアップアイテムに
目をうばわれがちだったりするけれど、こういうアイテムも必要なのはたしか。
ボビイ ブラウンは、その必要性を再確認させてくれるブランドです。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク

・2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

・下まつ毛には ボビイ ブラウン 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/3PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


















▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら


▶COWSHEDの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others