コンシーラー・ハイライター | WOMANIA
2011.07.03 Sunday 22:49

しっかりクマをカバーしてくれる ボビイ ブラウン アイテムが手放せない

ボビイ ブラウン「キャリア アップ セット」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:
コレクター 1.4g ¥3,675(税込)
クリーミーコンシーラー キット 1.4g/1.7g ¥4,725(税込)

ボビイ ブラウンが提案する「キャリア メイク」。
「明るい目もと」と「くっきりした目」が「出来るオンナ」のポイントだと考え、
それらを作り出すアイテムが提案されています。
Blingのモニターとしてワタシもその「キャリア メイク」アイテムを使いましたが、
この「明るい目もと」を作ってくれる、「コレクター」と
「クリーミーコンシーラー キット」が手放せない状態になりつつあります。
万年、目の下に残念なクマがある状態のワタシにとって、
とてもありがたいクマ隠しアイテム。今まで、コンシーラーで隠し、
上からファンデーションを使用していましたが、それよりもしっかり隠れ、
さらに、時間が経ってもよれないところが気に入っています。

化粧下時で整えたあと、まずは「コレクター」を使い、
その上から「クリーミーコンシーラーキット」のコンシーラーと
プレストパウダーを重ねるという手順。この3ステップを使用した場所には
上からファンデーションを使用する必要はありません。
ま、目元だけ補正効果もあるコンシーラー+リキッドファンデーション+
プレストパウダーで仕上げたと考えれば、
普段のメイクとあまり変わりないわけです。
「クマ隠し」というと面倒な気もするけれど、実際は、とても簡単。
普通にファンデーションでメイクするより、目元はこちらの方がよれにくい
とも感じるので、時間が経ってから登場した目元のシワとそこに入り込んだ
ファンデーションをお直しするくらいなら、トータルでみれば手間要らずカモ?

先日も仕事の打ち合わせの際に、ワタシがいつ寝ているのか?という
話題になってしまいました。「寝てないのに、肌、キレイですね」と
言われたりもしましたが、いや、隠してるんだってば。
目もとにクマがあったり、くすんでいたりすると、くたびれて見えるので
「仕事をこなす」という印象は与えられないと思います。
ビジネスの面では「頑張っている」ことよりも結果が重要視されることもあるので、
「安定感」「信頼感」という意味でマイナスだなと感じたことも。
「疲れていますね」「大丈夫ですか?」というコトバは労わりだけでなく、
「このひとに任せても良いんだろうか?」という不安の裏返しだったり
するのではないかと考えたりします。実際、モデルさんや女優さんって
一般人よりもハードな生活をおくっているはずなのに、目元にクマやくすみ、
影が目立つひとって少ないよね?あれは、隠しているのだと思うのです。
だって、そんなモデルや女優に仕事を任せられないってワタシなら思う。

素人のワタシが、簡単に目元のクマやくすみ、影を隠すことが出来る
このアイテムはプロのメイクが身近になったものだと感じます。
こういうところがメイクアップアーティスト発のブランドならではだなと。
メイクアップアーティストは、カンペキな肌のひとにだけメイクを
するわけじゃないものね。肌質や肌色、そのひとの生活習慣をカバーできる
アイテムが必要とされ、生まれたんだろうなと思うのです。

クマ隠しステップ

大袈裟ではなく、ジブンでこれからのアイテムを重ねてゆくにつれ、
目元のクマがカバーされていく様子には、最初、感動しました。
「すごい!本当に消えていってる!」って。(本当はカバーしているだけ)

ワタシがこれほどまでにボビイ ブラウンのこのアイテムを気に入ったのは、
やはり「色」がポイントだと思います。7色展開の「コレクター」、
10色展開の「クリーミーコンシーラーキット」だからこそ、
ワタシにも合う色がベストマッチしたのではないかと。
さすが、「ぴったりのファンデーション」が美しい肌を手に入れるための
アイテムだと考えているボビイ ブラウンだなと実感しました。
コンシーラーも「部分用ファンデーション」だものね。
ファンデーションはある程度カラー展開されているのに、コンシーラーは
多くて3色程度なんて展開だと、そこに微細な不自然さが生まれるのだと思う。

「コレクター」と「クリーミーコンシーラーキット」は、
3/1にリニューアルされたもの。リニューアル前から良いと評判を
聞いていたけれど、その実力は想像以上でした。
ボビイ ブラウンのアイテムってそういうものが多いと思います。
アーティスト発だから、ジブンにも使いこなせるのかな?と思ったり、
普段はどうしても、変化を楽しむポイントメイクアップアイテムに
目をうばわれがちだったりするけれど、こういうアイテムも必要なのはたしか。
ボビイ ブラウンは、その必要性を再確認させてくれるブランドです。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク

・2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

・下まつ毛には ボビイ ブラウン 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.06.14 Tuesday 23:56

明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク

ボビイ ブラウン「キャリア アップ セット」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:
コレクター 1.4g ¥3,675(税込)
クリーミーコンシーラー キット 1.4g/1.7g ¥4,725(税込)
コンシーラー ブラシ 3g ¥3,675(税込)
ロングウェア ジェルアイライナー ¥2,940(税込)
ウルトラファイン アイライナー ブラシ ¥3,150(税込)

元々、ワタシの中では、ボビイ ブラウンはベースメイクに強い印象。
ファンデーションのラインナップが充実しているだけでなく、
色展開も豊富なのです。基本、各アイテム8色〜9色展開。
1色展開が少なくないBBクリームも3色、スティックファンデーションに
いたっては、15色展開というのだからオドロキです。
しかも、ボビイ ブラウンのファンデーションはこの全てが
イエローベースだという。サイトの中で、ブランド創設者であり、
メイクアップアーティストのボビイ ブラウンは「私は今まで、
ベースカラーが黄色ではないという女性には、一度も会ったことがありません。
だから、私のファンデーションはイエローベース、いちばん自然に
見える色なのです。」と語っています。アメリカを活躍の舞台にし、
多くの人種、たくさんのひとの肌に触れてきたボビイが考えることなのだから、
間違いないと思う。白人も黒人もみんな、イエローベースって
不思議なようだけれど、表面から感じる色ではなく、ベースの話として考えれば、
見ため白く見えるファンデーションにもイエローが含まれているのかなと。

「ぴったりのファンデーションがあれば、誰でも、色ムラのない、キメの整った
なめらかな肌を手に入れられます」という、ボビイ ブラウン。
実際、ワタシもボビイ ブラウンのファンデーションを使っているけれど、
その色のぴったり具合には、カウンターで驚きました。まさに、ジャストフィット。
ボビイ ブラウンって、ファンデーションのサンプルも
複数色用意されているんだよね。
標準色だけでないところに、並々ならぬ色へのこだわりを感じたのです。

そんなボビイ ブラウンが提案する「キャリア メイク」。
「明るい目もと」と「くっきりした目」が「出来るオンナ」のポイントだと考え、
それらを作り出すアイテムが紹介されています。今回、Blingのモニターとして
ワタシもその「キャリア メイク」アイテムを使ってみました。

「明るい目もと」には、「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」。
コレ、3/1にリニューアルされたものです。
たしかに、目もとにクマがあったり、くすんでいたりすると、
くたびれて見えるので「仕事をこなす」という印象は与えられないよね。
「仕事に終われてよれよれ」な感じ。
出来れば、本当は超大変でも、見ためくらいは涼しげな顔でいたいもの。
ワタシも繁忙期には、ジブンの姿を、ふと鏡で見て凹んだものです。
打ち合わせで会う取引先の女性担当者が、きちんと仕事が出来そうな
印象だったことに追い討ちをかけられました。
「このひとの方が大変なはずなのに、ナゼ?!」と。
目もとの印象はとっても重要だと思います。よれよれのワタシは何人ものひとに
「大丈夫ですか?」「疲れてますね」って言われたし。
仕事の面では、「安定感」、「信頼感」という意味でマイナスだったと思います。

「コレクター」はクマを隠してくれるための部分用ファンデーション。
コンシーラーだけではカバーしにくいクマやくすみ、
影、疲れ目に特化したアイテム。

コレクター

「コレクター」は、7色展開。ワタシは一番濃い、ピーチを使っています。
以前、クマ隠しにはオレンジのコンシーラーというのを聞いたのですが、
ピーチはオレンジにも似た濃いめのカラーです。
コレがワタシの肌には絶妙にフィット。しっかり隠してくれます。
ワタシはブラシでおいたあと、指でなじませるように仕上げています。

この上から、「クリーミーコンシーラー キット」を使います。
「クリーミーコンシーラー キット」はクリーミー コンシーラーと
プレストパウダーが左右にセットされています。

クリーミーコンシーラー キット

「クリーミーコンシーラー キット」は、なんと10色展開なのです。
ワタシは、クリーミーコンシーラーが ウォームベージュのものを使用。
目もとをファンデーションのカラーよりワントーン明るく整えることで
明るくフレッシュな印象に仕上げるのが、ボビイ ブラウン メイクの特徴だそう。
だから、場合によってはファンデーションの色数を超えるカラー展開なのかな。
ちなみに、プレストパウダーがセットされていない、クリーミーコンシーラー
のみも発売されています。個人的には、プレストパウダーがある方が便利だと思う。

最初に「コレクター」を使った上から、クリーミーコンシーラーを使います。
こちらは、「コレクター」より、やや柔らかめという印象です。
指でのせても良いみたいだけれど、ワタシはこちらもブラシでのせたあと、
指でなじませています。コンシーラー的なものを重ねるって、はじめてだけれど、
効果があると実感しました。それぞれの役割がちゃんと解ります。

最後にプレストパウダーを、パフかブラシでのせます。
ワタシはプレストパウダーの方が、上手に仕上げられると思いました。
クセやジブンの得意な方法で良いと思うけれどね。

コレ、濱田マサルさんもブログで紹介されていました。
モデルさんを使っての記事は、使い方含めてとても解りやすいです。
モデルさんの顔は、実際、驚くほどに印象が変わったという仕上がりなのですが、
コレが「プロの仕事」だからではないことは、実際に使ってみると判るの。
ワタシでも、このアイテムを使うと簡単にクマが無かったことになりました。
手順を追ってゆくにつれ、見る見るクマが目立たなくなるのには感動すら覚えます。

クマ隠しステップ

こんな風にワタシの万年残念な目もとのクマを、3ステップでカバーしてくれます。
目もとにこんなに塗り重ねて大丈夫なの?よれたりしないの?と思うかも
しれませんが、クリーミーでしっかりフィットするテクスチャーであること、
そして、「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」で仕上げた部分には
上からファンデーションを重ねないので、崩れは気になりません。
本当に自然にクマをカバーしてくれる、心強い味方。
リニューアル前のこの2アイテムが良いと評判を聞いていたけれど、
その実力はホンモノでした。ワタシが今まで、使った目もと用のコンシーラーの中で
一番、良いと言っても過言ではないと思います。手放せなくなりそう。

自然

目もとを「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」で仕上げたあとは
ファンデーションを他の部分に使いますが、その境目も自然。
「目もとだけ頑張ってカバーしました!」という感じは全く無いです。

「明るい目もと」を作ったあと、「くっきりした目」を演出するためには、
「ロングウェア ジェルアイライナー」を使います。コレ、現在、13色展開!
ブラックかブラウンかと思っていたジェルアイライナーが13色あったことに
驚きました。聞けば、ボビイ ブラウン愛用者の友人は何色も持っているそう。

ロングウェア ジェルアイライナー

ロングセラーで有名なボビイ ブラウンの「ロングウェア ジェルアイライナー」ですが、
ワタシは、はじめて使いました。まずは、定番のブラックインクでデビュウ。

ブラックインク

ボビイ ブラウンの「ロングウェア ジェルアイライナー」は柔らかく、
濃度の調整がしやすいという印象です。あまり、「濃い」のはニガテだなと
思うひとでも、慣れれば、望み通りの濃さが引けるのではないかな。
ワタシは普段、はっきりアイライナーを引くアイメイクはしないので、
使ってみた「ロングウェア ジェルアイライナー」の「くっきりした目」効果に
ジブンが一番ビックリしてしまいました。コレ、目尻に効果的。

現在、ボビイ ブラウンでは、「キャリア アップ セット」を発売中。
ワタシが使ったのは「コンシーラー ブラシ」なのですが、
セットに含まれているのは
「特製 コンシーラー/アイブレンダー デュアル ブレンダー ブラシ」。
コンシーラーブラシの反対側がプレストパウダーをのせるブラシになっている
2WAYブラシなのです。コレ、欲しいなぁと思ったけれど、セット用の
「特製」なんだよね。ワタシがプレストパウダーをのせるのに、パフの方が
良いと感じたのは、最適なブラシが無いからかもしれないと。。。と悶々。
さらにポーチもついて、14,490円です。ワタシが使ったアイテムの合計が
18,615円だから、かなりお買い得。ジェルアイライナーは要らないわという場合は
「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」のみのセットもあります。
こちらも、デュアル ブレンダー ブラシとポーチ付きで8,400円。
「ロングウェア ジェルアイライナー」とブラシのみのセットもありますよー。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

・下まつ毛には ボビイ ブラウン 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

・ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.06.12 Friday 06:16

コンシーラー nudymore(ヌーディ モア) エクセレント 「マジック ファンデ」

「マジック ファンデ」という名のコンシーラー

ブランド:nudymore(ヌーディ モア)
価格:2g×2色  ¥3,990(税込)

先日、朝起きたら、眉間の部分に赤い痣がありました。
何、コレ!!??
こすっても、温めても、消えない。痛くも無い。打ち身でも傷でもないよう。
しかし、眉間の部分が赤いのは意外と目立つのです(涙)

そこで、助けてもらったのが、ヌーディモアのエクセレントシリーズ「マジック ファンデ」。
コレ、「ファンデ」なんて名前が付いていますが、コンシーラーなのです。
オレンジとベージュの2色セット。
元々、万年寝不足のワタシはクマがひどいの。
オレンジのコンシーラーはクマ、くすみなど、グレー、ブルー系のトラブルに
役立ちます。以前、お話を聞いたことのある、ブライダルなどのメイクをして
いらっしゃるメイクさんが、「マジック ファンデ」はクマに効くとオススメしていました。
花嫁さんて、準備などで、寝不足になる場合が多く、クマ隠しが必要になることが
多いそう。でも、オレンジ系のコンシーラーって、作っているメーカーが、年々、
減ってきているんだって。たしかに、オレンジのコンシーラーって、一瞬、ギョッとするし、
「どこに使うの?」「ワタシの肌色には合わないかな?」って思うものね。
で、売れないから、作らなくなるそうだ。

ワタシもクマ隠しには、「マジック ファンデ」のオレンジを使っています。
たしかに、今まで消そうと塗っても、悪目立ちにしかならなかった、クマが
コレだとキレイにカバーできます。クマの度合いによって、カンペキになかった事には
ならないものもあるけれど、それでも、使わないよりは、マシ。
薄いクマの日は、「あ、消えた」って感じます。(隠しただけだけれど)

それに、このコンシーラーのびがよく、自然になじむ。
付属のブラシで、のせたあと、指でのばせば、境界線も判りません。
保湿力が高いので、乾燥しやすい目元に使っても、バキバキにならず、
目のキワ、ギリギリまで使っても、ヨレや乾燥がないところがウレスィ。

使える!

で、今まで、オレンジしか使ったことがなかった、「マジック ファンデ」のベージュ。
今回、ナゾの眉間の赤い痣を隠すために、ベージュを使いました。
ベージュは、ニキビ跡やシミを隠してくれるためのもの。

ベージュは、オレンジよりも、さらにのびが良いみたい。
そして、カバー力が高いなと感じます。
こちらも、付属のブラシで、のせたあと、指で叩き込むように伸ばす。
すごく自然に、仕上がるところが、ポイント高し。

なんで赤くなったの。。。?

何の動物?というような画像ですが、ワタシの眉間の赤い痣に使ったところ。
本当に目立たなくなりました。
コレ、マジックファンデの上にパウダーだけをかけた状態。
ファンデーションは使っていません。「マジック ファンデ」があって、ヨカッター!
赤い痣は、日に日に薄くなっているようですが、コレは何なのだろう。。。

あと、先日から、新しく使い始めたパウダーファンデーションが、思いのほか、薄づきで。
いつもは、ファンデーションで普通にカバーできていた、頬の部分のシミ予備軍のような、
肌のアラが隠れないのです。パウダーファンデの仕上がりや、使用感は好きなので、
なんとか、使えないものかなぁと思っていた。で、ベースに「マジック ファンデ」の
ベージュで気になる部分をカバーしてから、使ってみたの。
そうしたら、思い通りの仕上がりになりました。
ニキビ跡やシミが気になるけれど、ベースメイクは軽いパウダーだけにしたいって
ひとには、オススメできると思う。「マジック ファンデ」は、コンシーラーのみの
使用で、パウダーをのせていない状態でも、塗ったところが、目立ちません。

ムカシ、viviさんに「ヌーディ モアのマジック ファンデはいいよ」って
教えてもらったとき、ワタシは、コンシーラーではなく、ファンデーションだと
思っていました。「そんなファンデ、あったっけ?」と思ったら、コンシーラーだったという。
何も知らなかったころの懐かしい思い出。



 関 連 記 事 

・白くならない nudymore(ヌーディ モア)「ザ・ルースパウダー」

・nudymore(ヌーディ モア)で作りこむ ベースメイクアップレッスン

・nudymore 「オーラ肌」トライアルセットの下地がステキ☆




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2008.11.08 Saturday 22:33

眉毛を際立たせる ビューティージーン ハイライトペンシル(マット)

ハイライトペンシル

ブランド:ビューティージーン
価格:¥3,570(税込)

眉毛はキレイに描けたのに、なんとなくぼやけていることってありませんか?
かといって、眉マスカラやライナーを使って濃くすればいいというものではない。
ワタシは眉サロンに行ったあとの、眉毛ってなんでこんなに自然なのに、
キレイに際立って見えるんだろうと不思議でした。やっぱり、プロは仕上げも
上手なのね♪、カタチを作るだけじゃなくて、描くのもプロだもんね、と思ってた。
でも、ソコにはひとつの秘密アイテムがあったのです。

ワタシは今まで、眉山の下を中心に肌になじむようなカラーでハイライトを入れています。
確かにコレでも、メリハリのあるアイメイクにはなります。
入れたときと、入れなかったときの違いは歴然。

でも、ビューティージーンで使っていたのは「ハイライトペンシル」。
ワタシ、コレ、最初、コンシーラーだと思っていました。
施術中は仕上げも含めて、寝ている状態なので、鏡で何を使っているか
確認することは出来ません。でも、コンシーラーっぽいテクスチャー。
眉の周囲を細く、コンシーラーを使って描いているのかな?と想像していました。

ペンシルタイプだけれど、ダイレクトに描くのはNGです。
手の甲などに、ぐりぐりとって、それを筆でのせるのがポイント。
ダイレクトに使ったら、どうなるんじゃろか。。。と思って、やってみたけれど、
絶対にオススメしません。妙にたっぷりついて、不自然になるから。
そして、このマットタイプは乾きやすいので、修正不能なことになるから(涙)
筆で少しずつとって、眉毛と地肌の境目に丁寧にのせていくと、
まるで、塗っていないかのようなのに、眉ラインがキレイに見えます。
コレ、本当にオススメ。

筆はアイシャドウブラシより、コンシーラー用のものの方が良いと思います。

CHIAKI筆

ワタシはコンシーラー用のCHIAKI筆を使ってる。
コレは白鳳堂と嶋田ちあきさんのコラボ商品なのです。
先細りなので、細かいラインも書けるし、寝かせれば面としても使えます。
持ってない場合は、ビューティージーンでもコンシーラーブラシ、売ってますヨ。

ついでにシャープナーも買いました。2種類の太さのペンシルが削れるタイプ。

ついでにシャープナー

最初、持っているからいらないや。。。と思ったけれど、コレ、よく見たら!
削りカスのところにフタがついているの。
今までゴミ箱の上や、ティッシュをひいて、削っていたけれど、フタ付きなら
ストレスなく削れるよね。コレでお値段は630円。

眉をキレイに仕上げるのは、眉だけに注力してはいけなかったのです。
眉の周囲も大事だったの。この少しの手間で、ぜんぜん違うもん。
ワタシはこの「ハイライトペンシル(マット)」が既に手放せない存在。
せっかく、眉サロンでキレイに眉毛を仕上げてもらうのだもの、
日常でもキレイな眉毛を維持したいよね。その秘密はハイライトペンシルにありました。


 関 連 記 事 

・眉毛復活!BEAUTY GENE professional 表参道店

・日本人の眉を美しく BEAUTY GENE professional 表参道店




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/2PAGES |

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others