美の知恵・知識・アイディア | WOMANIA
2015.06.25 Thursday 11:01

いつも傍にあった 女子のデイリーブランド メイベリンは100周年

メイベリン ニューヨーク 100周年

1915年に創業されたメイベリンは、今年で100周年を迎えます。
コレ、ブランドや商品の歴史が好きなワタシにとっては、ものすごく興味深いネタ。
先日、参加した発表会での展示や、そこで手に入れたブランドの歴史を振り返る
小冊子を読んでみて、改めてメイベリンってすごい!と思った次第です。

メイベリンは、1913年、アメリカ・メンフィスにて、
薬剤師トーマス・L・ウィリアムズが、妹メイベルのために
ワセリンと石灰粉をブレンドし、世界初のマスカラを開発したところから
スタートします。妹メイベルは目が小さいことが悩みだったそう。
ところが、兄が考案したマスカラを愛用し続けることで、想いを寄せていた
男性のハートを掴み、ゴールインにまで至ったということです。
ちなみに、「メイベリン」は、妹メイベルと原材料のワセリンにちなんだ名前。
「メイベリン」の「リン」が「ワセリン」の「リン」だったなんて!

1915年創業

正式にメイベリン社が創業されたのは、1915年のこと。
世界初のマスカラ「ラッシュ ブロウ イン」の販売は、メールオーダーで
スタートしました。ムカシのマスカラって、板状のものを水で塗らしたり、
クリーム状のマスカラを、ブラシでまつ毛に塗っていたんだよね。
今のように、マスカラ液にブラシを収め、自動的にマスカラ液が
含まれるスタイルが登場するのは、1959年になってからです。
当時は“オートマティックマスカラ”と、なんともスゴイ感じの名前で
呼ばれていたもよう。今、聞いたら、「自動でまつ毛に塗ってくれるの?」
と思ってしまいそうですが、当時はそれだけでも画期的だったのです。

メイベリンが日本に上陸したのは、1967年。
ここから、ワタシたちが知っているメイベリンがスタートします。

日本上陸は1967年

1980年に発売されたという「ダイアル ア ラッシュ」は、マスカラ液を
10段階にコントロール出来る、世界初のダイアル調整機能付きマスカラ。
実は、ワタシがはじめて買ったマスカラも「ダイアル ア ラッシュ」です。
当時、流行っていて、ワタシも友人にオススメされて買ったような。。。
1980年の発売とワタシの年齢を考えると、既にロングセラーだったことが
判ります。ワタシが、1980年にマスカラを使っているわけがない(笑)

そして、1996年には、本社をメンフィスからニューヨークに移し、
ブランド名を「メイベリン ニューヨーク」に改めます。

そこから、2000年には「メイベリン ウォーター シャイニー」と
「ボリューム エクスプレス」、2008年には「ピュアミネラル シリーズ」、
2010年にはベイビーリップ「メイベリン リップクリーム」と現在も、
ヒットし続けるアイテムが誕生。ワタシがブログをスタートしたのが
2006年なこともあり、このあたりからは「歴史を追ってきた」感があります。

また、会場にも飾られていて、小冊子の巻末にまとめられていた、
1920〜1982年までのポスタービジュアルには、クラシカルな格好良さ、
美しさがあり、惚れ惚れするばかり。こういう世界、大好き!

ビジュアルポスター

今、こんなビジュアルで打ち出したら、逆に新しくてステキだよね。
デザインにも、現代とは違う、洗練された雰囲気があります。
コスメのビジュアル広告は、女性が「こんな風になりたい!」と憧れるもの。
その原点を改めて認識しました。

発表会会場はメイベリン博物館のよう

先日の、発表会会場は、メイベリン博物館のよう。
気軽に購入出来るメイベリン ニューヨークの裏には、
こんなにたくさんの歴史が積み上げられていたわけです。

メイベリンは、価格や機能性、販売場所からしても、若いうちから
手に取ることが多いコスメブランド。そのアイテムと共に、
いろんな思い出がよみがえる女性も多いのではないかと思います。
いつの時代も傍にある、そんなコスメたち。
きっと、これからもお世話になるはずです。

メイベリン ニューヨークの歴史は、公式サイトでも詳しくまとめられています。
興味がある方は、こちらもぜひ。(→MAYBELLINE NEW YORK History


 関 連 記 事 

・100周年を迎えたメイベリンの新マスカラはオトナボリューム

・メイベリンの新商品はケア効果マスカラと常にシャープなアイライナー

・2013年8月31日発売 メイベリン 「ボリューム エクスプレス ロケット」

・2012年8月27日 メイベリンからネコ目マスカラが発売

・マスカラフリークの小さな不満を解消 メイベリン ラッシュニスタ




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.04.14 Monday 01:35

コスメコンシェルジュになりました

コスメコンシェルジュ

先日、コスメコンシェルジュの資格認定書が届きました。
日本化粧品検定1級合格後のコスメコンシェルジュ資格認定プロラム
受講終了をもって、コスメコンシェルジュと名乗れるのですが、
やっぱり、資格認定書が届いてからの方が、実感がわくというもの。

資格認定書とバッチ

一緒に資格認定プログラムのときに申し込んできた、
資格バッチも同封されていました。

資格バッチです

正直、コスメコンシェルジュ資格もバッチも持っているだけでは
何の意味もありません。これから、これをどう活かすかは自分次第だなと思います。
でも、「化粧品が好きなこと」「化粧品に詳しいこと」に意味づけが
されたのは単純に嬉しい。コスメコンシェルジュの資格取得を通じて
今まで知らなかったこと、知りたかったことも勉強できたしね。
と同時に、美容業界や化粧品は日々、変化、進化を遂げているから
今後も意欲的に勉強してゆかなければいけないなと考えています。
コスメコンシェルジュの名に恥じないように。

「コスメコンシェルジュになったことだし」と、先日、出雲旅行に
行っていた友人が、八重垣神社の「美のお守り」を買ってきてくれました。

八重垣神社の「美のお守り」

八重垣神社の祭神である稲田姫は、出雲の國の花とうたわれたそう。
このお守りは、その稲田姫にあやかり美容調整の祈願がされているとか。
一説によると、稲田姫は倭撫子(やまとなでしこ)の語源とも
言われています。美に携わる者として、このお守りはとても嬉しい存在。
ありがとう!

コスメコンシェルジュになったからといって、何かが急に変わるわけでは
ありませんが、これからも自分が感じたことを中心に様々な情報を
発信してゆけたらなと思っています。

第2回の日本化粧品検定1級・2級の会場受験開催は、5/25に決定しています。
受験会場は、東京・広島・福岡・北海道を予定。
申し込み締め切りは、4/17です。

追記:
2016年3月24日検定公式テキスト「コスメの教科書」がリニューアルされました。
日本化粧品検定対策テキスト「コスメの教科書」リニューアル

日本化粧品検定について詳しくはこちら→日本化粧品検定
facebookでの3級受験(無料)はこちら→web検定3級
Amazonでの公式テキストの購入はこちら→コスメの教科書
化粧品検定対策問題集の購入はこちら→化粧品検定協会案内ページ


 関 連 記 事 

・日本化粧品検定協会公式 コスメコンシェルジュ資格認定プログラム

・日本化粧品検定1級に合格しました

・日本化粧品検定対策問題集でラストスパート

・日本化粧品検定受験と検定公式テキスト「コスメの教科書」

・日本化粧品検定三級合格証書 〜WEBで無料受験できます〜




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.02.24 Monday 04:48

日本化粧品検定協会公式 コスメコンシェルジュ資格認定プログラム

コスメコンシェルジュ資格 認定プログラム

先日、日本化粧品検定の1級合格者を対象とした
「コスメコンシェルジュ資格認定プログラム」を受けてきました。
プログラムの受講が終了したので、これでワタシもコスメコンシェルジュ!!

昨年3月にWEBで無料受験できる3級を受けてみたことからはじまり、
9月に1級を受験することを決意、そこから勉強して、11月末の会場受験、
12月の合格発表を経て、ここに至りました。
日本化粧品検定に出会ってから1年弱でコスメコンシェルジュになるなんて。
1年前には予想もしていなかったことです。

コスメコンシェルジュ資格を得るには以下の条件が定められています。

‘本化粧品検定1級に合格し、指定される期日までに資格申請をすること。
日本化粧品検定協会会員であること。(資格申請時での同時加入可能)
指定の研修プログラムを受講すること。

協会への入会や研修プログラムなど、資格への認定申請は、
希望者のみなので、合格者全員が必須ではありません。

コスメコンシェルジュ資格を得ると、名刺やプロフィールなどで
「コスメコンシェルジュ」の名前やロゴを使うことが出来ます。
化粧品メーカーや百貨店、美容家、美容ライター、美容ブロガーなどには、
自身の知識やスキルをアピール出来る、肩書きのひとつだよね。
ワタシは仕事やブログで役立てることが出来ればと思って取得しました。
また、協会には出版社や百貨店から人材紹介の依頼なども来ているそうです。

会場では、資格認定プログラム用の冊子が配られます。
プログラムは、改めての資格概要の説明、必要知識、協会概要といった内容。
中でも必要知識の項目は、化粧品のことだけでなく、コスメコンシェルジュとして
これからわきまえておきたい接客マナーなどの内容もありました。
必要知識の項目では、それぞれに専門家の先生が教えてくれます。

必要知識の中で多くの時間を割いて解説されたのは全成分理解。
コレ、化粧品の成分の構成をベース、界面活性剤、品質保持、品質向上、
安定化剤、感触向上剤、美容成分などの視点から見てみるものです。

全成分理解

全成分理解を解説をしてくださったのは、Cosmetic-Infoという
化粧品成分のデータベースを作っていらっしゃる、久光先生。
解説を聞いた後は、実際の化粧品の成分表示もそのお話を元に
チェックしてみます。そうすると、化粧品の成分も「見えてくる」。

久光先生

ともすれば、化学的で難しい話のはずなのに、久光先生の話は判りやすく、
むしろ、興味深くて面白い!とさえ思えました。久光先生、スゴイ!
この全成分理解の内容だけでも、このプログラムを受けて良かったと
思えました。これは、知っておきたい、知っておくべき内容です。

ワタシの体感的に日本化粧品検定は、「楽勝」ではないけれど、
そんなに難しいものでもないという感じ。化粧品に興味や関係のあるひとが
きちんと勉強すれば、合格できると思います。実際、ワタシもある程度は
集中的に勉強しましたが、毎日毎日、長時間勉強したわけではありません。
それでも、合格できたわけだからね。

ただ、コスメコンシェルジュとして活動してゆくならば、合格後も
この資格認定プログラムをはじめとし、意欲的に勉強してゆくことが
必要なのだなとも感じました。美容業界や化粧品って目覚しく
変化、進化を遂げているし。昨日まで正しいとされてきたことが
発表された論文により変わることもあります。プログラムの中でも
「これは現時点の話」「今後、研究や開発が進められる中で変わることがある」
という話がありました。ワタシも今後も勉強していかなければと思っています。

コスメコンシェルジュの今後は、認定証が郵送されてくるということ。
また、資格バッチも販売されていたので、会場で申し込んできました。
こちらも認定証と一緒に郵送されてきます。

コスメコンシェルジュピンバッチ

第2回の日本化粧品検定1級・2級の会場受験開催は、5/25に決定しています。
受験会場は、東京・広島・福岡・北海道を予定。
申し込み締め切りは、4/17です。

追記:
2016年3月24日検定公式テキスト「コスメの教科書」がリニューアルされました。
日本化粧品検定対策テキスト「コスメの教科書」リニューアル

日本化粧品検定について詳しくはこちら→日本化粧品検定
facebookでの3級受験(無料)はこちら→web検定3級
Amazonでの公式テキストの購入はこちら→コスメの教科書
化粧品検定対策問題集の購入はこちら→化粧品検定協会案内ページ


 関 連 記 事 

・日本化粧品検定1級に合格しました

・日本化粧品検定対策問題集でラストスパート

・日本化粧品検定受験と検定公式テキスト「コスメの教科書」

・日本化粧品検定三級合格証書 〜WEBで無料受験できます〜

・誰も教えてくれないコスメ選びのほんと 小西さやか 「なまけ美容入門」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.01.18 Saturday 02:11

90%のクチコミは間違っている?!勘違いだらけのコスメ神話

小西さやか「90%のクチコミは間違っている?!勘違いだらけのコスメ神話」

発行:スタンダードマガジン
価格:¥1,300(税別)
2014年1月17日発行

1/17にスタンダードマガジンから小西さやかちゃんの新しい本
「90%のクチコミは間違っている?!勘違いだらけのコスメ神話」が
発売されました。少なからずジブンが使ったコスメの感想を
ブログに書いているワタシは、このタイトルにドキドキ。
悪意はないし、ジブンが感じた感想を書いているつもりだけれど、
ワタシが書いていることも間違っていたらイヤだなと思ったわけです。

この本は、「ビーズアップ」の読者が「当たり前だと思っていたけれど、
間違ってないよね?」と思っているコスメ選びの項目の中から
「勘違い」されていたことについて、トピックごとに解説してあります。
スキンケアコスメ編、メイクアップコスメ編、ボディ&ネイルコスメ編、
ヘアケア&サプリメント編と分かれ、トータル73項目。

勘違いとそれに対する解説

こんな感じで項目ごとに判りやすくなっているので、目次を見て
気になるところだけをチェックすることも可能です。
内容は「そりゃ違うでしょ?」「そう思っているひと多いよね」と思うもの、
「ワタシも前はそう思っていたな。でも、違うんだよね?」と思うもの、
「考えたことがなかった」と気づくものなど様々でした。

目次でざっと73項目をチェックしたところ、ワタシがものすごい勘違いを
ブログで発信した心当たりはありませんでした。知っていることでも
解説を読んだらなるほど!と、さらに理解を深めることが書かれています。

なぜ勘違いなのか

まだ、解説全部は読みきれていないのだけれど、これはまた新しい
アプローチから「コスメのこと」が知れる本だと感じました。
一口にコスメの知識といっても様々だけれど、消費者目線の
「疑問」は、身に置き換えやすく、興味深くて面白いです。

巻末には、成分・効能早見表なるものもあって。
現在、発売されているコスメによく含まれている成分やその効能が
まとめられています。成分表示とこれを照らし合わせることで、
その成分がコスメの中でどんな役割や目的を果たしているか判るの。

成分・効能早見表

由来も書かれているので、特定の成分や由来を気にしているひとでも
判るようになっています。コレ、単純にスゴイと思いました。
ここまで解りやすく、簡潔にまとめてあるものってなかなかないと思う。

実は、ワタシ、「本当は〜」とか「〜してはいけない」とかの
脅かし系があまり好きではありません。この本も「間違っている」とか
「勘違い」という言葉で、最初、そういう本なのかな?と思っていました。
でも、実際の内容は、きちんと納得、理解出来るもの。
「勘違い」を全否定するのではなく、何がそうさせるのか、
こういった可能性もあるということが丁寧に解説されています。
知っていてソンはない知識じゃないかな。

コスメを知ることは、ジブンを知ること。
ワタシは、そんな風に思っているところがあります。
巷で良いといわれていてもジブンには合わないものもあったり、
またその逆もあったり。最終的には実際に使ってみて、「自分の肌に聞いてみる」
しかありませんが、数多のコスメの中から、何を選ぶか、どう使うかの
指針になる知識は身につけておきたいなと思います。そんなひとにオススメの1冊。

Amazonで購入→90%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話


 関 連 記 事 

・誰も教えてくれないコスメ選びのほんと 小西さやか 「なまけ美容入門」

・「なまけ美容入門」にサインをもらってきました

・日本化粧品検定1級に合格しました

・日本化粧品検定対策問題集でラストスパート

・日本化粧品検定受験と検定公式テキスト「コスメの教科書」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.12.30 Monday 11:45

日本化粧品検定1級に合格しました

日本化粧品検定1級合格しましたー!

11/24に開催された、日本化粧品検定の1級会場受験の結果が届きました。

無事に、合格しました!!

こんなにちゃんと勉強をしたこと自体、久しぶりのこと。
決して「楽勝〜♪」ではなかったけれど、その分、結果が出せて嬉しいです。
最初は、「好きな化粧品のことで資格がとれたら嬉しいな」、
「化粧品に詳しいということに裏づけが出来たらいいな」と思って
受験を決めましたが、実際は、当たり前だけれど、知らないことも多くて。
成分、特に界面活性剤などは、覚えることばかりでした。
それほど、本気な検定で、ちゃんと知識が認められるものだと思います。

この化粧品検定、受けてどうなるの?と思う方もいらっしゃるはず。
今後、日本化粧品協会に入会し、研修プログラムを受ければ、
日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ資格が与えられます。
もちろん、協会への入会や研修プログラムなど、資格への認定申請は、
希望者のみなので、合格者全員が必須ではありません。
合格証書は手に入るから、他の検定と同じように「その能力がある」という
証明にはなるはず。でも、ワタシはせっかくなので、コスメコンシェルジュ資格
もとって、検定でつけた知識を活用する方法を学ぼうと思ういます。
資格を目指しているひとには、美容関係者、化粧品メーカーや販売店、
エステサロンなどのひとが多いみたい。受験会場では男性もお見かけしました。

第2回の日本化粧品検定1級・2級の会場受験開催は、2014年5月頃が
予定されているそう。ワタシはこの検定、受けてよかったなと思います。
勉強したおかげで、化粧品に触れる中で、さっそく「判る」ことも。
2013年の最後に、好きなことに関する、結果が出せて良かったです。

追記:
2016年3月24日検定公式テキスト「コスメの教科書」がリニューアルされました。
日本化粧品検定対策テキスト「コスメの教科書」リニューアル

日本化粧品検定について詳しくはこちら→日本化粧品検定
facebookでの3級受験(無料)はこちら→日本化粧品検定facebookページ
Amazonでの公式テキストの購入はこちら→コスメの教科書
化粧品検定対策問題集の購入はこちら→化粧品検定協会案内ページ


 関 連 記 事 

・日本化粧品検定対策問題集でラストスパート

・日本化粧品検定受験と検定公式テキスト「コスメの教科書」

・日本化粧品検定三級合格証書 〜WEBで無料受験できます〜

・誰も教えてくれないコスメ選びのほんと 小西さやか 「なまけ美容入門」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/5PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others