スキンケア | WOMANIA
2015.03.19 Thursday 09:42

35周年のロングセラーの理由「DHCオリーブバージンオイル」

DHCオリーブバージンオイル

ブランド:DHC
価格:30mL ¥3,620(税抜)

今年、「DHCオリーブバージンオイル」は、生誕35周年を迎えたということ。
コレ、使ったことは無くても、聞いたことはある、知っている。。。
そんなひとが多いのではないかと思います。
「DHCって、なんだかオリーブオイルにチカラを入れているよね」
ワタシもそんな風に思っていました。期間限定で発売される
アーリーハーベストのオリーブオイルなんかは予約購入していたのに。

現在、その35周年を記念して「DHCオリーブバージンオイル」現品を含む
「DHCオリーブバージンオイル スターターキット」が発売中。

DHCオリーブバージンオイル スターターキット

コレ、クレンジングや洗顔、化粧水に35周年記念のミラーも付いて
「DHCオリーブバージンオイル」の単品価格よりも安いという。

・DHCオリーブバージンオイル 30mL
・DHC薬用ディープクレンジングオイル (医薬部外品) 20mL
・DHCマイルドソープ 10g
・DHC薬用マイルドローション (医薬部外品) 20mL
・DHCオリーブコンパクトミラー 1個


2013年3月以降に「DHCオリーブバージンオイル」やそれを含むセットの
購入履歴が無い人限定という条件がありますが、過去1年以内というのも
嬉しいところ。別に初回限定のトライアルキットも販売されています。
ワタシもこの機会に「DHCオリーブバージンオイル」をはじめて使ってみました。

オリーブオイルと聞くと、食用の緑ががかったものを想像しますが、
「DHCオリーブバージンオイル」は、透明でさらっとしています。

透明でした

もちろん、成分はオリーブ果実油のみ。
無香料、無着色、パラベンフリーの天然100%オーガニック美容オイルです。

使用ステップは、洗顔後の肌に化粧水と、このオリーブバージンオイルのみ。
肌を化粧水で潤した後に、「DHCオリーブバージンオイル」を手のひらにとり、
両手をこすり合わせて、顔全体を包み込むように薄くつけるだけです。
このとき、こすらず、ハンドプレスするようにつけるのがポイントかな。
ワタシは、朝は1プッシュ、夜は2プッシュを使っています。

なじみがよい

「DHCオリーブバージンオイル」は、親水基という水となじみやすい構造を
持っています。皮脂と似た形成のため、オイルなのにベタつきなども
少ないのだそう。実際に使ってみたら、そのなじみの良さにビックリ☆

混合肌で、数年前までオイルや油分多めのクリームなどのベタつきを
避けていたワタシでも満足出来る仕上がりです。
肌がもっちり、ふっくらしていて、とても2アイテムのみだとは思えない。
丁寧にスキンケアをしたのと遜色ない、いや、それ以上の肌コンディションです。
今まで、あれこれ塗っていたのが馬鹿らしくなりました。

べたつきません

恐れていた、一晩寝た朝の肌が油ぎっていることもなく。
朝使ってもメイクがよれることもありません。
「DHCオリーブバージンオイル」は、天然の皮脂膜となって
乾燥や紫外線などの刺激から肌をやさしく守ってくれるのだそう。
オリーブって、元々、スペインなど日差しの強いところの植物だから。
日中のオイルは酸化するんじゃないの?という心配も要りません。
オリーブオイルは、植物性オイルの中でも、特に酸化しにくいんだよね。

「ナゼに今まで使わなかったんだろう?」「これってすごいかも?」と
思わせてくれた、「DHCオリーブバージンオイル」でのスキンケア。
あちこちで「使ってみたんですが、すごいんですよ!」と言っていたところ、
天然の植物成分に明るく、手作りコスメも作られている年上の女性に
「知ってる!ワタシも若いころ、使っていたよ。」と共感してもらえました。
やっぱり、知っているひとは知っている、この実力。

1980年に誕生した「DHCオリーブバージンオイル」は、なんとDHCの
第一号商品なのだそう。そう、DHCはここからはじまっていたのです。
最近は、オイル美容も進化していて、使い心地が良いオイルも増えましたが。
DHCは、現在でも充分通用するオイル美容を35年前から発売していたという。
DHCの真の実力を見せられたような気がしました。

購入はこちら→DHCオンラインショップ



 関 連 記 事 

・数量限定発売!DHCマルチメークパレット[ふしぎの国のアリス]

・使いやすいレチノール配合美容液「DHC薬用レチノAエッセンス」

・その濃さ10倍のCMが気になる 「DHC薬用Qトライアルキット」




ブログパーツ リンクシェア レビュー・アフィリエイト
 スポンサーリンク


2015.03.02 Monday 22:28

お風呂の中でスキンケア ゼトックスタイル「バスチーミー くすみケア」

ゼトックスタイル「バスチーミー くすみケア」

ブランド:ゼトックスタイル
価格:100g ¥1,380(税抜)

いつぞやのグロッシーボックスに入っていたらしいアイテム(笑)
届いたまま放置していたグロッシーボックスの山を整理したら出てきました。
「あ、コレ、良さそう!」と思って、早速、使用。
お風呂の中で塗るだけでスキンケアが出来るオールインワン乳液です。

バスチーミー」は、お風呂の中の湯気をスチーマーの代わりに活用できたら?
という発想で生まれたアイテム。お風呂場など蒸気のある環境で使用することで
蒸気を味方にお肌に潤いを与えてくれる、スチームキャッチ成分が
配合されています。湯気をキャッチするスチームキャッチ成分は、
エクトインという高温・凍結・高塩濃度と厳しい環境下にも耐えられる
砂漠の微生物から取り出されたアミノ酸の1種だそう。

お風呂の中で使うスキンケア

ワタシが使っているのは、α-アルブチンとプラセンタエキスが配合された
くすみケアですが、他にセラミド様成分ユズ果実エキスとヒアルロン酸が
配合された保湿ケアもあるよう。保湿ケアはピンクのポンプです。

ワタシは主にコレをフェイシャルではなく、ボディに使っています。
根性なしのワタシは寒い冬の、お風呂あがりのボディケアがニガテ。
乾燥を感じる冬こそボディケアを丁寧に!と思うものの、
寒いから早く服を着たくなるんだよね。。。
なので、温かい浴室で出る前にボディケアが出来るのは嬉しい!と思ったわけ。

使い方は簡単で、顔の場合は、洗顔後、軽く濡れた状態で1プッシュ分を
なじませるだけ。お風呂などの蒸気がある環境で効果を発揮します。
もちろん、お風呂から出るときも、そのまま洗い流しません。

次第にゆるくなります

テクスチャーは、最初は少しかため。
手に取った直後は、しっかりした印象なのですが、これが次第にゆるくなるという。
水蒸気などの水分に反応しているのかな?とも思います。

ワタシの場合は、コレをお風呂から出る前、水分を軽く落としてボディに
塗っています。程度としては、濡れたタオルで水分を抑えるくらいかな。
その後、浴槽のフタを閉めたり、軽く浴室内を流すなどの簡単な片付けをしながら
スチームキャッチ効果を狙うという段取りです。お風呂から出た後は、
乾いたバスタオルで余分な水分を抑えるように拭いておしまい。
これだけで、ボディクリーム要らずのケアが出来ていました。
こりゃ、便利だわ!とすっかり愛用。

顔に使う場合も基本は同じじゃないかな。
乾燥肌やさらにしっとり感が欲しいときはお風呂上がりにもうワンプッシュ
顔になじませても良いそう。疲れているときや、子供をお風呂に入れるときの
簡単スキンケアとしても役立ってくれるよネ。
新しい発想のスキンケアだと思います。

公式サイトでの購入はこちら→バスチーミー

 


 関 連 記 事 

・爪のエイジングケア&強化 「ルシャ エッセンシャル ネイルクリーム」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2015.01.20 Tuesday 16:04

コラーゲン配合全身美容オイル「ナチュラル モイスチュア オイル」

ニッピコラーゲン「ナチュラル モイスチュア オイル」

ブランド:ニッピコラーゲン
価格:20mL ¥1,500(税抜)
2014年10月20日WEB限定1,000個再発売

せっかく与えた潤いを放出してしまっては意味がないわけで。
乾燥しやすい冬場には、オイルが効果的だと思います。
ワタシは混合肌だし、こってりしたスキンケアも好みではないひと。
ムカシは、「オイルなんてとんでもない!」と思っていました。
実際、オイルはおろか、しっかりめのクリームを使っただけで、
翌朝、オデコや小鼻まわりが脂ギッシュでとんでもないことになっていたし。

それが、最近は、やはりコスメも進化していて、使いやすいクリームも
オイルもたくさん出ています。コレ、ワタシの肌が乾燥に耐えられなくなったから
だけではないと思う。ここ数年でオイルも使いようだなと実感してきました。
ということで、乾燥するなと感じたら、オイルをプラス。

今シーズン、使ってみたのは、コラーゲン製造のトップメーカーである
ニッピのグループ企業、ニッピコラーゲンが発売した
ナチュラルモイスチュア オイル」です。
コレ、以前限定で発売されていたものの再登場のよう。
WEB限定1,000個での発売です。

「ナチュラル モイスチュア オイル」は、保湿成分であるコラーゲンパウダーを
配合したスキンケアオイル。ニッピのオリジナル原料である、
ニッピコラーゲン SCL(アルカリ可溶化コラーゲン)を未変性のまま
パウダー化したものが使われています。水溶性コラーゲンであるSCLは
水に溶かすと熱に弱くなり、粉末状態では熱に対して安定であるということ。
オイルの中には水分が無いため、熱に対して強く、常温保管が可能というわけ。

「ナチュラル モイスチュア オイル」のボトルをよく見ると、
底に白いパウダーが溜まっていることが判ります。
これを使う前によく振って混ぜて使用。
オイルの中をちらちらとパウダーが舞うようになります。

オイルは、アボカドオイル、グレープシードオイル、バオバブオイルなど。

するっと伸びる濃密オイル

濃密でぐっとした手応えがありますが、意外なほどにさらっとなじみました。
ベタベタしたり、ギトギトした使用感はナシ。
肌にのせると、コラーゲンパウダーは溶けて、気にならなくなります。

しっとり保湿

ネロリ、フランキンセンス、サンダルウッドの精油も配合された、このオイル。
クセの無いさわやかな香りは、まるでアロママッサージで使う、
トリートメントオイルのようです。実際、そのようにも使えるアイテム。

ワタシは、スキンケアの一番最後に数滴を手にのばし、乾燥する頬の部分を
中心におさえるようにつけたり、手のマッサージを兼ねて指先につけたり。
そうすると、べたつかず、しっとりした状態になります。
あと、タオルドライの後、髪につけ、乾かずとまとまりが良くなりました。
「あれ?髪型変えた?」と言われてしまうくらい、おさまっていたみたい。
この時期、髪も静電気や風でモワモワになっちゃうものネ。

オイルはどうしても、劣化も気になるので。
20mLサイズのボトルも、ワンシーズンには、ちょうど良いサイズだなと思います。
お値段的にも、乾燥対策のプラスケアに取り入れやすいアイテム。
もちろん、ボディにも使えるので、1本持っていると便利です。

購入はこちら→ナチュラルモイスチュア オイル



ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.08.12 Tuesday 09:46

夏のごわつき肌をやわらかくする エステダム「オスモクリーン」

エステダム「オスモクリーン」

ブランド:エステダム
価格:72g ¥4,800(税抜)

最近、シートマスクなどのスペシャルケアをほとんどしなくなりました。
しなくても基本的に肌の調子は良い感じ。
そんなワタシが常備しているのが、エステダムの「オスモクリーン」です。
オールシーズン使うことはあるけれど、特に夏の肌には活躍してくれるの。

夏の肌は紫外線などの刺激を防ごうと角質が厚くなってしまいます。
また、汗や皮脂汚れも関係し、なんとなく肌がごわついている、
ざらついているというような状態に。そんな肌をあっという間に
クリアな肌にしてくれるのが「オスモクリーン」。
ワタシは、アクティブに過ごした2012年の夏のダメージケアを
これでリカバリーしました。以来、夏の頼れる存在に。

「オスモクリーン」は、メイクを落とすクレンジングではありません。
肌の汚れや余分な皮脂を取り除き、肌を整えてくれるディープクレンジング。
洗顔後などの乾いた肌の状態で使います。
ワタシは朝の洗顔を置き換えることが多いかな。

重めでしっかりした感触

重めでしっかりした感触のクリームを肌にのばし、クルクルとマッサージすると
次第にその感触が、ぐっと重くなり滑りが悪い感じに変化してきます。
コレ、肌に水分が残っていると、なかなか感触が変わりません。
そんな理由もあって、朝の洗顔の置き換えが一番便利です。
メイクのノリも良くなるしね。

ぐっと重くなります

感触が重く変化したら、洗い流します。
スクラブのようにザラザラもしないし、ピーリングのようにモロモロが
出てきたりもなく、全く肌に刺激の無い使用感。
なのに、使用後の肌は、透明感が出て滑らかな状態になるのです。

「オスモクリーン」を使ったあとの、つるんとキメが整ったような
肌には驚くはず。1回の使用で、ごわつきやざらつきを一掃し、
くすみのない肌に整えてくれます。コレ、本当にスゴイと思う。

角質が厚くなり、ごわついた肌では、水分も入りません。
まずは、「オスモクリーン」のようなアイテムで肌をクリアにし、
整えてから、たっぷりの潤いケアをするのがオススメです。

「エステダムEブティック トライアルキット」には、「オスモクリーン」も
含まれていて。ワタシは、このキットに入っていた「オスモクリーン」を
旅行に行くときに持っていっていました。洗顔代わりに使えるし、
旅行疲れの肌もなんとかしてくれて、すごくお役立ち。
トライアルに入っているサイズだけでも、充分に効果が判るはずです。
だって、1回の使用で「こりゃスゴイ」と思わせてくれるから。

京王ネットショップでの購入はこちら→エステダムファーストキット


 関 連 記 事 

・1回で透明感 ディープクレンジング エステダム「オスモクリーン」

・名品がお試し出来る エステダムEブティック限定トライアルキット

・肌に負担をかけずディープクレンジング エステダム 「オスモクリーン」

・夏のダメージ肌のアフターケア

・フランス発 肌の美しさを呼び覚ますブランド エステダムで夏準備




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.06.15 Sunday 23:17

英国発アロマナチュラルコスメMake It & Co(メイクイット&コー)

Make It & Co(メイクイット&コー)ウォッシュオイル

友人オススメのMake It & Co(メイクイット&コー)
メイクイット&コーは、イギリス生まれのナチュラルコスメブランドです。
素材の98%がオーガニック及びナチュラル、残りの2%がオーガニックを超える
貴重な自生種の植物エッセンシャルオイルをベースにしているそう。
「ぜひ、使ってみて!」と、オススメアイテムのミニサイズもくれました。

友人イチ押しかつ、ワタシも「これは!」と魅かれたのが、
フェイス&ボディ ウォッシュオイル」。
ラベンダー、タイム、シトラスの3種があります。
コレ、スキンケアとしてはもちろん、ボディや頭皮にも使える1本。
「つける」マルチオイルはよくあるけれど、「洗う」マルチオイルは
珍しいのではないかと思います。そして、これまで椿オイルでシャンプー前の
頭皮クレンジングをしたり、メイククレンジングオイルで
ボディクレンジングをしていたワタシにとっては、興味深いアイテム。

このウォッシュオイルのベースは大豆オイルということ。
それに加え、それぞれのエッセンシャルオイルが配合されています。
ワタシが友人からオススメしてもらったのはラベンダー。
ラベンダーには、癒し修復、皮膚細胞の活性化作用があるといわれています。
肌を本来の状態にみちびき、日焼け、しみのケアにも効果があるそう。

実際に使ってみるみると、とろりと濃厚な印象のオイル。
肌にみっちりとなじみ、しっかりとした手応えを感じます。
するするとしたクレンジングオイルというよりは、まるで美容オイルを
使っているような濃密さ。配合されているラベンダーのエッセンシャルオイルも
香りだちが良く、上質な印象を受けました。最近、なんとなくだけれど、
同じ種類のエッセンシャルオイルにも、質の違いがあるんだなというのを
感じてきています。植物の成分を採油するわけだから、数値には出ていない、
品質の違いってあるんだよね。それが値段や産地の違いかとも思ってきました。
メイクイット&コーのエッセンシャルオイルは良いものだと思います。

すすいだ後は、油膜感とは違うしっとり感を実感。
これが、クレンジングの使用感なの?と驚くほどの仕上がりです。
正直、「美容成分が豊富といっても洗い流すわけだから。。。」と
洗うアイテムに対しては、そこまでの美容効果を期待していなかったのですが、
これはすごいと思う。洗顔後の後の肌は、しっとり、乾燥も感じません。
さらに透明感も出ているの。

コレ、クレンジングはもちろん、朝の洗顔として使っても良い感じです。
さらに、ボディにも使ってみましたが、ワタシがこれまで使っていた
メイククレンジングオイルよりも、ぬるぬるせず、奪った感がありません。
ボディにはちょっと贅沢な感じもするけれど、
日焼けなどでダメージを受けたときには、ぜひぜひ、使いたい一品。
出会って良かった、使って良かったアイテムです。
今まで使ってきたクレンジングオイルとは違う。現品を購入する予定です。

このウォッシュオイルは、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液までのプロセスを
1本でまかなえるということ。ただ、そのままだと少し物足りないかな。
そんなひとのために、メイクイット&コーは、ジェルやクリームも充実しています。

朝のアイテムとして友人がオススメしてくれたのは「プレミアムジェル」。

プレミアムジェル

コレ、発酵させたマッシュルーム由来のジェルに、保湿のためベリー由来の
ソルビトールが配合されたものがベースです。そこに、ローズフラワーウォーター、
イングリッシュラベンダーブレンドオイル、マカダミアナッツオイルをプラス。

ジェルは、ぷるんとしていて、ゆるめのテクスチャーです。
肌にのばしてみると、本当にみずみずしく、ジェル状の化粧水?のよう。
ペタペタしたり、モロモロが出たりは一切ありませんでした。
すぐにさらっと仕上がる使用感は、どちらかといえば軽め。

そして、夜のアイテムとしてオススメしてもらったのは
プレミアムナイトクリーム」です。こちらもベースは同じジェルだそう。
ラベンダーフラワーウォーターとガーデニアモノイオイル、マカダミアナッツオイル
が配合されています。ガーデニアモノイオイルは、ココナッツオイルに
ガーデニア(くちなし)の花を漬け込んだオイルということ。
乾燥肌に潤いを与え、敏感でデリケートな肌を沈静させてくれるそう。

プレミアムナイトクリーム

ベースは同じなので、テクスチャーは「プレミアムジェル」に似ています。
ぷるんとしたところは同じですが、こちらの方がややしっかりしているかな。
みずみずしくのびるというよりは、なめらかにのびる感じ。
表面に程よいオイルのような感触が残ります。でも、ベタつかない!
たしかに、「プレミアムジェル」よりはしっかりめの使い心地ですが、
でも、夜用として考えればこちらも、やや軽め。
これからの季節でも、さらっと使えそうな感じです。

ただ、この「プレミアムナイトマスク」、甘めのお菓子系のような香りがするの。
ガーデニアモノオイルに由来するものかなと思います。
好きなひとにはたまらないだろう、ショコラとも感じるような甘い香り。。。
ワタシは、甘めの香りよりラベンダーのすーっとするような香りが好きなので、
ついつい「プレミアムジェル」の方に手がのびてしまいました。
このふたつ、香りは全く異なります。

試しにスキンケアをこの3アイテムのみにし、1週間ほど使ってみましたら。
どんどん、肌が素の状態に近づくような感じがしました。
と、同時に毛穴が引き締まって目立たなくなってきたのにはビックリ。
肌のコンディションによっては、ちょっと物足りないかも?と感じることが
あったのですが、そんなときは、「プレミアムマスク」を使ってみました。

プレミアムマスク

シアバターとビタミンE、ゴールデンホホバオイル、ローズヒップシードオイルが
配合されたマスクは、こっくりとホイップバターのようなテクスチャー。
これは肌の上にのばし、数分置いたあと、やさしくふき取ります。
肌にのせたときから、とろけるように成分がゆきわたる感じ。
ふき取ったあとはもちもちで、ふっくらとした肌に仕上げてくれます。
肌を守ってくれるようなオイルの使い心地が、感じていた「物足りなさ」をカバー。
水分ベースじゃないので、じっくりケア出来る感じです。

面白いのが、メイクイット&コーのアイテムには既製品のほかに
自分でコスメを作るキットシリーズというのもあって。
ワタシが使った「プレミアムジェル」や「プレミアムナイトクリーム」、
「プレミアムマスク」も製品を買うほか、キットで作ることが出来るのです。
そのキットの数、実に全19種類!
製品でもキットでも基本的なレシピは同じですが、作る方がよりフレッシュだし、
そのコスメの構造も明確、何より自分で使うものを自分で作る楽しみもあるよね。
銀座にある直営店では、サロンスペースもあり、定期的にスクールなども
開催しているそう。今度、直営店にも足を運んでみようと思います。
「フェイス&ボディ ウォッシュオイル」買わなきゃ!

Make It & Co(メイクイット&コー)公式サイト


ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/26PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others