ボディソープ | WOMANIA
2014.08.20 Wednesday 11:03

ペパーミントを感じるソープが夏にピッタリ LUSH「アイシングブルー」

LUSH「アイシングブルー」

ブランド:LUSH
価格:100g ¥650(税抜)

暑い夏にピッタリなボディソープがLUSHの「アイシングブルー」。
氷河に浮かぶターコイズブルーの氷にインスピレーションを得て
誕生したというソープは、見ためにも涼しげな印象です。
ペパーミントやスイートオレンジ油 、ベルガモット果実油が使われ、
香りもすっきりと爽やかで、嫌味がない感じ。
香りが強いイメージのLUSHのソープの中では、あまり強くなく、
年齢や性別問わず、使いやすいとも思います。

このソープには、シーソルトも使われているそう。
塩っぽいとか、傷口にしみることはないので、言われないと気づかないけれど。

氷河に浮かぶ氷のイメージ

泡立ちは良く、滑らかでクリーミィな泡で洗うことが出来ます。
コレ、洗っている間から、ペパーミントの清涼感が程よく感じられるところが
夏にピッタリだと感じる理由。スースーする!寒い!というほどではなくて、
ペパーミントの天然由来といった清涼感です。洗い流すと続かないくらいのレベル。

洗いあがりは、すっきり、さっぱりです。
潤いも全て洗っちゃった!というような、強力な洗浄力とは違う感じで、
乾燥を感じたりはしません。肌がつるんとするような感じです。
ペパーミントには、抗菌作用も含まれているので、汗をかきやすい夏の肌を
清潔に保っておくという意味でも良いかも。

LUSHのソープは、やわらかく溶けやすいイメージが否めませんが
このソープは、他と違って少々固めに出来ているようです。
見る見る減ってゆくことも無いみたい。
そういったところも、夏にピッタリだなと思います。

だだ、ペパーミントの芳香成分は揮発しやすいので、使い続けるつれ、
やはり香りや清涼感が薄くなります。消費期間以内であっても、
やっぱりフレッシュな方が香りがしっかり。以前、買い置きしていたものを
使ったときと、今回、手に入れたてを使ったときでは印象が違いました。
「アイシングブルー」は、特にフレッシュなうちに使うのが良いみたいです。

コレ、以前は夏季限定商品だったけれど、レギュラー商品になったもよう。
ファンにとっては、年間を通じて使えるようになったのは嬉しいけれど、
ワタシはやっぱり、夏に最適なソープだなと思います。

購入はこちら→アイシングブルー



 関 連 記 事 

・LUSHの固形洗顔ソープ 「プリンセス」が想像以上

・ある意味贅沢なソープ LUSH 「初恋ラバーズ」

・名前入りの贈りもの LUSH 「アニバーサリーソープ Noriko」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.07.13 Sunday 13:51

ご当地名産品の恵み 五島市観光協会「椿のボディソープ」

五島市観光協会「椿のボディソープ」

発売:五島市観光協会
価格:300mL いただきもの

五島に旅行に行っていた友人からお土産にもらった「椿のボディソープ」。
コレがかなり良かったのです。コレはブログに残しておきたいなと思うくらい。

長崎県五島列島は、日本でも有数の椿の自生地であり、名産地。
五島うどんは、手延べの際に粉をふらず、椿油を使っているのだそうです。
なんとも言えない風味が、喉越しよく、美味しかった記憶。
もちろん、椿油はうどんだけに使われているわけではなく。
美容アイテムも様々、作られています。

この「椿のボディソープ」は、五島市観光協会でが五島の椿を使って
作った製品のひとつ。発売元は社団法人五島市観光協会です。
ほかに、石けん、シャンプー、リンスがあるもよう。

「椿のボディソープ」は、椿油と天然洗浄成分で造られたボディソープです。
椿油の皮膚への効能を最大に活かすために、けん化法で手間をかけて
製造されているのだそう。五島産椿油にはオレイン酸が多く含まれているのだとか。

コレ、単なるお土産物だとあなどるなかれ。
さらっとした透明のテクスチャーのボディソープは、軽やかに泡立ちます。
泡はもふもふ濃密というよりは、肌あたりが良くて、さくっとした感じ。
なのに、洗っている間に泡がつぶれたり、無くなったりすることはありません。

そして、洗い流したあとが、すごくよくて!
さっぱりするのに、つっぱったり、洗い過ぎた感じがしないのです。
どちらかといえば、つるんと滑らか、つやつやな洗い上がり。
肌にやさしい、でも、ちゃんと洗えている、そんな使用感のボディソープでした。
これまでいろんなボディソープを使ってきたワタシでも満足。
これは、お土産品の域を超えた、立派なコスメだと思います。
お土産として送ってくれた友人に感謝。
ちなみに、コスメにはあまり詳しくないであろう男性の友人です(笑)

五島市観光協会の「椿のボディソープ」は、五島のお土産だけでなく、
通販でも購入出来るもよう。楽天のケンコーコムでも取り扱いがありました。
ケンコーコムで何か買う機会があったら、一緒にオーダーしたいと思います。
香り、使い心地共に、家族のどんなひとでも使えるボディソープじゃないかな。

  


ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.08.27 Tuesday 17:50

やさしいボディソープで洗うということ ソーダサン 「シトラスソープ」

ソーダサン 「シトラスソープ」

ブランド:ソーダサン
価格:300mL ¥840(税込)

ドイツの環境配慮型洗剤メーカー、ソーダサンのリキッドソープを使ってみました。
ソーダサンは肌にやさしいだけでなく、環境にもやさしい洗剤とソープを
作っています。製造過程から使用後まで環境を汚染しない自然原料から出来た
洗剤の開発を目指して、この会社ははじまったのだそう。

ソーダサンのアイテムの原料にはオーガニック栽培、エコサートの厳しい基準を
クリアした植物原材料を使用しています。石油由来原料、酵素や有機塩素化学物質や
合成香料、合成保存料は使用していません。また、製造工程には、グリーンピース
エネルギーからの再生可能エネルギー(風力・水力・太陽)のみを使用。

ラインナップとしては、洗濯用洗剤、台所用洗剤、住まい用洗剤、
そして、ソープがあります。ワタシはリキッドソープを使いましたが、
ほかに「クリームソープ」という固形石けんもアリ。

リキッドソープはハンド&ボディ用です。
ローズ、ラベンダー、シトラス、ピーチの4種類。
ワタシはシトラスをボディソープとして使っています。

高品質のオリーブオイルを配合してあるという、このソープ。
洗浄成分は石けんのみです。
全成分を見ても、水、オレイン酸K、サフラワー脂肪酸K、オリーブ脂肪酸K、
アルコール、グリセリン、クエン酸、香料とシンプルなもの。
脂肪酸名+Na(ナトリウム)又はK(カリウム)で表記されているものが
浴用石鹸、ボディソープの場合の、石けんである証です。
香りは、エッセンシャルオイルを使用しているもよう。

実際に使ってみると、泡立ちは弱めです。
バスリリーやネットなどのナイロン系アイテムのチカラを借りると
それなりの泡は立ちますが、決して強い泡ではありません。
洗っているうちに泡がつぶれてしまうような感じも。

ただ、このソープ、洗い流したあとがとても良いです。
肌がつるっとし、なめらかに整うよう。
泡切れが格別に良く、すっきりつるんと洗え、刺激や乾燥はありません。
これまでも、無添加やオーガニック、植物由来の固形石けんで
カラダを洗ったことがあるけれど、それよりも良い感じ。
強いて表現するなら、お気に入りの洗顔石けんで顔を洗ったときと
似たよう感覚かな。顔では微細な違いも判るけれど、
カラダだとあまり細かい違いは感じられないよね。
このソープは顔と同じように、アイテムの差が感じられました。
コレ、ボディソープとしてはすごいことではないのかと。

これが、やさしいボディソープで洗うということか!

と、バスルームでひとり、感心してしていたワタシ。
うまく伝えられないけれど、心地よいボディソープだと思います。
シトラスの香りもさわやかで強すぎず、嫌味がありません。

ソーダサンのリキッドソープを使ったあとの排水は完全に分解されるとのこと。
生活排水に浄化槽を使っているウチは、このあたりも注目しています。
ウチの生活排水は全て一度浄化槽に入り、そこでバクテリアなどで
浄化されてから排水されるの。排水の質や量によっては、浄化槽に
負担がかかります。数ヶ月に1回、浄化槽のメンテナンスを
お願いしているのですが、そこで中の状態が悪いと別途費用もかかるんだよね。
なので、完全に分解される排水というのはとてもありがたいことです。
もちろん、浄化槽がないおうちでも、排水はどこかで下水処理されているので。
最終的には、こういったアイテムを使うことは、環境配慮になります。

ソーダサンは、環境にも人にもやさしいソープ。
ひとときより「エコ」という言葉を耳にしなくなりましたが、
こういったアイテムを選んでみるのも良いのでは?と思うのです。

購入はこちら→ソーダサン「シトラスソープ」

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.08.05 Monday 06:25

夏にピッタリ ロイヤルネイチャー 「ファーミングS ボディクレンザー」

ロイヤルネイチャー 「ファーミングS ボディクレンザー」

ブランド:ロイヤルネイチャー
価格:250mL ¥3,900(税込)

気になっていた、ロイヤルネイチャーのファーミングライン。
シャンプー、コンディショナー、ボディクレンザー、ボディミルク、
フェイシャルクレンザー、ボディオイルがラインナップされています。
このファーミングラインには、米、英、仏、日、韓の5カ国で特許を取得した、
がんを抑制し、肌を再生させる成分、シザールが配合されているそう。
この成分を開発した医学博士と、ロイヤルネイチャーの
創設者アン・ミヒョンさんは古くから親交があり、
「髪や身体に使えば生気が芽生え、弾力が生まれる効果があるのでは?」と考え、
共同で研究・開発し、ファーミング (弾力)シリーズを作ったということです。

ワタシは、暑くなると、洗うアイテム大活躍ということで、
ファーミングS ボディクレンザー」をセレクト。
ボディクレンザーは簡単に言えば、シャワージェルです。
頻繁にシャワーを浴びることも多いため、少しでも肌に負担の無いものを
使いたいなという想い。さらに、ハリケアも出来たら良いじゃない?

まず、この「ファーミングS ボディクレンザー」、とても良い香り!
ラベンダー油、オレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油が入っているからか、
すっきり心地よいアロマの香りが楽しめます。
バスルームにふわっと香り立つ匂いは、強すぎず、すーっと癒してくれるよう。

泡立ちは軽めで、さっくりとした泡です。

泡立ちさっくり

軽いから、泡切れもよく、ざっと汗を流すときに使うのにピッタリ。
ぬるつかず、さっと洗い流せるのでイヤなところや煩わしいところがありません。
そして、洗い上がりは、すっきり&つるんとしています。
ワタシは、今の季節だと、ボディクリームなどは使わずに済ませちゃう。
シャワーを浴びるたびに、ボディケア!って考えると億劫だし、
汗とボディケアアイテムが混じると、余計に不快な感じになったりするときも
あるものね。ロイヤルネイチャーの「ファーミングS ボディクレンザー」は
洗い過ぎた感じがしないので、重宝しています。

肌の弾力に関しては、いきなりの効果が出るものではないと思うので、
まだ判りませんが、使いやすく、滑らかに肌表面を整えてくれるシャワージェル。
暑いとムシムシ、ベタベタするけれど、このボディクレンザーを使えば
体と心の汚れまですっきり落としてくれそうです。夏向き。

この「ファーミングS ボディクレンザー」は、WEB限定です。
芝本裕子オススメ ママケアセット」にもセットされているアイテム。

購入はこちら→ ファーミングS ボディクレンザー

ロイヤルネイチャー日本公式サイト


 関 連 記 事 

・韓国で行ってみた ロイヤルネイチャー カフェ併設店 @金浦

・泡に変わるクレンジング 「T-700 ディープクレンジングソフトフォーム」

・「ロイヤル ローズウォータープレミアム」でローションパック

・韓国ナチュラルコスメ ロイヤルネイチャー 「オリエンタルソープ ヨモギ」

・日本で買える 韓国発 本格派ナチュラルコスメ ロイヤルネイチャー




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.07.25 Thursday 09:32

マイルドにボディの角質オフ オークビューティー 「女磨き粉」

女磨き粉

ブランド:オークビューティー
価格:50g ¥2,100(税込)

大阪の乳酸ピール専門サロン、オークビューティーのホームケア商品、
女磨き粉」を教えてもらいました。コレ、ボディ用角質ケアパウダーソープ。
いつも通りカラダを洗ったあと、水かぬるま湯を加え、ひじ、ひざ、
かかとなど、角質が気になる部分をマッサージするように洗うアイテムです。

パウダーはサラサラで、吹けば飛びそうなほど細かいもの。
コーンスターチが入っているからか、ふわっとしています。

さらさらパウダー

水やぬるま湯を加えると、ざらっとスクラブ的になるのかな?と
想像していたのですが、なんと、溶けてしまいました。
「磨き粉」「スクラブ」といったイメージとは反し、泡立ちます。

泡立ちます

しかも、まじめに泡立てると、けっこうクリーミィー。
マイルドな使用感で、ふわっとやさしく洗うことが出来ます。
コレ、角質ピール成分としては乳酸とリンゴ酸が入っているそう。
物理的に「磨く」というより、成分の効果でや角質を除去する感じかな。
一昔前に流行った、酵素系洗顔パウダーに似ていると思いました。

優しい使用感

刺激やスクラブ感はなく、通常のボディソープと同じくらいの使い心地。
それなのに、気になる部分をマッサージするように洗うと、
つるんとした洗い上がりです。ワタシは、最初、ひじ、ひざ、おしりなど、
ざらつきが気になる部分や肩やデコルテなど磨きたい部分を中心に
そのまま使っていたのですが、てっとり早い方法として、いつも通りカラダを
洗う際のボディソープに混ぜて、洗うという方法を思いつきました。
そうしたら、手間なし!全身を簡単にケアできます。
泡立ち的にも問題ないし、刺激もなくて、ナイスなプラスケアアイテム。
個人的にはそのまま使っても何の問題も無かったけれど、
むしろ、肌が弱いひとはこの方法の方がよりマイルドなのかもしれません。

使用目安としては、1週間に2〜3回、肌の状態に合わせてとのこと。
でも、体感的には、毎日でも使えるくらい、負担がありません。
ま、洗い過ぎはよくないと思うから、週2〜3回に止めるけれどね。

夏は冬に比べると、どうしても腕や脚など表に出る部分も多くなるもの。
どんなひとでも角質はあると思うので、そういう気になるざらつきや
黒ずみを簡単に、刺激なくケア出来るアイテムとしてオススメです。

「女磨き粉」は、Amazonで購入できます。
購入はこちら→女磨き粉

ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/10PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others