クレンジング(メイク落とし) | WOMANIA
2018.10.09 Tuesday 23:58

アイメイクオフリムーバーに使える!ロゴナ「ウォータークレンジング」

ロゴナ ウォータークレンジング 使用 レポ

ブランド:LOGONA(ロゴナ)
価格:125mL ¥2,000(税抜)

少し前、コスメラウンジの「LOGONA お肌づくりワークショップ」に参加しました。

ドイツのオーガニックコスメブランドであるLOGONA(ロゴナ)
40年前、まだオーガニックコスメという基準がなかったころに
自分たちでハーブを育てつつ、有機栽培でハーブを育てている農家を探しだし、
手作りの抽出機でハーブエキスを抽出することからロゴナはスタートしました。
現在でも、そのスピリットは続き、主要なハーブは自社で抽出しているとか。
ロゴナのハーブエキスは、一般的な量の5倍のハーブで抽出する濃厚なものだそうです。

ワークショップでは、エイジングケアラインのエイジプロテクションをメインとし、
夏のダメージを受けた肌のお手入れを教えていただきました。



その中で、メイクオフをするときに使った「ウォータークレンジング」。
ウォーターベースで、アルコールフリー、オイルフリーのクレンジングです。
ワークショップでは、ハードなマスカラ以外はアイメイクもこちらで落とせると
ポイントメイクオフにも、この「ウォータークレンジング」を使いました。

そのとき、ワタシのしっかりアイメイクもキレイに落としてくれただけでなく、
すっきり感としっとり感が両立した使い心地のトリコに。
ちょうど、ポイントメイクオフリムーバーが無くなりかけだったので
「次はコレにしよう!」と決めたのでした。

ロゴナ ウォータークレンジング 口コミ ブログ

ハンズやロフト、ハンズビー、クレヨンハウス、ナチュラルハウスなどで
取り扱いがあるようですが、ワタシは早く欲しかったのでアマゾンで購入。
モノにもよるけれど、買いに行く時間を取るよりアマゾンの方が早いことってあるよね。

届いた「ウォータークレンジング」は、中箱に色の変化や沈殿物があっても
植物のパワーを出来るだけそのまま製品にしている結果だから、
機能や品質には問題ありませんといった内容の紙が同封されていました。

見たところ、ワタシの元に届いた「ウォータークレンジング」には
色の変化も沈殿物も見られないけれど、ナチュラルコスメなので
個体差があるのかもしれないです。念のため。。。といった感じかな。

ロゴナ ウォータークレンジング 使ってみた ブログ

アロエベラエキスやダマスクローズウォーターを配合したウォータークレンジング
さらさらとした化粧水のようなテクスチャーです。
香りは、成分表示に香料(エッセンシャルオイル)とありますが、
それほど強くなく、植物原料由来の香りがほんのり香る程度でした。

それでは、クレンジング力を確かめるために。

ロゴナ ウォータークレンジング メイク落ち実験

腕に落ちにくいアイライナーで書いた字を落としてみます。
コットンにロゴナ「クレンジングウォーター」を含ませ、文字の上に置き。
アイライナーとクレンジングウォーターをなじませます。

ロゴナ ウォータークレンジング メイク落ち実験

そして、一度だけコットンを滑らせたのが、右側の状態。
真ん中あたりの、しっかりコットンが触れていた部分は落ちているのが判ります。

そこからさらに、丁寧にクレンジングウォーターをなじませ拭き取ると。。。

ロゴナ ウォータークレンジング メイク落ち実験

キレイに落ちました!
(左側の文字は、クレンジング力が判るようにわざと拭き取らず残しています)
摩擦による赤みも出ていないので、肌への負担もなく落とせているはず。
べたつきや、油膜感はなく、しっとりとした肌に整えてくれました。

ちなみに、実際にポイントメイクオフリムーバーとして使った場合、
アイシャドウ、口紅はきちんと落ちます。
ワタシが使っているウォータープルーフタイプのマスカラも落ちました。

ただ、マスカラに関しては、もう少し「がっつり」系だと落ちにくいような気も。
ただ、ワタシが「がっつり」系マスカラを使うときは、お湯落ちのフィルムタイプが
多いので問題ないかなと判断しています。コレ、まつエクのときに良いよね!

本来、こちらの「クレンジングウォーター」は、ポイントメイクオフではなく、
通常のクレンジングとしてのラインナップ。
ロゴナにも「アイメイクアップリームーバー」が存在しています。
ワークショップのときも「落ちにくいマスカラをお使いの方は・・・」と聞いてくださり
ハードなアイメイクのひとには「アイメイクアップリムーバー」での用意がありました。
「アイメイクアップリムーバー」にはオイルが使われているようです。

ロゴナ ウォータークレンジング メイク落ち実験

ワークショップのときは、「クレンジングウォーター」でフルメイクオフ。
拭き取った後は、ぬるま湯で洗い流します。
(ポイントメイクオフのときは、その後、洗い流すクレンジングをするので不要)

セミナーでも洗面器でぬるま湯を用意いただき、洗い流すステップまでを
体験させてもらいました。こういった機会では、洗い流す代わりとして
精製水を含ませたコットンで拭き取ることが多いのに。。。
より実用に近い体験で、その使い心地もよく判りました。

疲れているときは、アイメイクだけでなくフルメイクを落とすにも良いかも?
と思ったのも、今回この「クレンジングウォーター」を購入した理由のひとつ。
最近、使っていたクレンジングとの相性のせいか、アイメイクオフリムーバーの
油膜感が気になっていたワタシ。オフ直後ではなく、その後のクレンジングや
ぬるま湯で洗い流すときに気になっていたわけです。
その油膜感が気にならずに(オイルフリーだし)ポイントメイクを落とせる
リムーバーに出会えたのは「出会い」かも!参加して良かったワークショップでした。



ブログパーツ
 スポンサーリンク


2018.06.14 Thursday 16:14

酸化しにくいオイルを使用した ラウディ「ゼロタイムクレンジング」

ラウディ ゼロタイムクレンジング 口コミ 感想

ブランド:ラウディ
価格:180mL ¥3,900(税込)

酸化が進みにくいオイルだけを使用したというオイルクレンジング、
ラウディ ゼロタイムクレンジング」を使ってみました。

ワタシが化粧品の中で一番変質を感じるのはオイル。
うっかり忘れ去っていた美容オイルなどを、おそるおそる開けてみると
脂が酸化したにおいを感じ、ダメだなと判ります。酸化してしまったオイルは
縦にしても横にしても戻らないので、もったいなくてもただのゴミ。。。(涙)
オイル選びって大切だなと思います。

もちろん、種類や精度(不純物の有無)によって酸化しやすい、しにくいはあるわけで。
「ゼロタイムクレンジング」に使われているのは、酸化しづらく不純物を取り除いた
高品質なベニバナ、コメヌカ、オリーブの3つのオイルだそうです。

コレ、いずれもキャリアオイルとして使われるオイル!

ラウディ ゼロタイムクレンジング 酸化しにくいオイル 使用

ベニバナ(サフラワーオイル)は、肌なじみが良く、サラッとした質感が特徴で、
オレイン酸を多く含むオイルです。

コメヌカ(ライスオイル)もべたつきにくく、オレイン酸のほか、
他のキャリアオイルにあまり見られないガンマオリザノールを含んでいます。
ガンマオリザノールは、シミの原因となるメラニン色素を抑える作用があり、
保湿しつつ肌の再生をサポートしてくれる効果が期待できるとか。

オリーブオイルは、言わずもがなオレイン酸が豊富で美容効果も高いオイル。
オリーブオイルをキー成分としたコスメが発売されるほどの実力派です。

3つのオイルの特徴はいずれもオレイン酸が豊富だということ。
オレイン酸が豊富=酸化しにくいオイルであり、抗酸化作用が高いといえます。
また、人の皮脂にも多く含まれるから、肌なじみも良いというわけ。

ラウディ ゼロタイムクレンジング 使用感

「ゼロタイムクレンジング」のテクスチャーは、オイルの特性を活かした印象です。
オイル特有のとろみというか、粘性でとろっとした手触りに。
サラサラで手からこぼれ落ちてしまうようなクレンジングと比べ扱いやすいです。

ちなみに香りはなく、オイルそのものの原料臭が少しある感じでした。

ワタシの中で恒例となったクレンジング力を確かめる実験をしてみると。。。

ラウディ ゼロタイムクレンジング クレンジング力

かなり落ちにくいアイライナーとリップライナーを使っていますが、
するするとメイクを溶かすようになじんでいきました。
特に落ちにくい(もう実験にしか使いたくないくらい)リップライナーは
さすがに一瞬では落ちなかったけれど、丁寧になじませると落ちます。

オイル特有の粘性があるといっても、肌になじませると手触りが良いくらい。
サラサラ過ぎると滑り過ぎたり、メイクとのなじみが悪い感じがするので
ちょうど良い使用感だと思います。

ラウディ ゼロタイムクレンジング メイク落ち

しっかりメイクとなじんだら、洗い流し。
「ゼロタイムクレンジング」は、乳化が早く、さっと洗い流せました。
メイクなじみも早く、すすぎも早い、これが「ゼロタイム」の理由なの?と思ったり。

洗い流したあとは、すっきりしつつも、乾燥やつっぱりは感じません。
セラミドやダマスクローズ、シランなどの天然保湿成分を配合し、
潤いをキープしてくれるような処方になっているそう。
もちろん、W洗顔は不要です。

ワタシはメイクはしっかりオフしてくれるのに、洗い過ぎていないような
すっきり感と肌を整えてくれる効果が両立しているとことが気に入りました。

一般的な化粧品の使用期限は開封一年、未開封三年といわれています。
でも、その期限内であっても、開封して空気に触れた瞬間から酸化は進んでいます。
ということは、酸化しにくいオイルで作られているクレンジングオイルを
使うということは、肌に安心なものを使うということ。

ラウディ ゼロタイムクレンジング 無酸化発想

「ゼロタイムクレンジング」は、酸化しにくいオイルを使っているにも関わらず
さらに開封より2ヶ月を目安で使用することを推奨していました。
とことん、酸化にこだわることは、肌へのやさしさへのこだわり
これがラウディの「無酸化発想」なのだと思います。




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2017.12.03 Sunday 03:41

パパッと滑らかにメイクオフ!シュウ ウエムラのジェルオイルクレンジング

シュウ ウエムラ「ジェントルネクター クレンジング オイル イン エマルジョン」口コミ 感想

ブランド:シュウ ウエムラ
価格:トラベルサイズ(50mL) ノベルティ
2017年9月1日発売

9月に発売されたシュウ ウエムラのクレンジングオイルはジェルタイプ。
ムカシは、クレンジングといえばシュウ ウエムラのオイルクレンジング!
というくらい愛用していたワタシにとって、コレは気になるアイテムでした。

50年前、日本ではじめてクレンジングオイルを発売し、
オイルクレンジングだけで8種類のラインナップを誇るシュウ

使えば、それぞれに違いが判るラインナップはスゴイと思います。
そんなシュウが発売したジェルタイプのオイルクレンジングが気にならないわけがない!

ワタシが使ってみたのは、ノベルティでいただいたトラベルサイズ。
こちらは、チューブタイプですが、現品はポンプタイプです。
他のクレンジングオイル同様、150mLと450mLの2サイズ展開

シュウ ウエムラ クレンジングジェル 口コミ 感想

「ジェントルネクター クレンジング オイル イン エマルジョン」は、
とろみのある少しやわらかめのジェル状テクスチャー
クッション性があり、肌と手の間の摩擦を軽減してくれるようです。

ラベンダーやオレガノ、マグノリア、セージ、ヒノキ、サンダルウッド、ムスクなどが
配合された香りということですが、ワタシはこの中のヒノキを特に感じました。
ヒノキそのものの香りも大好きだけれど、コレはそれがマイルドになり、
他の香りと相まって複雑になったよう。ただ、ワタシの印象は「木」の香り(笑)
クレンジングとして、あまり他にない香りではないかなと思います。

シュウ ウエムラ クレンジングジェル クレンジング力

肌にのばすと、ジェルというより、とろみのあるオイルのよう
いつものごとく、落ちにくいタイプのリップライナーで文字を描きましたが
メイクなじみが良いようで、Shuの「u」の文字が滲み落ちてきています。

このままなじませると、するするとリップライナーが落ちました。
最近、いつも同じアイテムでメイク落ち実験をしているので、
メイク落ちが早いことが判ります。シュウのオイルクレンジングの信頼性は変わらず。

シュウ ウエムラ クレンジングジェル 使用感 ブログ

洗い流すと肌がつるんとした感触に整っています。
今までのシュウのオイルクレンジングに比べると、さっぱり感は少ないかも。
きちんとメイクは落ちていますが、トリートメント効果が高い気がしました。
このクレンジングには、肌を整え、保湿し、バリア機能をサポートする成分として
アサイー、マグノリア、レイシ茸が配合されているそう。

オイルクレンジングは、素早く、しっかりメイクが落とせて便利だけれど、
乾燥が気になるんだよね。。。というひとにもオススメのジェルタイプ。
もちろん、液ダレしにくいので、オイルは手からこぼれ落ちそうになる、
難しいというひとでも、簡単にクレンジングが出来ると思います。

ワタシは、このクレンジング、かなり好き。
シュウのオイルクレンジングオイルの中での1位は、アルティム8だけれど、
2位くらいには入るなと思いました。お値段的に考えると1位なのかな。

トラベルサイズでしっかり使い心地が確認出来たので、
次にシュウのオイルクレンジングを買うときは、コレを選びたいです。

購入はこちら→シュウ ウエムラ公式オンラインショップ



 関 連 記 事 

・オイルとは思えないほどサラサラ感触のクレンジングオイル

・シュウ ウエムラ「フレッシュ シャインクリア クレンジング オイル」

・旅先ではシュウ ウエムラのクレンジングオイルでカラダを洗う

・シュウ ウエムラ 「アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング オイル」

・シュウ ウエムラのクレンジングオイルで贅沢ボディケア




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/30PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  



   

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


















▶じぶんdeエステ無料体験記事はこちら


▶COWSHEDの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログタイムズ


qrcode

others