バスエッセンス(入浴剤) | WOMANIA
2014.10.30 Thursday 21:39

香るボディケア ボーテ デュ サエ「バスソルト パウチ ローズブーケ」

Beaute de Sae「バスソルト パウチ ローズブーケ」

ブランド:Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ)
価格:50g ¥500(税別)

ちょっと海外旅行に行っておりまして。
出発前、忙しい日々が続いていたので、むこうではゆっくりしよう!と
いくつか入浴剤も持って行きました。一人部屋ならではの楽しみ方です。

そのひとつが、香るボディケアブランド、ボーテ デュ サエの
バスソルト パウチ ローズブーケ」。1包使い切りタイプです。

女心をくすぐる

ボーテ デュ サエの「バスソルト ローズブーケ」には、ローズヒップ油、
ゴマ油、ハチミツ、ショウガエキス、カミツレエキスが配合されているそう。
保湿成分たっぷりということなので、乾燥しやすいホテルでのケアにピッタリです。

入れる前の見ためは、ピンク色で可愛い感じ。

保湿成分たっぷり

香りは、スズランやフリージアなど贅沢な花々をブレンドし、ローズブーケ調に
仕上げたフローラル系とのこと。バラの花束のようなイメージになるように
こだわっているらしいです。少しの甘さもはらんだ、パウダリーな印象。
可憐で、女性らしい香りだと感じます。

お湯に入れると、ふわっと乳白色に変化し、広がる部分と、
底に沈んでゆくシーソルトに分かれました。

さっと乳白色

シーソルトも軽くお湯をかき混ぜれば、次第に溶けてゆきます。
溶け切ったお湯の色は乳白色でした。

ほっこり

ふんわり良い香りに包まれながら入るお風呂は、気持ちよく。
今回、宿泊したホテルはバスルームも広く、バスタブとシャワーブースが
セパレートタイプだったのですが、長く入っていても冷めることなく、
じっくりと温まりました。日本から持ってきた漫画を読みながら楽しんじゃった。
お風呂から出てもしばらくポカポカが続き、温め効果もバッチリです。
コレ、持ってきて良かった!と思った次第。

ボーテ デュ サエのバスソルトには、このパウチタイプのほか、
630g入りのボトルタイプもあります。ワタシのように旅行に持って行くなら、
断然、パウチタイプがオススメ。家で使うならボトルタイプの方が経済的かな。

以前から、ワタシは出張や旅行の際に、様々な入浴剤を持って行っています。
誰かと同室の場合は難しいけれど、一人部屋のときはやりたい放題(笑)
入浴剤は旅のお供にオススメのアイテムです。

購入はこちら→バスソルト パウチ ローズブーケ

Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ)


ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.11.17 Saturday 04:50

大きくなった!LUSH 冬季限定バスボム「白雪姫とおおきな林檎」

白雪姫とおおきな林檎

ブランド:LUSH(ラッシュ)
価格:約200g ¥680(税込)
冬季限定(2013年1月末まで販売予定)

LUSHの冬季限定バスボム「白雪姫と林檎」が今年は大きくなり、
名前もその通り「白雪姫とおおきな林檎」になっていました!
ワタシ、「白雪姫と林檎」の香りが大好き。
2010年にたった2日間通販限定で発売されたフレグランスでトリコになったのです。
ほんと、あのフレグランスは名品だと思う。

ベルガモットやローズ、ネロリ、オレンジ、ビターオレンジのブレンドで
林檎の香りを表現しているコレ。林檎が入っていないことにビックリなのですが、
さわやかで優しい林檎の香りがします。香りはやわらかめで、LUSHの中では軽め。

サイズは本当に格段に大きくなりました。
「白雪姫と林檎」のときは、小さめサイズだったのが、LUSHらしいボリューミィで
どかんとしたサイズに。コレ、冬に欠かせない雪合戦の雪玉をイメージしているそう。

こんなに大きくなりました

ホンモノの雪玉みたいな真っ白なバスボム。
コレをバスタブの中に入れると雪のような細かい泡がしゅわしゅわと出てきます。
ある程度白い外側が溶けると、バスボムの中に入っている細かく砕いたピンクの
バブルバーが溶け出してくるという仕組み。ピンク色は溶けているときに
泡の中に見てとれるくらいで、基本的にお湯に色はつかない感じです。

雪のような泡

バブルバーの泡も、溶け切ったあとに混ぜれば、消えてなくなりました。
このバスボムを入れたお湯は心なしバブルバーのつるっと感があるくらい。
具やラメも入っていないので、使いやすいバスボムです。
何より香りを楽しむ感じかな。
家のお風呂で、具が入ったバスボムやバブルバスは楽しみにくいというひとでも
使えるバスボムだと思います。実際、ワタシもそうなんだよね。

今月、11月26日は「イイ(11)フロ(26)」の日なのだそう。
寒くなってくると、バスタブで温まる心地よさにしみじみします。
お気に入りの入浴剤を入れて、ほっこりバスタイム。



 関 連 記 事 

・出張入浴剤大会(三夜目) LUSH アボバス?

・出張入浴剤大会(一夜目) LUSH 愛ラブユー

・セクシーダイナマイト

・LUSH 「みつばちマーチ」と「白雪姫と林檎」フレグランス




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.03.24 Saturday 00:37

お風呂あがりのボディクリームがいらない?保湿入浴液 「ウルモア」

ウルモア

メーカー:アース製薬
価格:600mL ¥750(税抜)

CMで気になっていた保湿入浴液「ウルモア」を買ってみました。
コレ、「お風呂あがりのボディクリームがいらない」と言われている入浴剤。
なんでも、うるおいベール成分が全身をコートし、保湿成分を角質層から
逃がさないようになっているそう。保湿成分がたっぷりの入浴剤は
他にもあるけれど、それを逃がさないようになっているのがポイントなのです。
寒いからなるべくお風呂あがりのケアを手早く済ませて服を着たいな、
本当にボディクリームが要らないなら嬉しいなと思って欲しかったもの。

「ウルモア」には保湿成分として、コラーゲン、セラミド、吸着型ヒアルロン酸、
ローヤルゼリー、シアバターが配合されています。
香りは、クリーミーローズ、クリーミーバター、クリーミーフローラルが
ありました。あと、最近、クール シトラスレモン&フラワーハーブも
発売されたもよう。たぶん、クールだから夏に向けて発売したんじゃないかな。
夏もなかなか汗がひかなくて大変だったりするので、クールを感じられて、
さらに保湿してくれるって気になります。とりあえず、今回はクリーミーフローラル
を選びました。クセがなく、優しくて使いやすい香りといった印象です。

「ウルモア」の容器は、よく考えられていて感心するもの。
ボトル一体型のキャップのフタを開け、ボトルを押せば液がキャップにたまります。
キャップには、1回の目安である40mLの線が入っていて、そこまで出すだけ。
あとは、それを浴槽に注ぎます。

便利キャップ

目安は40mL〜80mL。お好みのうるおいに合わせて調整すれば良いのだとか。
ワタシは80mLの方が好きかな。乾燥具合に合わせます。

お湯の色は白濁していて、お湯の肌あたりがとてもよくなります。
とろみはないけれど、なめらかで優しい感じ。
「配合成分により、浴槽や洗い場では滑りやすくなる」と書いてありましたが、
本当に滑りやすいです。油断するとつるっといきそうになるので、要注意。

でも、コレ、シアバターも配合されているのに、お湯の油浮きがないのです。
ワタシはなんとなく、あのお湯の表面に見える油の感じが好きではないので、
よい感じ。そして、お掃除的にもラクです。浴槽にぬめりがつくこともなく、
どちらかといえば、お風呂もコートしているんじゃないか?と思うほど。
浴槽がつるっとしている。だから、滑りやすいのね。

肝心の「お風呂上りのボディクリームがいらない」という効果ですが。
部位によっては、このままでも充分だなという感じでした。
やはり乾燥が激しい部分は、ちょっと厳しいかなと思ったりもしたけれど、
ワタシの場合は、上半身はコレだけで充分です。デコルテ〜肩の部分なんて
すべすべでとてもコンディションが良い感じ。
今まで使った保湿系の入浴剤の中では格段のうるおいです。
お風呂に入るだけでこのうるおいは嬉しいと思う。
最初に使ったときは「おお!」と思いました。
ワタシは、乾燥を一番感じる脚だけ、軽めのボディケアをしています。
あと、あがり湯をするか、そのまま出るかにもよると思います。
やっぱり、そのまま出た方がうるおい感が感じられる。

世の中には、コスメブランドなどが発売するもっと高価な入浴剤もあるけれど。
個人的に、万人向けに作られている家庭用品の入浴剤は使いやすいなと思いました。
きちんと世の中のニーズを拾い上げ、なるべく多くのひとが使えるように
作っている感じ。このお値段でこの効果は評価できます。
乾燥肌さんはコレ1本でまかなえないかもしれないけれど、それでも使うのと
使わないのでは違うと思う。乾燥ケアにプラスワン、そんな風にも使えます。
けっこう、お気に入りの入浴剤。リピート予定です。

  


ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.01.18 Wednesday 12:50

寒い冬に芯から温まる 石澤研究所 「生・酒粕風呂」

生・酒粕風呂

ブランド:石澤研究所
価格:1回分(120g) ¥735(税込)
2012年1月10日数量限定発売・通信販売限定商品

お酒は飲めないけれど、粕汁、魚の粕漬けなど酒粕を使ったものが大好き。
粕汁は子供の頃から大好物でした。
関東じゃあまりメジャーじゃないと知ってからは、粕汁の伝道師と化し、
友だちに普及しています。作ると、鍋持って取りに来るひとがいる(笑)
粕汁って、本当にほっこり温まるので冬の醍醐味です。
カラダがポカポカするので、冷え込みが厳しいこの時期はお役立ち。

そんな酒粕がお風呂でも楽しめるアイテムが石澤研究所から発売されました。
それが通販限定の「生・酒粕風呂」。
酒粕好きが高じて、ついに粕汁の中に身を浸そうかという勢いです(笑)

「生・酒粕風呂」は、湯船に入れる直前までアミノ酸やミネラル、ビタミン等を
生み出し続ける生きた酒粕を使用しているそう。1包120gを一度に使い切ります。

ほっこり

見ための市販の酒粕にそっくりです。
酒粕なんて、お風呂に入れてちゃんと溶けるのかな?というのが一番の心配でした。
粕汁を作るときも、出汁をすり鉢にとって酒粕を浸してやわらかくしてから、
擂り粉木で滑らかに溶かすんだよね。うまく溶かさないとダマダマになるのです。

でも、石澤研究所の「生・酒粕風呂」は、ふんわり溶け出しました。
コレ、使っている酒粕が違うもよう。
スプーンですくえるほどほんわりした酒粕を使っているそうです。
市販の酒粕って、そのままだとボロボロ崩れる感じだから、そこが違うの。

メッシュ袋に入っているので、細かい溶け残りが沈殿することもありません。
湯船の中でメッシュ袋をもんでいると、白く滑らかな酒粕が溶け出します。
最後にちょっとだけ残るんだけれど、それもどちらかといえば、おからみたいで
意外な感じでした。とてもキメが細かいようなので、ダマダマの心配はないです。

そっくり

本物の酒粕と比べてもそっくりなのに、不思議。
たぶん、市販の酒粕をそのまま入れてもこんな風にはならないと思います。

「生・酒粕風呂」を入れたお風呂は、ぷんとお酒の匂いが漂います。
日本酒の香りがニガテなひとにはオススメできないけれど、お風呂のお湯に
入れると体積のこともあるのか、香りもマイルドになるよう。
「匂いで酔っ払う!」というほどではないんじゃないかな。

コレ、じんわり芯から温まる効果は、酒粕ならではだなと実感。
カラダがほくほくしてきます。
持続性も高いみたいで、アタマやカラダを洗っている間も寒くないの。
いつもは、最初に温まる→アタマを洗う→もう一度温まる→カラダを洗う→
最後に温まるの順なのだけれど、アタマとカラダをイッキに洗っても平気でした。
コレ、ワタシが今まで使った入浴剤の中でも、かなり良い具合に温まります。
やっぱり好きだよ、酒粕。ヤミツキになりそう。



ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.12.16 Friday 22:36

モミの木の入浴剤でほっこり ヴェレダ 「ヴェレダ サパン バスミルク」

ヴェレダ 「ヴェレダ サパン バスミルク」

ブランド:ヴェレダ
価格:200mL ¥2,730(税込)

ここのところ、ちょっと忙しくて、心身共にお疲れ気味。
さらに、寒さで身もココロもかじかむよう。
ゆっくりとお風呂に入って温めほぐしたいなと思い、ヴェレダの入浴剤、
ヴェレダ サパン バスミルク」を使い始めました。

サパンとはモミの木のこと。
モミの木は、寒い北の国で内部に熱や力を蓄え、外的刺激から身を守って
育つのだそうです。その葉のエキスが身体を芯から温めてくれるのだとか。
折りしも、時はクリスマスシーズン。クリスマスツリーといえば、モミの木!
モミの木ってクリスマスツリーになるだけではなかったのね(笑)
遠い寒い外国の雪景色の中に大きくそびえ立つクリスマスツリーを想像して
そういう風に育つ木だから、このシーズンでも立派で、デコレーションを
されちゃったりするんだなと納得した次第です。強い木なんだね。

「ヴェレダ サパン バスミルク」は、液体タイプの入浴剤です。
ボトルをよく振ってから、浴槽にキャップ2〜3杯程入れ入浴。
オイルが入っているので、お湯は白濁します。
お湯の量にもよると思いますが、キャップ2〜3杯程度だと「真っ白!」というほど
ではないかな。ほんのり白くなる感じです。このタイプって、オイルがお湯の
表面に浮いたり、浴槽に付着して掃除が大変!というものもあるのですが、
「ヴェレダ サパン バスミルク」は、扱いやすいものだと感じます。
入浴中にお湯の表面を眺めていても、オイル浮きは判りませんでした。

この入浴剤は、森林浴の香りということ。
どちらかといえば、ヒノキ系の香りでワタシはとても好きです。
すーっと、ココロに沁み入るような感じ。
香りには好みがあるので、一概にはいえないけれど、ワタシはこの香りを嗅ぐと
落ち着きます。ウッディムスク系とは違うので、むせかえるような感じではないの。
ハーバルアロマ系の香りが好きなら、共通するものがあるんじゃないかな。
あと、この入浴剤には呼吸器系をラクにしてくれる効果もあるそうです。

「ヴェレダ サパン バスミルク」を入れたお湯は、肌あたりがとても良いです。
お湯がやわらかくなるというのかな。
一番湯のピリピリを感じるひとにもオススメ。

やわらかいお湯の中でこの香りを嗅いでいると、カラダもココロも解きほぐされるよう。
ポカポカしたり、汗がどばどば出るわけではありませんが、じんわり芯から
温めてくれているように感じます。ゆっくりリラックスタイムが出きる入浴剤です。
「なんだか、もう疲れちゃったな」という気分に沁み渡る。

お風呂から出たあとの肌に油膜感は感じません。
でも、いつもより、心なしかすべすべな感じで好き。
オイル系の入浴剤なので、乾燥もしないし、今の時期にピッタリだったなぁと。
すっかり気に入って、お風呂のおともになっています。

サパンがモミの木のことだって知らなかったけれど。
偶然、この時期に使い始めた入浴剤はクリスマスツリーの入浴剤でした。

現在、ネイチャーズウェイ オンラインショップではクリスマスキャンペーンを
実施しています。2011年12月26日まで送料・代引き手数料が無料。
さらに、クリスマス限定セットが発売されたり、購入金額に応じてノベルティが
もらえたり。抽選で「ネイチャーズウェイ ウインターコフレ」も当たります。



 関 連 記 事 

・東京マラソン2010でも使用された ヴェレダ 「アルニカ マッサージオイル」

・ヴェレダ ホワイトバーチ セルライト オイル

・オーガニックでエイジング ヴェレダ 「ワイルドローズ スターターセット」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/10PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others