乳液 | WOMANIA
2017.03.10 Friday 09:26

クリームのような乳液 エピステーム「ステムサイエンス エマルジョン」

エピステーム 「ステムサイエンス エマルジョン」クチコミ レビュー

ブランド:エピステーム
価格:45g ¥15,000(税抜)

ロート製薬のスキンケアブランドであるエピステーム。
その中に最高峰スキンケアラインとして、再生医療研究室から生まれた
ハリ肌再生スキンケア ステムサイエンスシリーズがあります。
これまでベーシックスキンケアシリーズは使ったことがあったワタシ。
今回はじめてこのステムサイエンスを使ってみました。

ステムサイエンスラインの基本ケアは、ローションとエマルジョンの
2アイテムで完成するそう。このほか、クレンジングと洗顔、
そしてスペシャルケアとしてリフトクリームがラインナップされています。
この「エピステーム ステムサイエンスエマルジョン」が、ちょっとユニーク。
通常、「エマルジョン」といえば「乳液」のはずですが、
クリームのようにジャーポットに入っています。

エピステーム 「ステムサイエンス エマルジョン」クリーム乳液

ステムサイエンスラインには、ロート製薬独自のステムSコンプレックス、
バイタライズコンプレックス、AGディープクリアコンプレックスが
配合されているということ。みずみずしい潤いとハリを与え、
エイジング世代の複合的な肌悩みにトータル的にアプローチしてくれるそうです。
さらに、ロート製薬独自の高い浸透技術により、
成分を肌にしっかり届ける技術を採用しているのだとか。

エピステーム 「ステムサイエンス エマルジョン」口コミ

実際に、モノだけ見ると乳液という感じはなくクリームな雰囲気。
肌にのせた触感もクリームで、滑らかにのび、ぐぐっと肌にフィットするような
使用感です。ワタシの好きなクリームに多いテクスチャー。

たしかに、クリームとしては、かなり使い心地が良いです。
でも、知らないで使ったら、これは乳液ではなくクリームだと思ってしまいそう。

エピステーム 「ステムサイエンス エマルジョン」使用感

「どこが乳液なんだろうか?ま、好きな使用感だから良いけど。」なんて考えていたら。
使ってしばらくした肌の感触が、ふわっとしていてビックリ。
肌表面が、さらっと滑らかに整っていて、良い意味で「クリームっぽくない」仕上がりです。

いつも美容液のあとは、乳液かクリームかどちらかで済ませることが多いワタシ。
そんなワタシにとって、この「ステムサイエンス エマルジョン」は
かなりマッチしていると思いました。乳液とクリームの良いとこどり!!!

手軽に済ませたいけれど、乳液だけだと物足りない。
クリームのこってり感がニガテ、脂っぽくなってしまう。
簡単ステップでエイジングケアをしっかりしたい。


そんなひとにオススメしたいです。

百貨店サイトでの購入はこちら→
伊勢丹 エピステーム
阪急オンラインショッピング エピステーム
眦膕哀ンライン エピステーム



 関 連 記 事 

・エピステーム 夜用集中美容液 「HQブライトコンセントレイト」

・エピステーム 「HQブライトコンセントレイト」発売記念セミナー

・充実のトリートメント 「ザ・エピステーム スキンケアサロン」

・エピステームのふき取り美容液 「リファインエッセンス」




ブログパーツ ロート製薬のキャンペーンに参加中[PR]
 スポンサーリンク


2013.08.12 Monday 02:07

肌ケア美容乳液 キールズ 「スキン RSQ ハイドレーター」

キールズ スキンRSQ ハイドレーター

ブランド:キールズ
価格:75mL ¥5,040(税込)
2013年8月2日発売

8/2に発売された、キールズの「スキン RSQ ハイドレーター」が
今の季節のスキンケアのシメアイテムとして便利です。
コレ、弱まっているバリア機能を守り、肌表面のゴワつきを滑らかに整え、
肌本来の柔らかさに導いてくれる、肌ケア美容乳液。
発売前からお試ししていたのですが、肌の潤いは守りたいけれど、
重さは要らないという、混合肌のワタシの夏ケアに合っていると思います。
ワタシは化粧水→美容液→「スキン RSQ ハイドレーター」の順で使っていますが、
化粧水の後に1本で手軽に美容液と保湿効果を兼ね備えたアイテムを使いたい、
というひとにも役立つ感じ。肌を守ってくれるような、安心感があります。

肌がなめらかに整います

手にとったときは、ツノが立つほどのクリームはなめらかに伸びます。
すっとなじんで、しっとりとした仕上がり。
べたつきやぬるつきはなく、肌の上にぴたっとベールがかかったみたいです。
コレ、日焼けしちゃった肌に使っても刺激がありませんでした。
おかげさまで、ダメージの影響や肌のゴワつきもなく、やわらかい肌。

加えて、このようなクリーム状の乳液がプッシュタイプのボトルから
出てくるところも、とてもお気に入りです。
スパチュラ不要、ムダに空気や指に触れることもなく衛生的、
うっかり手をすべらせたりしても、中味がこぼれることもありません。
世の中のクリームが全部、こんな風にプッシュタイプになればいいのに(笑)

キールズの「スキン RSQ ハイドレーター」は、美容乳液ですが、
モイスチャーライザーとして充分使えると思います。
オイリー肌のひとなら、年中いけるんじゃないかと思うほど。
暑くても、汗が出ても、ある種のモイスチャーライザーは必要だから。
そんな今の時期に「使える」アイテムです。

購入はこちら→キールズ公式オンラインショップ



 関 連 記 事 

・ストレスに反応しない肌へ キールズ スキンRSQ ハイドレーター

・韓国は3色展開 キールズ 「DS BBクリーム」 #ナチュラル

・美白しながら保湿 キールズ 「DS クリアリーホワイト クリーム」

・支援し続けるクリーム キールズ 「クリーム UFC」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2013.08.01 Thursday 21:40

8/2発売 ストレスに反応しない肌へ キールズ スキンRSQ ハイドレーター

キールズ スキンRSQ ハイドレーター

ブランド:キールズ
価格:75mL ¥5,040(税込)
2013年8月2日発売

8/2に発売される、キールズの「スキン RSQ ハイドレーター」を
ひとあしお先にお試ししました。コレ、乳液状美容液というカテゴリーで
夏場はモイスチャーライザーの代わりとしても使えるというもの。
最近のワタシの肌状態やスキンケアだと、クリームや乳液は重いなと
感じていたので、「これは良いのでは!」と思った次第です。

今回の「スキン RSQ ハイドレーター」は、ストレスが与える肌への影響に
着目したもの。精神的なストレスと肌の状態は関係ないわけではなくて。
その証拠に、ストレスが原因でにきびが出来ちゃったりもするよね。
ストレスに過剰反応すると、肌荒れや疲労顔になるだけでなく、
過剰ストレスの慢性化は、老け顔の促進にもなるんだって。

ストレスを感じると、体内からストレス信号が発せられます。
それが肌のバリア機能を弱め、肌が攻撃されやすい状態にし、炎症反応を
起こすのだとか。「スキン RSQ ハイドレーター」は、肌のバリア機能を
サポートしたり、肌表面を穏やかに整えてくれるだけでなく、
ストレス信号の発生を制限し、炎症反応を最小限に抑えてくれるということ。
商品名にある「RSQ」は「レスキュー」の意味じゃないかな。

嬉しいのが、このアイテム、プッシュタイプです。
テクスチャーは滑らかなクリーム状なのにプッシュで出てきます。
もう、これだけでストレスが少し軽減されたわ(笑)
世の中のクリームは、なぜにジャーポットじゃないといけないの?
と思っていたワタシにはステキに思えるパッケージ。
めぐりが悪い日にジャーポットをひっくり返して中味をぶちまけたという
苦い思い出も、払拭されること間違いなし。倒しても平気だし。
スパチュラも使わなくてOK、簡単に手にとれます。

コレ、乳液状美容液といわれていますが、クリームに近いコクがあります。
以前、ワタシが使っていたクリーム状乳液と呼ばれていたものより、
もう少ししっかりした感じ。これなら、モイスチャーライザーとして
充分使えます。オイリー肌のひとなら、年中いけるんじゃないかしら。

滑らかクリーム

プッシュして出てきたままだと、ツノが立つほどのクリームはなめらかに伸びます。
すっとなじんで、しっとりとした仕上がり。
べたつきやぬるつきはなく、肌の上にぴたっとベールがかかったよう。
軽すぎず、うるおいを守ってくれているという安定感も併せ持っています。
この使用感、すごく好き。

「スキンRSQ ハイドレーター」は、肌の潤いは守りたいけれど、重さは要らない、
化粧水の後に1本で手軽に美容液と保湿効果を兼ね備えたアイテムを使いたい、
というひとにオススメ。もちろん、化粧水の後→美容液→コレでも使えます。
お値段的にも使いやすい、いっぴん。
またひとつ、キールズのモイスチャーライザーは使用感が良く、優秀なものが多い
という印象を強めてくれるアイテムが増えました。発売は2013年8月2日です。

購入はこちら→キールズ公式オンラインショップ



 関 連 記 事 

・韓国は3色展開 キールズ 「DS BBクリーム」 #ナチュラル

・美白しながら保湿 キールズ 「DS クリアリーホワイト クリーム」

・支援し続けるクリーム キールズ 「クリーム UFC」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 2/6PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ 



   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

















▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!




qrcode

others