ピックアップ(ベストコスメとか) | WOMANIA
2012.09.08 Saturday 22:12

夏のダメージ肌のアフターケア

アフターケアに役立ちました

あっという間に過ぎてしまった今年の夏。
暑かったけれど、楽しくて貴重な経験をさせてもらったなという印象です。
広島では、セルフでは組み込まないようなアクティブなプログラムを体験し、
日焼けと引き換えでも良いと思えるくらい楽しい思い出をもらったし。

ジブンでも近年稀なほど焼けたので、最初は「やっちゃったなー」と思ったし、
焼けた焼けたと大騒ぎしたけれど、その分、アフターケアにも精を出した
夏でもありました。エステダムの「オスモクリーン」とラ ロッシュ ポゼの
「ターマルウォーター」には、ずいぶんお世話になったよ。

スキンケア大学のスキンケア講座を読んでもそのケアは間違っていなかったよう。
(参照→夏の肌ダメージはアフターケアが鍵!
夏の刺激を防ごうと角質が厚く防衛モードになっている肌をやわらかくし、
その後には2種類の化粧水でダメージ肌を芯からふっくら潤す。
ワタシの場合は、「オスモクリーン」で角質ケア、浸透性の高い、軽い質感の
化粧水として「ターマルウォーター」を使い、その後、いつもの化粧水で
ケアしていました。「ターマルウォーター」は皮膚治療にも使われている水だから
日焼けのダメージ回復にも良いかなと思って選んでいたんだよね。

ちなみに「ターマルウォーター」は全身、「オスモクリーン」はデコルテまでで
ボディの角質ケアにはアンプルールの「ラグジュアリーホワイト ブライトニングバー」
を使っています。毎日、ボディソープ代わりにコレを使ってる。

ボディの角質ケアに

美白美容液としては、高濃度ビタミンC系美容液と共に、ランコムの
「ブラン エクスペール ダームクリスタル セラム」と
「ブラン エクスペール メラノ-ライザー セラム」を併用していました。

ランコムの美白アイテム

この夏で「ターマルウォーター」は2本くらい、ダームクリスタル セラムも
1本まるっと使い終わりました。ダームクリスタル セラムはリピートしよう。

スキンケア大学の記事でこのケアは間違っていなかったなと思ったけれど、
それを確信したのは、久しぶりに行ったエステで
「今、肌の調子、良くないですか?すごく透明感がありますよ。」って
言われたとき。ジブンでも日焼けしたわりには肌の調子が良いなと
感じていたんだよね。でも、いつも肌を見てくれているひとから
客観的に判断してもらえると、確信がもてます。
一応、ウォーターピーリングもお願いしていたから受けたけれど、
そんな必要が無いほどに、ちゃんと角質ケアできていたのかなと思いました。

焼けたひとも焼けていないひとも、紫外線は浴びていると思うから。
過酷な夏の環境を乗り切った肌をケアしてあげるのって大切だと思う。
次の季節にダメージを引きずらないために。

http://www.skincare-univ.com/


 関 連 記 事 

・肌に負担をかけずディープクレンジング エステダム 「オスモクリーン」

・肌を落ち着かせる水スプレー ラ ロッシュ ポゼ 「ターマルウォーター」

・毎日使える角質ケア アンプルールの発酵ホイップピーリング石けん

・ランコム 美白のための美容液・日やけ止め・ファンデーション




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.05.25 Wednesday 22:10

褒められメイクアイテム覚え書き

褒められメイクアイテム

先日、ともだちに会うなり「今日、今まで一番可愛い!」と褒められました。
その日は、別のひとに髪も褒めてもらった日。(アヴェダ記事参照
実に嬉しくもありがたい褒められデーだったわけです。
「髪や服装もあるかもしれないけれど、メイクじゃないかな」ということ
だったので、その日の褒められメイクのアイテムを残しておこうかなと。
きっとジブンでも忘れちゃうから、備忘録として。

【下地】
マリアンナ「サンプロテクトUV
【コンシーラー】
ヌーディモア 「マジックファンデ
【ファンデーション】
イヴ・サンローラン「タン ラディアンス ペルル
【パウダー&ハイライト】
ナチュラグラッセ「マカロンパウダー
【チークベース】
ランコム「バタフライフィーバー
【チーク】
マジョリカマジョルカ「パフ・デ・チーク ストロベリーマカロン
【アイシャドウ】
ランコム「オンブル アプソリュ アンパクト 3D パピヨン ヴィオレット
【マスカラ】
ランコム「オシィラシオン
ランコム「ヴィルトゥーズ プレシャスセル プレシャス アメジスト
【口紅】
マキアージュ「ラスティング パーフェクトルージュ RD306

詳細は、それぞれのアイテム名に過去記事のリンクをはってあります。

実はこの2日前、別に体調が悪くないのに「具合悪いの?」と言われるほど
メイクが不評。目の下にクマがあるように見えるとも言われました。
いや、実際、いつもあるのですけれど、隠しきれていなかったもよう。
なので、久しぶりにヌーディモアの「マジック ファンデ」のオレンジを
使ってみた次第です。やっぱり、クマ隠しにはコレのような気がする。

ナチュラグラッセの「マカロンパウダー」は、ぐるぐる4色を混ぜれば、
プレストパウダーの代わりに使えます。で、左の2色だけを縦に使って
ハイライトカラーに。YSLのファンデーション「タン ラディアンス ペルル」の
溶け込むような質感を打ち消さず、ふんわりとした仕上がりになります。

チークベースとして頬の広い範囲に使うのが「バタフライフィーバー」。
コレ、今までのランコムの限定フェイスパウダーの中で一番使える!
愛用しすぎて、もうあの美しい吹き付けもレリーフもありません。
大きめのブラシでぐるっと混ぜて頬の広い部分に入れます。
リボンの部分のローズカラーがほんのり前に出て、血色がよく見えるみたい。

イベント参加の日だったので、化粧崩れも考慮して、全体的に強めのアイテムを
選びました。お洋服がセシルリンクのラベンダーのワンピースだったから、
色味はパープル系だけれど、ぼやぼやにならないような、しっかりめパープルの
アイメイクで。チークで少しだけ甘さを出すように仕上げました。

別に特別なアイテムを使ったわけでもなく。
そもそも持っていたアイテムを組み合わせた偶然の産物の褒められメイク。
褒められはどこからやってくるか判らないものです。
もちろん、その日の肌のコンディションやワタシの偶然メイクテク(というか加減)
もあると思うので、次回、全く同じアイテムを使ったからと言って
褒められる保障も何もあったものではないと思いますが、
1回でも褒められた経験のある組み合わせとして、覚えておきたいと書いてみた次第。

ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.12.31 Thursday 23:05

2009年最後の記事 WOMANIA流 ベストコスメ 2009

WOMANIA's Best Cosmetic 2009

今年もあと少しでおしまいです。
1年間の総まとめとして、ワタシも今年1年を振り返ってのベストコスメを
考えてみました。基準は、今年、ワタシがはじめて出会ったもの、
その中で印象に残ったもの。なので、限定品や新発売でないものもあるでしょう。
それらを、つらつらとあげてみたいと思います。
考えたら、「コレ、スゴイ!」って思ったはずなのに、忘れているものや
逆に、大してたくさん使ったわけでもないのに、強烈に思えるものもあって。
こういう「振り返り」って大切ネ。
この記事は長いので、お正月休みの暇なときなどに読むことをオススメします。

洗顔部門
Cor 「Corシルバーソープ」<30g ¥7,350(税込)>

固形石けんなのだけれど、そのチカラは固形石けんにあらず。
泡立てたソープではパックも出来ます。
位置づけ的には、洗顔も出来る泡パックフォームと同じかな。
洗うほどに肌が整い、滑らかになるような感じです。
値が張りますが、値段なりの価値はあると思わせてくれる逸品。
海外の美容に敏感な方々にも愛されてきたソープ、
使った瞬間、「さすが!」と感じました。

「Corシルバーソープ」の本記事はコチラ→
Corシルバーソープ公式サイト


美容液部門
ランコム 「ジェニフィック」<30mL ¥10,500(税込)>

言わずと知れた、ランコムの導入美容液「ジェニフィック」。
こちらをベストコスメに選んだブロガーさんも多いと思います。
Yahoo!BEAUTY、@コスメ、VoCEのベストコスメにも選ばれていたしネ。
「肌が変わる」というのは、嘘ではないのではないかと思う美容液。
ワタシの場合は、肌の弾力と柔らかさに効果がありました。
ランコムが10年間に及ぶ遺伝子情報とそれにまつわるタンパク質の研究をして
生まれた「ジェニフィック」。ランコムのチカラを見せつけられました。
今年、はじめてランコムの新商品発表会に参加させていただき、
この記念すべき美容液の発表に立ち会えたのも良い思い出です。

「ジェニフィック」の本記事はコチラ→
ランコムオンライン


オールインワン部門
リソウ「リペアジェル」<32mL ¥15,750(税込)>

化粧水、美容液、乳液もたくさん使ったはずなのに、
このリソウ「リペアジェル」の印象が強すぎて。
オールインワンの物足りなさや、とりあえず感を払拭してくれたのが
この「リペアジェル」です。いろんなものをつけても感じていた乾燥が
これだけで、落ち着いたのにはビックリ。一番、手軽で一番信用できるカモ。
忙しいときは、頼れる心強い存在です。
美容液の観点から作られたオールインワンは、1本でしっかりとした手応えを
感じさせてくれます。ワタシ的オールインワンイメージ革命。

「リペアジェル」本記事はコチラ→
リソウコーポレーション


マスク・パック部門
スピカズ「Pufiily モイスチャアシートマスク」<¥3,360(税込)>

ワタシの場合、くすみに絶大な効果をもらたしてくれるマスク。
使ったところだけ白く型になってしまうという恐ろしさ。
天然コラーゲンをほぼ100%フリーズドライしたシートマスクです。
肌を濡らし、乾いたマスクを貼り付けて、さらに濡らすタイプ。
毛穴がコラーゲンで埋められたような、なめらかな肌になり、
肌密度もあがったようになります。エステでも使われている実力。

「Pufiily モイスチャアシートマスク」本記事はコチラ→
Pufiily(パフィリィ)モイスチャアシートマスク


ボディケア部門
POLA 「ザ デコルテクリーム B.A」<80g ¥15,750(税込)>
クラランス 「リフトマンスール ハイ ディフィニシオン」<200g ¥7,350(税込)>
Etiaxil 「デトランスピラン」<15mL ¥4,800(税込)※ユーアップ購入価格>

デコルテケア好きのワタシが納得したのがPOLA「ザ デコルテクリーム B.A」。
とろけるような触感のクリームが、なめらかなシルクマット肌へ整えてくれます。
脚ケアでは、4月にリニューアルしたクラランスのリフトマンスール。
今までのリフトマンスールから明らかに進化したと実感しました。
肌表面を滑らかにしてくれるし、むくみへの効果もあります。
過去のものより、香りやスースー感も弱いので、使いやすいです。
そして、デオドラント効果に絶大な効果を発揮したのが、
フランスのEtiaxil(エティアキシル)「デトランスピラン」。
今までにない、「汗をかかなくなる」制汗剤にビックリ。
ワキ汗に悩むともだちも、「コレはスゴイ」と驚いていました。
日本では個人輸入などで購入できます。

「ザ デコルテクリーム B.A」本記事はコチラ→
クラランス 「リフトマンスール ハイ ディフィニシオン」本記事はコチラ→
Etiaxil(エティアキシル)「デトランスピラン」本記事はコチラ→
POLAとクラランスは【伊勢丹】BEAUTYで購入可能
「デトランスピラン」はコチラで購入可能


ヘアケア部門
アユーラ 「ヴァカンス ヘアプロテクター」<28g コフレ限定品>
ケラスターゼ レジスタンスシリーズ「フォルス」
リーゼ 「デザイニング ジュレ」 IV.束感メイク<75mL オープン価格>

「ベストオブアユーラ2009」に入っていたコフレ限定品の
アウトバストリートメント「ヴァカンス ヘアプロテクター」。
好き過ぎて、コフレを2セット買っちゃったほど。
するする、サラサラでまとまりの良い髪になります。絶賛。
トータルのヘアケアでは、ケラスターゼのレジスタンスシリーズ「フォルス」。
モニターをきっかけに、フルラインで使い始めましたが、
髪が柔らかく、1本1本毛先まで調子が良くなるよう。
ジブンでもリピートして、使っています。
コレ、ヘアケアにありがちな髪が慣れる感じがないところも好き。
今年は、ワタシの巻き髪元年(笑)
夜、巻いて寝るということを覚えてから巻き髪率が上がりました。
そんな巻き髪に大活躍したのがリーゼ「デザイニング ジュレ」。
固まらなくて軽いのに、しっかりカールが持続するところがスバラスィ。
リーゼを見直した2009年でした。

「ヴァカンス ヘアプロテクター」本記事はコチラ→
レジスタンスシリーズ「フォルス」本記事はコチラ→
「デザイニング ジュレ」本記事はコチラ→
「ベストオブアユーラ2009」は現在も【伊勢丹】BEAUTYで販売中


ファンデーション部門
POLA アグレーラ「パウダリィ グロウモイスト」<9g ¥4,200(税込)>

良いリキッドにも出会えた年だったのですが、ワタシはやっぱり、
基本的にパウダーファンデーションが好きなので、コレ。
手軽だけれど、崩れない、くすまない、乾燥しない、
そして、しっかりしたカバー力もあるパウダーファンデってなかなかない。
「パウダリィ グロウモイスト」は、ほぼそのあたりを兼ね備えています。
便利だから1個は持っていたいと思うファンデーション。
お直しにも便利です。ちなみに当たり前だけれど、スポンジが汚いと
よれてしまう。今年は、いつも以上にスポンジを洗った年でもある(笑)

「パウダリィ グロウモイスト」本記事はコチラ→
POLA公式ショッピングサイト


マスカラ部門
メイベリン 「ボリューム エクスプレス スパイキーコーム」<¥1,260(税込)>
ボビイ ブラウン「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」<¥3,990(税込)>
ランコム 「オシィラシオン パワーブースター」<8g ¥4,725(税込)>

お手ごろ価格の筆頭はメイベリンのスパイキーコーム。
この骨太まつ毛にな仕上がりにはビックリします。
コームタイプなので、セパレート力もあります。そして、落ちない。
ワタシの周りにもスパイキーコームファンがたくさんいます。
ワタシの下まつ毛をずっと、支えてきたのはボビイ ブラウン。
もう下まつ毛に「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」以外を
使うことなんて、考えられないカモ。塗りやすいブラシ、そしてキャッチ力。
ボビイ初採用のフィルム処方のマスカラは、やはり他のフィルムタイプと違う。
落ちないことはもちろんだけれど、フレークプルーフなところもステキ。
そして、下地、マスカラ共にお気に入りなのが「オシィラシオン」。
1年でこんなにいっぱい同シリーズのマスカラを買った年って無い。
トップコート、下地も含めると5本かな。
カール力、コート力共に、さすが、電動マスカラだと思うのです。

「ボリューム エクスプレス スパイキーコーム」本記事はコチラ→
「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」本記事はコチラ→
「オシィラシオン パワーブースター」本記事はコチラ→
メイベリンはイオンのオンラインショッピングで購入可能
ボビイ ブラウンはタカシマヤ eコスメ ビューティパレスで通販可能
ランコムオンライン


アイメイク部門
NARS「クリームアイシャドー #2801(DECAMERON)」<¥2,625(税込)>
NARS「シングルアイシャドー #2066 (TROPIC)」<¥2,625(税込)>
est「アイラッシュ シェイド」<4g ¥3,675(税込)>

今年は、ワタシの中でNARSブームが!
「クリームアイシャドー #2801」は、ブラウンメイクに深みを
加えてくれました。こんなに使えるクリームアイシャドーって無い。
「シングルアイシャドー #2066」は本当にお気に入りのカラーです。
キモチ的に夏だけのブームカラーかと思っていたのですが、
冬でもアレンジして使ってしまう。この発色の良さはオドロキ☆
アイライナーでは、estの「アイラッシュ シェイド」の限定色2色。
張り切って予約した、思い出の一品。
ワタシが今まで使ったアイライナーで一番、「使える」と感じました。
こんなのちょっとしか使わないから、永遠に使えるんじゃぁ。。。などと
思っていましたが、意外に減っている事実になんだか満足しています。
キブン的には、アイシャドウのシメ色とアイライナーの間くらいの役割。

「クリームアイシャドー #2801(DECAMERON)」本記事はコチラ→
「シングルアイシャドー #2066 (TROPIC)」本記事はコチラ→
「アイラッシュ シェイド」本記事はコチラ→
イセタンビューティ<NARS>



リップメイク部門
ラヴーシュカ「ドラマティックメモリールージュ」<2.5g ¥1,575(税込)>
資生堂 マキアージュ「パーフェクトグロス」<6g ¥2,100(税込)>
メイベリン 「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」<¥1,470(税込)>
メイベリン「ウォーター シャイニー リップデュウ」<¥840(税込)>

ラヴーシュカ好きのワタシが、ラヴーシュカの口紅の中で一番好きなのが
「ドラマティックメモリールージュ」。RD-1はお気に入りで、毎日使って、
早々に使い切ってしまいました。廃盤になる前に買わなきゃと思っています。
最近は、みっちりした使い心地の口紅も増えてきたけれど、
ワタシの中では、この「ドラマティックメモリールージュ」が先駆けでした。
こんなに使い心地が良い、機能的な口紅ってあるんだって喜んだアイテムです。
グロスだけれど、口紅として単品で使っているのは「パーフェクトグロス」。
コレ、下地の上に重ねるのに、とっても適しているアイテムです。
発売前、テスターを試したときから「買おう」と思ったもの。
そして、決めきれず、お値段の安さにも負けて2色、買ったもの。
落ちにくいのに、唇がガビガビにならないところもお気に入り。
下地は、後半ギリギリの発売だったけれど、ワタシを夢中にさせた
「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」。
1ヶ月半くらいで、もう使い切りそうな勢いです。これはリピートする。
唇の色が悪くて、ベースだけなんて、とんでもない!状態のワタシが
コレ1本で出かけられちゃう、すごさ。ほんのり自然な色になります。
今年はメイベリンの当り年だったと思いますが、3月に限定発売された
「ウォーター シャイニー リップデュウ」も外せません。
うるっとした仕上がりなのに、さらさらでべたつかない。
本当に不思議なグロス。これは、定番化して欲しいです。

「ドラマティックメモリールージュ」本記事はコチラ→
「パーフェクトグロス」本記事はコチラ→
「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」本記事はコチラ→
「ウォーター シャイニー リップデュウ」本記事はコチラ→


フェイスパウダー部門
ボビイ ブラウン「シマーブリック」<10.3g ¥5,460(税込)>

フェイスパウダーの良さを知ったのも今年。
その中でも「シマーブリック」は秀逸だと思います。
やっぱり、評価されている定番アイテムなだけはあるなと。
使うきっかけをくれた、いただきものの「シマーブリック」も好きですが、
あとから免税店で買った春の限定品「シマーブリック プラチナム」もお気に入り。
やっぱり、フェイスパウダーって、メイクを立体的に見せてくれる。
現在、限定で販売されているミニサイズの「シマーブリック コンパクト」
も買おうと思ったのですが、小さいのに値段がレギュラーと同じであること、
そしてクロムカラーのケースが携帯用にはむかないほど重かったので止めました。

「シマーブリック」本記事はコチラ→
ボビイ ブラウンはタカシマヤ eコスメ ビューティパレスで通販可能


インナーコスメ部門
アルマード 「ラディーナ ビューティードリンク」<50mL ¥840(税込)>

卵殻膜のチカラを思い知ったのが、アルマードの美容ドリンク。
表参道に行ったら、たまにアルマード南青山店で飲んでみたり。
1本飲んでも、「あ、肌が違う」って感じられます。
卵殻膜の成分が、少しざらっとする感じで、美味しいと絶賛は出来ないけれど
それでもやっぱり、「卵殻膜は効くのね」と実感します。
卵殻膜のチカラを、手早く感じたいなら、美容ドリンクだと思う。

「ラディーナ ビューティードリンク」の本記事はコチラ→
Almado La Dina


美容小物部門
ユニ・チャーム シルコット「うるおい ダブル コットン」<60枚入 ¥298(税込)>

大騒ぎして捜し求めたセブンイレブン限定品の「うるおい ダブル コットン」。
やっぱり、このコットンってスゴイと思うのです。
コレを使い始めてから、パッティングに使う化粧水の量が減りました。
ローションパックも簡単に出来てしまうところも絶賛。
どうか、全国どこでも買えるようにして欲しいと願います。

「うるおい ダブル コットン」本記事はコチラ→


2009年はコチラの記事でシメたいと思います。長々とスミマセン。
今年も一年、お付き合いくださって本当にありがとうございました。
いろんなことがあったけれど、今、振り返れば、良い年ではなかったかなと
思います。たくさんの「縁」や「絆」を感じさせられました。
今年一年、遠くでも近くでもワタシに関わってくださった方に感謝をして。
ただ、一年が終わり、陽が落ちて、昇る。
平穏無事に、年を重ねられることに感謝できる年齢になりました。
みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。


 関 連 記 事 

・2008年最後の記事 WOMANIA流 ベストコスメ 2008

・今年サイゴの記事デス。WOMANIA流 2007年ベストコスメ

・ワタシの愛するリピコスメ (2006.12)

・私の上半期ベストコスメ 2006 (メイク編)




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2008.12.31 Wednesday 23:57

2008年最後の記事 WOMANIA流 ベストコスメ 2008

WOMANIA's Best Cosmetic 2008

今年もあと数時間でおしまいですネ。
昨年に続き、ワタシも今年1年を振り返ってのベストコスメを考えてみました。
部門別などではなく、本当に思いつくままに、「よかったなぁ」と思える
コスメやサプリをあげてみただけです。1年間の総まとめということで。
数えたら、15個くらいありましたので、中でもお世話になったもの、
キョーレツにキオクに残っているもののみ、画像つき。

・トランスダーマ「トランスダーマC」

トランスダーマC

ブランド:トランスダーマ
価格:10mL ¥8,400(税込)

まさに、この美容液ほど、夢中になったものはありません。
7月にサンプルを使用したことからはじまり、現品購入。
そろそろなくなりそうなので、リピートしようかな?と思っています。
調子がよくなってきたので、使用量や回数を減らしても良いかなと思ったり。
「トランスダーマC」を使い始めてから、肌がなめらかになりました。
今年はたくさんの良いプレアイテムに出会いましたが、その中でもイチバン!

「トランスダーマC」の本記事はコチラ→
マルコレで購入できます→「トランスダーマトランスダーマC ミニ


・ポーラ 「ザ ローション B.A」

ポーラ「ザ ローション B.A」

ブランド:POLA(ポーラ)
価格:60mL ¥11.550(税込)
※百貨店ポーラコーナーのみの取り扱いサイズ

なんといっても、ダントツの効果をみせてくれた化粧水は「ザ ローション B.A」。
悲しくも去年はこのよさが解りませんでした。出来ることなら、解りたくなかった。
化粧水のわりにはあまりにも高く、そして、美容液にも匹敵する効果。
このボトルには、ポーラの技術が注ぎこまれています。
勇気が要るけれど、決心を裏切らない化粧水、来年、購入予定。

「ザ ローション B.A」の本記事はコチラ→
POLAのアイテムはタカシマヤ eコスメ ビューティパレスでも購入可能


・エスティ ローダー 「リニュートリィブ アルティメイト ユース クリーム」

エスティ ローダー 「リニュートリィブ アルティメイト ユース クリーム」

ブランド:エスティ ローダー
価格:48g ¥33,600(税込)

TCCでサンプルをげっとしてから、しつこく熱望してきたクリーム。
サンプルだけで2記事も書けてしまったアイテムです。
12月になりまして、ようやく現品を入手し、先日、ついに開封しました。
このクリームのさらっとした使用感、保護力、どれもがワタシ好みの逸品。
おそらく、ワタシが使ったクリームの最高金額を更新したことでしょう。
3万円のクリームが使えるようになったことは、嬉しいのか、悲しいのか。
出来ることなら、このクリームで年齢を止めてしまいたいと思う(笑)

「リニュートリィブ アルティメイト ユース クリーム」の本記事はコチラ→
コスメデネットで送料込み24,900円で販売しています。


・マジアボタニカ 「ナチュラルエッセンスオイル」

マジアボタニカ 「ナチュラルエッセンスオイル」

ブランド:マジアボタニカ
価格:30mL ¥5,250(税込)

ウテナが発売するナチュラルコスメブランド「マジアボタニカ」のオイル。
正直、ナチュラルコスメが、オイルがココまで気に入るとは思っていなかった。
「ナチュラルエッセンスオイル」はお風呂の中のマッサージアイテムとして
使っています。乾燥が気になるとき、このオイルを使うと、ベタベタしないのに、
しっかりと肌にヴェールがかかるよう。肌がふっくらと整います。
今年はオイルのチカラを思い知った年でもありました。
混合肌のワタシは今までオイル=悪だと思っていたけれど、そうじゃない。
この使用感こそは、混合肌、部分的乾燥肌のひとが使うべきだったんだ。

「ナチュラルエッセンスオイル」の本記事はコチラ→
マジアボタニカはウテナショップで購入可能



・ディセンシア「つつむジェントルクレンジング」

つつむジェントルクレンジング

ブランド:decencia(ディセンシア)
価格:100g ¥2,310(税込)

毎年、ワタシを夢中にさせてくれるクレンジングとの出会いが1本はあります。
まさに、クレンジングの世界は日進月歩。
クリームクレンジングなのに、なじむとオイルのようなテクスチャーに変わります。
洗顔にこだわってきたディセンシアならではのナットクのアイテムです。
「落としすぎない」ことのよさ、洗うときから「守る」ことの大切さを知ったアイテム。

「つつむジェントルクレンジング」の本記事はコチラ→


・メイベリン 「ピュアミネラル チーク」

メイベリン ピュアミネラルチーク

ブランド:メイベリン
価格:¥1,575(税込)
※期間限定販売

期間限定で販売していたこの「ピュアミネラル チーク」。
ワタシの知り合いの中にも、このチークのファンが多いです。
みんな、「アレ、どうして限定だったんだろうね」って言う。
ピュアミネラル ファンデーション」のシリーズアイテムです。
今年はミネラルファンデが流行りましたが、ワタシはこのチークをおします。
チークを使うことが少なかったワタシのメイクの中に「チーク」という
ステップを作ってくれたアイテム。今までで、一番、自然でキレイな仕上がり。
ワタシのように、チークがニガテなひと、「ほっぺ、ピンク」に抵抗があったひとには
使って欲しいと思います。出来ることなら、再販、定番化を願うアイテム。

「ピュアミネラル チーク」の本記事はコチラ→


・「DIETA(ディエータ)BODY SCRAMBLE」

ワタシのお守りサプリ

販売:スピカズ
価格:300mg×90粒(30日分) ¥4,179(税込)

なんといっても、今年のワタシはダイエットでした。
そのダイエットに貢献してくれたのが、ダイエットサプリ「ディエータ」。
半信半疑で飲み始めた「ディエータ」ですが、気づけば6ヶ月。6箱飲みました。
ジブンでもココまでひとつのサプリを続けたことがないので、驚いています。
マイナス5.2kgまで痩せることが出来たワタシ。
ただ、「ディエータ」だけを飲んで痩せたわけではありませんが、上手に
サポートしてくれたと思います。振り返っても、つらいダイエットではなかった。
来年も、楽しみながら、もう少し痩せられたらいいなって思っています。

「ディエータ」の本記事はコチラ→
ディエータの通販はコチラ→


・ノエビア 「シャンパライズ」

サンプル1包を使って「欲しい!」と思わせてくれたアイテム。
肌に負担をかけることなく、楽しく泡パックできます。
この不思議な使用感、使ったあとのつるんとした感じが気に入っています。
コレも、ワタシはお風呂の中で使用。
デコルテや腕にも贅沢に使っています。
汗をかきやすい夏でも活躍してくれそうな予感。
オールシーズン使えるアイテムだと思います。

「シャンパライズ」の本記事はコチラ→
楽天で40%OFFで購入可能→ノエビア シャンパライズ


・ドクターケイ 「ケイトリートメント毛穴マスク」

ドクターケイといえば、「ケイエッセンスインベース」が評価を得た年でしたが、
ワタシはこのマスクとの出会いの方が印象的でした。
エストの「ディープアクティベート マスク」と横並びですが、あちらは
去年出会ったアイテムなので、コチラをピックアップします。
このマスクの使用感はスバラスィです。ベタベタせず、みっちりとした感じ。
はがした瞬間から、キメが整っているよう。高いのもナットクです。

「ケイトリートメント毛穴マスク」の本記事はコチラ→
ケイトリートメント毛穴マスクの購入はコチラ→


・ヤングネイルズ 「ローズキューティクルオイル」

キューティクルオイルが好きなワタシですが、このヤングネイルズの
「ローズキューティクルオイル」ほど、浸透が良いオイルをワタシは知らない。
つけた瞬間から、すーっとしみこむような浸透感。
ベタつきや、テカテカ感もなく、しっとりと潤ったキューティクル。
ネイリストさんにも、「すごいオイル見つけたよ!」ってオススメしたほど。

「ローズキューティクルオイル」の本記事はコチラ→
「ローズキューティクルオイル」はミモワで購入できます→


・アンデスティノ「アンデスティノ サプリ」

高いけれど、お値段なりの効果を発揮してくれる美容界のユンケル。
ワタシは今年一年、何かある日の前夜はコレを飲みました。
本当は続けて飲めばいいのだろうけれど、そこまでの財力もなく。
緊急に飲む1本だけでも、ちゃんと効果があります。即効性も高い。
来年も、何かある日は絶対に飲むであろう美容ドリンクです。

「アンデスティノ サプリ」の本記事はコチラ→
「アンデスティノ サプリ」はアンデスティノ公式サイト


・エイチエーシー「ミラクルクイーン」

引越しのときに助けられたローヤルゼリーサプリ「ミラクルクイーン」。
暑い中、ワタシがあそこまで踏ん張れたのは「ミラクルクイーン」のおかげ。
ローヤルゼリーが健康にいいと支持されている理由がわかりました。
「健康になった!」「元気になった!」というよりは、徒労感を軽減してくれる感じです。
しばらく、お休みしていたけれど、仕事も忙しくなってきたので、再開しはじめました。

「ミラクルクイーン」の本記事はコチラ→
「ミラクルクイーン」の体験セットは750円デス


・フェヴリナ ナノアクア「ジェルパック」

1ヶ月に5日〜10日ほど、「ジェルパック」週間を作ると良いのだけれど、
肌の調子があまり良くないときのレスキューコスメ、リカバリコスメとしても
使えるナノアクア「ジェルパック」。夏のダメージを受けて、肌の調子が
悪いなぁと感じていたときに使ったら、びっくりするほどの効果でした。
そうして、コレはやはり手放せない!と思った次第。
少し手間だけれど、むくみをとる効果もあるし、キメも整う。
「ジェルパック」は常備しています。

「ジェルパック」の本記事はコチラ→
ナノアクア「ジェルパック」はコチラで購入できます


・ランコム 「ヴィルトゥーズ ブラック キャラット」トップコート

「ヴィルトゥーズ」は良いと思うけれど、特にトップコートが良い。
コレ、限定で出たものだけれど、まだ買えるんじゃないかな。
8月末に発売されたのに、ワタシが購入したのも11月のアタマ。
「ヴィルトゥーズ」がやや落ちるワタシも、このトップコートを重ねると無敵。
さらに、24金をイメージした細かく上品な深みのあるゴールドの輝きもプラスできます。
意外なほど、意外にこのトップコートは秀逸でした。

「ヴィルトゥーズ ブラック キャラット」トップコートの本記事はコチラ→
ランコムeブティックで販売中


・クロエ「クロエ オードパルファム」

3月の伊勢丹先行発売のときにげっとしてから、ワタシはクロエの香り一色でした。
あんなに、いろんな香水が好きだったのに、クロエオンリー。
こんなにステキな香りってないと思う。
どことなく甘くて優しい、太陽の光をいっぱい浴びた洗濯物みたいなイメージです。
清潔感といい匂いと、好きな香りが見事にマッチング。
たくさんのひとに、このクロエの香水は褒められました。
50mLを買ったけれど、100mLにしておけば良かったかなぁと思ったほど。
来年も使い続けようと思う香りです。

「クロエ オードパルファム」の本記事はコチラ→
「クロエ オードパルファム」はイセタンビューティーで購入可能


2008年はコチラの記事でシメたいと思います。
今年も一年、お付き合いくださって本当にありがとうございました。
昨年にも増し、新しい出会い、貴重な体験をたくさんさせて頂いた一年でした。
これも、みなさんのおかげだと本当に感謝しています。
来年も、さらなる良いジブンを蓄えていけたらと思っています。
みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。


 関 連 記 事 

・今年サイゴの記事デス。WOMANIA流 2007年ベストコスメ

・ワタシの愛するリピコスメ (2006.12)

・私の上半期ベストコスメ 2006 (メイク編)




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2008.05.18 Sunday 15:48

ワタシの春メイクアイテムたち

春メイクアイテムたち。

ワタシの春メイクアイテムたち。
服装やTPO、キブンに合わせてメイクを変えているので、
「こればっかり」っていう感じじゃないけれど、春の甘めメイクのときはコレ。

春メイクのご紹介。

【ベースメイク】
・エスプリーク プレシャス 「ドラマティカルステイ」

不滅のフェイス
(記事はコチラ→

不滅のフェイスコンビ。
今、いろいろファンデ使っているけれど、コレが一番、活用度高し。
手軽でしっかりカバー&カラーアイテムの邪魔をしない仕上がり。
この時期、お誘いも多かったり、汗ばんだりする時期でもあるんだけれど、
崩れ方がキレイで安心できるアイテム。
「塗った」感とか嘘っぽさがないので、よれたりドロドロになったりもナシ。

【アイシャドウ】
・ジルスチュアート 「ブリリアンスアイズ ローズボックス」100 rosy dream

100 rosy dream
(記事はコチラ→

キホン、マット派のワタシが許せるキラキラ感を持ったアイテム。
春になると、キラキラ可愛いグリッターの目元に憧れたりするけれど、
いまいち、「鯖」みたいになってしまったり、夜のパーティメイクに
なってしまったりと、いい具合が見つからないのよね。
コレは、そういう意味で絶妙だと思う。
本記事でも絶賛したんだけれど、右端のほのかにワイン系を含んだブラウンの
シメ色がスバラスィ。このパレット、クリスマスコフレ限定カラーなんだけれど、
持ってて良かった!って思えるアイテム。ピンク系だけど、腫れぼったくならないヨ。

【マスカラ】
・ランコム 「シィル デザイン ブラック&ピンク」

ランコム シィル デザイン
(記事はコチラ→

春メイクに使えるのはブラック&ピンクのマスカラ。
シィル デザインのこのカラーは黒マスカラの上にピンクをのせるから
奇抜な感じにならないところがすき。さりげなく、ピンクな感じの仕上がりです。
ゴテゴテしてなくて、オトナ甘めな感じが春メイクにピッタリ。
いくら春でも浮かれすぎは、大人気ない(笑)

【チーク】
・シンシア ローリー×エイボン オール オーバー フェイス パウダー

シンシア ローリー オール オーバー フェイス パウダー
(記事はコチラ→

コレ、たいして期待せずに買ったけれど、買ってよかったアイテム!!
限定じゃなくても、売れたと思う。
ワタシもそうだけれど、大半のひとがシンシア ローリーに魅かれて買っただろう。
最初、「うーん」と思った真ん中の白パールが肌がツヤツヤに見せてくれるの。
このチークつけてると、「今日、肌、ツヤツヤだね」って絶対に言う、
職場の同僚のオンナノコがいる(笑)
正直、パケは安っぽい、粉とびも激しくって、保管には適してないけれど、
このお値段で、この仕事だったら、いいですヨ。

春メイクのご紹介。

他、春メイクに限らず使っているものもあります。
アイブロウマスカラ、アイブロウペンシル、アイシャドウベース、アイライナー。
アイライナーはひくときと、アイシャドウの濃い色を使うときがあるかな。
最近はあんまり、ライナーを引きません。
目をラインで囲っちゃうと、目の大きさを「ココで終わり!」って
決めているようなものだから、はっきりは見えるけれど、デカ目には見えないのね。
メイクによって変えるけど、シャドウテクの方が活用度が高いヨ。

すでに、夏の日差しの陰りが見える日もあって、夏メイクにシフトしてる日も
あるこのごろ。夏を感じると、涼やかなブルー系を選びがちになるよね。

にほんブログ村 美容ブログへ 人気blogランキングへ ビジネスブログ100選へ ブログランキング「くつろぐ」へ
ブログパーツ クチコミblogランキング TREview
活躍中メイクアップアイテムは?トラックバックキャンペーン!
 スポンサーリンク


<< | 3/4PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

























もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others