WOMANIA
2012.07.01 Sunday 16:57

衝動買い 1万円程度で買えるデジカメ PENTAX 「Optio VS20」

PENTAX 「Optio VS20」

メーカー:PENTAX
価格:¥12,200(税込)※ビックカメラ購入価格

ワタシが所有しているデジタルカメラは、一眼レフがオリンパス「E-420」、
ミラーレス一眼がパナソニック「LUMIX GF1」、コンデジがRICOH「R8」と
富士フイルム「FINEPIX Z250」。FINEPIXは見ため重視なのでほぼお蔵入りです。
残りの3つのカメラはどれも最新ではありませんが、それなりに気に入っていて
それぞれシーンに合せて使い分けています。その中でもコンデジは一番古いもの。
出番も一番少ないので、高い必要性は感じないものの、次に買うならコンデジ?と
漠然と思ったりしていました。
基本、ヘタの横好きなので、万年カメラ欲しい病(笑)

で、先日、いきなりそのコンデジを衝動買いしてしまいました。
理由はただ安かったから。そして、安いわりにはカメラの性能もろもろが
ワタシのニーズに合っているように思えたから。
コレで、1万円ちょいは安いと判断。

その衝動買いカメラがPENTAXの「Optio VS20」です。
最初、オリンパスを検討したりもしていたのだけれど、一眼レフがオリンパスなので
どうせなら写真のカラーが似ていない方が良いだろうと、メーカーを変えました。
PENTAXのカメラはCanonに似たパキッとしたカラーなのだそうです。
ワタシ、Canonの写真、好きなんだよね。
昔、コンデジを使ってたときから思ってた。
今度、一眼レフを買うならCanonにしようと考えているところ。
ま、それに似た雰囲気なら嬉しいし、PENTAXのカメラは初なので選んでみました。

「Optio VS20」は、光学20倍ズーム&接写1cm。
ズームと接写は、レンズ交換式の一眼レフやミラーレス一眼で簡単に出来ない
部分なので、強化されていればいるほど嬉しいところです。
特にワタシは接写距離が近いカメラが好き。

ズーム20倍・接写1cm

さらに、このコンデジにはF値3.1〜4.8のレンズが採用されています。
一般的にF値が低いレンズは明るいレンズと言われているので、
F値が低いレンズが採用されていると、明るい写真が撮れるのではないかと。
ワタシが持っている「R8」はF4.95〜35.4、「FINEPIX Z250」はF3.8〜4.8。
たぶん、コンデジでは比較的明るいレンズです。
ワタシは一眼レフでもミラーレスでも短焦点レンズが大好きなのですが、
一眼レフはF2.8、ミラーレスはF1.7。明るいレンズの方が暗い場所での
撮影のときキレイに写る場合が多いです。コンデジでF3.1は期待大。

購入するときは気づかなくて、実際使い始めてから気づいたのですが、
実はこのカメラには、シャッターボタンが2個搭載されているのです。

シャッターボタンが2個ありますけど!

一般的な場所以外に側面にもシャッターボタン&ズームレバー。
コレ、タテ撮りでもしっかりホールドされるような工夫なのだそう。
「何、コレっ!?」「すげぇぇ!」と思ったけれど、
正直、別に超活躍はしません(笑)
タテ撮りでも、いつもの場所のシャッターボタンで慣れてるからね。

重量は電池、SDカードを含んで約234gと、まぁまぁ軽いです。
ただ、コンデジのコンパクト化を考えると決して小さいとは言えない大きさ。

別にちっちゃくない

ワタシは、カメラはある程度のサイズと重さがないとぶれやすいと思っているから
別に気にしてはいないのだけれど、コンデジの中では想像以上に大きいカモです。

さらに、このカメラには最大の欠点があります。
それは、液晶が悪いということ。イマドキ、なぜ?というくらい粗い。

液晶が悪い

写真では伝わりにくいかもしれませんが、液晶がざらついています。
画面がISO感度を上げて撮った写真みたいなんだよね(笑)
実際、パソコンに取り込んだりすれば、ざらついていないので表示の
問題だけなのですが撮った写真を確認するという点では、カケみたいなカメラ。
これでも、慣れて「こんなもん」という感覚がつかめれば使えます。
ま、安いので良いことづくめではないのが正直なところです。

モードやフィルターは充実

それでも、モードは充実しているし、撮影後の写真に後からカメラ内で
フィルターをかけたり、編集したり出来るところも良いと思う。
一般的なデジカメで出来る機能は充分にカバーしているはず。

実際にマクロモードで撮影してみた写真がコレです。

マクロで撮ってみた

まだあまり使っていないのですが、普通に撮れているのではないかと思います。
先日のハンバーガーの写真もこのカメラで撮影しました。

普通には撮れる

コンデジの中では「何でもはっきり写りすぎ」みたいな感じがなくて
良いんじゃないかな。ほどほど光感も捉えられると感じました。

最初、このカメラより高いカメラの購入を検討していたはずなのに、
店員さんとカメラの話をするにつれ、「いろいろお持ちでサブ機として使うなら
このカメラが面白くて良いと思いますよ!」とすすめられたのがコレ。
「高いの売らなくていいの?」「1万ちょっとの売り上げでいいの?」なんて
思いつつ、そんな風にすすめてくれるなら、信じてみようという
気持ちになったのでした。なんだかカメラ好きと、ああだこうだと
話をしているようなステキな接客だった。
ちゃんと「液晶は悪いですけどね!(笑)」なんてマイナス面も説明してくれたし。

ほぼ店員さんの説明通り、液晶が悪いという見事なマイナス面があるけれど
値段と機能、最終的な写真を考えると、良いカメラなのではないかと思います。
サブ機としてオススメというのも納得。有効画素数も約1600万画素あるし。
もちろん、フイルムカメラのときは液晶なんて無かったわけだから、
「液晶で何が写っているか確認できる」という「おまけ」くらいに考えれば
メインカメラとしても使えます。撮った写真は良いと思うし。
ワタシが学生時代だったら、とびついたと思うなぁ。(今でもとびついたけど)
12,200円でもポイント10%ついたしね。
後からビックカメラ.comで見たら、さらに安い11,900円(ポイント10%)に
なっていました。液晶が悪くても、機能が充実してて、そこそこの写真が撮れる
安いコンデジをお探しならば、ワタシのイチオシのカメラです。

ビックカメラ.comで購入→Optio VS20(ノーブルブラック)
Amazonで購入→PENTAX デジタルカメラ Optio VS20


 関 連 記 事 

・クリスマスプレゼントはデジタル一眼「LUMIX GF1」

・オリンパス 「E-420」買取!一眼ユーザーになりました




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.07.01 Sunday 02:13

クリームで髪と頭皮を洗う ウェン 「クレンジング コンディショナー」

ウェン

ブランド:ウェン
価格:各60mL グロッシーボックスセットサイズ
<現品:各480mL ¥3,300(税込)>

グロッシーボックス5月分に入っていた「ウェン」を使ってみました。
コレ、深夜の通販番組で見て何度も買いそうになったもの。
地肌から毛先の1本1本まで、トータルで考えられたヘアケアシステムだそう。
ベージュとグリーンの2種類のパッケージが入っていたので、
シャンプー&コンディショナー的に使うのかと思ったら、タイプの違いでした。

ウェン「クレンジング コンディショナー」は、頭皮ケアと髪ケアが1本で完了できる
ヘアクレンザーということ。ベージュのアーモンドはしっとりした使用感、
グリーンのキューカンバーはさっぱりした使用感という違いです。
クレンジングクリームと呼ばれるコレは、そのままトリートメントクリームのよう。

クレンジングクリームで頭皮と髪を洗う

ぬるま湯で頭皮と髪を洗い流したあと、この「クレンジング コンディショナー」を
たっぷりと頭皮と髪全体になじませ、頭皮にもみこむようにマッサージします。
この使用量が本当にたっぷり。ワタシが使用したサイズは60mLですが、
これで1回〜2回分ということなの。ワタシは2回を目安に使ってみたけれど、
約30mLのコンディショナーは、髪の長いワタシでも充分だと感じるほどでした。

マッサージ後、頭頂部から毛先にかけてしっかりもみこんだ後、コームで
髪全体になじませて、3〜5分を目安におきます。このとき、スーッとした
清涼感があってとても心地よい感じ。刺激というよりは、頭皮にしっかりと
働きかけてくれているなと実感出来ます。「クレンジング コンディショナー」は
マッサージすることで毛穴の汚れや老廃物を浮かし、時間をたっぷり置くことで
髪と頭皮にコンディショナーがしっかりなじむように出来ているそう。
最後に再びコームで髪をとかして、しっかりと丁寧にすすぎます。

コレ、泡立つタイプのいわゆるシャンプーを使っていないのに、
頭皮や髪がちゃんとすっきりします。そして、良質のトリートメントを使ったように
髪もするするとして良い感じ。最初に使ったとき、「あ!良いかも」って思えた。
今までワタシがシャンプーやトリートメント、頭皮ケアなどにかけていた
手間が格段に短縮されているのに、物足りなさがないところがステキです。

お風呂あがりは、いつものようにヘアオイルをつけドライヤーで乾かしました。
手間はいつもより少ないのに、いつもと遜色ない仕上がりに満足。
むしろ、髪がストンとしたような印象すら受けます。

ストンとした仕上がり

ワタシはキューカンバー、アーモンドの順で4日間連続で使用してみましたが、
仕上がりに関してはあまり大差がないかな?というのが正直な感想。
香りでいうとアーモンドの方が好み、強いていえばアーモンドを選びます。
杏仁の香りがニガテなので、最初、アーモンドはどうだろう?と思っていたけれど、
ローズマリーエキスやカモミールエキスもされているので、あまり気になりませんでした。

ヘアケアのステップもシンプルになるだけでなく、想像以上の手応えを感じた
ウェン「クレンジング コンディショナー」。ただ、髪の状態によっては
若干、広がる?、物足りないかな?と思うこともあるのです。
たぶん、そのために同シリーズでヘアパックや洗い流さないトリートメントが
ラインナップされているのだと思う。併せて使うと、ワタシが感じたちょっとした
物足りなさがカバーされるんだろうね。やっぱり、最初に買ってみようかな?と
思っていたトライアルセットが欲しくなりました。
トライアルセットは、「クレンジング コンディショナー」の現品にヘアパックと
洗い流さないトリートメントのハーフサイズ、コームがセットになっています。
トライアルセットを使うとウェンの実力がもっと判るのだろうなと想像。
髪と頭皮をクリーム1本で洗うというのは、どういう感じ?という最初の興味は
しっかりと解消されたので、グロッシーボックスに入っていて良かったです。



 関 連 記 事 

・月々届くコスメボックス 「グロッシーボックス」 2012年5月分





ブログパーツ
 スポンサーリンク


2012.06.30 Saturday 02:50

Fairy Kissでパワーストーンブレスのシリコンゴムを交換

ゴム交換して返ってきました

いくつかFairy Kissで購入したパワーストーンブレスを持っています。
先日、そのひとつのシリコンゴムが切れてしまいました。
基本、ワタシはパワーストーンブレスが壊れたり、切れたりした場合は、
それが寿命、悪いことを連れて行ってくれたのかな、身代わりになってくれたのかな
と考えるようにしていますが、それはバラバラに崩壊してしまった場合。
今回は、まだ繋がっていて、輪としての形状を保っていました。
ただ、このまま使い続けると絶対、バラバラになるよねという感じ。
たぶん、幾重かになっているシリコンゴムの1本が内側で切れたもようです。

どこかで切れている

こんな状態で気づかせてくれたのも何かの縁。
もしかしたら、「直してくれたら、まだまだ頑張りますよ」というSOSかもしれない。
ということで、購入したお店であるFairy Kissにお修理をお願いすることにしました。

Fairy Kissでは、修理保証制度を設けています。
シリコンゴムの修理・交換に関しては、購入から31日以上を過ぎていても
無料で修理・交換が可能。(ストーンが不足していない場合に限る)
他にもアイテムごと状態ごとに修理に関する条件や費用が細かくサイトに
記載されています。今回、修理保証制度を利用するにあたり、これって大切に
いつまでも使いたいひとにとって、とても親切だなと感じました。

今回、修理をお願いしたアイテムは2011年新春開運福袋に入っていたひとつでした。
福袋の商品でも修理保証が受けられるのも嬉しいところ。
修理・交換をお願いしたい旨をメールで連絡し、お返事をいただいたので、
購入時に発行された保証書を同封してメール便で発送しました。
修理品が到着したこと、修理が完了及び発送の連絡もメールでくださり、
何の不安もなく、シリコンゴムの交換が完了した次第。
修理内容や混雑具合にもよると思うけれど、今回の場合はメール便の運搬期間を
含めても、コンビニでワタシの手を離れてから戻ってくるまで10日間でした。
到着してから1、2営業日で対応してくださったのだと思います。

修理をお願いしたブレスレットは当然のことながら出番の多かったもの。
ワタシは、持っているパワーストーンブレスの中から、その日のファッションや
キブンに合わせて選ぶようにしているのですが、色目的にもキブン的にも
このブレスレットが好きで、偶然の必然なのかよく手にするものでした。
ピンクのロードナイトと紫外線に反応して色が変わるハックマナイトという石が
お気に入り。戻ってきたブレスレットは心なしかキレイになったように思えました。
きっとこれからもワタシの気持ちに寄り添ってくれるはず。

当然のことながら、よく使うものほど壊れる可能性も高いわけで。
壊れたときの名残惜しい気持ちも大きいと思います。
そんな気持ちをサポートしてくれる修理保証制度って嬉しいなって実感。
今回は、本当に崩壊する前に気づけて良かった。
久しぶりにFairy Kissのサイトを見ていたら、またパワーストーンブレスが
欲しくなりました。今度は、オリジナルオーダーメイドでお願いしようかな。

パワーストーン、アクセサリーのFairy Kiss


 関 連 記 事 

・ネタバレ☆Fairy Kiss Stone Selection 2011年新春開運福袋

・パワーストーンブレスレットがはじけた日




ブログパーツ
 スポンサーリンク


<< | 793/1987PAGES | >>

スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>


















▶カウシェッド福袋ネタバレ記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others